更新日:2017年10月25日

新生児は夜泣きをしない?いつからする?泣き止まない原因と対処法

新生児の赤ちゃんが夜泣いていることを夜泣きと思っている人は多いと思います。ですが実は、新生児の赤ちゃんが夜なくことを夜泣きとは言いません。それでは新生児はなぜ夜に泣いてしまうのでしょうか?そして夜泣きが始まったらどうすればいいのでしょうか?その原因と対処法を紹介していこうと思います。

25301
2

新生児の赤ちゃんが夜に泣くことは夜泣きとは言わない

Image

赤ちゃんが生まれ喜びも大きいぶん、休む暇なく育児に奮闘する日々を過ごしてお疲れの人も多いと思います。特に新生児のころの赤ちゃんはどんなにがんばってもなかなか泣き止んでくれません。とくに夜、昼間の疲れもありゆっくり寝たいのに赤ちゃんは昼夜関係なく泣き続けます。この夜中に泣くことを夜泣きと思いがちですが、新生児のあかちゃんが夜に泣くことを夜泣きとは言いません。

夜泣きとは

それでは夜泣きとはいったいどのようなことを言うのでしょうか。夜泣きとは、生後6ヶ月から1歳半ぐらいの赤ちゃんが夜に理由もわからず泣いていることを言います。早い赤ちゃんだと生後3ヶ月ころから夜泣きが始まります。しかし夜泣きには個人差があり、全く泣かない子もいれば1歳を過ぎて夜泣きをする子もいます。

夜泣きだと思っているその症状は夜泣きではないかも?

夜泣きだと思っている症状は寝言泣きの可能性もあります。では、寝言泣きと夜泣きの違いはどこにあるのでしょうか。夜泣きと寝言泣きでは原因や対策も変わってきます。こちらの記事で詳しく解説しています。

Image

寝言泣きって何!?もう悩まない!赤ちゃんの寝かしつけ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5797

寝言泣き以外に夜驚症の可能性もあります。夜驚症は寝ていると思っていた子どもが、突然パニックを起こしたように泣き出すことを言います。夜泣きと違う点はどこにあるのでしょうか。こちらの記事で解説しています。

Image

子どもの夜驚症とは?夜泣きとの違いは?原因と対処法5つ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18748

夜泣きの様々な原因

Image

夜に泣き出したからといって必ずしも夜泣きとは限りません。ミルクが欲しくて泣いている、おむつが気持ち悪いから取り替えて欲しいなど様々な訴えが隠されていることもあります。

新生児が夜に泣く原因とは

新生児の赤ちゃんは朝に起きて夜に眠るという体内時計の機能がまだ十分に備わっていません。そのため昼夜関係なく泣いてしまいます。この短いサイクルで泣いたり寝たりすることを繰り返しています。

体調不良や病気が原因

赤ちゃんの夜泣きは体調不良や病気が原因の場合もあります。赤ちゃんは言葉がしゃべれないので泣いて訴えます。病気や体調不良を見分ける方法としては、朝から夕方まで赤ちゃんが起きている時間帯に期限や表情をチェックするようにしましょう。すこしでも違和感を感じたらかかりつけの医師に相談しましょう。

生活リズムの変化

赤ちゃんは非常に敏感なので生活リズムの変化によって夜泣いてしまう子もいます。昼寝がいつもより長い、短すぎる、満足に昼寝ができない場合や食事の時間のズレ等も、赤ちゃんにとってはストレスの元になってしまいます。

環境の変化

赤ちゃんは大人以上に環境の変化に敏感です。外で一日中大きな音がしていたり、家の中がドタバタしていてうるさい、あるいは外に出た時に天気が悪かったり、やたらと寒い、暑い等といった極端な環境の変化が夜泣きの原因になることがあります。

赤ちゃんが求めるものを理解し夜泣きをなくす。その方法は?

Image

赤ちゃんは正確が様々なので赤ちゃんによって求めるものは違います。言葉がまだうまくでないうちはお母さんもお父さんも困惑してしまいますが、夜泣きをさせない方法はたくさんあります。

お昼にたくさん遊ぶ

赤ちゃんが起きている時間にたくさん遊べば夜には自然と眠くなり、寝つきがよくなります。夜ではなく昼間に動くことで赤ちゃんにとっては生活リズムを整える効果があります。

昼と夜の区別をさせる

大切なのは朝起きて、夜眠るという生活リズムをしっかりと身につけることです。なので新生児のころから昼はしっかりと日光にあたり夜は早めに部屋を暗くするようにしましょう。

スキンシップを大切に

赤ちゃんはスキンシップが大好きです。スキンシップが不足しているとそれを言葉に出そうとして夜泣きをすることがあります。夜泣いていたら抱きしめてあげたり、静かに抱っこして揺らしたり添い寝をしたりしましょう。マッサージや体を撫でてあげることも効果的です。

