更新日:2017年12月12日

おりものが黄緑色なら身体のSOSかも?無臭で気付きにくいことも!妊娠への影響は?

おりものの悩みを抱える女性は少なくないでしょう。しかし人に相談しにくかったり、病院に行くことをためらうものですよね。身体に異常があるとおりものに変化が現れる場合があります。黄緑色のおりものは身体のSOSかもしれません。黄緑色のおりものが出た場合に考えられる病気やその治療法、予防法を解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
162622
0
Image

おりものにはどんな役割がある?

おりものは、子宮や腟、汗腺からの分泌液や、剥がれ落ちた古い細胞の粘液などが集まってできたもので、女性ホルモンの働きと大きくかかわっています。

おりものには「自浄作用」と「受精の手助け」というふたつの役割があります。「自浄作用」は、腟のうるおいを保ち、身体に細菌が入り込むのを防ぐ作用で、この作用のおかげで性器が病気にかかりにくい状態に保たれています。

また、「受精の手助け」とは、排卵期におりものが増えてゼリーのような状態になることで、精子と卵子が出会いやすくしてくれる作用のことです。

正常なおりものの特徴

正常なおりものには、以下のような特徴があります。正常なおりものの特徴を知り、異常な状態に早く気付けるようにしておきましょう。

透明や白、クリーム色

通常のおりものは、無職透明や半透明、白、クリーム色です。排卵期には透明でとろみのある状態になり、黄体期には白く濁って粘り気のある状態になる場合が多いといわれています。黄体期のおりものは、下着に付くとクリーム色~黄色に見えるときもあります。

量は人それぞれ

おりものの量は人によって違います。もともと量が多くて下着が汚れやすい人もいれば、ほとんど気にならない量の人もいます。多少量が多くても、少なくても、それほど気にする必要はありません。

ただし、普段と明らかに量が違ったり、異常に量が多かったりする場合は、感染症やがんなどの異常が隠れているかもしれません。しばらく続くようであれば、病院に相談すると良いでしょう。

少しすっぱいにおいがする

正常なおりものは、少しすっぱいにおいがする場合が多く、人によってはにおいが気になる場合もあるかもしれません。

Mobile favicon

おりものは生理周期や年齢、妊娠でどう変化する?異常なおりものに気付くには?

おりものが黄緑色や黄色のときは病気の可能性大

Image

黄緑や鮮やかな黄色のおりものが出たら、病気の疑いがあります。おりものの状態によって、どのような病気の可能性が考えられるのでしょうか。

泡状のおりもの

黄緑や黄色で、泡状のおりものが出る場合には、トリコモナス腟炎の可能性が考えられます。おりものの量が増加し、悪臭がするのも特徴です。

トリコモナス腟炎は、「トリコモナス原虫」という微生物が腟に侵入することで起こる腟の感染症です。おりものの変化のほかに、性器が赤くなる、性器の違和感・かゆみがある、排尿時や性交時に痛みを伴う、といった症状があらわれることがあります。

Mobile favicon

トリコモナス腟炎とは?治療や検査方法は?おりものはどうなる?

膿状のおりもの

白~黄緑・黄色がかった膿状のおりものが大量に出る場合は、淋菌感染症(淋病)にかかっているのかもしれません。悪臭がする場合もあります。

淋菌感染症は、感染者と性交を行うことで感染します。主な症状には、下腹部痛や発熱、骨盤の痛みがあります。不正出血を伴う場合もありますが、ほとんどが無症状のため発見が遅れることがあります。

Mobile favicon

淋病(淋菌感染症)はどんな病気?症状や原因、検査法、治療法は?

水っぽいおりもの

おりものの量が増え、水っぽくなる場合は、性器クラミジア感染症の可能性があります。色は、黄色や黄緑がかった色のほか、白っぽくなることもあります。ほとんど変化しない場合もあるでしょう。

性器クラミジア感染症は、若年層の女性に多い病気で、世界的に発生頻度が高い病気であるといわれています。淋菌感染症と併発することもあります。症状としては下腹部痛や発熱、不正出血がありますが、自覚症状が乏しいため、定期的に性感染症検診を受けることが大切です。

Mobile favicon

クラミジア感染症とは?症状や原因、潜伏期間は?女性と男性で違う?

Mobile favicon

性病(性感染症)の種類と症状は?検査キットや潜伏期間についても解説

感染症を放置すると妊娠に悪影響?

性感染症は、妊娠や出産に大きく影響することがあります。病気を放っておくと、子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)や卵管炎、骨盤腹膜炎、骨盤内付属器炎などを引き起こし、子宮外妊娠や不妊につながる可能性があります。

また、妊娠中に病気に感染していた場合には、生まれてくる赤ちゃんに悪影響を与える場合もあります。産道感染により、赤ちゃんが肺炎や結膜炎にかかるリスクが高まる危険性があるといわれています。通常は妊娠初期に一通りの感染症を調べますので、必要な検査をきちんと受けて、分娩までに治療を行うようにしましょう。

また、検査後に感染しても気づけない場合があります。妊娠中の性行為はできる限り避けて、どうしても行う場合は必ずコンドームを使用しましょう。

Mobile favicon

子宮頸管炎について知ろう。症状や原因、治療法は?兆候はおりもの?

