更新日:2017年11月17日

【生後3~4ヶ月】赤ちゃんはどんな時期?首すわり・睡眠・ハンドリガード

日々、目覚ましいスピードで成長していく赤ちゃん。生後3〜4ヶ月の赤ちゃんは、どんな時期なのでしょうか。この時期の一番の成長は、首がすわること。首がすわれば、抱っこもおんぶも楽になり、家事もはかどります。ここでは、生後3~4ヵ月の赤ちゃんの心と身体の発達、首すわり、睡眠、ハンドリガード、黄昏泣きなどについて解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
729458
1

身体の発達 ~身長・体重~

Image

身長

生後3ヶ月になると、顔立ちや身体つきがだいぶしっかりしてきますね。この頃の赤ちゃんの平均身長は、男の子で約57.5cm~66.1cm、女の子で約56.0cm~64.5cmです。個人差が大きい時期なので、あくまでも目安程度に考えてくださいね。

体重

体重は出生時に比べると約2倍近く増え、成長を実感しやすい時期です。男の子では約5.1kg~8.1kg、女の子は約4.8kg~7.5kgが平均値になります。特に母乳育児をしている場合は、体重が重いからといってダイエットをさせる必要はまったくありません。

身体の発達 ~首すわり~

Image

首がすわる?すわらない?

生後3ヶ月頃の成長でママが気になることといえば、首がすわるかどうかということではないでしょうか。生後3~4ヵ月頃になると首の筋肉が発達し、全身ぐにゃぐにゃの状態の新生児の時に比べると、だいぶしっかりしてきます。抱っこする時に、以前のような不安定な感じがなくなっていきます。

早く首がすわって欲しいあまり、縦抱っこをして一定時間首がしっかり保てたら「首がすわった」と勘違いするママも多いようです。しかし、正しい首すわりは「赤ちゃんが自らの意思で首を動かす事ができる」状態のことを言います。目の前で動いている物に対して、目だけではなく、首も一緒に動かして追えるようになるのが本当の首すわりです。

首すわりのチェック方法

赤ちゃんの首すわりのチェック方法をご紹介します。

・腹ばいにすると頭を45度程度持ち上げ、首を左右や上下に動かすことができる。
・あお向けで寝ている状態から赤ちゃんの両手を握って身体を引き起こすと、途中から頭が身体と一緒についてくる。

ただし、パパやママが自己判断するのではなく、3ヶ月健診で小児科医に診断してもらうことが大切です。

首がすわると縦抱きが格段に楽になりますが、首がすわったかどうかの見極めを正しくすることが大切です。焦って縦抱っこばかりしすぎないよう注意が必要です。

早い子で生後3ヶ月から、平均的には生後4ヶ月から5ヶ月で首がすわるといわれています。周りの子と比べず、その子のペースでの成長を見守ってあげましょう。

首すわりはママにとってメリットがあると同時に、赤ちゃんの脳の発育にもよい影響を及ぼします。赤ちゃんの首すわりは、運動発達と同時に脳の発達の目安にもなります。赤ちゃんは脳に近い上半身から下半身へと成長していきますので、「首がすわる → おすわりができる → 一人で立つ」といった成長過程が目安になります。

首すわりのトレーニング方法

・赤ちゃんをうつ伏せに寝せる。この時、顔は横を向かせ、きちんと呼吸をしているかを確認しましょう。
・これよって、赤ちゃんの背中の筋肉の収縮運動が促されます。より安定した首すわりができるようになるでしょう。ただし、このトレーニングを行う際には、次のことに注意しましょう。

・必ず、近くで赤ちゃんの様子を確認しながら行いましょう。
・顔が埋もれてしまわないよう、柔らかい布団は避け、固めの布団やタオルケット、パッドの上で行いましょう。

赤ちゃんの機嫌の良い時を見計らって、うつ伏せに寝せてみてください。顔の向きを変える時に背中をさすってあげると、筋肉の収縮の手助けになるので、より効果が期待できますよ。

