更新日:2017年01月05日

安産になる妊婦さんの特徴は?安産のためにできることとは

誰しも妊娠すると安産を願うものですよね。安産になる妊婦さんになる為にはどんな事をすればいいのでしょうか?また、安産になる妊婦さんの特徴はあるのかなど、今回は安産になりやすくなる為に出来る事を中心にまとめてみました。

13706
1

目次

    安産とは?

    Image

    安産、難産という言葉に、実は明確な基準はありません。人それぞれ出産の痛みやかかった時間などの感じ方は異なりますので、安産と思うか難産と思うかは、妊婦さん自身の感じ方も大きく影響しています。

    お腹の赤ちゃんの出産予定日が近付いてくると、誰しも、出来るだけ楽なお産になれば良いと思うものです。安産というと大きな異常もなく妊娠期間を過ごし、しかも、手術などが人的援助の無いお産の場合には、安産と考えられることが多いようです。

    安産になりやすい妊婦さんの特徴

    Image

    身長が高い

    身長が高い妊婦さんの方が、骨盤は大きい傾向があります。赤ちゃんがさがりやすくなるため、安産になる方が多いといわれています。

    太りすぎていない

    皮下脂肪がついていると微弱陣痛になりやすく、お産がスムーズに進みづらくなります。また、太り過ぎによって、子宮の収縮が鈍くなってしまい、陣痛も起こりにくくなってしまうことがあります。そのために、お産に余計な時間がかかってしまうことが考えられます。

    冷え性じゃない

    冷えることで、血流が悪くなりますので、当然のことながら、子宮内への血流も悪くなってしまいます。そのために、陣痛を感じにくい微弱陣痛になったり、お産に時間のかかってしまう遷延分娩になりやすくなったりします。

    安産になるための秘訣

    Image

    呼吸法の練習をしておく

    出産の際には、呼吸法もかなり影響を及ぼします。赤ちゃんに新鮮な空気を送るためには、お母さんが常にきちんと呼吸出来ることが大切ですし、呼吸が上手の行われないと、お腹の赤ちゃんにも、からだ全体に送られる酸素の量も少なくなってしまいます。

    出産時の呼吸法で有名なラマーズ法などを妊娠時から練習しておくことで、出産時の不安も和らげることが出来ることでしょう。

    適度な運動をする

    安定期に入り医師から許可が出れば、適度な運動を心がけましょう。おすすめの運動は誰でも手軽にできるウォーキング。下半身の筋肉を鍛えられるうえに、血行が良くなったり、気分転換できたりといいこと尽くしです。

    骨盤運動をする

    安産体質を目指し、骨盤を鍛えましょう。普段から、括約筋に力を入れる運動を繰り返したり、腰を頻繁に回して座ったり起きたりを繰り返すことは、骨盤強化に効き目大です。また、ヨガをして体力をつけたり、緩んでいる骨盤と腹筋を正しくすることで、血液を循環させて体のむくみを防ぐので、安産体質に変えられます。

    Image

    ストレッチをする

    医師に激しい運動を禁止されている場合は、ストレッチをやってみましょう。安産において重要な股関節の柔軟性を高められるストレッチが、特におすすめです。

    股関節を柔らかくしておくことで産道が広がりやすくなり、安産につながります。また、股関節の柔軟性が失われてしまうと骨盤がゆがんでしまい、産後にも影響が出るので、妊娠後期からは股関節を柔らかくするストレッチを積極的に取り入れていきましょう。

    安産にきくツボをおす

    妊娠中はおなかまわりのツボを刺激することは避けましょう。目安としては1日1回~2回くらいでOK。やさしく心地よい程度に刺激するようにしてください。

    ・三陰交(さんいんこう) → 足の内くるぶしの上際から、指4本分の場所にあたるところです。三陰交は、足のむくみ、冷え、つわりや便秘などに効果があるといわれ、安産のツボとして有名です。

    ・足三里(あしさんり) → ひざのくぼみから指3本分下のすねの骨のすぐ外側にあたる所です。胃腸を丈夫にするとともに、免疫力を高めるツボで、足のだるさやむくみ、消化不良にも効果があります。

