更新日:2017年04月12日

生理痛で腰が痛い!腰痛が起こる原因と対処法、NG行動は?

生理痛の一つ「腰痛」でお悩みの方もいるでしょう。生理痛は個人差があり、全く生理痛がない人もいれば、仕事などを休むレベルの人もいます。今回は生理痛の中でも、腰痛が起こる原因と対処法、生理痛のときにNGな行動について解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
175338
1

目次

    生理痛のつらい症状は、腹痛だけじゃない!

    Image

    生理痛と聞くと「腹痛」「下腹部痛」をイメージする方が多いかもしれません。けれど、一言で「生理痛」と言っても、生理痛にはさまざまな症状があります。生理痛による痛みの感じ方には個人差がありますが、生理になると体調不調になる方が大半です。

    生理痛で腹痛以外の症状には次のようなものがあります。

    ・腰痛
    ・頭痛
    ・めまい
    ・吐き気

    今回は、生理痛の中でも腰痛について詳しくご紹介します。

    生理の時、腰痛が起こる原因は?

    Image

    生理痛として「腰痛」の症状が出る原因は何なのでしょう。腰痛の原因を知り、毎月訪れる嫌な生理痛を少しでも改善したいですね。生理痛が腰の痛みだけの人や、腹痛と腰痛の人など、生理痛にもいろいろなパターンがあります。

    血液の停滞

    冷えなどで身体の血流が悪くなってしまうと、子宮機能を低下させ、つらい生理痛に悩まされてしまいます。

    骨盤の歪み

    骨盤が歪んでいることによって、血流が悪くなってしまうと言われています。骨盤の歪みによって骨盤周辺が冷えて子宮機能が低下し、生理痛が出るようになるのです。骨盤が歪まないような生活を心がけ、骨盤の歪みを改善するお尻歩きなどの対策をすると良いでしょう。

    子宮内膜症や子宮筋腫

    子宮の病気が隠れているときも生理痛のような痛みがある場合があります。

    ・生理の度に腰痛、生理痛が悪化している
    ・生理痛、腰痛に悩まされ、生理痛の痛み止めを飲む
    ・生理痛の止めが効かない

    以上のような症状がある場合は、単なる腰痛ではなく子宮内膜症や子宮筋腫など子宮関連の病気の可能性もあります。また、腰痛、生理痛が強い、長引くなど心配なことがあるなら婦人科を受診しましょう。

    腰痛を和らげる方法8選

    Image

    腰痛を少しでも改善し生理痛から解放されたいものですよね。その腰痛を和らげることができるおすすめの方法を8つご紹介します。こちらを参考に、自分にあった方法を探して試してくださいね。

    筆者の場合は、カイロなどで腰を温める方法が一番合っています。温めると、生理痛、特に腰の痛みが良くなります。

    入浴やカイロで外から身体を温める

    生理中は何となく入浴するのをためらってしまうかもしれません。しかし、入浴の他にも足湯や足用のカイロを使用し足を温めることで、全身が温かくなり生理痛が緩和されます。カイロを使用すると温めた部分が痒くなってしまったり体調に変化があったりする場合は、すぐに使用をやめましょう。

    81mryabzsrl. sl1500

    オンパックス くつ下用 貼るカイロ 15足入

    ¥776〜(2017/04/12 時点)

    ハーブティー

    生理のとき、特に生理痛に悩んでいるときは気分も沈みがちです。ハーブティーはリラックスしたいときにぴったりです。

    血行が悪い方におすすめのハーブティー3種類

    1.カモミール
    2.ラズベリーリーフ
    3.ローズペタル

    ホットドリンクを飲むと血行が良くなり、腰の痛み、生理痛にも良いとされています。ハーブティーの他にも、しょうが湯、ホットココア、ゴボウ茶など、温かい飲み物を取るようにすると良いでしょう。

    91y9jvtjfnl. sl1500

    yogi ヨギティー ハーブティー ラズベリーリーフ 16P

    ¥648〜(2017/04/12 時点)

    骨盤ベルトをする

    生理痛の腰の痛みには「骨盤ベルト」を使用してみるのもひとつの手段です。ベルトを使用し、腰の位置を固定してみると楽になるかもしれません。

    61a3y8dmz+l. sl1040

    山田式 骨盤ストロングベルト 骨盤用 Mサイズ (ヒップ82~97cm) 黒

    ¥1,951〜(2017/04/12 時点)

    ツボを刺激する

    ツボ押しは、即効性があり手軽にできる方法です。何度も繰り返し行ううちに「ツボ」の位置がわかるようになってきます。

    1.三陰交(さんいんこう)
    三陰交と名前を聞いたことがある方も多いでしょう。このツボを刺激することで、生理痛など女性が悩まされる痛み、腰痛改善にも良いと言われているツボです。

