更新日:2017年09月12日

妊娠中におすすめの飲み物・注意すべき飲み物一覧!先輩ママ100人のアンケートも記載

妊娠中は何か飲み物を飲みたいと思っても、「お腹の赤ちゃんに影響があるかも・・・」と敏感になってしまいますよね。しかし、妊娠中は喉が渇きやすく水分補給が必要です。そんな時に、赤ちゃんに影響がない妊娠中にも飲める飲み物には何があるのでしょう。今回は、妊娠中にも飲める、おすすめの飲み物についてご紹介します。

33217
0

妊娠中の妊婦さんは水分補給が大事

妊娠中は赤ちゃんを守るようにお腹に脂肪が増えたり、その脂肪をエネルギーに変えようと代謝が良くなったり、様々な体の変化が起こります。その結果、妊娠中は汗をかきやすく血液量も妊娠前に比べ40%も増えます。そのため、体が水分を欲するようになり、妊娠中は水分補給が欠かせなくなります。

また、しっかり水分補給することで、血液の流れも良くなります。血液の流れが良くなると、赤ちゃんへもサラサラで健康的な血液を送り届けることができます。そして、多くの妊婦さんが悩まされるという便秘解消のためにも、水分補給は欠かせないのです。妊娠中は十分な水分補給をすることで、赤ちゃんのためにも妊婦さんの健康のためにも必要ということです。

これってどうなの?普段飲むけど飲んでいいか気になる飲み物

Image

コーヒー

コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインには中枢神経を興奮させる作用があるのですが、大量に摂取することで不眠や精神興奮を引き起こしてしまうことも。妊娠中はカフェインを分解するのに時間がかかるため、胎盤を通じて胎児にも移行してしまうことも考えられるので、万が一のことを考えてカフェインを含むコーヒーは摂取量を考える必要があります。

しかし胎児に影響があるのはカフェインをたくさん摂取してしまったときのことだけで、絶対に摂取してはいけないというものではありません。日本では特に基準はありませんが、1日に1~2杯くらいまででしたらコーヒーを飲んでも大丈夫だと言われています。またカフェインレスのコーヒーも販売されていますから試しに飲んでみてはいかがでしょうか。我慢することがストレスになっても良くありませんので、摂取量に注意して飲むようにしましょう。

Mobile favicon

カフェインレス?それともデカフェ?妊娠中でもごくごく飲める、こんなコーヒーはいかが?

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは妊娠中の体に何も悪影響がないと思われがちですが、実はちょっと気をつけた方がいいようです。ミネラルウォーターには「軟水」と「硬水」があるのですが、硬水は肝臓に負担がかかりやすいそうです。つわりの時期は特に硬水のミネラルウォーターは避け、飲むのであれば軟水のミネラルウォーターにしておきましょう。

Mobile favicon

赤ちゃん用のウォーターサーバーは必要?おすすめの11選を徹底比較

お茶

一言で「お茶」と言ってもいろいろな種類がありますが普段飲んでいる「お茶」は妊娠中も飲んでいいのか気になりますね。さまざまなお茶の種類の中にはカフェンが含まれているものもありますし、タンニンが含まれているものもあります。

タンニンは葉酸の働きを阻害したり、鉄分の吸収を阻害したりすることもあることから、妊娠中には嬉しくない作用を引き起こす可能性があります。普段飲んでいるお茶を飲むときにはそのようなものが含まれていないか確認することが大切です。下で詳しく載せたいと思うので参考にしてみてください。

Mobile favicon

妊婦はほうじ茶・玄米茶・緑茶などを飲んでもよい?妊娠中におすすめのお茶は?

