更新日:2017年01月05日

「生後12ヶ月の1日のスケジュール・過ごし方ってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!

生後12ヶ月の時に先輩ママが体験したこと調査してみました。体験されたことを元にこれから育児・子育を控えています皆さんへのアドバイスも聞いてみましたので、是非参考にしてみてくださいね!

60603
1

体験談その1:「比較的規則的な毎日」(20代)

一歳位になった頃は、以下のような一日のスケジュールでした。

朝7時 起床、着替え
朝8時 朝食、パパを見送り、ママが家事をしているのを追いかけながら過ごし、その後買い出しがてらお散歩
12時 昼食、お昼寝
15時 おやつ、おうちでママと遊んだり絵本を読んだり、お天気はよければお散歩に行ったり
18時 夕食+授乳、帰宅後のパパと遊んで疲れてもらう
21時 お風呂、就寝 (ちょうど一歳頃を境に就寝前の授乳を卒業しました。)

引用元:mamanoko.jp

体験談その2:「生活リズムが整ってきます」(30代)

朝は日の出と共に目覚め、朝食、9時頃に果物などの軽食を取ります。おんぶできる抱っこひもを使い、部屋の掃除などをします。11時半頃昼食を取ります。12時過ぎころから目をこすり始めるので、そうなるとお昼寝タイムです。15時頃まで寝ます。

おやつを食べた後、ベビーカーを押して近くのスーパーへ買い物に行きます。夕食を食べ、家の中で遊び、20時頃お風呂に入ります。授乳をして、21時前には寝てしまいます。12ヶ月頃になると夜中に起きることはなくなりました。

引用元:mamanoko.jp

体験談その3:「お外に行くことが増えました」(30代)

だんだんと、お昼寝の回数が減ってきて、昼ご飯の前か後に一回、3時間ほど寝るようになりました。お昼寝は一日、その一回でおしまいで、後は元気に遊びまわります。

遊ぶ時もお家の中では物足りないらしく、公園に行って、走り回ったり、石を集めたり、木の枝を集めたり、遊具では遊べないので、よく自然と遊んでいました。

夜も、夜泣きが少しあるのですが、1.2回ぐらいであとはだんだんと寝る時間が安定してきました。お昼寝が減ったせいか、夜は7時までには寝についていました。

引用元:mamanoko.jp

体験談その4:「大体毎日同じリズムです」(30代)

生後4か月頃から、昼夜の区別がついて、夜は比較的まとめて寝てくれるようになりました。母乳育児なので、夜中もおっぱいを求めて泣きますが、添い寝しながらおっぱいをやると、ある程度満足するとまた眠りにつきます。生後12か月の現在も、こしたリズムは変わっていません。

朝は、毎日7時くらいに起きて、お姉ちゃんが幼稚園に登園した後、たいてい10時ちょっと前から昼寝をします。そして、午後も2時半ごろからもう一度お昼寝をするのですが、すぐにお姉ちゃんを迎えに行く時間がやってくるので、午後のお昼寝は十分寝かせてあげられないことも多いです。

お姉ちゃんが帰ってくると、一番楽しい時間のようではしゃいで遊んでいます。夜9時ごろには、毎日布団に入ります。

引用元:mamanoko.jp

体験談その5:「とにかくよく遊ぶ!」(20代)

朝8時起床、顔をふいて少し遊んで9時過ぎに朝食、外で遊んで授乳、12時昼食、その後授乳、お昼寝1時間。午後も目一杯遊んで夕方授乳とお風呂、お父さんが帰宅して遊んでもらい、7時に夕食。食後に授乳としばらく遊んで歯磨き、授乳しながら10時までに就寝。夜間授乳は多い時で3回くらい。

日中は絵本を読んだり、靴を履いて近所をお散歩したり、ボール遊びや楽器を鳴らして遊ぶことも多くなりました。夜間授が減ったぶん、ママは前より眠れるけれど、自分で歩き回るようになると、1日中目が離せないからクタクタ。そんなときは一緒にお昼寝します。

