更新日:2017年11月17日

1歳1ヶ月~1歳2ヶ月の特徴とは?発育、食事、睡眠、言葉について

赤ちゃんが産まれて1年。1歳のお誕生日を迎えた喜びと1年あっという間だったと思うママも多いのではないでしょうか?これからは赤ちゃんから幼児へとどんどん成長して行く姿に少し寂しさを感じるかもしれませんし、1歳を迎えたのに成長の発達で心配な部分も出て来る時期です。今回は1歳1ヶ月〜2ヶ月の発育についてご紹介します。

57447
1

1歳1ヶ月~2ヶ月の特徴

Image

この頃になると、ひとり歩きを始めたり、いろんなものを触って遊んだり、お外でも歩けるようになったり、指先が器用になっていたずら対策が大変になったり、ちょっと目を離したすきに遠くまでスタスタ歩いていてヒヤリとしたり、気づいたらごはんを全部ひっくり返していたりするなど、いつも目が離せなくて、お母さんのイライラも起きやすい時期です。

また、このころになると成長の差が見られるため、周囲の赤ちゃんと自分の赤ちゃんを比較してしまいがち。発育が遅れているのではと不安になることもあるでしょう。赤ちゃんにより発育のスピードは異なので、その子のペースに合わせて接してあげてくださいね。

1歳1ヶ月の特徴

Image

身長・体重

このころの赤ちゃんは、個人差が大きく出るため、具体的に身長や体重の標準が取りづらいところでもあります。離乳食の食べる量や、運動の量によって体重や体型に違いが出てきますので、あまり意識しなくてよいでしょう。

基本的に、先月(1歳)よりも激しく体重が減少していなければ大丈夫です。

発達・発育

平均的に、1歳1ヶ月になると、ひとり歩きができるようになったり、言葉をひとつかふたつ話せるようになったり、歯も上下生えそろうことが多くあります。しかし、どれかを満たしていないからと発達スピードが遅いというわけではありません。

1歳1ヶ月の赤ちゃんの発達スピードには個人差があるもの。周りの赤ちゃんより発育が遅れているのではないかと不安になる必要はありません。ひとりひとりの性格や体格は異なるものですし、出産時期や季節によって発達スピードは変わってきます。

食事・おやつ

1歳1ヶ月になると、離乳食はほぼ完了に向かいます。大人に近い食べ物を食べられるようになりますし、柔らかさもほぼ同じに近づけるでしょう。しかし、まだまだ大人と一緒のように食べることはできません。大きすぎる食べ物だと、うまく噛めずに丸呑みしてしまうこともありますので、注意しましょう。味付けにおいても薄味を心掛け、油も少なめにすることが大切です。

また、食事だけでは得られない食感や味を感じ取るチャンスとして、おやつが必要になってきます。おやつというと甘いものをイメージしますが、赤ちゃんの場合は栄養補給と味覚発達が目的なので、そこを踏まえておやつ選びを行いましょう。

ビタミン・カルシウム・たんぱく質・炭水化物など全体に不足しやすいので、おにぎりやチーズ・ヨーグルト・果物などが最適です。

Image

初めてでも安心!離乳食に「果物」を取り入れるときの5つの注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13232

睡眠・昼寝

1歳1ヶ月になると、大人と同じように夜にたっぷり寝て足りない分をお昼寝するというスタイルに近づいてきます。お昼寝の時間はできるだけ決めるようにし、長すぎる場合は起こすようにしましょう。

基本的に、トータルで12時間~14時間ほど睡眠時間が確保できていれば十分です。

生活リズム

1歳1ヶ月になると、活発に動き、離乳食も大人に近づいてくることから生活リズムが安定してきます。大人と同じように1日3食食べますし、夜20時に寝たら朝の7時までぐっすり眠る赤ちゃんもいるでしょう。