ただし、首はとてもデリケートな場所です。生まれたばかりの赤ちゃんや、まだ感覚的に無理そうな赤ちゃんの首を無理にすわらせようとするのは避けましょう。

Mobile favicon

赤ちゃんの首すわりはいつから?始まる時期と確認、練習の方法

身体の発達 ~目・手足・乳児湿疹・鼻づまり~

Image

目の発達

生後2ヶ月からできるようになってきた追視。さらに視力が発達し、まわりが見やすくなったことで、ものを観察する力も養われます。

生後3~4ヵ月の赤ちゃんの視力は0.01~0.02程度。ぼんやりした感じですが、色を認識することもできます。カラフルな色に興味を持ち、目の前でおもちゃを動かすと目で追います。また、様々なことを目で確認できるため、ママがそばから離れると泣き出す子もいます。

手足の発達

生後3ヶ月になると、ますます手足の動きが活発になります。視力や聴覚が発達している上に、手の筋力がついてくる赤ちゃん。興味のあるものを見つけては、何でも口に入れます。一番興味を示すのは、自分の手。指しゃぶりをよくするようになるのもこの頃です。握りしめた手を口に入れたり、指をチューチューしたり、気づくといつも手がベトベト。爪を切ったり、手についたほこりを洗い流したりするなど、赤ちゃんの手は清潔に保ってあげましょう。

手の届くところにあるおもちゃを握ったり、音を鳴らしたり、なめたりもします。おもちゃは、口に入っても安全な除菌スプレーなどでこまめにお手入れをしましょう。とにかく何でも口に入れるので、目が離せない時期かもしれません。何でも口にいれる赤ちゃんのこの行為は、脳の発育にとても大切です。安全に注意しながら、温かく見守ってあげてくださいね。

乳児湿疹

生後3~4ヵ月の赤ちゃんのことでママが心配な症状の一つに、乳児湿疹があります。乳児湿疹とは、乳児脂漏性湿疹、おむつかぶれ、あせも、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど赤ちゃんにできる湿疹の総称です。

症状は様々で、程度の軽い子もいれば重い子もいます。赤ちゃんは、新陳代謝が活発な上に、肌がとっても薄くデリケートです。汗をかいたままにしていたり、皮脂が分泌されたままにしていたりすると、湿疹が出やすくなります。乳児湿疹は、顔や首、腕のシワなど、汗がたまりやすい場所に発生することが多いのが特徴です。

お風呂の時に、低刺激の石鹸でやさしく汚れと皮脂を洗い流し、清潔に保ってあげましょう。病気などでお風呂に入れられない時は、柔らかいガーゼでこまめに汗を吸い取ってあげてくださいね。

鼻づまり・鼻水

赤ちゃんの鼻づまりや鼻水が気になるママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、鼻で呼吸をしているので、鼻をつまらせると苦しくなってしまいます。赤ちゃんに鼻づまりや鼻水が頻繁に見られるのは、鼻の粘膜が敏感で鼻腔がせまいことが関係しています。赤ちゃんは、ちょっとした寒暖の差でも鼻水が止まらなくなることがあるのです。

鼻水を放置しておくと、皮膚がカサカサになって鼻の下が荒れることがあります。赤ちゃんの鼻水は、ガーゼや綿棒でやさしく取り除いてあげましょう。鼻づまりが酷い場合は、鼻吸い器や綿棒を使って取ってあげるか、耳鼻科に行って吸引してもらうと良いでしょう。

Image

実践してみました。乳幼児の鼻水がすっきりとれる裏技! | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/8170

身体の発達 ~授乳・睡眠・排泄~

Image

授乳

生後3ヶ月は一般的に授乳間隔が3~4時間に定まり、一度に飲む量も安定してくる時期です。母乳を飲んですぐ寝ることが減り、母乳を飲んだ後も元気に目を覚ましている日が増えてきます。生後3ヶ月で授乳量が増えないと心配になりますが、今までの発達が順調で、数週間単位で体重が増えていくのであれば、あまり神経質にならずに様子をみましょう。

粉ミルクの場合、沢山飲み始めたからと言って、ミルクを薄めるとかえって胃に負担がかかってしまうことがあります。母乳は飲んだ量が分からないので不安になりますが、この頃の赤ちゃんは動きも活発なので、基本的によく飲んで、よく動くものだと思っていてくださいね。母乳は欲しがるだけあげて大丈夫です。

この時期の赤ちゃんはぽっちゃりしています。はいはいや寝返りが始まるとじきに体型も変化するので、ぽっちゃりでも心配はいりませんよ。

Mobile favicon

赤ちゃんの人気おすすめ哺乳瓶17選!種類と選び方は?ピジョンやベッタが良い?

