更新日:2017年01月05日

妊娠初期と臨月のおしるしの違いとは?臨月のおしるしの特徴

出産の兆候の代表的なものと言えば「おしるし」。今回は、妊娠初期のおしるしと臨月のおしるしの違いから、臨月のおしるしの特徴までお伝えします。

2554
0

目次

    妊娠初期と臨月のおしるしの違い

    Image

    妊娠後のおしるし

    「妊娠初期(妊娠後)のおしるし」という人がいるものの、正しくは「着床出血」といいます。着床出血は、精子と卵子が出会い、卵子が子宮に着床するときに子宮壁を傷つけ、これによる軽い出血をともなうことから起こります。

    もちろん、これには個人差があり、着床出血をしなかったという人も多いものですが、確率的には全体の2割くらいに起こると言われています。妊娠初期のおしるしは「おしるし」ではないのです。

    臨月のおしるし

    臨月のおしるしは出産が近づいてきた合図で、一般的に言われる「おしるし」です。医学用語では「産徴」といわれるようです。お産が近づき、子宮口が開き、卵膜という赤ちゃんを包んでいる袋が破れて出血し、子宮頚管の粘液と交って出てくるものがこのおしるしの正体。これが「臨月のおしるし」なのです。

    臨月のおしるしとは?

    Image

    臨月のおしるしは、前述のとおり、赤ちゃんを包んでいる卵膜がはがれることによって起こります。そのため、出産の3日前~出産当日に起こることが多いものです。臨月の出血となると、あかちゃんになんらかの異常が出たのではないかとびっくりしてしまう妊婦さんも多いものの、少量であれば心配いらないことがほとんどです。

    おしるしの特徴

    Image

    おしるしの色

    おしるしの色は「ピンク色」「茶色」「褐色」「オレンジ色」などが多いようです。少ない出血が粘液に交じって出てくるので、基本的には薄めの色となっています。ほぼ、透明ということもあるようです。ただし、鮮血で赤色で量も多い場合は注意が必要です。

    おしるしの量

    おしるしの量は、多くなく、おりものシートに少しつく程度~生理の少ない日くらいの量の人が多いものです。本格的な陣痛がはじまるとおしるしの量も増え、生理の多い日くらいの量のおりものが大量に出てくるということもあります。

    おしるしの回数

    おしるしの回数もひとそれぞれで、1週間ほど前から何回もおしるしが出たという人から、1回もおしるしがなかったという人もいます。

    おしるしから陣痛までの時間

    Image

    おしるしから陣痛までの時間は、出産3日前~出産当日までという人が多いようです。ただし、1週間前、まったくおしるしがなかった人、という人も中にはいるので、一概に、おしるしの何日後に陣痛が始まるとは断言できません。一つ言えるのは、おしるしがあれば、出産間近だということ。出産準備をしっかりするようにしましょう。

    おしるしと出血の違い

    Image

    おしるしとの判別が難しいのは「異常出血」です。以下に簡単に分かる特徴をあげています。

    おしるしは、
    ・ピンク色、茶色、褐色、だいだい色などの薄めのいろ
    ・粘液なのでドロッとしている
    ・量はおりものシートにつくくらいと少なめ

    異常出血は、
    ・鮮血で赤い
    ・さらさらの血液
    ・量は生理の2日目くらいで多い

    つまり、生理の2日目くらいの大量の出血があった時は異常出血の可能性が高いため、迷わずにすぐに病院へ行きましょう。また、異常出血かおしるしの判断がつかない出血の場合は、出血のついたナプキンを病院に持参して診てもらいましょう。

    おしるしから出産まで

    Image

    おしるしがきたら出産間近のサイン

    前述のとおり、おしるしがきたら、出産間近のサインです。「すぐに病院にいかなければ!」と焦る気持ちはわかりますが、おしるしが来たからと言って、すぐに陣痛がつかない場合もあるので、陣痛を待って。初産婦さんは陣痛間隔が10分、経産婦さんは陣痛間隔が15分となってから病院に連絡するようにしましょう。

    リラックスを心がける

    おしるしがきたら、お風呂に入る、アロマをたくなど、リラックスを心がけてください。リラックスすることで、陣痛が付きやすくなります。また、体を温める事でも、陣痛が付きやすくなるといわれています。

    テキパキ動く

    おしるしが来ても、まだ入浴も運動も可能。おしるしが来たからと言って、怖がりすぎずに、できることを今のうちにやっておきましょう。おしるしが来たと言うことは陣痛間近ということ。陣痛が来て、出産、育児となると、それ以降は、自由に動ける時間も極端に少なくなります。この機会に、入院準備や退院後の用意など、てきぱきと動いて、しっかり準備しておきましょう。

    妊娠中のおしるしに関する体験談

    おしるしがくると、気が気でない…体験したことのあるママたちにはよくわかる状況ではないでしょうか。できるだけリラックスして過ごすようにしたいですね。

    おしるしがあればしっかり出産準備を

    いかがでしたか?妊娠初期のおしるしは正しくは着床出血といって、出産間近に起こるおしるしとはまったく別物です。そして、本当の臨月のおしるしは、出産間近のサイン。おしるしがあれば、ドキドキする気持ちとともに、しっかり赤ちゃんを迎える準備をして、思い残すことなく出産に挑めるようにしておきましょうね。

    妊娠中のおしるしの関連記事はこちら

    関連する人気の記事

    妊娠・出産のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    izumi

    子育て奮闘中の2児の母です。教育関係職に勤めた後、現在は主…

    妊娠・出産 デイリーランキング

    おすすめの記事