音楽や音を使う

赤ちゃんの前で歌う子守唄や音楽をかけること、オルゴールを流す、ぬいぐるみやおもちゃの音を出す等、赤ちゃんには音が効果的と言われています。

イライラはNG

赤ちゃんは非常にデリケートなのでイライラすればするほどその気持ちは赤ちゃんにもつたわってしまいます。夜泣きは1歳をすぎると自然に止んでいきますので永遠に続くものではないと割り切る気持ちも大切です。

思い切って電気を付けてみる

いちど泣き出して寝たと思ったのに、またすぐにグズグズ言い出すことってありますよね。
そんな時は、思い切って電気を付けて起こしてみてもいいでしょう。
赤ちゃんは眠いのに眠れなくて泣いていることもあります。そのために、一度電気を付けて覚醒させてあげることで赤ちゃんはハッとなにかが違うと気付き、その後に欲求と共に眠りにつくこともあります。
一度電気を付けて赤ちゃんがおきたら、元気に活動する前に「もう一度ねんねの時間だよ」と伝えてそっと電気を消してあげましょう。

サポートアイテムを活用する

Ec babysleep b01 1

AMOMA ベビースリープ

¥1,388〜(2017/10/24 時点)

購入はこちら

ママと赤ちゃんのためのナチュラルブランド「AMOMA(アモーマ)」の「ベビースリープ」は、赤ちゃんの夜泣きに悩むママにおすすめのブレンドエッセンシャルオイル。ヨーロッパや地中海で収穫された新鮮な3種類のハーブを原料とし、合成香料・防腐剤などは無添加の精油を作りました。

ラベンダーとベルガモット、クラリセージの香りが、赤ちゃんの「すやすや習慣」をサポートしてくれるでしょう。寝かしつけのときにママのパジャマや赤ちゃんの枕元に1滴垂らすのがおすすめです。おでかけ時にママのスリングにつけたり、お昼寝時にアロマディヒューザーに入れたりしても良いかもしれませんね。

■この商品を購入した方の口コミ
夜中に1〜2時間に一回ほど泣いて起きていたので寝不足で辛い毎日が続いていましたが、ベビスリープを試したところ、寝つきがとてもよく9時間1回も起きずに寝てくれました。
(20代 女性)

販売サイトはこちら

母乳育児は夜泣きの原因に!?

母乳育児をしていると、よく夜泣きをすると聞いたことはありませんか?
夜泣きをするがために断乳を試みたというママもなかにはいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言えば、母乳育児をしている赤ちゃんのほうが夜泣きをするかというと、理論づけられるものは何もありません。

母乳は消化が良いため、ミルクよりも頻繁に、泣けばおっぱいを吸わせるという授乳間隔です。一方でミルクは母乳よりは消化がゆっくりなために、お腹が満腹になっている時間が長いことがあげられます。

筆者は母乳で育てていました。
生まれたての頃はぐっすりと眠ってくれていた赤ちゃんも、生後10日~20日ごろになるとグズグズとよく泣くようになりました。
まだ、産後のた力も十分に回復していなかった時期ですので、とてもつらかった記憶があります。そのため、時にはイライラしたことも。
そんな時に、赤ちゃんが安心して眠れるというおひな巻きを試したり、泣きだしたら足をもんであげたりとすることで、夜泣きが少し落ち着いた気がします。

そんな工夫をしながら、夜寝る前にミルクを足してあげると割とぐっすりと眠ってくれた気がします。
きっと、お腹が満腹になってゆっくりと眠れたのかもしれませんね。

新生児の夜泣きに関するみんなの体験談

新生児の頃は泣くのが仕事、と言われ泣けば近くにいって話しかけ、お腹空いた?オムツ濡れた?暑い?寒い?とういろいろ試行錯誤した。特に、全部したのに泣き止まない時は本当に疲れた。夜になると泣く事が増え、なかなか寝てくれないからこっちも寝れずイライラした事も。

泣くにもいろいろ違いがある事が分かったのも半年以上たってから。ただ呼んでるだけで、泣いてる時は顔を見せればなきやむ様に。どこで覚えたか、いつの間にかウソ泣きも覚えた事にはビックリした。

新生児の頃は、昼夜の区別もついていない時期ですので、赤ちゃんが夜に泣いても当たり前、というくらいに考えていた方がママも楽ですよね。
だんだん育児に慣れていくと、我が子の泣いている原因が分かってくるようですね。もしかしたら、ママとずっと一緒にいたいと思っているだけなのかも。

はじめての子供だったため、いつもなんで泣いているのかわからず、おろおろし通しでした。

赤ちゃんの泣きは不快の表現であり、泣いたときは速やかに不快の原因を取り除いてあげないといけないと育児書には書いてありますが、オムツもOK、授乳もした、寒くもないしだっこもしている、という状況でも泣くときは泣くんですね。

