更新日:2017年08月05日

ベビーソープの選び方!固形、液体、泡、沐浴剤おすすめ15選

新生児の沐浴時から使うベビーソープ。赤ちゃんの肌はデリケートなので、お肌にやさしい商品がおすすめです。ベビーソープにはいろいろな種類があるので、どれを選べば良いか迷ってしまうかもしれません。ここでは、固形タイプ、液体タイプ、泡タイプ、沐浴剤の特徴と、タイプ別のおすすめ商品をご紹介します。

37209
0

目次

    赤ちゃんの肌はデリケート

    Image

    赤ちゃんの肌はとってもデリケート。コンディションが悪いと、湿疹やかぶれがすぐに肌にあらわれます。少しでも赤ちゃんの肌が健やかでいられるよう、沐浴・入浴の際のベビーソープには気を遣いたいですよね。

    Mobile favicon

    赤ちゃんのあせもの原因は?治し方・対処法をご紹介

    赤ちゃん用のベビーソープを使おう

    Image

    汗っかきの赤ちゃんは、毎日沐浴や入浴をします。赤ちゃんの刺激になる成分がベビーソープに含まれていると、湿疹やかぶれの原因になることがあります。赤ちゃんには、低刺激な専用のベビーソープを使うことをおすすめします。赤ちゃんの沐浴・入浴スタイルによって使いにくかったり、肌質にあわなかったりということもあるので、いろいろと試してみると良いでしょう。

    Mobile favicon

    ベビーバスを選ぶ時のポイント!タイプ別おすすめのベビーバス10選

    ベビーソープの種類

    Image

    固形タイプ

    固形ソープはたくさんの種類がありますね。無香料のソープもあれば、ラベンダーなど香りがついたソープもあります。赤ちゃん用のものは、無香料・無添加タイプのものが多いようです。オイル成分が入っていると、しっとりとした洗い心地になりますよ。固形ソープを使用する場合は、しっかり泡立てて使用しましょう。
    固形石けんのデメリットは、泡立てに手間がかかるため、新生児を支えながら沐浴する際は扱いが難しいことです。また、浴室に置いておくと溶けやすいため、保管場所には注意しましょう。

    液体タイプ

    液体タイプのソープは、使用するときにポンプなどで外に出して使うタイプになります。使用する分だけ使うことができるので、無駄がないですね。固形石鹸に比べると泡立ちやすいのも特徴です。水を含ませて、よく泡立ててから洗ってください。ポンプの隙間から水が入り込む恐れがあるため、保管場所には注意が必要です。

    泡タイプ

    最近増えている、泡のタイプのベビーソープ。ポンプを押すとすぐにきめ細かい泡が出てくるので、泡立ての必要がありません。片手ですぐに泡を手に取れるため、特に新生児の沐浴時におすすめのタイプです。

    沐浴剤タイプ

    沐浴剤とは、ベビーバスの中に溶かして使う、入浴剤のようなバスグッズです。赤ちゃんの身体に残っても心配ない成分でできています。沐浴剤は泡が立たないため、赤ちゃんの身体をすすぐ必要がありません。洗い流さなくても赤ちゃんの身体をきれいにすることができるので、沐浴の手間を大幅に減らすことができます。石けんが赤ちゃんの口や目に入る心配がなく、ママの手が滑りにくいのも嬉しいポイントです。

    Mobile favicon

    新生児ニキビの原因・症状・対処法は?ワセリンや馬油を使用した方がいい?

    ベビーソープを選ぶときの注意点

    Image

    成分

    赤ちゃんに使うベビーソープは、香料や着色料など添加物が入っていないものにしましょう。無添加と書かれているものだと安心です。刺激が少ないものでも、赤ちゃんの肌質によってあう・あわないがあります。新しいベビーソープを使用する際は、先に大人が香りや洗い上がりを確かめて、様子を見ながら赤ちゃんに使うと良いでしょう。

    洗浄力

    赤ちゃんはとても汗っかきなので、汗を落とせる洗浄力も大事ですよね。しかし、赤ちゃんのうちはそんなに身体は汚れませんので、強い洗浄力は必要ありません。余分な皮脂まで落としてしまうと、乾燥や湿疹の原因になります。ベビーソープは赤ちゃんの汚れを落とすだけの洗浄力は備わっているので、安心して使うことができますよ。