妊婦さんにおすすめの飲み物

麦茶

妊娠中にお茶を飲むのなら、麦茶がいいでしょう。何か飲み物を飲みたいときに気軽に飲める麦茶は、赤ちゃんでも飲むことができるノンカフェインの飲み物で、妊娠中に摂取したいミネラルや食物繊維が麦茶には豊富に含まれています。

ただし、発酵させていないお茶は体を冷やし、発酵したお茶は体を温めるという効果があり、麦茶は発酵させていないお茶に含まれます。そのため過剰に摂取してしまうと体を冷やしてしまうので注意が必要です。妊娠中であれば常温で飲むか、冬はホットで飲むと良いでしょう。

Imgrc0069631443

はと麦茶ティーバッグ お試し2袋セット

¥1,512〜(2017/09/12 時点)

こちらのはと麦茶は国産100%のはと麦で作られいます。はと麦は昔から美容健康茶として親しまれています。ノンカフェインなので妊婦さんも授乳期のママも安心して飲むことができますね。

ほうじ茶

カフェインが含まれているのですが、ほうじ茶も妊娠中に飲みたい飲み物のひとつです。カフェインといっても、ほうじ茶に含まれるのはごく微量なので、小量なら飲んでも大丈夫です。ほうじ茶には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などといった栄養素が含まれているので、妊娠中に必要な栄養素を補うことができるのもおすすめのポイントです。

Imgrc0092991966

薬膳ほうじ茶200g

¥1,730〜(2017/09/12 時点)

こちらの薬膳ほうじ茶は健康茶と濃厚で後味の甘い極上ほうじ茶がブレンドされているので、健康茶の嫌な渋みや苦みがほとんどなく、とても飲みやすい味のお茶です。ベースのほうじ茶はほぼカフェンが0なので胃への負担が軽く、ブレンドされているドクダミ茶・ハブ茶・スギナ茶はノンカフェインなので妊婦さんの安心して飲むことができます。

■この商品に関する口コミ
・こちらのお茶を飲みだしたら他のお茶はもう飲めません。授乳期にも気兼ねなく飲めるのが嬉しいです。
・薬膳っぽいクセがなく、でも味や香りはしっかりしていておいしいです。

引用元:review.rakuten.co.jp

ルイボスティー

妊娠中のおすすめの飲み物で次にあげられるのが、ルイボスティーです。ルイボスティーはノンカフェインでハーブティーなのですが、子宮収縮作用などの妊娠中に悪影響となる要素が全くないのです。味も癖がなく、ハーブティーの中でも非常に飲みやすい飲み物です。そして、鉄分やカルシウムなどの栄養価が高く免疫力を高める効果も期待されている為、妊娠中にはおすすめの飲み物ではないでしょうか。

20448 main hot

葉酸入り オーガニックルイボスティー

¥1,296〜(2017/09/12 時点)

購入はこちら

こちらのルイボスティーは葉酸入りのルイボスティーです。葉酸はプレママさんや妊婦さん、また授乳中のママにも推奨されており、母子手帳にも「妊娠中に欠かせない栄養素」として紹介されていますよね。葉酸入りルイボスティーには妊娠中に必要とされている1日分の葉酸が1ティーバッグに配合され、気軽に葉酸を摂取することができます。ノンカフェインで葉酸入り、オーガニック原料が使われているルイボスティーでホッと一息ついていみましょう。

■この商品に関する口コミ
・味はもちろんルイボスティーそのままの味なのでおいしいです。
・手軽に葉酸が摂れるので助かりました。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら
Mobile favicon

妊娠中にカフェインがダメな理由とは?妊婦さんにおすすめのルイボスティー3選

たんぽぽ茶

妊娠中に飲んでいる人が多いと言われているのが「たんぽぽ茶」です。たんぽぽ茶はノンカフェインでほんのり甘く深みがある味なので、コーヒーが好きな人におすすめの飲み物です。妊娠中に、カフェインの入ったコーヒーが好きだけど飲めないという方に愛飲されています。

たんぽぽ茶には、ビタミンやミネラル、鉄分が豊富に含まれており、妊娠中の栄養補給としてもおすすめです。そして、利尿作用が強く便秘やむくみの解消にもつながっています。また、母乳の出が良くなると、授乳中のママにも人気の飲み物です。