そう割り切れるまでにはちょっと時間がかかりました。自分の何がいけないんだろうと考えて、プチうつになりかけたこともありました。

割り切れるまで時間がかかるのはどのママでも一緒ですよね。
ママも睡眠時間は確保したいものです。ママが少しでも楽になるように夜泣き対策を工夫していきたいですね。

友人から、「夜泣きが大変」とよく聞いていたので、泣かれることに悪いイメージを持っていました。いざ、自分で子育てをしてみると、赤ちゃんが泣いてくれることで、お腹が空いたことや、ウンチをしたことが分かりました。

私がうたた寝をしていても、赤ちゃんが元気に教えてくれるので、とても助かりました。お話できない赤ちゃんとママがコミュニケーションをとるのに、泣くことはとても大事です。元気に泣いてくれると、今日も体調がいいんだと安心できました。

泣くことは赤ちゃんのお喋りでもあります。
何か原因があって泣いているのか、まずは耳を傾けてあげるといいのかもしれませんね。

夜泣きを放置したらどうなるの?

赤ちゃんや子どもが毎日夜泣きをしたら、さすがにママもくたびれてしまいます。
そんな時、夜泣きを放っておいたらどうなるのでしょうか?

サイレントベビーになったり愛情が伝わりにくくなると言われていますが、それは極端に放っておいた場合のみのことを言います。
海外では、夜泣きをしても5~10分放置をしておいて、その間、観察をして赤ちゃんが再度眠るのを待ってあげるという育児法を取り入れている国もあります。
泣いたからといって、授乳をしたり抱き上げたりはしないのですね。

それでも赤ちゃんはすくすくと愛情を感じて成長していきます。
赤ちゃんを泣かさないために一生懸命になるのではなく、たまには赤ちゃんを存分に泣かせてあげる日があってもいいのではないでしょうか。
その際は、窓を閉め切ったり、パパには別部屋に寝てもらったりと対策が必要かもしれませんが、赤ちゃんは泣くのも運動です。
泣いて疲れてぐっすりと眠ってくれるかもしれませんよ。

Image

放置はほったらかすことじゃない!夜泣きを放置するための6つのステップ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4488

夜泣きは成長過程

Image

夜泣きの原因はじつは解明されていません。空腹でもなく、体調が悪いわけでもなく、おむつが濡れているわけでもないのに泣いてしまう場合もあります
。赤ちゃんは昼夜関係なく寝る起きるを繰り返していますが、人間には本来睡眠のサイクルがあります。浅い眠りと深い眠り(レム・ノンレム)を繰り返しているのです。しかし、新生児はこの睡眠サイクルさえも未発達段階です。徐々に昼間起きる時間が長くなり、昼夜の区別がついてくると比例して、睡眠のサイクルも整ってくると言われていますが、この眠りの浅い時間帯に目覚めることが考えられるのです。
大人でも寝ているときに起こされると機嫌が悪くなるように、赤ちゃんも起きてしまうと機嫌が悪く、泣いてしまいます。決して自ら好きで起きてなくわけではないのです。夜泣きは、成長過程で欠かすことのできない行為と言えるのです。誰でも少なからず通る成長の証。そう考えるだけでも、仕方ない、頑張ろうと思えるかもしれませんね。

夜泣きに疲れてしまったら

Image

「今だけ」や「これも成長過程」と頭でわかっていても毎晩夜泣きを繰り返す赤ちゃんに疲れてしまうこともあります。寝不足で疲れてイライラしたりもします。もちろん、昼間赤ちゃんが寝ている時間に一緒に仮眠をとることも大切ですが、実際は家事などやらなければならないこともありなかなか仮眠は難しいと思います。なので、どうしても手に負えないと感じた時は小児科や保健所に相談してみましょう。病気が原因かどうかしらべてくれますし、誰かに相談することでお母さんの気持ちも楽になります。思い詰める前に相談してみることが大切です。

家族と協力して乗り越えて

夜泣きがひどい子もいればまったくしない子もいて、夜泣きには個人差があります。新生児のころから夜よく泣いていたからといってそれが悪いことではありません。育児は一人でやっていたら思いつめてしまいます。きつくなったら周りに相談したりパートナーを頼りましょう。お母さんにとっても赤ちゃんにとっても楽しく子育てができることがなによりも大切です。

年齢や生後経過月ごとに夜泣きの原因や症状をご紹介

Image

生後4、5、6ヶ月の夜泣きの原因と対策!夜泣きしない理由、授乳との関係

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21609
Image

安眠宣言!生後7,8,9ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因と対策。授乳、ミルクの影響

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5952
Image

【医師監修】生後10、11ヶ月頃の夜泣きの原因と対策!授乳や断乳の影響は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7692
Image

一歳からの夜泣きをしたら?夜泣きの6つの原因と9つの対処法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17201
Image

2歳、3歳からの夜泣きは?夜泣きの原因と対策法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21538

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mmom

3歳の男の子子育て中のマタニティママです

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事