更新日:2017年06月22日

プロゲステロン(黄体ホルモン)と身体の変化!増やすための食事・過ごし方は?

プロゲステロンは、エストロゲンと並ぶ女性ホルモンの一種で、妊娠の成立や維持に必要不可欠です。プロゲステロンが正常に分泌されると子宮内膜は着床の準備をしますが、不足してしまうと、妊娠が成立する黄体期にトラブルが起こって不妊の原因となります。プロゲステロンの分泌に欠かせない食事や生活習慣をご紹介します。

20327
1

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは?

Image

卵巣から分泌される女性ホルモン

プロゲステロンは女性ホルモンのひとつです。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンというふたつのホルモンがあり、どちらも卵巣から分泌されています。プロゲステロンは「妊娠の成立」や、「妊娠の維持」に必要不可欠なホルモンともいわれます。

エストロゲンにも似たような作用がありますが、プロゲステロンには、エストロゲンが用意した子宮のベッドの居心地をさらに良くするといった働きがあります。プロゲステロンは、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を柔らかくしてくれるのです。排卵日までは、プロゲステロンの分泌量はそれほど多くありませんが、排卵後に卵胞が「黄体」という組織に変化すると、一気にピークに達します。

黄体ホルモン(プロゲステロン)と体の変化

排卵してから次の生理が始まる約二週間を黄体期といいます。プロゲステロンには体温を上げる作用があるため、盛んに分泌される黄体期には基礎体温が高くなり、高温期となります。こうして体温を上げることで、受精や着床がしやすくなるのです。

エストロゲンが厚くしてくれた子宮内膜を維持する働きもあります。受精卵が着床するためには最低でも5mm から8mm以上必要だといわれています。また、妊娠に備えて水分や栄養分を子宮にたくわえる作用もあることから、むくみや便秘、食欲増進などの原因になることもあるようです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)と妊娠の関係性

Image

妊娠していないときの分泌量の動き

妊娠が成立していないと、生理期にプロゲステロンの分泌は減少していきます。黄体期のプロゲステロンの働きにより、子宮内膜は水分と栄養分をためこんで厚くなっていますが、プロゲステロンの分泌が減ると子宮内膜ははがれ落ちます。これが生理の出血です。

排卵後までは、プロゲステロンは低い値での分泌が続きます。排卵後にはふたたび増え、妊娠のための子宮の準備を始めます。妊娠が成立するまで、この動きが繰り返されることとなります。

妊娠したときの黄体ホルモン(プロゲステロン)の変化は?

妊娠が成立した場合は、妊娠を継続させるためにプロゲステロンの分泌が続きます。そのため、生理予定日を過ぎても高温期が続き、毎日基礎体温を測っている人は高温期の継続日数によって妊娠に気づくこともあります。

妊娠16週頃に胎盤が完成すると、プロゲステロンは卵巣ではなく胎盤から分泌されるようになります。妊娠中のプロゲステロンの分泌のピークは、妊娠8~9ヶ月ごろといわれています。その後は、出産までに徐々に減少していき、産後は急激に低下します。

授乳中は排卵が抑えられるため、プロゲステロンの分泌量も少ないままです。しかし、卵巣や子宮の機能が回復して排卵も起こるようになると、妊娠前の状態に戻ります。

他のホルモンとの関係は?

ホルモンの分泌には、脳が大きく関連しています。脳の視床下部がホルモン全体の管制塔となり、足りないものを補充したり、分泌のタイミングを判断したりしています。視床下部が卵胞期に性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌し、性腺刺激ホルモン放出ホルモンが脳下垂体に指令を出すと、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)が分泌されます。

卵巣刺激ホルモンと黄体化ホルモンは、まとめて性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)ともよばれます。卵巣内の卵胞の発育は、ゴナドトロピンの作用によるものです。成熟途中の卵胞は、エストロゲンとプロゲステロンを分泌するようになります。

このように、ホルモンはお互いに複雑に絡み合って分泌しているので、途中の指令にトラブルがあると、ホルモンバランスは崩れてしまいます。また、プロゲステロンはたくさん分泌されれば良いというものではありません。エストロゲンとのバランスが取れていないと、情緒不安定になったり、肌荒れや便秘が起こったりすることもあるため、注意が必要です。

生理周期と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量の変化!正常値は?