基本的に、お昼寝の時間は1回に絞り、ダラダラ長時間寝続け内容にすることが大切です。昼寝の時間が長すぎると、夜の寝つきが悪くなり、睡眠サイクルがどんどんずれてしまいますので、メインの睡眠は夜に集中できるようコントロールしてあげることが必要になります。

食事や睡眠にメリハリをつけることで、生活リズムは安定していくので、育児もずいぶん楽になってくるはずです。

言葉

1歳1ヶ月になると、ごはんのことを「マンマ」といったり、自動車のことを「ブーブー」といったりする赤ちゃんが増えてきます。しかし、言葉を発しようとせず、いつまでたっても何を言っているかわからない赤ちゃんもいるでしょう。

しかし、コミュニケーションがきちんと取れていて、指を指したり意思表示ができたりするのであれば深刻に考える必要はありません。我が子のペースだと思い、成長を見守ってあげましょう。

Image

赤ちゃんの喃語の世界が凄い!あまり知られていない喃語の秘密とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19302
Image

赤ちゃんの喃語はいつから?クーイングとの違いと会話の仕方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25537

1歳2ヶ月の特徴

Image

身長・体重

1歳2ヶ月の赤ちゃんになると、体格に差がどんどん出てきます。身長の平均値としては、男の子の場合、約77cm、女の子の場合、約75.5cmになります。体重においては男の子の場合、約9.6kg、女の子の場合、約9kgです。

1歳を過ぎると、そこまで身長が急激に伸びることはありませんし、個人差もあるので参考程度に考えておきましょう。

発達・発育

1歳2ヶ月の発達をまとめると、ひとり歩きが安定し、外でも靴を履いて歩き始めることができます。初めての靴になりますので、サイズがきちんとあった安定した靴を選んであげましょう。

指先が器用になるので、お絵かきや絵本など、細かい遊びもイタズラも増えてくるでしょう。複数の言葉を話せるようになることが多く、マンマやブーブー、パパママを使い分けることもできます。感情表現が豊かになり、思い通りにならない時にはかんしゃくを起すこともあるでしょう。

食事・おやつ

1歳2ヶ月になると、だいぶ大人に近いものを食べられるようになります。離乳食というよりも、通常食に近い状態に近づいてくるでしょう。歯が生えそろっている赤ちゃんも多いので、しっかり噛んで飲みこめるようになります。

しかし、歯が生えているからと言って、毎回噛むとは限りませんし、大きいものを噛みちぎれるのはまだまだ難しいもの。丸飲みになって喉を詰まらせることがないよう、ある程度小さめにカットしてあげると良いでしょう。

おやつにおいても、できるだけ甘すぎる物や、塩気の強いものは避けるようにし、食べた後はきちんと歯磨きの習慣をつけておくようにしましょう。

Image

今日は何にする?大人ごはんと一緒に作る1歳の離乳食作り

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11500

睡眠・昼寝

1歳2ヶ月に入ると、睡眠時間はある程度まとまってきます。大人と同じように、夜にたっぷりと睡眠をとれるようになるでしょう。お昼寝の時間も1~2時間となり、同じ時間帯になることが多くなります。

赤ちゃんにとって、睡眠時間は元気に発育する上で欠かせないものです。夜22時を過ぎても起きていたり、睡眠時間が短すぎたりする場合は、発育に影響が出る可能性もあるので気を付ける必要があります。1歳2ヶ月なら、夜の睡眠とお昼寝を合わせて、最低でも12時間以上は睡眠を確保するようにしましょう。

生活リズム

1歳2ヶ月になると生活のリズムは大分はっきりしてきますが、寒い時期などは特に朝なかなか起きれず、無理に起こすと機嫌が悪くなる子もいるかもしれません。あまり無理に起こそうとせず、自然に目覚めるのを待っていると時間が遅くなってしまう場合は、眠りの浅くなったときに起こすのが最適です。

食事の量は、1日3回決まった時間にあげるようにしてください。夕食や朝食の時間が遅いと、睡眠サイクルも乱れてくるので、時間はできるだけまもることが健やかな成長に繋がります。

