更新日:2017年01月05日

ママさんに人気のベビーカー6選!ベビーカーの正しい選び方は?

赤ちゃんとのお出かけに必要なベビーカー。しかし、いざベビーカーを購入しようと思ったら、A型、B型といった種類やメーカーもたくさんあるし選び方が分からないというママもいるのではないでしょうか。今回は、ベビーカーの選び方のポイントと、人気のベビーカーについてご紹介します。

6278
0

目次

    ベビーカーの種類とは?

    Image

    A型

    赤ちゃんが寝たままベビーカーに乗ることができるように座面がフラットになり、まだ首が座らない生後1か月から2歳くらいまで乗ることができます。長く使えるということで人気の種類になります。タイヤが大きく振動や衝撃が少ない作りになっていて、ハンドルを切り替えることで対面式にすることもできるのが特徴です。

    生後すぐから使えて機能面や安全面に優れているため人気のベビーカーではありますが、その分価格が高くどっしりと重みがあるので小回りが利かないというデメリットもあります。選び方としては、生後すぐからベビーカーの利用が考えられるという場合に必要となります。

    B型

    赤ちゃんがお座りができるようになる生後7か月頃から使えるのが、B型のベビーカーです。最長でも2歳まで乗ることができます。A型のベビーカーと比べ、軽量で持ち運びに便利なため電車などの長距離移動にも人気です。

    デメリットとしては、対面で使うことができず首が座るまでは使用できないということです。しかし、A型のベビーカーを購入せずに首が座るまでは抱っこ紐で過ごし、その後B型のベビーカーを購入すると言う選び方もあります。選び方が分からない場合には、レンタルなどでA型B型の違いを確認することも可能です。

    3輪タイプ

    海外製のベビーカーが人気となり、最近では3輪ベビーカーを利用しているママも多くいます。3輪ベビーカーは、生後3か月から2歳まで使用でき、頑丈な作りで走行中の安定感にも優れています。デザイン性があるため、「かっこいい」「目立つ」などの特徴が人気の一つです。海外で人気のモデルやアーティストも多く利用していることから、若い世代から人気があります。

    しかし、3輪ベビーカーに限らず海外製のベビーカーは、折りたためても小さく折りたためないものが多いです。そのため、3輪ベビーカーの選び方として、収納スペースもある程度広い場所が必要となり、自分の車に乗せられるかなど購入前にチェックが必要です。

    バギータイプ

    B型ベビーカーよりもさらに軽量で、コンパクトな作りなのがバギータイプのベビーカーです。選び方のポイントは、単価が安いものが多いため、A型やB型ベビーカーをすでに持っていて2台目として購入する人が多いです。電車やバスなどの混雑時にも、さっとたためて片手で持つことができるという点でも人気があります。

    また、軽量な点に力を入れている分、振動が伝わりやすく乗り心地があまり良くないというデメリットもあります。そして、バギータイプの種類によっては、折りたたんだ際に自立しないタイプもあります。玄関などの小スペースに置く場合は、購入前にチェックしておきましょう。長距離移動が多い家庭では、バギーは子どもが大きくなっても活躍していると人気です。

    人気おすすめベビーカー6選

    1.コンビ メチャカルファースト コンパクト エッグショック

    コンビ製の中でも超軽量なA型ベビーカーです。大きなサンシェードが強い日差しを赤ちゃんから守り、赤ちゃんを抱っこしながら片手で開閉できるのも人気のポイントです。

    置き場所にも困らないようにコンパクトに折りたたみが可能で、振動や衝撃を吸収するよう赤ちゃんの乗り心地も考えられている点でも人気を上げています。選び方で悩んだ際は軽量でコンパクトという点も重視されます。

    2.ピジョン ランフィ Runfee ハイシート両対面式ベビーカー

    赤ちゃんの乗り心地を1番に考えられた、人気のピジョンの両対面式A型ベビーカーです。車輪は地面に触れる面積を小さくすることで小回りが楽々で、タイヤの中には空気を入れて衝撃や振動を吸収してくれる点でも人気です。

    そして、ママがベビーカーを押しているときに苦労するのが段差です。この悩みも16.5㎝の大きなタイヤを使うことで、段差で力を使って乗り越えていたというストレスが解消されました。車輪すべてに衝撃を吸収するサスペンションを搭載しているのも、段差を和らげる工夫がされていてベビーカーの選び方のポイントにもなります。

    3.アップリカ ハイシートベビーカー ラクーナ

    一般的な軽量ベビーカーと変わらぬ5.4㎏という重さでありながら、走行時の押しにくさを軽減してくれると人気のベビーカーです。常に自然な力で押すことができ、A型ベビーカーの選び方で悩んでいる場合には、A型なのに軽量で軽いという点でおすすめです。

