更新日:2017年04月03日

夏の思い出をおしゃれに飾ろう!海の宝石「シーグラス」で作るインテリア

海岸などで拾うことができる、丸くなったガラス片。実はこれ、海の宝石「シーグラス」というステキな名前があるんです。曇りガラスのような表情ある透明感がとっても涼しげですよね。今回は、このシーグラスを使ったオシャレなインテリアをご紹介します。

58720
0

目次

    これがシーグラス

    海岸で貝殻拾いをしていると、たまにありますよね!子どものとき、これを見つけるとうれしくなったものです。角が丸くなっているので、子どもがさわっても大丈夫です。

    いろんな色がある!

    シーグラスは、もともとはビンの破片なので、実にいろんな色があるんです。ガラスだけでなく、瀬戸物も味があってかわいいですね。なんだかこのまま箸置きにできそうな感じです。それにしても、すごい量!ここまでたくさん集めてみたいものです。

    シーグラスをインテリアで楽しもう!

    ただ眺めているだけでも楽しいですが、せっかくならおしゃれなインテリアに生まれ変わらせましょう!シーグラスさえあれば、あとは簡単な材料でできちゃいます。

    ランプ

    ビーチグラスを積み重ねたランプは、暗い部屋や屋外でともすととても雰囲気が出ます。リラックスできるひと時を味わえるはずですよ。

    ペタペタ貼るだけ!

    ハートの形の板にペタペタ貼るだけです。もちろん、形は何でもOKですよ。とってもステキなインテリアに生まれ変わりましたね。

    グラスに入れてインテリアに

    透明なグラスに入れてふたを閉めて飾っておくだけで立派で素敵なインテリアになります。水回りなどに使うことができるとキラキラして癒されそうですね。

    フレーム

    こちらもひたすらペタペタ。一緒に拾った貝殻やヒトデなども配置してもいいですね。

    窓にも

    このように、窓に貼るときれいな目隠しの役割をしてくれます。中からも外からもキラキラ見えて、楽しい気分になってきますね。

    アクセサリーとしても!

    天然石のようにきれいなシーグラス、アクセサリーにするのもいいですね!サイズに応じていろいろアレンジできそうです。

    実は希少価値の高いシーグラス

    こうしてステキなインテリアを見ていると、たくさんシーグラスが欲しくなってしまいますね。でも実は、今後どんどんシーグラスは見つけにくくなるだろうといわれています。その理由は、近年のゴミ処理ルールの徹底化により、全世界的に見ても海に廃棄されるガラス瓶が減っているからなんです。

    なおかつ、ペットボトル全盛期の時代にあって、ビンの生産量は著しく低下しています。今や、シーグラスは美しい貝殻を見つけるよりも困難とも言われているそうです。見つけられたらラッキーですね!

    大切にストックしておきましょう!

    希少な存在とはいえ、意外に集めだすとたくさん増えていくかもしれませんね。ビンに入れているだけでもかわいいインテリアになります。

    シーグラスのメッカは湘南~三浦半島

    どこの海岸にもシーグラスは打ち上げられますが、特にたくさん見つかるという情報のあるエリアをご紹介します。それは、房総半島、湘南から三浦半島にかけてのビーチなんだそうです。必ずたくさん見つかるとは言いにくいのですが、お近くの方は散歩がてら探してみてはいかがでしょう。

    こんな情報も!

    これだけでいろいろ作れちゃいそうですね!奄美のほうでもたくさん見つかるのかもしれません。旅行に出かけたら、チェックしてみたいですね。

    シーグラスの宝庫!カリフォルニアのグラスビーチ

    最後にすごいビーチをご紹介します。これは、米カリフォルニア州にあるグラスビーチと言うところです。のどかな雰囲気で観光客にも人気なんだとか。さすがになかなか気軽に行ける場所ではないですが、この景色の中でシーグラスの上を裸足で歩いてみたいです。

    まとめ

    シーグラス、ひとつだけでももちろんきれいなのですが、たくさん集めるとまた違った魅力を放つことがわかりました。これからのシーズンは、ひたすら娘と浜辺を散歩してシーグラスを集めたいと思います!

    あわせて読みたい

    Image

    材料は石と絵の具♪夏休みの自由研究は、拾った石で可愛い置物雑貨を作っちゃおう!

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12539

    関連する人気の記事

    ライフスタイルのカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    noharatta

    親の意に反してどんどん女子力を上げ、2歳半にしてアイドル願…

    ライフスタイル デイリーランキング

    おすすめの記事