Tanpopohotimage

ノンカフェイン たんぽぽ茶ブレンド

¥732〜(2017/09/12 時点)

購入はこちら

こちらのたんぽぽ茶はたんぽぽ根をベースにウーロン茶の50倍ものカルシウムやミネラルを含む醗酵ギムネム、体型維持にもうれしい黒豆がブレンドされています。クセのないお茶味なので食事中でもゴクゴク飲むことができますよ。ポット用なのでたくさん作って冷蔵庫に入れておけば、好きなときにいつでも飲むことができるのでおすすめです。

■この商品に関する口コミ
・ホットでもアイスでもおいしいです。
・味は黒豆茶の香りが強い感じで、たんぽぽ茶の飲みにくい感じが全くありませんでした。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフティーは「安産のお茶」と呼ばれることもある、後期の妊婦さんにおすすめのハーブティーです。子宮や子宮の筋肉に作用するのでお産をスムーズにしてくれる効果が期待できます。しかし子宮収縮作用があるので妊娠初期には禁忌とされていますから注意してくださいね。

Ec raspberry leaf b01

AMOMA ラズベリーリーフティー

¥1,295〜(2017/09/12 時点)

購入はこちら

こちらのラズベリーリーフティーは大手の雑誌でも紹介されている商品です。世界的に信頼性の高い有機ラズベリーリーフ100%を使用しているので妊娠中のママも安心して飲むことができますよ。ティーバッグなのでお出かけ先でも簡単に作ることができますし、何よりも手間なく作れてお手軽です。妊娠8ヶ月から1日2杯を目安にぜひ飲んでみましょう。

■この商品に関する口コミ
・体を冷やさないためにホットで飲んでいますが、とても飲みやすくクセや渋味、苦味のない味です。
・先日出産しましたが2時間半での安産でした。出産後の母乳もよく出ます。飲んでいて本当に良かったと思いました。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら
Mobile favicon

妊婦さんにおすすめのラズベリーリーフティーは?効果・注意点・飲み方を徹底解説!

Mobile favicon

【妊活・妊娠・授乳専門店で安心】AMOMAのハーブティー・オイルをご紹介

青汁

青汁とはケール・大麦若葉・明日葉などの緑黄野菜を絞って作った飲み物です。お腹の中の赤ちゃんに必要なビタミンやミネラル、カルシウムや鉄分なども含まれているので、妊娠中のママにおすすめの飲み物ですよ。つわりの時期など固形のものを食べるのが辛い妊婦さんは、青汁を飲むことで栄養を手軽に摂取することができ、とても便利です。

31mzrpzbf4l

美力青汁

¥3,996〜(2017/09/12 時点)

購入はこちら

エステティシャンである高橋ミカさんがプロデュースした天然原料100%の無添加青汁です。妊娠中に欠かせない葉酸、不足しがちな鉄分も補うことができる上に、妊娠中におすすめのオリゴ糖が4種類配合されていたり乳酸菌も入っていて妊娠中の健康をサポートしてくれますよ。カフェイン0なので安心して飲むことができます。

■この商品に関する口コミ
・飲みやすく青臭いイメージの青汁とは違い、おいしく飲めるところがいいです。
・苦味もクセもなく飲みやすいです。葉酸もしっかり摂取でき、お通じも良くなって助かっています。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら
Img61529512

サンスター 健康道場 おいしい青汁

¥6,000〜(2017/09/12 時点)

購入はこちら

体重の増加が気になる妊婦さんにおすすめの、サンスターの「おいしい青汁」。1本たった61kcalでありながら、1日の不足量にあたる野菜90gを摂ることができます。ケール、ブロッコリー、パセリなど、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含む9種類の青野菜をぜいたくに使い、特許製法により野菜本来の香味や新鮮さをキープ。