    ママと赤ちゃんのことを考えて作られた人気のベビーカーは、座面の高さが地上から55㎝と高いため地面からの熱を避けたり、赤ちゃんを乗せ下ろしする際の腰への負担も軽減してくれるという点でも人気があります。

    4.コンビ ホワイトレーベル ベビーカー ディアクラッセ オート4キャス エッグショック FE-500

    驚きの押しやすさと小回りがきくとママ達に人気のA型ベビーカーです。ディアグラッセは2009年の発売以来、日本ブランドのベビーカーの中でも常にトップクラスです。年々改良が加えられ、2014年に現在のFE-500が完成形として発売されています。

    他のA型ベビーカーに比べ少々重みはありますが、選び方として重圧と安定感があり走行時にも安心という点を重視している方には、人気があります。安定感がある上に押し心地がとても良いというメリットも高く評価されていて、ママ達の声はベビーカーの選び方のポイントとなります。

    5.アップリカ フライル

    座面が50㎝とハイシートで重さ2.9㎏と軽量で人気のB型ベビーカーです。人気の秘密はワンタッチで開閉ができて、リクライニング機能があるため赤ちゃんが寝てしまった時でも安心して背もたれを倒すことができるのもB型ベビーカーの選び方のポイントです。

    また、軽量なのに下カゴには5㎏まで荷物を入れられる耐久性もあり、B型ながら安定感があるのも人気です。ベビーカーの選び方としては、バスや電車などの混雑した場所に多く行く出番があるママに、人気のベビーカーです。

    6.エアバギー AirBuggy COCO BRAKE ココ ブレーキ 3輪ベビーカー

    国産ブレーキブランドの「KARASAWA」と共同開発された、人気の3輪タイプのベビーカーです。ハンドブレーキが搭載されていて、坂道を下るときでも安心して走行することができるのも人気のひとつです。

    3輪タイプの選び方のポイントでもある重量感や大きさについても、従来の3輪タイプよりもスリムな作りでエレベーターや改札もスイスイ進むことができます。片手でラクラクにベビーカーを押して、でこぼこ道などの衝撃にも強いのも人気です。3連タイプの選び方に悩んでいるママは、エアバギーが人気といえるでしょう。

    ベビーカーを実際に利用した人の声

    ベビーカーをレンタルしたというアイディアママの声です。確かに収納場所が確保できなければ、立派なベビーカーを購入しても、置き場所に困ってしまいますよね。ベビーカーの選び方として、このような方法もあるということを知っているといいですね。

    ベビーカーを購入する時に、初めから長く乗るということを前提に、A型ベビーカーを選ぶという選び方もあります。確かにA型なら1か月から3歳まで長く乗れるので、買い替えが必要ないというメリットもありますね。

    1人目なら抱っこ紐である程度行動できるかもしれませんが、2人目となると荷物も2人分になって移動が大変ですよね。赤ちゃんに兄弟がいる場合は、A型ベビーカーで首がすわる前から赤ちゃんをベビーカーに乗せるという選び方もあります。

    ベビーカーの選び方は、利用する場所に合ったものにする

    Image

    ベビーカーにはA型、B型に加え、3輪タイプやバギータイプなど様々な種類があります。また、メーカーによってベビーカーの特徴も様々です。ベビーカーの選び方のポイントは、どこでよく利用するかということです。

    電車やバスなど混雑した場所での利用が多いというママは、ベビーカーの選び方として、軽量でワンタッチで折りたたみ可能なB型ベビーカーが人気となります。移動が簡単にでき、片手で折りたたみできるということを重視する選び方もあります。

    近所へ散歩や買い物に出かけることが多いママは、生後1か月から使えるA型ベビーカーが人気です。対面式であればお散歩中も赤ちゃんの表情を見ることができ、赤ちゃんもママの顔を見ることで安心できるという点を重視する選び方もあります。

    また、1人目は抱っこ紐を使ったり、腰がすわるまではA型ベビーカーをレンタルするという選び方もあります。最初はレンタルで、軽量なバギータイプのベビーカーを安くで購入するという経済的な方法での選び方もあります。

    ベビーカーの選び方は、どのようなシーンでどのように利用するかによって異なってくるということです。選び方で悩んだ場合はメーカーの特徴なども踏まえ、ベビーカーを購入する前にどのような種類のベビーカーが自分に合っているのか検討してみることも大切です。

    ベビーカーに関する記事はこちら

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    niconicopun

    小学生の女の子と幼稚園の男の子のママをしています。毎日育児に奮闘中で、子供たちの成長を感じ...