Mobile favicon

母乳とは?おっぱいが出る仕組みと母乳の成分・栄養・カロリーを解説

Mobile favicon

母乳はいつまであげる?卒乳と断乳の違い、やり方、寝かしつけはどうする?

睡眠

生後3ヶ月になると、夜中の授乳が安定する赤ちゃんもいるようです。5時間ほど寝てくれる日があったり、時には朝まで起きなかったり。「久々に夜中にぐっすり眠れたー」と実感できる日も増えてくると思いますよ。ただ、赤ちゃんは日中興奮しすぎると、眠りが浅くなって夜中に目が覚めることもあります。また、赤ちゃんがぐっすり眠っていても、ママは目の届く範囲にいてくださいね。

もちろん睡眠時間には個人差があり、夜中に何度も起きてしまう子もいます。まだまだ寝不足が続くママも多いことでしょう。赤ちゃんのお昼寝の時など、休める時にママも休みましょう。

Image

生後3ヶ月の理想の睡眠のとり方は?生活リズムはどうすれば良い? | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7482

排泄

生後3ヶ月の赤ちゃんは脳も成長するため、満腹中枢や摂食中枢が発達してきます。「お腹いっぱい」がわかることで、一時的に授乳量が落ち、便秘になってしまうこともあります。何日も便秘でうんちが出ないと、赤ちゃんも苦しいですよね。

そんな時は、ベビーオイルを含ませた綿棒を肛門に少し入れ、刺激してあげましょう。ただし、毎日してしまうと、刺激がなければうんちが出なくなってしまうことがあるため、やり過ぎは禁物です。水分が足りない時は、白湯などで水分補給してあげましょう。

便秘になったかと思うと、今度は下痢気味になることもあります。特に母乳の場合、ミルクを飲んでいる赤ちゃんと比較して、水分が多めのうんちが出る傾向にあります。異臭がしたり黒いうんちが出たりするなど異常が確認されない時は、心配しすぎる必要はありません。赤ちゃんの便秘や下痢が何日も続く時は、病院へ連れて行きましょう。

便秘対策

この頃の赤ちゃんは、場合によっては1週間ぐらいうんちがでなくなることがあります。これは母乳不足が原因であることもありますので、授乳回数を増やしてみると良いでしょう。赤ちゃんが機嫌よく飲んでくれていれば、ほとんどの場合心配ありませんよ。しかし、赤ちゃんの母乳の飲みが悪くなったり、機嫌が悪くなったりするなど、何かいつもと違うようであれば小児科に相談するようにしましょう。

赤ちゃんの便秘解消法は、以下になります。ぜひ試してみてください。

■おなかのマッサージ
 おへそのまわりを「の」の字の形にマッサージしましょう。

■母乳やミルクはしっかりと
 一週間以上出ない場合は、水分は白湯や麦茶(1回20〜50ccぐらい)、1日1~2回くらい与えるようにしましょう。それでも排便が無いときは、ごく薄い砂糖水を与えてみる方法もあります。

■綿棒浣腸
 綿棒の先にべビーオイルやワセリンをつけて肛門に綿棒の先をそっと入れ、何回か出したり入れたりします。刺激で急にうんちが出ることがあるので、広げたおむつの下にさらに新聞紙などを敷いておきましょう。

心の発達 ~黄昏泣き~

Image

生後3~4ヵ月頃は、黄昏泣きでママを悩ませる赤ちゃんもいます。なぜか夕方になるとギャン泣きが始まり、ご飯の支度をしながら抱っこであやさないといけないので、ママはイライラしてしまうかもしれません。

