更新日:2017年01月05日

赤ちゃんの鼻水を吸う頻度と対処法は?吸引器の種類と使い方

赤ちゃんの鼻から鼻水がずるずる…よく見られる光景です。風邪をひいたかな?アレルギーかな?と、とても心配になります。重症化する前に早く赤ちゃんを楽にしてあげたいですよね。 そこで今回は、赤ちゃんの鼻水を吸う頻度や方法について調べてみました。ご参考にしてみてくださいね。

15281
1

目次

    赤ちゃんの鼻水とは?

    Image

    赤ちゃんの鼻水が出る原因はいくつかあります。

    まず、赤ちゃんの鼻の粘膜はとても敏感で、少しのほこりや空気の乾燥、ウィルスなどのバイ菌を排出しようとして鼻水が出るようになるんです。
    そして、赤ちゃんの鼻は低くて穴も小さいのに、大人と同じくらいの量の鼻水が出るので、鼻水が詰まりやすいのです。

    他には、赤ちゃんでもアレルギー性鼻炎になることがあるので、それも鼻水がでる原因の一つと言えます。

    鼻水を吸う頻度とタイミングは?

    Image

    赤ちゃんの鼻水を吸う頻度は一日二回が目安です。鼻水がサラサラしているときに吸ってあげることが大切です。
    なぜなら、赤ちゃんの鼻は小さいので、粘りが強いと吸うときに耳に圧がかかって、赤ちゃんが嫌がるからです。

    吸うタイミングは、「朝起きたとき」と「夜寝る前(入浴後)」です。
    朝は、鼻水がのどの奥の方にたまっています。そして粘りがあるためサラサラにしてあげてから吸いましょう。
    鼻の上部に暖かく湿らせたタオルをそっと置いてしばらくすると、サラサラ鼻水になります。それを吸ってあげましょう。

    夜の入浴後は、お風呂の蒸気で鼻水が吸いやすくなっています。鼻水をすっきり取ってあげると、赤ちゃんも安眠できます。

    鼻水の吸い方

    Image

    鼻水の吸い方はいろいろあります。
    お母さんが口で直接吸うという方法もありますが、鼻水の菌がお母さんの体に入る可能性があるので、注意が必要です。吸ったあとの鼻水を飲み込まないようにし、うがいをするようにしましょう。

    お座りができない赤ちゃんの鼻水の吸い方

    お座りができない赤ちゃんは、お母さんが横向きに抱っこした状態で吸ってあげましょう。

    やり方は、
    1、赤ちゃんの体と水平になるように吸引器の先を鼻にやさしくあてて(あまり深く入れないように注意します)、
    2、上下に少し角度を変えながら、ズズッと吸えるポイントを探します。
    3、見つけたら角度を変えずに吸い続けます。

    嫌がる赤ちゃんを無理に押さえつけて吸引するのはお勧めできません。
    また、強く吸いすぎると粘膜を傷つける可能性があるので注意しましょう。

    お座りができる赤ちゃんの鼻水の吸い方

    お座りができる赤ちゃんは、お母さんの膝の上に座らせてあげると吸いやすくなります。
    鼻の穴が真下に向いているため、鼻水が流れやすくなっています。
    吸うときのコツは、チュチュチュと軽くリズミカルに吸うことです。一気に吸おうとすると赤ちゃんが嫌がります。

    吸引器の種類と使い方

    Image

    吸引器にはいろいろな種類があります。
    ここでは、三つご紹介します。どの方法が一番赤ちゃんにあっているか、ご参考にしてみてください。

    お母さんの口を使って吸い取るすタイプ

    このタイプは、吸引部分を赤ちゃんの鼻に差し込み、チューブの反対側を口で吸うと、真ん中の容器が鼻水がたまるというものです。
    赤ちゃんの鼻にあてる部分は、先が丸くなっていて赤ちゃんの鼻を傷つけないように、また鼻の奥のほうまで入らないようになっています。

    鼻水が固まっている場合はなかなか取れないので、お風呂に入ったり、暖かいタオルを鼻の上部にあてたりして、鼻水を柔らかくしてから吸いましょう。

    そして、鼻水を吸うときにはまず先端をいろいろな方向に向けて根気よく吸ってみましょう。

    決して力づよく吸ってはいけません。赤ちゃんの鼓膜を傷つけるおそれがあります。

    吸引器で吸った場合でも、鼻水の菌がお母さんの口に入ってくる可能性があります。吸引が終わった後は必ずうがいをしましょう。
    そして、吸引器のバイ菌繁殖を防ぐため、使用後はすぐに洗い、清潔にしておきましょう。