Image

黄体期に活発になる

プロゲステロンの分泌は、生理周期にあわせて変動します。生理の初日から始まる卵胞期は、卵巣にある卵胞の発達の時期です。受精が起きなかった場合、プロゲステロンの濃度は低下します。プロゲステロンの分泌が減少すると、水分と栄養分を含んで厚くなった子宮内膜がはがれ落ち、生理が起こります。その後もプロゲステロンは低い値で分泌され続けます。

卵胞期は、黄体形成ホルモン(LH)の分泌量が急激に上昇した時点で終わります。続いて始まる排卵期に、プロゲステロン値は穏やかに上昇を始めます。排卵期は卵子が放出された時点で終わりです、黄体期に移行すると、再びプロゲステロンが活発になります。

黄体期には敗れた卵胞が閉じ、黄体という組織なり、黄体からは大量のプロゲステロンが分泌されます。黄体の役割は、受精が成立したときに子宮の準備をすることです。黄体から分泌されたプロゲステロンは子宮内膜の厚みを増大させ、胎児のための水分と栄養素をためます。

また、プロゲステロンは子宮頸部の粘液の粘度を高め、細菌などの進入も防ぎます。透明で粘度が高いおりものがふえるのもこの時期です。同時に圧痛(触れると痛むこと)が生じることがあります。

受精が成立しなかったときは、黄体が退化するとともににプロゲステロンの分泌も減っていきます。受精が成立したときはゴナドトロピンが放出され、黄体が維持されます。胎児が成長するまで、黄体からのプロゲステロンの分泌は続いていきます。

正常な分泌量は?

妊娠していない女性の場合、基本的に黄体期以外はプロゲステロンの値は低いといって良いでしょう。検査によっても基準値は変わりますが、卵胞期で0.92ng/mL以下、排卵期で2.36ng/mL以下、黄体期で1.28~29.6ng/mLが正常な範囲といえます。

妊娠しているとプロゲステロンの分泌量は大きく増え、妊娠20週以下で13.8~51.1ng/mL、21~30週で42.2~128ng/mL、妊娠31週以後で65.2~221ng/mLにもなるようです。

基準値より大きく外れていると、卵巣機能不全、間脳・下垂体機能不全、無月経や無排卵などが疑われ、不妊の原因ともなります。分泌量は、産婦人科などのホルモン検査(血液検査)で診断することが可能です。

黄体ホルモンが少ないとどうなる?不妊の原因になる?

Image

黄体機能の低下

排卵後の5~7日目にプロゲステロンの値が10ng/ml以下の場合、「黄体機能不全」と診断されることもあります。黄体機能不全とは、受精卵の着床に重要な時期である「黄体期」に、何らかのトラブルがあることです。黄体期に異常があると子宮の準備がされず、受精卵は無事に着床できません。また、受精が成立したとしても、妊娠の維持が難しくなります。

プロゲステロンの不足は、高温期と低温期の温度差がなかったり、高温期持続期間が短すぎたり、子宮内膜の厚さが薄かったりする要因となります。ストレスによる自律神経の乱れや、無理なダイエットによる栄養不足、生殖器官や消化器官の機能の低下などが、プロゲステロン低下の原因として考えられているようです。

放置すると不妊の原因にも

プロゲステロンは、着床や妊娠の継続のために重要な働きをします。そのため、プロゲステロンが正常に分泌をされていないと、不妊症につながってしまう可能性があります。

月経周期ごとに必ず同じ値が出るわけではないため、何もしなくても正常な範囲に戻ることはありますが、やはり放置は危険です。早めに医師に相談し、治療を進めていきましょう。治療法としては、不足しているプロゲステロンを補充したり、注射で黄体を刺激してホルモンを作らせたりする方法などがあります。

体外受精がすすめられることも

不妊症のステップとしては、まずタイミングを見て性行為をするタイミング療法、次に精子を集め、子宮腔に注入する人工授精(AIH)、そして採卵した卵子と精子を培養液中で受精させる体外受精(IVF)となっています。

プロゲステロン不足による黄体機能不全と診断されると、体外受精がすすめられることもあります。排卵誘発剤などで卵巣を刺激するので、プロゲステロンやエストロゲンの分泌も刺激され、結果として妊娠につながることもあるようです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)を増やす食事や過ごし方は?