    保湿力

    赤ちゃんの肌はとても敏感です。赤ちゃんの肌からうるおいを奪いすぎない、保湿力の高いベビーソープを選ぶと良いでしょう。冬場は、お風呂から上がったらさらに保湿をしてあげましょう。

    Mobile favicon

    赤ちゃんのお風呂タイムが楽チンに!便利グッズやアイデアグッズ18選

    タイプ別おすすめベビーソープ

    固形タイプ

    Paxbaby soap c1t

    パックスベビー ソープ

    ¥455〜(2017/08/05 時点)

    太陽油脂株式会社の合成化学成分を使用しない、赤ちゃんにやさしい石けんです。無香料・無着色で安心にこだわっています。赤ちゃんの皮脂にも含まれるパルミトオレイン酸を多く含む、マカデミアナッツ油を配合していますので、しっとりした洗い心地です。肌への影響が懸念される合成界面活性剤や合成酸化防止剤などは使用していないので、肌が弱い大人が使うのにもおすすめです。

    8282

    ベビーソープ固形タイプ(100g)【シャボン玉】

    ¥309〜(2017/08/05 時点)

    低刺激のベビーソープ。しかもアボカドオイルと上質な天然油脂が含まれているので保湿力もあります。合成界面活性剤や香料、酸化チタンなどの着色料、エデト酸塩(EDTA-4Na)などの酸化防止剤は使用していない無添加石けんで、赤ちゃんに使っても安心です。

    ■この商品に関する口コミ
    近所の人気の皮膚科の薬局でも売ってる石けんです。アトピーの我が子が毎日使っています。数多くの石けんを使ってきて、やっと毎日使えるものに出会えました。この石けんを使う前は、同じシャボン玉石けんのビューティソープを使っていましたが、それよりも良い感じだそうです。良い石けんは割高ですが、この石けんの値段くらいなら良いかなぁーと思います。

    引用元:review.rakuten.co.jp
    424 00019

    グランパ パインタールソープ (松ヤニ配合石けん) 120g

    ¥820〜(2017/08/05 時点)

    ベビーソープとしても優秀なその名もおじいさん石鹸。こちらは100%植物由来成分で人気です。デオドランドにも優れているようなので、年齢問わず使用できますね。

    ■この商品に関する口コミ
    もう何度もリピート、毎回大量購入しています。もともと私自身頭皮の乾癬で、その影響かふたりの子供が軽いアトピー?乾燥肌?です。この石けんを使った翌日から子どもの肌がつるんとします!さすがに冬場はこれだけではつるんとしないようで保湿クリームも併用しますが。。私用に同じシリーズのシャンプーを試しましたが、そちらは旦那ににおいが嫌だと言われたのと、髪がギチギチになる、フケが細かくなるなどありましたので、乾癬のある部分だけをこの石けんを塗り込むようにしてみると、治りはしませんが症状はいくらか改善されます。15年以上悩まされてる身としてはこれでもかなり助かります。

    引用元:review.rakuten.co.jp
    4987213211309 vt

    【資生堂】 2e Baby Plus(ドゥーエ ベビープラス) ソープ 【固形石鹸】 100g

    ¥862〜(2017/08/05 時点)

    資生堂のベビーソープです。こちらは泡立ちが良く、固形ソープですが、きめ細かい均一な泡がつくれると評判です。さっぱりとした洗い心地です。

    ■この商品に関する口コミ
    低刺激で泡立ちも良く、敏感肌にも大丈夫です。泡立ちが良いのが、一番のお気に入りです。このソープは使っても使ってもなかなかなくなりません。コスパかなり高いと思います。でも、お肌にやさしいのが何よりですね!ソープのサンプルもいただき、ありがとうございました。旅行のときも安心して使えます。

    引用元:review.rakuten.co.jp
    308 00059emb

    バーツビーズ ベビービー バターミルク ソープ 99g

    ¥880〜(2017/08/05 時点)

