更新日:2017年04月19日

ついに歯が生えてきた!授乳中に噛まれない準備と4つのコツ

赤ちゃんについに歯が生えた!初めての歯、とても可愛いですね。成長は嬉しいけれど、それと同時に授乳への恐怖が…。噛まない赤ちゃんも多いといいますが、機嫌が悪かったり、遊んで噛んでしまう赤ちゃんも。もし噛まれた時どのように対処するかコツをご紹介します。

116411
1

赤ちゃんはなぜおっぱいを噛むのか?

Image

赤ちゃんの歯が生え始めると、授乳中におっぱいを噛まれることがあり、ママは悶絶してしまいますよね。噛んでしまう理由はそれぞれであるのですが、主な理由として、

・歯が生えてむず痒い
・単に遊んでいるだけ
・ママが生理中だったり排卵日で一時的におっぱいの味が変わった
・ママの食べたモノの影響や古い母乳が出るためにおっぱいが美味しくない
・乳管が詰まりかけていたり細くなっていておっぱいが出にくい
・乳管が詰まりかけているため乳首が固くて伸びにくい

などの理由があげられるようです。
母乳の味が美味しくない心当たりがある方は、食生活を改善してみるなどは必要です。しかし機嫌が悪かったりや、遊んでいるだけで噛まれたら一溜まりもありませんよね。赤ちゃんとの授乳タイムが恐怖の時間になってしまい、泣く泣く断乳することになるママさんもいるそうです。

そうならないために対処法を事前に知っておきましょう!

Mobile favicon

赤ちゃんの歯が生えるときのイライラ!ぐずる様子と対策とは?

噛まれる前に察知できるのか?

Image

よく、授乳中におっぱいを噛む赤ちゃんを見ていると「今から噛むよ~」という感じで、いたずらに笑う……というママが多くいます。または、ソフトにおっぱいを甘噛みして遊んでいるあとなんかも、よく噛まれたりするようですね。

ですので、授乳中の赤ちゃんの様子をみながら、ニヤニヤして来たら「始まるかも……!」と察知してもいいかもしれません。ただし、まだ乗り足りない場合もありますので、この時点ではまだ注意深く見守っておく必要があります。ただし、そこで下を引っ込めたら赤ちゃんの噛む準備は万端。ママは、その時点でお口から乳首を話すようにすると、被害にあわずに済みそうですね。

このように、遊び飲みしてしまう赤ちゃんはこれで事前に防げるかもしれません。ながら授乳などは止め、赤ちゃんをよく観察する必要がありますね。ちなみに赤ちゃんが授乳中噛んでしまう時期は大体4ヶ月〜1歳くらいまでが多いそうです。

授乳の前に!歯固めで予防しよう

Image

歯が生え始めて、まさに「歯がゆい」状態です。歯茎がムズムズするので、授乳中に乳首を噛んで解消させようとしてしまう子もいます。授乳の前に歯固めを与えてスッキリさせてから授乳タイムにしましょう。

歯がためにまつわる体験談

おすすめ歯がため

61laehjg1dl. sl1181

KJC ケイジェイシー EDISONselect カミカミBabyバナナ 【対象年齢:3ヶ月~】

¥545〜(2017/04/19 時点)

バナナの形をした、どこを噛んでも大丈夫なやわらか素材の歯がためです。離乳時期の「吸う」から「噛む」への移行トレーニングに。独自の形状で唇や歯ぐきに刺激を与え、噛む感覚を学びます。
バナナの皮の形状:口の奥深くに入ることを防いでくれます。
ブラシの凹凸形状:歯ぐきをマッサージ。むずがゆさも解消。

■この商品に関する口コミ
下の歯が生えてむず痒いのか色んなものをガジガジするので買ってみました。気に入ったようでいつもカミカミしています。見た目が可愛くて見ていて癒されるのもいいです。

引用元:review.rakuten.co.jp

それでは次からは、噛まれてしまった時の対処法、噛まれなくなるコツをご紹介します。

Mobile favicon

歯固めの必要性とは?開始と終了、選び方やおすすめ15選

Mobile favicon

お食い初めのときに使う歯固めの石とは?使い方や意味、代用品まとめ

赤ちゃんに噛まれないためのコツ

Image

コツ①真剣に訴える

赤ちゃんはママの言うことを意外と理解しています。噛まれる前に、また噛まれたら「痛い、いけないことである、噛むならおっぱいは終わり」ということを赤ちゃんの目を見て真剣に伝えましょう。

コツ②低い声で怒る

噛まれてしまった時はわざと低い声で「痛い」と怒りましょう。いつものママと違う声であれ?と思わせます。噛まれて痛くても「痛〜い!」など高い声で反応してしまうと、赤ちゃんが遊んでもらっていると喜び、ますます噛むクセがついてしまう可能性があるので地声で静かに伝えるのがコツです!その後噛まずに授乳できた時は、いつものママの声で赤ちゃんを目一杯褒めてあげましょう!

コツ③鼻をつまむ

噛まれたら赤ちゃんの鼻を軽くつまむ方法です。そうすると鼻呼吸ができなくなるので口を離します。あくまで軽く一瞬つまんで、です! 鼻をつまみづらい場合は赤ちゃんの顔を胸にギューっと押し当てます。これも一瞬だけです。噛まれる時は繰り返すことで噛まなくなる子も多いそうです。この時もママはリアクションしないことが重要です。

コツ④噛まれたら即中断する

噛まれたら即授乳を中断し、その後泣いてもおっぱいはあげません。噛んだらおっぱいがもらえないんだという印象を与えます。口から外す時は指をわきから入れて離しましょう。

Image

授乳中歯が当たって痛い!痛みを和らげる4つの応急処置とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17490

それでも噛まれ続けたら…

Image

色々試したけれども、噛むのを止めない赤ちゃん。親子のコミュニケーションの時間が怖くなってしまいますね。

ある程度の我慢も仕方ないかとは思いますがどうしても止めない場合はママが辛くなってしまうので、乳頭保護機を使う、搾乳して哺乳瓶に与える、赤ちゃんが噛みやすいタイミングをミルクに変えてみる、というのも1つの手かもしれないですね。

まとめ

歯が生えてくるのは成長の証で嬉しいですよね。でもそれと同時に悩みも増える方も多いのが事実です。赤ちゃんにとって、授乳タイムは食事だけではなく精神を安定させるとても幸せな時間です。少しでも長く親子のコミュニケーションの時間をとれるように参考にしていただければ幸いです。

あわせて読みたい

Image

母乳にいい食べ物・飲み物は?気を付けたい食事のポイント | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18310
Image

母乳外来とは?母乳外来を利用するメリットと注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18159
Image

授乳ケープって必要ですか?外での授乳マナーどうしてる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13025

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Defaultyuko

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事