しかし、この黄昏泣きは、赤ちゃんの心が発達している証拠なのです。原因ははっきりしないものの、夕方の暗くなった気配で心配な気分になり、ママが忙しそうなのでかまってほしくて泣くのではと考えられています。赤ちゃんが、自分の感情を泣くことで表現しているんですね。なかなか泣きやまなくてママには辛い時間かもしれませんが、赤ちゃんが無事に成長の段階を進んでいるのだと思って、できるだけ付き合ってあげましょう。黄昏泣きは、そのうち自然と落ち着きます。

黄昏泣きの体験談

ここでは、先輩ママの声を集めてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

生後直後に比べると、徐々に授乳間隔が空いてきたのでその分まとめて寝てくれる時間が増えて泣く回数も若干減ってきていましたが、毎日4時~5時くらいになると必ず大泣きをするようになりました。これが黄昏泣きというやつなのか~と思いましたが、これがとにかく大変でした。

あやしてもミルクをあげても、1時間以上もすごい大声で泣き続けるので、その時間はおちおち買い物にも行けませんでした。そして成長するにしたがってどんどん泣き声が大きくなっていたので、ずっとそばについているとかなりのストレスでした。あまりにも辛いときは、耳栓をしていると少し泣き声のボリュームが減って楽になりました。

毎日夕方18時ころ「グズりタイム」がありました。ちょうど夕食準備時なので、本当にひどいときは何も作れずに夫の帰宅時間になり、自分で作ってもらう日々。肉や魚を焼くだけ、野菜なしなんてこともしょっちゅうあって、自分も母乳をあげてるので栄養が偏ることを気にしていました。5ヶ月以降はその黄昏泣きはおさまりましたが、何だったんでしょう。

Image

「生後3ヶ月の赤ちゃんが泣くってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査! | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13709
Image

「生後4ヶ月の赤ちゃんが泣くってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査! | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13758

心の発達 ~ママの身振りや表情に注目~

Image

生後2ヶ月を過ぎた頃からものを目で追うようになる赤ちゃん。生後3ヶ月になる頃には、母親などの身近な人の表情により注目するようになります。

ママが見ている物に視線を向けたり、ママに微笑み返したり。そして、赤ちゃんがおもちゃを見ている時に、「これなんだろうね?」「ほらおもしろい音がでるね!」とママが言いながら振ってみせると、赤ちゃんはさらにおもちゃに注目し、それを動かしているママの顔を見て声を出したりします。これが、コミュニケーションの始まりです。そして、そのことがきっかけで、ますます赤ちゃんはママの身振りや表情に注目するようになるのです。

ここで重要なのは、赤ちゃんの働きかけに対して確実に反応を返してあげること。赤ちゃんがママに何らかの働きかけをし、それにママが答えてあげるという一連の流れが赤ちゃんは大好きなのです。赤ちゃんはママと特別な関係を築き、ママとのやりとりをより活発にしていきます。

心の発達 ~喃語やママとのおしゃべり~

Image

生後2ヶ月の終わり頃から見られる喃語(なんご)。単に言葉を発するということではなく、赤ちゃんの感情の表れでもあります。生後3ヶ月になると、ママの語りかけに対して喃語で「アー」「ウー」と返してくれます。ママがきちんと反応してあげれば、会話が成立しますよ。

毎日バタバタと忙しく、時には苦戦して泣きたくなる育児。赤ちゃんとこうして、ちょっと話すとママも癒やされます。やることが沢山で心に余裕がない時ほど、赤ちゃんとのおしゃべりに元気をもらえますよ。

赤ちゃんのハンドリガードって?