さらに毎日おいしく続けられるよう、青汁の効果はそのままに、野菜とりんごのスムージーのような飲みやすさを実現しました。食事制限無しで体重管理をしたい妊婦さんの栄養補給にぴったりですね。

■この商品に関する口コミ
・青物野菜の嫌味はなくリンゴ果汁が程よく味わえとても飲みやすい味に仕上がっています。
・毎朝飲んでいますが、便通がよくなり、さらにお肌の調子もすこぶるいいです。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

酵素ドリンク

酵素ドリンク=ダイエットの飲み物というイメージがありますよね。妊娠中には飲まない方がいいのではないか?と思ってしまいますが、実は妊娠中でも飲んでも大丈夫な飲み物のひとつなのです。酵素ドリンクにはダイエット時でも栄養不足にならないようにと、栄養素がたくさん含まれていますので、ダイエットのためではなく、栄養補給を目的として飲むのであれば、妊娠中にもおすすめの飲み物となります。

223476

エッセンシア酵素

¥6,575〜(2017/09/12 時点)

購入はこちら

こちらの酵素ドリンクは妊娠中から飲むことができる酵素として支持されています。酵素は新鮮な野菜や果物、発酵食品などに多く含まれていて、生きていく上で必要不可欠なもの。それは胎児にとっても重要な栄養素です。酵素を摂取することで腸内の善玉菌が増えて栄養吸収がスムーズになります。

妊娠中に起こりやすい便秘の予防やむくみ防止など嬉しい効果がたくさんです。血液の流れもスムーズになるので、腰痛や冷え症などのトラブルにも効果があります。おすすめの飲み方は母体や胎児のために3食きちんと食べ、酵素をおやつ代わりや寝る前に摂ってみましょう。

■この商品に関する口コミ
・いろいろな酵素を試しましたが、エッセンシア酵素が一番飲みやすくおいしかったです。
・妊娠中から飲んでおり、おかげさまで体重も極端に増えませんでした。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

ゆず茶

妊娠中に体が冷えていると、お腹の赤ちゃんにもその冷えは伝わります。体が冷えていると血液の流れが悪くなり、赤ちゃんに栄養が行き届かなくなってしまいます。そして、胎児の成長に影響を与えて、最悪な場合は切迫早産や切迫流産につながるのです。そうならないためにも妊娠中は特に、体を冷やさないようにしましょう。

体を冷やさないおすすめの飲み物がゆず茶です。ゆずには、ビタミンやミネラルが豊富な上に、妊娠初期の妊婦さんにはかかせない葉酸がたっぷり入っています。ゆずはゆず茶として飲むことで栄養も摂れて体も温められるので、冷えが気になる妊婦さんにはおすすめの飲み物です。ただし、はちみつなどを入れて飲む場合は、糖分を摂りすぎないように少量に控えましょう。

41qbzslnfhl

国産蜂蜜で作ったゆず茶

¥918〜(2017/09/12 時点)

国産の蜂蜜と鹿児島県産の無農薬ゆずを使用しており、ほどよい甘さで香りも良く、クセになりそうな安心のゆず茶です。ゆず茶としてだけでなくパンにつけたりヨーグルトに混ぜたりしてもおいしくいただけます。

■この商品に関する口コミ
・つわりで何も食べられないときにお世話になりました。国産のゆず茶、無農薬・無添加なので安心して口にすることができました。
・ゆず皮の厚さ・風味・蜂蜜の甘さ加減、どれをとっても今までで一番おいしいと思います。

引用元:review.rakuten.co.jp

味噌汁

味噌汁を妊娠中に飲んだという方もいました。確かに、味噌汁は栄養豊富で野菜も入っているので体によさそうですね。カフェインも入っていないので安心です。

先輩ママに聞いた!あなたのおすすめの妊娠中の飲み物は何?