    保湿力もばっちりなこちらのソープはバターミルクをたっぷり配合しています。また、天然由来成分が95%以上で、各成分の含有率が表示されているので安心です。

    液体タイプ

    08320b l

    ピジョン オーガニクス ベビーソープ (130mL)

    ¥1,159〜(2017/08/05 時点)

    赤ちゃん用のボディソープでバオバブシードオイルを配合しているのでしっとりです。天然のビタミンA・D・E・Fをバランス良く豊富に含み、皮膚をやわらかくする効果が期待できます。フランスの厳格なオーガニック認証である「エサコート」を全品で取得しているのも安心ですね。天然由来成分99.9%のベビーソープです。

    241816

    WELEDA ヴェレダ カレンドラベビーシャンプー

    ¥1,071〜(2017/08/05 時点)

    珍しいチューブタイプのベビーソープです。目にしみにくい低刺激な洗浄料です。アーモンドとゴマ油が肌の油分を補って保湿します。新生児から使用できます。このソープはR.シュタイナーの人智学が基本となっています。合成成分や鉱物油は一切不使用。

    ■この商品に関する口コミ
    新生児のころから使用。今2歳です。夏場の汗をかく時期は同じシリーズの石けんを使っています。乾燥しだしてきたら、こちらに変えています。もともと肌の丈夫な子どもなので、まあ、使うものは何でも良いと言えば良いのですが、香りとチューブタイプなのが好きで愛用しています。

    引用元:www.amazon.co.jp

    泡タイプ

    4902508083539

    ピジョン 全身泡ソープ しっとり 500mL

    ¥800〜(2017/08/05 時点)

    保湿成分として、胎脂類似成分の「ピジョンベビーリピッド(イソステアリン酸コレステリルタス・セラミド2)」を配合しているので、しっとり肌効果が期待できます。無着色・無香料・パラベンフリーで、皮膚科医師による皮膚刺激性テスト済みです。

    ■この商品に関する口コミ
    今1歳の娘が生後1ヶ月頃から使用しています。娘にはとてもあっているようで、ほかのものを使ったら、顔を洗っているときに泣き出したので、こちらの商品一筋です。泡もきめ細やかで、とても洗いやすいです。頭から全身までこれひとつで洗えるので、とても簡単です。娘が小さいころは、部屋でお洋服を脱がせて、こちらを全身に塗って、お風呂で洗い流すという方法で洗っていました。この方法おすすめです。

    引用元:www.amazon.co.jp
    E185886h l

    ジョンソン スージングナチュラルズ ベビーうるおい全身シャンプー 泡タイプ 400mL

    ¥702〜(2017/08/05 時点)

    水と同じくらい低刺激なソープです。乾燥しがちな赤ちゃんの肌に必要なうるおいを保ちながら、しっとり洗い上げ、一日中うるおい感ある肌に整えてくれますよ。成分配合アレルギー・皮膚刺激性・眼刺激性テスト済みで安心です。

    ■この商品に関する口コミ
    優しい香りで、保湿効果も高く、長男のときに愛用していたので迷わずリピです。冬場の乾燥もボディシャンプーとローションのライン使いでトラブルなく乗り切れたのて信頼しています。今回も第二子出産にむけて購入。買いやすいお値段だし、ジョンソンベビーは大好きです(*^^*) 

    引用元:item.rakuten.co.jp
    Pict minon baby shampoo

    MINON(ミノン) ベビー全身シャンプー 本体 (350mL)

    ¥839〜(2017/08/05 時点)

    洗浄成分は100%アミノ酸系洗浄成分で、敏感な肌のバリア機能を守って保湿しながら洗浄できます。デリケートな赤ちゃんの肌にもやさしくて安心です。水以外には5つの成分しか使っていないシンプル処方も赤ちゃんにはやさしいですね。弱酸性で、無着色・無香料タイプです。

    4537130100714 1

    無添加 泡で出てくるベビーせっけん 本体 250mL ミヨシ石鹸

    ¥379〜(2017/08/05 時点)

    洗浄成分は100%純ソープです。香料・着色料・防腐剤はもちろん配合していません。

    ■この商品に関する口コミ
    新生児の息子用に購入。無添加で安心、しかも泡で出てくるので、沐浴用にとっても便利です。息子は肌が弱いので、泡を少量のお湯で溶いて使用しています。