    太りすぎない

    妊娠すると、どうしても体重が増加してしまいます。しかし体重増加が行き過ぎると、産道に脂肪がつき赤ちゃんの通り道が狭くなってしまいます。また子宮収縮も鈍くなり、陣痛が起こりにくくなる傾向にあります。

    また、体重の増え過ぎは、妊娠中毒症など、その他様々な病気を引き起こす原因の1つになっていますので、特に注意が必要です。安産のためには、太り過ぎに気をつけたいものですね。

    身体を温める

    お風呂に入る、スープや温野菜を食べる、レギンスの上にレッグウオーマーを着用するなど 足首や手首、首元など温めましょう。 寒い季節にはちょっと羽織れるストールやタートルネックのものがよいでしょう。

    納豆を食べる

    臨月になったら毎日納豆を食べましょう。苦手な人も多いと思いますが、納豆に含まれるビタミンKは赤ちゃんが産道を通る際の頭蓋内出血を抑えたり、胃腸内出血を予防してくれます。

    ラズベリーリーフティーを飲む

    ハーブの中にも安産に良いものがあります。ラズベリーリーフというハーブは、欧米では安産茶として一般的に知られています。クセのない味のため、日本の妊婦さんにも愛飲している方がたくさんいます。

    また、他にも母乳の出始めに良いと言われていたり、産後の戻りをサポートしてくれるので、妊娠後期から産後にかけて飲んでおくとよいでしょう。ただし、妊娠初期・妊娠中期の方は飲用を控えましょう。

    戌の日には安産祈願のお参りに行こう

    犬はたくさんの赤ちゃんを一度に産むうえに、とても安産だといわれることにあやかり、妊婦さんと赤ちゃんの無事を願って戌の日に安産祈願をするようになりました。

    妊娠5ヶ月目の最初の戌の日が正式ですが、あくまでも目安なので体調のいい日を選んで安産祈願してもらいましょう。

    人気の安産祈願の神社

    水天宮

    首都圏ではもっとも有名な安産祈願神社のひとつです。江戸時代から安産・子授けの神として多くの人に親しまれ、現代でも妊婦さんや赤ちゃんを連れた家族で毎日にぎわっています。境内に鎮座している犬のお腹をなでるといいとされています。

    敷地神社

    京都市北区にあり、通称「わら天神」として有名です。安産お守りとして1本のわらが授与され、このわらに節があれば男の子・なければ女の子が産まれるといわれています。わらと一緒に授与される小さなオブラートのお守りは、陣痛が来たときに口に含むといいのだとか。

    久留米水天宮

    久留米市にありますが、全国の水天宮の総本山です。メールやFAXで祈祷・お守り郵送を依頼することもできます

    安産に関する筆者の体験談

    筆者は妊娠5ヶ月から〜臨月まで自宅安静と言われていたので過度な運動も出来ず、ウォーキングをする事も臨月に入るまでは出来ませんでした。しかし、何となく何もしないのも体重増加やお腹の赤ちゃんの事も不安だったので、自宅で妊娠中にできるヨガDVDを購入して毎日、30分程度を1日2回行っていました。

    そのおかげなのかは分かりませんが、出産時の呼吸法は助産師さんにとても褒められ、出産も分娩室に入ってからは1時間程で出産出来たので、早かった方だと思います。色々体調や体の変化に対応するのは何かと大変だと思いますが、何もしないよりは何か心がけておくのも大切なのかもしれませんね。

    安産には気持ちの安定が大切

    Image

    出産は誰もが緊張しますし、様々なことが頭をよぎります。ましてや、初めての出産でしたら、なおのことでしょう。陣痛が始まってから極度に緊張してしまうと、必要以上に体に力が入ってしまい、お産をスムーズに進めることが難しくなりますので、安産のためには逆効果です。

    妊娠中からお産に対する不安を出来る限り取り除き、心と体の準備を整えておくことで、ストレスの極力少ない状態で臨みたいものです。それが、1番の安産への近道なのかもしれません。

    安産の関連記事はこちら

    Image

    安産になりやすいのはどんな人?安産体質を目指そう! | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16885

    関連する人気の記事

    妊娠・出産のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    panpa

    1歳の男の子を持つ新米ママです。私も子育て真っ最中なので、…

    妊娠・出産 デイリーランキング

    おすすめの記事