    ■ツボの位置・押し方
    両手親指を重ねて静かに力を入れて、内側のくるぶしから指4つ分上にある筋肉と骨の境界部分を5秒程度押します。5秒程度かけて指を離し、この動作を10回程度繰り返してください。

    2.気海(きかい)
    腰痛だけでなく、生理時の下腹部痛や貧血改善も期待できます。

    ■ツボの位置・押し方
    人差し指+中指(両手)を重ねて指の腹部分をあてるようにし、ヘソより指2本下の位置を静かに5秒程度押して、5秒程度で戻すようにします。この動作を10回程度行います。

    ストレッチをする

    生理痛改善にはストレッチもおすすめです。ツボと同じように一度覚えてしまえば簡単で、お金も掛からずに済む方法なので、ぜひ試してみてくださいね。生理痛がひどい場合は、身体を動かすと悪化してしまう場合もあるため、無理のない範囲で行いましょう。

    <骨盤まわしストレッチ>
    1.足を肩幅に開き真っ直ぐ立つ
    2.腰だけを動かすように、両手は腰にあてて左右10回程度回す

    5~10セット程度行ってください。

    お灸をする

    自宅でできるお灸も販売されています。生理痛に効くツボにお灸をすると生理痛が改善されるようです。自分でお灸をするのが不安な方は、医療機関で行ってもらうことをおすすめします。

    また、火を使わずに「電気」を使用したお灸も販売されています。

    Kouteikyu main01 ora

    黄帝灸ナノプラチナ II 型

    ¥39,500〜(2017/04/12 時点)

    漢方薬を飲む

    生理痛に効果がある漢方薬は薬局でも購入することができますが、いろいろな種類があるため、病院で自分の症状に合った漢方薬を処方してもらうのが望ましいでしょう。よく処方されるのは、「当帰(トウキ)」「芍薬(シャクヤク)」「川芎(センキュウ)」ですが、効くかどうかは個人差があります。

    食物繊維や水分で便秘を防ぐ

    生理痛と便秘は無関係と思われるかもしれませんが、女性ホルモンの変化によって、生理の少し前から便秘気味になる人が多いです。便秘を防ぐためにも、こまめな水分補給と食物繊維の摂取を心掛けましょう。

    腰が痛いときにやってはいけないNG行動

    Image

    生理痛が悪化しないために控えるべき4つの行動をご紹介します。

    薄着や身体を締め付ける服装

    血行が悪くなってしまうので、生理のときは身体を締め付けるような服装は控えると良いでしょう。生理痛を悪化させないためにも、身体を冷やさない服装でおしゃれを楽しみたいですね。特にミニスカートや生足など、下半身を冷やす服装は避けてください。

    冷たいものばかり食べる

    暑い夏の時期には冷たいものが食べたくなりますが、ぐっと我慢です。血流が悪くなってしまうので、生理痛で悩んでいるときはなるべく身体を冷やさないようにしましょう。身体を温める食べ物や飲み物の摂取を心がけたいですね。

    カフェインをとる

    妊娠中も過度なカフェイン摂取はしない方が良いと言われていますが、生理痛がひどい場合は、コーヒーなどカフェインが含まれるものには注意が必要です。しかし、カフェインの制限がストレスに繋がってしまう場合もあるため、適切な量を摂取しましょう。

    長時間同じ姿勢でいる

    テレビを観ているときなど、気付かないうちにずっと同じ姿勢になってしまうことはありませんか。悪い姿勢でいると骨盤が歪んでしまうので、適宜姿勢を変えるようにし、良い姿勢を意識してみてくださいね。特に腰痛がひどい場合は、姿勢が悪いことが考えられます。

    生理痛・腰痛に関する体験談

    Image

    筆者の生理痛は腹痛から始まり、頭痛と腰痛で悩まされることが多いです。年齢とともに生理痛は軽くなるとよく言われますが、筆者は違います。独身のころ、生理痛で悩まされることは全くありませんでしたが、妊娠・出産をしてから生理痛に悩まされるようになりました。生理痛がひどいときは、寝て過ごしたり鎮痛剤を飲んだりカイロを使用して生理痛を緩和させています。

    長引く生理痛、腰痛の場合は病院へ

    あまりにも長引く腰痛の場合は、生理痛だけが原因ではないことも考えられるので、婦人科を受診しましょう。いつもの生理痛とは何か違うと感じるのであれば、不安に過ごすより一度病院に行った方が安心できます。

    ママはいつも家族や子どもを優先しがちですが、後悔するより自分の身体のことも大切にしたいですね。

    関連する人気の記事

    妊活・不妊のカテゴリ

    妊活・不妊 デイリーランキング

    おすすめの記事