Mobile favicon

子宮外妊娠の症状・兆候はいつわかる?出血・痛みはあるの?原因や治療法は?

おりものが黄緑色に!気付いたらどうする?

Image

病院で検査を受ける

黄緑や黄色のおりものが出たら病気の可能性が高いため、すぐに病院で検査を受けましょう。検査では、子宮頸管や腟壁からの分泌物を採取して病原体の有無を調べます。性感染症の場合はパートナーも感染していることが考えられるため、パートナーにも検査を受けてもらうと良いでしょう。

検査キットで確認する

検査に行きたいけれど忙しくてなかなか時間が取れない人や、自覚症状が少なく病院に行くのを躊躇してしまう人もいるかもしれません。そんな人は、市販の検査キットを使用しても良いでしょう。

淋菌感染症や性器クラミジア感染症の場合は、ネット通販を中心に市販でキットが売られています。ただし、信頼性の高いものを取捨選択し、不安な人はやはり病院でも検査を受けることをおすすめします。感染している可能性がある場合は、病院で治療を受けてください。

Mobile favicon

性病検査とは?病院や保健所での検査費用は?検査キットもある?

感染症の治療法は?

Image

検査で菌や原虫が確認されたら、治療を行うことになります。感染症は、どのように治療を行うのでしょうか。

トリコモナス腟炎

5-ニトロイミダゾール系抗原虫薬(フラジール)という薬を10日程度連続して服用する場合が多いでしょう。腟口から入れるタイプの薬(腟錠)が使用される場合もあります。

淋菌感染症

経口薬は耐性菌が多いため、基本的には抗生剤の点滴や筋肉注射で治療します。治療後に必ず再検査を受けて、きちんと治っているかどうかの確認が必要です。

性器クラミジア感染症

抗菌薬を使用して治療します。マクロライド系薬、テトラサイクリン系薬、ニューキノロン系薬といった種類があります。クラミジアは淋菌と異なり、一定期間中血液中の薬の濃度を保つことで治療が行えます。数日間連日服用するタイプの薬が処方されたときには途中でやめずに飲み忘れなく服用することが大事です。

Mobile favicon

クラミジアの治療薬は?抗生物質の市販薬はある?薬の副作用は?

感染症を予防するには?

Image

性交するときはコンドームをつける

3つの病気すべてにおいて、コンドームをつけて性交することがもっとも大切な予防法です。妊娠を希望するとき以外は、コンドームをつけて感染症を予防するように心がけましょう

複数の人とは性交をしない

誰が感染症にかかっているのかは見た目などでは何もわかりません。パートナーが増えるほど感染症リスクは高くなりますので、複数の人と性交渉はしないようにしましょう。また、パートナーに感染症の疑いがある場合には、すみやかに病院で治療を受けるように勧めましょう。

タオルや下着、便器、浴槽を清潔に保つ

トリコモナス腟炎の場合には、性交のほかにタオルや下着、便器、浴槽から感染する可能性があります。これらを清潔に保ち、菌や原虫が繁殖しないようにしましょう。外出時には、銭湯で浴槽に浸かったらしっかりと身体を洗い流すなど、できることから気をつけると良いでしょう。

ストレスをためず、免疫力を高く保つ

菌が感染しにくい身体をつくるためには、ストレスをためず、免疫力を高く保つことも大切です。睡眠や栄養をしっかりとり、規則正しい生活をしましょう。

黄緑色のおりものは病気のサイン!身体のSOSを見逃さないように

黄緑色や黄色のおりものが出た場合には、何らかの可能性が高いといえます。できるだけ早く病院で検査を受け、治療をはじめましょう。

早期に治療をはじめることは、自分の身体を守ることだけでなく、パートナーへの感染を防ぐこと、生まれてくる赤ちゃんの健康を守ることにもつながります。兆候を見落とさないようにしたいですね。

また、性感染症にならないように予防することも重要です。性交時にはコンドームをつけることや、身の回りを清潔に保つこと、免疫力を高く保つことを常日頃から心がけましょう。

あわせて読みたい

Image

おりものの色の変化で病気がわかる?茶色や白、ピンクだと異常?生理前や妊娠初期のおりものの色の特徴は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28417
Image

茶色いおりものが生理前後に出るのは病気?妊娠の可能性も?においやかゆみがあると危険?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21620
Image

おりものがピンク色になる原因と対策!妊娠初期や生理前後だと異常?排卵との関係は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24402
Image

妊娠中はおりものが多くなる?色やにおいの特徴は?量が多いときの対処法や異常なおりものについても解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28414
Image

生理周期とは?身体の変化と過ごし方!25~38日が正常?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28554
Image

おりものは生理周期や年齢、妊娠でどう変化する?異常なおりものに気付くには?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28389
Image

おりものがいつもより多い原因は?おりものの見分け方と病気の関係について | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19215
Image

生理後のおりものは多くて臭い?血が混じると異常?茶色やピンク色のおりものが出る?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28474
Image

おりもので排卵日をチェック!においや色、量は?卵白のような白いかたまりや伸びるおりものが出る?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28467
Image

排卵日の基礎体温の変化と平均は?グラフを用いた排卵日の予測方法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28193
Image

着床時のおりものの変化は?量や状態、においでわかること

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24157

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊活・不妊のカテゴリ

妊活・不妊 デイリーランキング

おすすめの記事