Image

mamanoko調査隊調べ(有効回答数116人)

1位が「麦茶」、2位が「ルイボスティー」、3位が「ほうじ茶」という結果となりました。麦茶が1位の理由としては、手軽で、普段から飲んでいて価格が安いという部分があるのではないでしょうか。その他の回答としては、「レモネード」や「白湯」という回答がみられました。あなたもぜひ、先輩ママさんの意見を参考にしてみてください!

妊娠中に飲むのには注意が必要な飲み物

Image

コーヒー

前述しましたがコーヒーはカフェインを含んでいるので1日1~2杯を目安にし、飲み過ぎには注意しましょう。コーヒーには妊婦さんでも安心して飲むことができるカフェインレスのものも多く販売されています。妊娠中に数あるカフェインレスのコーヒーをいろいろ試して飲んでみて、お気に入りを探すのも楽しいかもしれませんね。

紅茶

コーヒーに比べるとカフェインは少ないですが、紅茶にも100mlあたり30mlほどのカフェインが含まれています。コ―ヒーと同様に1日1~2杯を目安に飲むようにしましょう。ノンカフェインの紅茶も販売されているので、紅茶を楽しみたい妊婦さんはお気に入りの1杯を探してみましょう。妊娠中だけでなく授乳中も大好きな紅茶を飲むことができそうですね。

緑茶

緑茶にもカフェインが含まれています。カフェインだけでなく葉酸の働きを阻害したり、鉄分の吸収を阻害するタンニンも含まれています。葉酸は胎児の成長に必要な成分なので阻害されては困ります。また妊娠中は貧血症状が出やすくなるので、できれば妊娠中は別の飲み物を飲んでいた方がいいかもしれません。

炭酸飲料

炭酸にはカルシウムの吸収を妨げる「リン酸」という添加物が含まれています。また炭酸飲料には糖分が多い上に、カフェインが含まれているものもあるので、飲みすぎには十分注意しましょう。

ホットチョコレート

チョコレートにもカフェインが含まれています。ダークチョコレートの中には普通のチョコレートの4倍近くカフェインが含まれているものもあることから、ホットチョコレートを飲む際には注意が必要です。脂質も高くカロリーも高いので飲む量には気をつけるようにしましょう。

栄養ドリンク

栄養ドリンクは「滋養強壮」や「栄養補給」を目的とされており、疲労回復の効果が期待できる飲み物です。栄養ドリンクの中には「妊娠・授乳期の栄養補給に」と記載のあるものもありますが、中には妊娠中は控えた方がいい成分が含まれている栄養ドリンクもあるので注意書きをよく読んでから飲むようにしてみましょう。

チェックする項目としては「カフェインを含んでいないか」「カロリーが高くないか」「アルコール成分は含まれていないか」などです。アルコールはとても微量なのですがアルコールに弱い妊婦さんは控えた方が良さそうですね。またカフェインに関しては普段からコーヒーなどを適量飲んでいる場合は過剰な摂取を控えるために、ノンカフェインの栄養ドリンクを選んだ方が安心です。

アルコール

妊娠中に飲酒をすると胎盤を通じて胎児にも届いてしまう可能性があります。「胎児性アルコール症候群」という、胎児の発育不全や神経系に影響を及ぼすこともあります。「これくらいなら大丈夫」という明確な基準はありませんので「あのとき飲まなければ良かった」と後悔することのないように、アルコールは控えた方がいい飲み物かもしれません。

果物ジュースや糖分の多い乳飲料

果汁ジュースや糖分の多い乳飲料も気をつけた方がいい飲み物です。果汁100%でも意外と糖分が高く、カロリーも高いものが多いです。パックに入った甘いカフェオレなども糖分が多く含まれているので、飲む量には注意しましょう。

