更新日:2017年01月05日

スリングは新生児から活躍!新生児の抱き方、注意点とは?

スリングをお持ちのパパやママ、多いと思います。新生児から使用することのできるスリングは、赤ちゃんを安心して抱っこすることができます。今回はそんなスリングについて調べてみました。

12098
1

目次

    スリングとは?

    Image

    抱っこひもの一種

    日本でも昔から使われてきた抱っこひもの一種がスリングと呼ばれるものです。スリングとは「吊るす」という意味があります。

    第二の子宮とも呼ばれる

    赤ちゃんを包み込むような形で抱っこすることができるので「第二の子宮」と呼ばれています。赤ちゃんと密着するので安心感も高いです。

    新生児から3歳ことまで使える

    スリングは首が座っていないふにゃふにゃの新生児から使用することができます。大きさを調整することができるタイプのスリングであれば、3歳ころまで使うことができます。

    スリングの種類

    スリングにはさまざまな種類があります。赤ちゃんの月齢や使用用途によって使い分けてみましょう。

    Image

    リングタイプ

    縫いまとめられていない大きな一枚布のタイプと、結び目が縫いまとめられているタイプの二種類があります。大きな布なので、抱っこひもとしてだけではなく、赤ちゃんにかけたり授乳ケープとしても使うことができます。紐の長さを調整することができるので長い期間使うことができます。

    チューブタイプ/抱っこすきタイプ

    輪っか状に縫い合わせた布タイプのスリングです。調整をする必要がないためシンプルで楽に使うことができるのですが、サイズアウトになると使うことができなくなります。だいたい2歳ころまで使用できます。

    バックルタイプ

    バックル部分で大きさを調整できるので、お好みの密着感を見つけることができます。リングタイプよりも簡単につけることができるので新生児からでも使うことができます。ただ、バックル部分が背中にくるので不快に感じるかもしれません。試してみてから購入を決めることをおすすめします。

    新生児のスリングの抱き方

    首が座ってない新生児を抱っこするのにはどうすればいいのでしょうか?

    Image

    横抱きが基本

    赤ちゃんが横になるように抱っこする抱き方です。スリングを肩からかけたらやや前かがみになって、赤ちゃんをお尻から頭まですっぽりと覆うようにスリングに入れましょう。最後に密着度を調整したら出来上がりです。

    首が座ると縦抱き、前抱きも可能

    首が座って安定感が出てきたら、縦抱きや前抱きができるようになります。スリングを肩からかけたら、赤ちゃんの足をお母さんの腰回りに開くようにしてスリングに座らせます。前抱きの場合は、赤ちゃんの足を組むようにして折り曲げスリングにすっぽりといれてあげましょう。

    新生児のスリング使用時の注意点

    股関節脱臼

    日本人は股関節脱臼をおこしやすい民族だと言われています。スリングを使用するときは、足をしっかりと開き、ママの体にぴったりと密着するように抱っこすることで股関節脱臼を防ぐことができます。膝を曲げられない伸ばしたままの体制でスリングで抱っこするのは危険です。

    抱く位置の確認

    赤ちゃんを抱っこするときは、下におろしすぎずママが赤ちゃんのおでこにキスができる位置が適しています。

    赤ちゃんの顎を引きすぎない

    赤ちゃんの顎が引きすぎていないかチェックしましょう。顎が引きずぎていると赤ちゃんの体が丸まり窒息する恐れがあります。顎と首の間に指が2本入るくらいあけておきましょう。

    赤ちゃんを降ろすときのポイント

    スリングから赤ちゃんを降ろすときは、赤ちゃんだけを降ろすのではなくスリングごと床に降ろすようにしましょう。ママが床のそばまで行ってからスリングを緩め、赤ちゃんの首を支えながらスリングごと降ろし、ママがスリングからすり抜けるようにしましょう。

    新生児から使えるおすすめのスリング

    AKOAKOスリング

    楽天で一番人気のAKOAKOのスリングです。カラーバリエーションが豊富でパパにも使えるようなデザインがたくさんあります。デリケートな赤ちゃんの肌にも優しいコットン100%の布が使用されており、スタッフの方が一つ一つ丁寧に作ってくれています。

    適応年齢:新生児~6歳ころ
    価格:6000円(税抜き)

    Image

    【楽天市場】\★たまひよ育児グッズ受賞★/  寝グズリに効果!★AKOAKOスリング しじら年中快適育児取説付で安心赤ちゃん(新生児〜3歳)の抱っこ紐(抱っこひも だっこひも ベビーキャリー)出産祝いでも人気コンパクトに折畳め便利なベビースリング【楽ギフ_包装】:AKOAKO STUDIOスリング・ベビー

    http://item.rakuten.co.jp/akoakostudio/sijira03/

    femmebellyスリング

    リングタイプのスリングです。使いやすさや快適さだけではなく、美しさにもこだわったfemmebellyのスリングはおしゃれママの間で大人気です。肌触りの良いコットン100%は生地は洗濯機で丸洗いすることができます。

    適応年齢:新生児~2歳ころ
    価格:7800円(税抜き)

    ファムベリースリング しじら織り スリング ベビースリング

    http://www.petitbelly.com/SHOP/ss.html

    スリング専用に糸から厳選し、 染め、織り上げた、こだわりのオリジナルのしじら織りスリングです。

    スナッグリースリング

    イスラエルで生まれたスナップグリーのスリングはおしゃれなデザインがとてもかわいいです。背中全体で赤ちゃんの体重を支えるようになっているので、ママの負担も少ないです。一つでいろいろな抱っこの仕方ができるので、長い間使うことができます。

    適応年齢:新生児~3歳ころまで
    価格:6994円(税込)

    Image

    スナッグリースリング (シンプリーグッド) / O-BABY.net

    https://www.o-baby.net/products/detail.php?product_id=224

    スヤスヤよく眠ってくれます。

    カナダで2歳の男の子を育児しながら二人目を妊娠中の筆者も、長男が生まれた頃はスリングを使用していました。なかなかベッドで寝ない赤ちゃんだったのですが、家事もこなさなければならない時にスリングに入れて抱っこしておくとスヤスヤとよく眠ってくれました。赤ちゃんと密着できるので安心して家事をすることができました。

    使い方をマスターしよう。

    スリングは種類もたくさんあるし、使いにくそうと思っているママも多いと思いますが、慣れれば簡単です。新生児のころは恐る恐る装着することもあるかもしれませんが、一度慣れてしまうとスリングの使いやすさと赤ちゃんの心地よさそうな様子を見て病みつきになりますよ。

    新生児のスリングの関連記事はこちら

    Image

    スリングでカンガルー生活しませんか?超・密着抱っこ育児のススメ | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/1598

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Default

    MEI

    カナダで二人目を妊娠しながら、二歳の男の子を育児中。 異なる文化の中で子育て奮闘中。