「ハンドリガード」って聞き慣れない言葉ですよね。これは、生後2~3ヶ月の赤ちゃんが自分の身体を徐々に認識していくことを言います。赤ちゃんが自分自身の手の存在に気づいて、じっと手を見つめたり、目の前で両手を合わせたり、といった行動のことを言います。

赤ちゃんは成長をしてくると、自分の周りにはいつも2つの手があることに気がつきます。「これはなんだろう…?」とじっと手を見つめます。そして、2つの手が動くこと、さらに自分自身で自由に動かせることに気付くのです。

このように、赤ちゃんは徐々に自分の身体を認識していき、自由に動かせるようになっていくのです。

ハンドリガードは、この時期の赤ちゃんに見られる特徴的な仕草です。自分の手に初めて気が付き、興味を持ってじっと見る姿はとても可愛いですよ。

生後3〜4ヶ月の赤ちゃんにおすすめのグッズ

41ne8oy82rl. sx425

アロベビー オーガニックミルクローション

¥2,300〜(2017/10/16 時点)

購入はこちら

新生児から使えるベビーローション「ALOABABY(アロベビー)ミルキーローション」は、99%植物由来の国産オーガニック。ホホバオイルとシアバターを配合した高保湿処方で角質をうるおし、皮膚をすこやかに保ちます。

アルコールや石油系界面活性剤などは不使用なので、赤ちゃんの肌にも優しく、お肌が敏感なママにもおすすめです。乳液とクリームの効果を兼ね備えているので、これ1本で赤ちゃんのお肌の保湿ケアができますよ。

販売サイトはこちら
51zliabnvpl

北の快適工房 カイテキオリゴ

¥2,950〜(2017/10/26 時点)

購入はこちら

「カイテキオリゴ」は、無着色・無香料で高品質・高純度なので、赤ちゃんから使用できます。パウダー状になっているため、ドリンクや食べ物に混ぜても溶けやすくなっています。一度開封しても最後まで粉が固まらず、サラサラの状態です。普通の砂糖と比べると半分のカロリーなので、低カロリーといえるでしょう。 サポート体制が整っているので、購入前でも健康管理士や専任アドバイザーにWEBや電話で相談することが可能です。疑問や不安などを相談できるので、安心して商品を購入できるでしょう。

販売サイトはこちら
51jmcxnrl9l. sx446 bo1,204,203,200

はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ!

¥1,404〜(2017/11/17 時点)

おっぱい足りてる? 乳腺炎になっちゃったらどうしよう? 思うように体重が増えない(増えすぎ)。離乳食って、いつ、どうやって始めるの? 熱性けいれんで救急車を呼んだ……。はじめての育児にとまどい乗り越えてきた現役ママ編集者チームが、日々成長する赤ちゃんの育児に知りたいことを網羅した1冊をつくりました。

■この本に関する口コミ
写真やイラストが多くわかりやすいです。年別にみられるのもいいです。
充実の内容で、一冊あると便利だと思います。

引用元:review.rakuten.co.jp
Ec babysleep b01 1

AMOMA ベビースリープ

¥1,388〜(2017/10/24 時点)

購入はこちら

ママと赤ちゃんのためのナチュラルブランド「AMOMA(アモーマ)」の「ベビースリープ」は、赤ちゃんの夜泣きに悩むママにおすすめのブレンドエッセンシャルオイル。ヨーロッパや地中海で収穫された新鮮な3種類のハーブを原料とし、合成香料・防腐剤などは無添加の精油を作りました。

ラベンダーとベルガモット、クラリセージの香りが、赤ちゃんの「すやすや習慣」をサポートしてくれるでしょう。寝かしつけのときにママのパジャマや赤ちゃんの枕元に1滴垂らすのがおすすめです。おでかけ時にママのスリングにつけたり、お昼寝時にアロマディヒューザーに入れたりしても良いかもしれませんね。

あわせて読みたい

Image

【生後3ヶ月~】赤ちゃんと初めてのおでかけ~持ち物・服装・おすすめプラン~

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9937
Image

生後3ヶ月ってどんな時期?赤ちゃんの成長と子育てのポイント

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18933
Image

【生後3~4ヶ月】赤ちゃんとの生活~生活リズム・コミュニケーション・食事・やっておきたいこと~ | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/10394
Image

「生後3ヶ月の1日のスケジュール・過ごし方ってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13712
Image

赤ちゃんにみられるハンドリガードとは?やらない子もいる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27440
Image

卒乳の時期はいつ?平均何歳くらい?断乳との違いは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29383
Image

断乳の方法と進め方は?断乳の時期とやり方を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/8508

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事