ジャスミンティーなどのハーブティー

ハーブティーはリラックス効果もあるので妊婦さんにはおすすめの飲み物かと思ってしまいがちですが、注意が必要な飲み物でもあります。もちろん妊婦さんにおすすめのハーブティーもありますが、種類が豊富なハーブティーの中には子宮を収縮させるような成分があったり、妊娠の継続に悪影響を及ぼしてしまうものがあります。

メジャーなハーブティーである「セージ」や「ジャスミン」には子宮を収縮させる作用があるので妊娠中は控えるようにしましょう。ハーブティーを飲むときは専門店のスタッフに聞いたり、注意書きをよく確認したり、医師に相談するなどして安心して飲めるハーブティーを飲むようにしましょう。

先輩ママに聞いた!妊娠中にカフェイン入りの飲み物を飲みましたか?

Image

mamanoko調査隊調べ(有効回答数116人)

意外にも妊娠中にカフェインを飲んでいた先輩ママは、半数以上いるようです。カフェインは多くとりすぎるとお腹の赤ちゃんに悪影響があるようです。しかし、赤ちゃんに悪影響を与えるのは、あくまでも過剰に摂取したときで、イギリスでは1日200mgまで、アメリカ・カナダでは1日300mgまではカフェインを摂取しても問題ないとされています。

日本には明確な基準はありませんが、1日に150~200mg(1杯~2杯)くらいまでならコーヒーを飲んでも大丈夫という目安で考えられることが一般的なようです。上記のような理由から、カフェイン入りの飲み物を飲んでいたママさんは一定数いるようです。

先輩ママは妊娠中の飲み物について何を気を付けた?

Image

「コーヒーを飲みすぎないように気を付けました。 妊娠前は1日に3杯ほどコーヒーを飲んでいたのですが、妊娠中のカフェイン摂取はあまり良くないと聞き、1日1杯までと決めていました。ストレス解消にもなって良かったです。絶対飲んではいけないと言うわけではないと思うので1日1杯程度なら特に問題なかったです。 妊娠中の体調も良好でしたし、生まれてきた子供達も、よく食べよく寝るいい子ちゃん達です。」
(玲奈さん/妊娠当時26歳)

「初めての妊娠の時は、なるべくカフェインのない飲み物をと思っていました。 実際には、つわりもキツかったのでほとんどミネラルウォーターを飲んでいました。つわりが落ち着いてからは玄米茶しか飲んでいなかったのに、臨月に入ってから普段好きではない炭酸が飲みたくて、妊娠中って自分でも驚くほど体質が変わるんだと感じました。 赤ちゃんにもう少しで会えるんだ!と自分にいい聞かせて、炭酸は飲まないで我慢しました。」
(みほこ3さん/出産当時28歳)

「カフェインとアルコールを飲まないように気をつけていました。元からビールは大好きだったので妊活を意識する頃からノンアルコールに変えてみたり炭酸水を飲んでみたり工夫しました。旦那さんがあまりお酒を飲まない方だったので一緒に協力してくれて助かりました。今では酒代が節約になり一石二鳥ですね(笑)」
(muchichiさん/出産当時24歳)

まとめ

Image

いかがでしたか?妊娠中は妊婦さんにとって水分補給は大切なものです。しかし、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて、何を飲んでいいのか分からないと悩んでしまいがちです。普段は気にせず飲んでいる飲み物ですが、妊娠中はカフェインが含まれていないか、どんな栄養価があるのかなど注意しながら飲むと良いでしょう。

また、これは飲みたくても飲めない!など神経質になりすぎると、ストレスから赤ちゃんへも悪影響を与えてしまいます。つわりの時期など飲める飲み物にも偏りが出てくるでしょう。その場合は、飲めるものの中で妊婦さんやお腹の赤ちゃんへの影響を考えて、飲み物を選ぶといいのではないでしょうか。

あわせて読みたい

Image

妊婦はココアやミロを飲んで良い?デメリット・メリットまとめ。カフェインの含有量は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28391

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

niconicopun

小学生の女の子と幼稚園の男の子のママをしています。毎日育児…

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事