引用元:mamanoko.jp

体験談その6:「1歳の1日!」(30代)

大体6時半に上のお姉ちゃんと一緒に起きます。朝ごはんを食べて、テレビを見て10時頃に1回目のお昼寝が始まります。12時半頃に目が覚め、お昼ご飯を食べます。お昼ご飯を食べてまた遊びだし上のお姉ちゃんが帰ってくるちょっと前の4時頃に30分程2回目のお昼寝をします。

上のお姉ちゃんと遊んでもらい、6時半から7時の間に夜ご飯を食べます。夜ご飯を食べたら、8時頃にお風呂に入ります。寝る前に少し遊んで大体9時から9時半には寝ます。

引用元:mamanoko.jp

体験談その7:「午前寝と午後寝をしっかりと。」(30代)

朝は7時半頃に自然に起きてくるまで寝かせていました。時には8時半とかになってしまっても、急ぐ用事もないのでのんびりと寝かせて、起きてから朝食をとるようにしていました。それから掃除をしながらおんぶをするのですが、その時に揺られて気持ちいいのか30分ほど寝ていました。

その後用事や昼食を済ませ、午後の1時半〜3時ごろまでお昼寝をしっかりさせていました。少しでも眠る時間が短かったりするとぐずりが多かったので、途中で起きてしまったら抱っこして再度寝かすなど努力していました。

引用元:mamanoko.jp

体験談その8:「時間にほぼ正確です。」(20代)

気をつけていることは、寝る時間と起きる時間は毎日同じにすることです。お夕飯を食べ終わったら、テレビはつけない。部屋の照明は暗めにして、お風呂に入ります。多分この一連の流れが、娘にとっての入眠儀式。

朝は毎日ほぼ同じ時間帯に起きて、必ず窓を全開にします。寝てから起きるまでの流れを整えた頃から、日中もほとんど時間に正確にすぎるようになりました。午前睡やお昼寝の時間も同じになると、外出の予定を組むことが楽ちん!毎日余裕を持って過ごせるようになった気がします。

引用元:mamanoko.jp

体験談その9:「赤ちゃんと二人で過ごす時間が長くあった」(20代)

朝7時に起きて主人と一緒に私が朝食です。主人が出掛けてから、息子の朝食です。食パンを薄切りにして小さくしたものにチーズを乗せて食べていました。その後、NHKの教育放送をしばらく見ます。その間に洗濯、掃除を済ませ、テレビを2時間ほど見ると外に買い物と公園に行きます。

午後12時までに帰ってきてから着替えて昼ごはんです。そのあと、昼寝を夕方までしてから夕方におやつを食べながら、教育放送をまた見ます。食事の支度を終わると、お風呂です。二人で工夫して入り、その後夕食です。

食べさせてから、自分が食べるので2時間ほどかかります。夜9時になると主人が帰ってきてその頃に軽く遊んでもらってから寝ます。

引用元:mamanoko.jp

体験談その10:「規則正しい生活でした」(20代)

だいたい1日のスケジュールが決まっていたので、お世話しやすかったです。ほぼ決まった時間に起きて、ごはんを食べ、お昼寝し、寝ていました。毎日同じスケジュールで過ごしていると、次に何をするのかが少しずつ分かるようになってきて、

時間になると外に出たがったり、ご飯を食べたいと催促してきました。家では積み木や絵本など、わりと静かに過ごすことが好きでしたが、外では砂遊びや葉っぱ集めなど、自然に興味を持ち始めたようでした。

引用元:mamanoko.jp

まとめ

先輩ママのアドバイスは参考になりましたでしょうか?

今回は生後12ヶ月の赤ちゃんの成長に関する体験談をお届けしました。mamanokoでは、生後1ヶ月から2歳まで大々的に調査しましたので、是非参考にしてみてくださいね!
生後12ヶ月以前・以降の”1日のスケジュール・過ごし方”に関する育児体験談はこちらから
https://mamanoko.jp/tags/16333
その他の育児体験談もみたい方はこちらから
https://mamanoko.jp/tags/15549

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事