    引用元:review.rakuten.co.jp
    Imgrc0077350151

    ドクターシーラボ ベビーソープ 500mL 【Dr.Ci:Labo】

    ¥1,620〜(2017/08/05 時点)

    ドクターシーラボのベビーライン。デリケートな赤ちゃんの肌に全身使える泡ソープです。顔、身体、髪の毛まで洗える低刺激の全身ボディソープなので洗うのも簡単です。3大保湿成分で洗いあがりの肌もしっとりになります。コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドを配合し、洗いあがりの赤ちゃんの肌のバリア機能を高めます。

    沐浴剤タイプ

    188540500all

    ベビーマドンナ 沐浴剤 500mL

    ¥2,376〜(2017/08/05 時点)

    天然馬油と天然モモ葉エキス、天然ビワ葉エキスなどが入っていて、お肌しっとり効果が期待できる沐浴剤です。

    ■この商品に関する口コミ
    ベビーマドンナのうっすら柑橘系のにおいが好きで、赤ちゃんの沐浴時にクンクンしますが、拭くとあまり残らないのが気に入りました。赤ちゃんの甘い香りは邪魔されません。

    引用元:www.amazon.co.jp
    4987767618357

    スキナベーブ 500ML

    ¥1,588〜(2017/08/05 時点)

    面倒なすすぎや上がり湯の必要がない沐浴で使用するソープです。ただ湯船に入れるだけなので簡単です。特に新生児を洗うのが難しいと思う方はこのソープを試してみてはいかがでしょうか。

    ■この商品に関する口コミ
    1ヶ月しかしない沐浴に大容量の沐浴剤は上の子のときに余りましたが、逆に200mLだと足りるかビクビクしながら購入。もう、まさに1ヶ月ぴったりです。店頭ではお目にかかれないサイズなので買って良かった。

    引用元:www.amazon.co.jp
    466546500all

    ピジョン ベビー沐浴料 500mL

    ¥1,240〜(2017/08/05 時点)

    赤ちゃんに安心のピジョンから沐浴剤です。お湯に入れるだけで使えて、すすぎが不要なので楽ちんです。保湿成分として、胎脂類似成分である「ピジョンベビーリピッド(イソステアリン酸コレステリルタス・セラミド2)」を配合しています。弱酸性・無着色・低刺激・パラベンフリーで、皮膚科医師による皮膚刺激性テスト済みです。

    ■この商品に関する口コミ
    新生児から使用。1本のボトルで3ヶ月間は使用できました。特に肌トラブルもなく、沐浴が楽にできたので非常に助かりました。便利でしたので、2本目に突入いたします。キャップにわずかの量なので、「これで本当に汚れが落ちているのだろうか?」と思いますが、0歳児は特にさほど外気の汚れ的なものはなく、汗などがメインだと思います。トラブルがないので、使い続けようと思います。

    引用元:www.amazon.co.jp

    ベビーソープは肌にあえばいつまで使っても大丈夫

    Image

    ベビーソープをいつまで使うのか悩む方もいるかもしれません。赤ちゃんの時期専用のように感じられるかもしれませんが、自然由来の成分が使われていたり、アレルギーテストをしていたりと、肌にやさしい商品が多く、大人も子どもも安心して使うことができますよ。使用時期はいつまでということはなく、使用感が肌にあっているのであれば、何歳になって使っても大丈夫です。

    あわせて読みたい

    Image

    新生児の沐浴の時間やタイミングは?手順と方法について

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19585
    Image

    赤ちゃんの沐浴とは?沐浴のタイミング、グッズ、方法、注意点 | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/22917
    Image

    おすすめの沐浴剤5選!本当に必要?いつまで使っていいの?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28710
    Image

    ベビーシャンプーはいつからいつまで使う?赤ちゃんにおすすめ15選

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27438
    Image

    【生後2ヶ月】上手なお風呂の入れ方!決め手は「段取り」にあり!?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9491

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    mom love

    はじめての育児がなかなか大変ですが、楽しんでいこうと奮闘中…

    子育て・育児 デイリーランキング

    おすすめの記事