更新日:2017年04月07日

ベビーベッドはいつまで使う?卒業の目安と卒業後の睡眠

赤ちゃんが大きくなってくると、ベビーベッドはいつまで使うものなのか悩むママも多いかもしれません。今回は、ベビーベッドの使用時期と、卒業の目安についてご紹介します。

27578
1

目次

    ベビーベッドはいつまで使う?

    Image

    ベビーベッドに関しては、購入に際して頭を悩ませる方も多くいるのではないでしょうか。ベビーベッドを購入するのか、もしくはレンタルをするのか、はたまたベビーベッドは使用しないのか。決して安くはない買い物ですし、ベビーベッドは場所もとります。まずは、ベビーベッドの使用期間について調べてみました。

    ベビーベッドに記載されている使用期限

    まず最初に言えることは「ベビーベッドに記載されている使用期限を守る」ことです。基本的には、ベビーベッドの使用期限は24ヶ月までとなっています。ベビーベッドによって異なる場合もあるので、きちんと確認することが大切です。

    一般的にはつかまり立ちが出来たら

    一般的には、ベビーベッドの使用期限はつかまり立ちが出来るようになるまでと言われています。つかまり立ちが出来るようになるとベビーベッドの柵を超えられるようになるので危険だからです。赤ちゃんは頭が重いので、少しでも柵を超えようとするとゴロンと頭から落ちる可能性があるのでとても危険です。
    だいたい生後8ヶ月ほどでつかまり立ちをし始める赤ちゃんが多いので、生後8ヶ月ころを目安に使用期限とするといいですね。

    ベビーベッドを卒業する目安

    Image

    柵を乗り越えそうになったとき

    つまり立ちができるようになると、ベビーベッドの柵を超えようとする赤ちゃんも出てきます。先ほども言いましたように、赤ちゃんは頭が重いのでベビーベッドの柵に足をかけただけで頭から落ちる可能性があります。
    赤ちゃんがベビーベッドの柵に足をかけ始めたら即卒業させましょう。

    ベッドが狭そうに感じたとき

    ベビーベッドは、一般的に24ヶ月まで使用できるようになっていますが、あかちゃんはどんどん成長し大きくなります。また寝返りをするようになったりと、狭いベビーベッドが窮屈になっています。
    赤ちゃんがのびのびと寝ることが難しそうと感じたらベビーベッドを卒業してもいいでしょう。

    床板がミシミシしてきたとき

    ベビーベッドの耐荷重はそれぞれ異なりますが、基本的には24ヶ月、だいたい20kg前後となっています。2歳ころまでベビーベッドを使用することはないかもしれませんが、赤ちゃんの体重は気づかないうちに増えていき、またベビーベッドでゴロゴロしたり柵をゆさゆさと揺らして遊んだりすると、ベビーベッドには大きな負荷がかかります。ベビーベッドの床板がミシミシしてきたら危険なので卒業時期ではないでしょうか?

    一人で寝るのを怖がり始めたとき

    ベビーベッドで一人でスヤスヤ寝ていた赤ちゃんが、ある時を気にベビーベッドで寝ることを怖がるようになることがあります。それは、赤ちゃんが怖い夢を見てそれを思い出しているためではないかと言われています。
    ベビーベッドで寝るのを怖がる赤ちゃんを無理やり寝かせることは、ベビーベッドから脱出を試みた結果落ちてしまう可能性もあって危険ですので、ベビーベッド卒業を検討しましょう。

    ベビーベッドの卒業後の睡眠スタイル

    Image

    ダブルベッドで川の字になって寝る

    ベビーベッドを卒業した赤ちゃんの寝場所として一番にあげられるのが、親と一緒に川の字になって寝ることではないでしょうか。ママとパパに挟まれて安心できますね。赤ちゃん、またママとパパの寝相が良ければ、ダブルベッドで3人寝ても窮屈さはあまり感じられないと思います。

    ママと二人で寝る

    寝相が悪かったり、3人で寝るのが窮屈だと感じる場合は、パパには他で寝てもらいママと二人で寝ましょう。夜間授乳が必要な赤ちゃんだと、パパと二人で寝るよりもママとの方がママの負担も軽減されますね。
    赤ちゃんが寝ている側には、赤ちゃんが寝がえりをしてベッドから落ちないように枕やクッションでカバーしたり、落下防止専用のカバーを付けるようにしましょう。

    ベッドを二つつけて3人で寝る

    もともと夫婦が別々のベッドで寝ていた場合であれば、二人のベッドをくっつけて3人で寝るのもいいですね。赤ちゃんが大きくなって一人部屋で寝るようになれば、また夫婦別のベッドに戻すことができるので便利だと思います。