    スポイトのように圧をかけて吸いだすタイプ

    昔から使われている吸引器で、片手で手軽に使うことができます。
    お母さんが手でスポイトを握りしめた状態で、先端を赤ちゃんの鼻にあてます。そして、手を緩めると空気圧の関係で、鼻の中の空気と一緒に鼻水が吸いだされる仕組みになっています。
    吸いだす方とは逆の鼻の穴を少しふさいであげると、比較的取りやすくなります。

    電動で吸いだすタイプ

    お母さんが口で吸うタイプの吸引器は、吸引を嫌がる子供を押さえつけながら、チューブの片方は鼻の方へ持っていき、片方はお母さんが口に加え、必死になって吸わなければいけません。
    サラサラの鼻水なら比較的楽かもしれませんが、粘っこい鼻水になると、口で吸うのにはなかなか苦労します。

    そこで出てくるのが「電動で吸いだすタイプ」です。
    粘っこい鼻水もパワフルな吸引力であっという間に吸い取ってくれます。
    また、お母さんの口に鼻水の菌が入ってくる心配もありません。

    筆者も実際に電動吸引器を使用しています。
    購入する前は、口で吸うタイプでしたが、思うようにたくさん取れないのと、吸引を嫌がる子供との戦いに疲れてしまい、電動タイプを購入しました。

    口で吸うタイプのよりもお値段はしますが、効果は抜群ですし、音楽が流れるものがあったり、手軽に使えるということもあり、今では子供自らが鼻水を吸い取るようになりました。

    口で吸い取るタイプ同様、使用した後はすぐに洗浄し、清潔を保つことをお忘れなく!

    赤ちゃんが嫌がるときは?

    Image

    最初から鼻水を笑顔で吸わせてくれる赤ちゃんはいません。誰もがジタバタと暴れて嫌がるものです。
    そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

    筆者はもっぱら「押さえつけてでも吸い取る!」です。
    新生児だとそんなに嫌がられませんが、赤ちゃんも動けるようになってくると力いっぱい抵抗します。それでも鼻水は吸ってあげないと詰まる一方なので、少しの間なら押さえつけて吸い取ってみましょう。

    それから、お父さんなど、ほかの人の鼻で「吸う真似」をして見せるのも効果的です。
    「こわくないよー」と安心させてあげましょう。

    吸い終わったら、「よくがんばったねー!!」とぎゅっと抱きしめてあげると、赤ちゃんの恐怖心が和らぎますよ。

    赤ちゃんを押さえつける方法(筆者経験談)

    筆者の2歳になる息子もよく鼻水がでます。電動タイプの吸引器を使っているのですが、ほぼ毎回暴れて嫌がるので、息子と闘いながら鼻水を吸っていました。

    小児科の先生にこのことを話すと、「少しくらい押さえつけても大丈夫よ」と言われ、効果的な押さえつけ方も伝授してくれました。

    まず、足を延ばした状態で、股を少し開いて床に座ります。その股の間に、赤ちゃんの頭がお母さんの方を向くようにね転がせます。ジタバタする腕を、お母さんの太ももの下に押さえつければ完成です。
    肩付近から腕がすっぽり太ももに押さえつけられるので、赤ちゃんは頭を動かすことも手を動かすこともできないのです。その隙に、ずずずっと吸ってしまいましょう。
    あくまでも「少しの間押さえつける方法」なので、赤ちゃんを怖がらせない程度にすることが大切です。

    最適の方法で赤ちゃんに快適な呼吸を

    今回はいろいろな方法をご紹介しました。どの方法が一番赤ちゃんにあっているかを探してみてくださいね。
    お母さんが鼻水を吸い取ってあげられるのも今のうちだけです。赤ちゃんが中耳炎や他の病気にかかってしまう前に、適切な処置を最適な方法でしてあげましょうね。

    赤ちゃんの鼻水の関連記事はこちら

    Image

    赤ちゃんのジュルジュル鼻水、すっきり取ってあげたい! | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/10823

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Default

    MEI

    カナダで二人目を妊娠しながら、二歳の男の子を育児中。 異なる文化の中で子育て奮闘中。