更新日:2017年07月07日

おりものが黒い原因と対処法は?病気の可能性もある?

おりものの量や色がいつもと違うと、不安になってしまいますよね。なかなか人には相談しづらいおりものの話題ですが、黒いおりものがある場合は、病気の可能性もあるのです。今回は、黒いおりものの原因と対処法、考えられる病気について、医師監修の記事で解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
51346
0

おりものとは?

Image

おりものとは、子宮頚部や腟から混じり合った分泌物です。通常のおりものは無色透明や白っぽい色で、粘り気が少しあります。月経直後や排卵日などにはおりものの量が増え、匂いを感じることもありますが、それ以外であれば匂いはほとんど感じません。

おりものには4つの役割があります。

1.子宮や卵巣を守る役割
子宮の出口の腟近くには尿道や肛門があるため、大腸菌やブドウ球菌といった雑菌や病原菌が入る可能性があります。おりものは、これらの雑菌や病原菌を洗い流す役割があるのです。

2.腟内を清潔に保つ役割
腟内をおりもので潤し、腟内を清潔な状態に保つ役割があります。

3.性行為の手助けをする役割
性行為をスムーズに行うために、潤滑油となるおりもので腟内を満たす役割があります。

4.受精の手助けをする役割
精子が子宮を通りやすくするために、排卵期にはおりものの分泌量が増えます。

おりものが黒くなる原因は?

Image

膣の内部で酸化したため

血液は長時間経過すると酸化し、赤色から黒色へと変化していきます。おりものが黒い原因として考えられるのが、前回の生理で押し出されなかった血液が腟内に残っていたことです。そのため、腟内で血液が酸化しおりものと混ざり、黒色のおりものとして排出されるのです。

病気のサイン

生理が終わらず黒い出血が続く場合や腹痛を伴う場合は、病気の可能性があります。黒いおりものは、子宮内部の組織が傷ついておりものと混ざって出てきていることもあるため、子宮に関係する病気の疑いがあります。早めに婦人科を受診するようにしましょう。

Mobile favicon

おりものの色の変化で病気がわかる?茶色や白、ピンクだと異常?生理前や妊娠初期のおりものの色の特徴は?

おりものが黒くなる病気は?

Image

子宮体がん・子宮頸がん

子宮体がんや子宮頸がんの場合、黒いおりものが増え、生理日以外にも不正出血がみられます。性行為で出血がみられることもあります。黒いおりものと出血に加え、腹部や腰に痛みを伴います。がんが進行すると不正出血の量も増え、膿の混じった悪臭のするおりものが出てきます。普段からの定期健診で、身体の状態をチェックすることが大切です。

Mobile favicon

子宮頸がんとは?症状や原因は?検診やワクチンについても解説

子宮筋腫

子宮筋腫の場合、おりものに濃い血が混ざって、黒いおりものが出ることもあります。月経時に出血量が増えて、生理痛が酷くなることもあります。子宮筋腫の場合はあまり自覚症状がなく、婦人科の定期健診や妊婦健診で判明することが多いようです。

Mobile favicon

子宮筋腫とは?症状や検査・治療の方法は?妊娠への影響は?

非特異性腟炎

非特異性腟炎になると、悪臭のする黒いおりものがみられます。非特異性腟炎は、大腸菌やブドウ球菌といった雑菌が原因とされています。疲労やストレスなどにより免疫力が低下しているときに発症しやすく、不正出血や性交痛などの症状があらわれます。

Mobile favicon

細菌性腟症ってどんな病気?原因と治療法、妊娠への影響とは

老人性腟炎

老人性腟炎は萎縮性腟炎とも呼ばれ、閉経後や卵巣摘出後にみられる腟炎です。閉経後はホルモンバランスが乱れておりもの自体の分泌が減少するため、腟の組織が萎縮して出血しやすくなります。黒いおりもの以外に、黄色や茶色のおりものが見られる場合もあります。治療をすることで2~3週間で完治します。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープは痛みがほとんどなく、血が混じった黒や茶褐色のおりものがみられます。運動時や性行為中の刺激により出血する場合は、子宮頸管ポリープの疑いがあるでしょう。子宮頸管ポリープの9割は良性で、がんになることは極めて少ないと言われています。

Mobile favicon

子宮頸管ポリープとは?悪性の場合はあるの?切除術とはどんな手術?

おりものが黒くなった場合の対処法とは?

Image

黒いおりものが見られる場合、前回の生理の出血が腟内に残っていたことが原因の可能性もあるため、一時的な症状なのかを把握する必要があります。おりものの量が今までより多く、黒いおりものが継続的に続く場合や、腹痛など別の症状を伴う場合は、婦人科を受診しましょう。

万一、子宮頸がんや子宮体がんの場合は、早期発見と早期治療で治すことができるので、恥ずかしがらずに医師に相談することが大切です。

Mobile favicon

不正出血と生理の違い・見分け方!生理前・生理後の不正出血の原因についても解説

おりものの色の変化と原因

Image

茶色とピンク

茶色やピンクのおりものの多くは、不正出血が原因と考えられます。おりものに血が混じっているため、おりものが茶色やピンクに変化しています。子宮頸管ポリープや子宮がんの可能性もあるため、長期的に続くようであれば婦人科の受診をおすすめします。

Mobile favicon

茶色いおりものの原因と病気の可能性は?茶おりものが出た時の対策について

Mobile favicon

ピンク色のおりものの原因は?病気と妊娠初期の見分け方とは

黄色と緑色

黄色や緑色のおりものが見られる場合、細菌性の腟炎の可能性があります。雑菌によりおりものに悪臭を感じたりかゆみを伴ったりする場合は、トリコモナス腟炎の疑いがあります。トリコモナス腟炎は、黄色や緑色の泡立ったおりものがあらわれます。

Mobile favicon

黄緑色のおりものは病気のサイン?においや状態での見分け方

白色

正常なおりものとは、無色透明か白っぽい色となります。もし白色でも、カッテージチーズのようなポソポソしたおりもので、腟のかゆみを伴う場合は腟カンジダの可能性があります。性行為だけでなく、免疫力の低下により発症する場合もあります。

Mobile favicon

白いおりもので考えられる病気は?妊娠の可能性と予防法について

まとめ

黒いおりものがみられた場合は、婦人科系の病気が疑われます。黒色のおりものに関わらず、普段とは違うおりものがみられた場合は、何らかの身体の異常を示しているかもしれません。おりものの変化は体調の変化にも繋がっているため、定期的な健診をすることで早めに異常を発見することができます。

普段から定期健診を受けることで、早期発見、病気の早期治療にも繋がります。おりものだからと恥ずかしがらず、少しでも不安があるときは病院で検査をすることをおすすめします。

あわせて読みたい

Image

妊娠超初期のおりものは少ない?においや色の特徴は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28451
Image

妊娠初期のおりものの特徴と変化の理由!注意すべき色と感染症が疑われるおりものの特徴

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20398
Image

【医師監修】妊娠後期・臨月におりものが増える原因は?色に要注意?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17040
Image

おりものが多いと病気?白いおりものが多くなる時期は?腹痛やにおい、かゆみがあると異常?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19215
Image

おりものが臭い!酸っぱい・生臭いにおいは異常?原因と対策、生理前や妊娠初期のにおいの特徴も解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28471

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊活・不妊のカテゴリ

妊活・不妊 デイリーランキング

おすすめの記事