言葉

1歳2ヶ月になると、言葉を聞き理解する力が身についてきます。「ご飯食べようね」というとテーブルの方に来たり、おもちゃの自動車を「ブーブーは?」と訪ねると、指でさして答えたりするでしょう。

赤ちゃんにより、言葉をどれくらい認識し話せるのかは違いがあります。のんびり屋さんだと、まだ言葉としてハッキリ言えないこともあるでしょう。しかし、聴き取れなくても積極的に声に出すことで、赤ちゃんは表現しています。

また、赤ちゃんだけでなく夫婦で話している言葉も赤ちゃんは聞いています。何を話すかにより、インプットされる言葉も変わってきますので、会話の内容には注意するようにしましょう。

発達には個人差がある

Image

発達スピードはそれぞれの赤ちゃんにより異なりますので、ご紹介した事例はあくまで参考程度に捉えて頂ければと思います。赤ちゃんにより発育の差が大きく出る時期でもあるので、「うちの子は大丈夫?」と不安がよぎることもあるでしょう。しっかり食べているし、この子なりに成長しているから大丈夫という位の気持ちでいる事を心がけたいですね。

毎日コロコロ変わり、一歩ずつ確かに成長していく姿を楽しみに、今という時間をめいっぱい大切にしていくことが大切です

1歳1ヶ月~1歳2ヶ月の子どもに関する筆者の体験談

筆者の息子は、9ヶ月から歩き出し、1歳になった頃にはセカンドシューズが必要に成るくらいでした。しかし、言葉が中々出て来なかったり、「ないないしよ〜」って言っても出来なかったり、同じ位の月齢の子達と比べても、歩く事意外は遅かったと思います。(今でもです)

やっぱり、1人1人の個性はあるし、また、性別によってもちがうのかな?と思いました。この頃の女の子だとおままごとが好きだったり、シール張りに興味をもったりじゃないですか?うちの息子は、電車と道ばたに落ちている小石でした。

何事も自分で興味がわかない事には、それぞれ発達して行くのがおそいのかなぁ〜?と思います。大人でも同じですよね。自分の興味のある事にはいくらでも時間をかけられるけど、興味の無い事はさっさっと終わらせたかったり。そんな気持ちで毎日息子と過ごしています。

出来る事が増えて危険も増え、時にはイラっとくるときもあるけど、毎日、今を大切にしながら育児を楽しみたいですね。

コミニュケーションをたくさんとろう!

Image

体力的にお母さんもヘトヘトになってしまうこの時期、パパがお休みの日やパワフルな遊びをするときはパパにバトンタッチするなどするのも大切です。

また、ますます活発になっていく赤ちゃんからは目が離せませんが、言葉を理解する力もついてきているので、ダメなことはハッキリ「ダメ!」と教えることで、認識していきます。徐々にコミュニケーションが取れてくるので、大変ながらも嬉しい時期になってくるのでたっぷりとコミュニケーションを取って楽しく一緒に成長していけるようにしましょう。、

育児に疲れた体の栄養補給に

育児中の栄養補給に

P3

すっぽん小町

¥2,570〜(2017/10/24 時点)

購入はこちら

すっぽん小町はコラーゲンのもととなるアミノ酸を豊富に含むサプリメントです。ほかにも女性に不足しがちな鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

佐賀県産のはがくれすっぽんの栄養素が飲みやすいカプセルにつまっていますよ。育児中の健康維持と美容のために、飲んでみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

あわせて読みたい

Image

かわいい&長持ち!1歳の誕生日・クリスマスにおすすめプレゼント24選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/6705
Image

言葉の遅れが気になりますか?単語の数よりも重要な判断基準とは

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9354
Image

1歳からの子どもの発育としつけのシーン、心に届く伝え方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/10258

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

panpa

1歳の男の子を持つ新米ママです。私も子育て真っ最中なので、…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事