    長く使える多機能ベビーベッド

    一般的には24ヶ月までが使用期限となっていますが、長く使える多機能ベビーベッドもいろいろなメーカーから出ています。いくつかご紹介いたします。

    ファルスカ

    北欧スタイルでスタイリッシュなベビーグッズや家具を販売しているファルスカの「ジョイントネオシリーズ」です。
    ファルスカのベビーベッドは、マンションでも使えるコンパクトサイズで、ベビーベッドを卒業した後はプレイペン、ワイドプレイペン、キッズベンチと長く使うことができます。組み立てもとても簡単です。

    Top ph001

    ファルスカ ジョイントネオシリーズ

    ¥21,384〜(2017/04/07 時点)

    キンタロー

    日本製で安心のキンタローの2WAY/3WAYのベビーベッドです。ベビーベッドを卒業した後は、柵を組み替えるとベビーサークルとして使用でき、さらに年齢が大きくなるとラブチェアーとしてインテリアにも使用することができます。

    Long05 01

    キンタロー ロングライフベッド

    ¥51,950〜(2017/04/07 時点)

    スリーピー

    創業70年の老舗の家具屋さん「スリーピー」が作るベビーベッドは木のぬくもりが感じられるかわいらしいデザインが特徴的です。

    スリーピーのミニベッド&デスクは、ベビーベッドを卒業した後は、ベビーサークル、キッズテーブル、PCデスク、収納棚と5通りの使い方ができるロングライフ型です。

    Badesk 01

    スリーピー ミニベッド&デスク

    ¥28,690〜(2017/04/07 時点)

    ブーリ

    ブーリはオーストラリア発祥の高級ベビーベッドの会社です。オーストラリアの天然木を使用したベビーベッドは重厚なデザインが高級感をたっぷり出しています。

    ベビーベッドを卒業した後は、マットの位置を低くすることができるので、ベッドとしても、プレイペンとしても使うことができます。その後はキッズベッドやキッズベンチへと変えることができます。組み立ても楽なのがいいですね。

    Sslcbd3

    ブーリ キッズベッド、ソファにもなるベビーベッド

    ¥88,000〜(2017/04/07 時点)

    使い終わったベビーベッドの活用術

    Image

    せっかく購入したベビーベッド、赤ちゃんが卒業した後に置き場所に困りますよね。こちらでは使い終わったベビーベッドの活用術をご紹介します。

    デスク

    ベビーベッドの柵をとり、床板を固定すればデスクに早変わりです。床板を高めに取り付ければ大人でも使えるパソコンデスク、低くつければ子供が使えるデスクとして使うことができます。

    本棚

    ベビーベッドの柵を壁に立てかけるだけでおしゃれな本棚に早変わり。海外の雑誌やかわいい絵本をかければインテリアとしてもいいですね。

    おままごとキッチン

    少し高度なDIYが必要となりますが、おしゃれなおままごとキッチンとして使うこともできます。床板をキッチン台のように取り付けて流し台もつけると本格的なキッチンになります。

    ベビーゲート

    ベビーベッドの柵を必要な大きさに切ると、ベビーゲートとしても使うことができます。ゲートの開閉が出来るようにする必要がありますが、比較的簡単に作ることができます。

    ベビーサークル

    ハイハイやよちよちし始めた赤ちゃん、ご飯の用意をしているときなどはベビーサークルの中にいてくれると安心ですよね。ベビーベッドの柵の部分だけを床に置けばベビーサークルに早変わりです。

    収納

    ベビーベッドの柵の部分をラダーに見立てて、床板を適当な大きさに切って渡せばおしゃれなラダー収納の出来上がり。

    まとめ

    カナダで2児のママをしている筆者も、ベビーベッドの使用に関してはいろいろ悩みました。長男は全くベビーベッドで寝てくれず、筆者といつも添い寝をしていました。ベビーベッドは赤ちゃんグッズの収納箱となりました。

    打って変わって次男というと、ベビーベッドに置けば自分で勝手に眠りにつくくらいベビーベッドを気に入っています。親が頭を悩ませて購入したベビーベッド、赤ちゃんの好き嫌いで使用するかどうかが決まってしまいますが、こちらで紹介した活用法をしてみるとベビーベッドが活きますね。

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Default

    MEI

    カナダで二人目を妊娠しながら、二歳の男の子を育児中。 異…

    子育て・育児 デイリーランキング

    おすすめの記事