Image

生活習慣の見直し

ホルモンの分泌には、脳が大きく関わっています。つまり、脳に大きなストレスがかかる生活は、女性ホルモンの乱れにつながってしまいます。プロゲステロンの分泌量を増やし、女性ホルモンのバランスをとるのであれば、まず生活習慣を見直すようにしましょう。質の良い睡眠をしっかりととり、バランスの良い食事と適度な運動を心がけてくださいね。

ストレスがたまっているという人は、意識してストレスを解消したり、リラックスしたりする機会を持ったりするようにしましょう。ホルモンは、血流によって全身へとめぐっていきます。そのため、冷えは、プロゲステロンの抑制や黄体機能不全の一因ともなりかねません。身体を冷やさないように注意し、根菜など身体を温める食材を取り入れたり、湯船にしっかりと浸かったりしてみましょう。

食べ物で増やす

ナッツ類や植物油、魚卵、かぼちゃなどの野菜、納豆などに多く含まれるビタミンEには、生殖機能を維持する働きがあり、プロゲステロンの分泌を助けるといわれています。

また、じゃがいもやキャベツなどの野菜、いちごやキウイフルーツなどの果物、肉類などに多く含まれるビタミンCを摂取することも、ホルモンバランスの調整に効果的です。日々の食事の中にビタミンE・Cを含む食材を取り入れてみてくださいね。

黄体ホルモン(プロゲステロン)注射で増やす

一般的に「ホルモン注射」と呼ばれるものの場合、エストロゲンとプロゲステロンを補充することになります。エストロゲンだけでを補充すると子宮体がんになる可能性があるため、プロゲステロンが必要になるのです。また、注射で卵巣を刺激し、ホルモンの分泌を促す方法もあります。

注射で直接プロゲステロンを補うケースも見受けられます。プロゲステロンの注射は子宮に作用して子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を促す効果があります。妊娠中には赤ちゃんの流産を予防し、妊娠していないときには、生理が起こります。

どのようなホルモン剤にも、副作用の可能性があります。むくみや吐き気、下痢などの症状があらわれたときには、医師に相談してくださいね。

デュファストン(ジドロゲステロン)などの薬の処方

プロゲステロンを増やすために、内服薬(飲み薬)が処方されることもあります。黄体ホルモン薬として有名なのは、デュファストン錠(ジドロゲステロン)やヒスロン、プロベラなどです。

内服薬は、プロゲステロンの不足やバランスのくずれで起こる症状を改善します。また、生理不順や無月経、不妊症、流産の防止などに効果があるといわれています。

服用の際は、必ず医師の指示を守りましょう。もし服用中に強い副作用を感じたり、服用に不安を抱いたりしたときには、まずは医師に相談してくださいね。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は欠かせないホルモン

Image

妊娠するためにも、妊娠を継続するためにも欠かせないのがプロゲステロンです。女性の身体に大きな影響をおよぼすホルモンだからこそ、正常に分泌されるよう、生活習慣を整えることを心がけてくださいね。

また、日ごろから基礎体温を測っていると、プロゲステロンが不足していることに早いうちに気が付くことができるでしょう。妊娠を望んでいる人だけでなく、自分の身体の健康のために基礎体温を測ることをおすすめします。

黄体ホルモンの関連記事はこちら

関連する人気の記事

妊活・不妊のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

チーター

新米ママのチーターです♡ よろしくお願いします!

妊活・不妊 デイリーランキング

おすすめの記事