更新日:2017年03月21日

冷蔵庫や冷凍庫の霜取り!原因と方法、予防法や対策とは?

霜取り機能がない冷蔵庫や冷凍庫をそのままにしておくと、さらに霜が大きくなって困ることもあるでしょう。霜ができる原因がわかれば、霜取りは簡単にできますよ。今回は、冷蔵庫や冷凍庫の霜の原因や対策を解説します。あわせて自動霜取り機能の冷凍庫もご紹介するので、冷蔵庫の購入予定がある方はぜひ参考にしてくださいね。

10071
0

冷蔵庫や冷凍庫に霜ができる原因

Image

霜の正体は空気中の水分

冷蔵庫に霜がついてしまうと大変ですよね。霜の正体は、空気中の水分です。霜がたくさんつくというということは、空気中にたくさん水分がある状態と言えます。

霜ができる仕組み

古い冷蔵庫には、特に霜がつきやすくなっています。冷蔵庫、冷凍庫の霜は何故できるのでしょう?空気中にある水分は、温度が低くなることによって霜に変化します。冷蔵庫を開け閉めすると空気中の水分を取り込むので、霜ができやすくなるということです。

夏と梅雨にできやすい

一年の内でも湿度がある夏や梅雨時期のじめじめしたときに霜が発生しやすくなるのも、空気中の水分をたくさん含んでいることが原因です。この時期は特に注意が必要ですね。

霜取りの方法

Image

霜取りに必要なもの

霜が一度ついたまま放っておくと、どんどん大きくなっていきます。霜を取るときは、まずは冷蔵庫に入っている食材を移動させましょう。発泡スチロールや保冷剤があれば、食材を一時的に保管しておくことができます。

いらないタオルや霜をとるヘラもあると便利です。霜取り用のヘラが冷蔵庫の付属品としてついているものもあります。また、庫内を乾燥させるために、ドライヤーやサーキュレーションを用意すると良いでしょう。

霜取りモードでの手順

冷蔵庫の取り扱い説明書にのっとって作業を開始しましょう。霜取りモードがある冷蔵庫であれば霜取りモードにするのも良いですね。電源をオフにすると一度リセットできるので、きれいに取り除くことが可能です。

ドライヤーを使った霜取り

霜を取るには、乾燥させることが一番です。ドライヤーやサーキュレーターを使うと効果的です。特にドライヤーは冷温が選べるので、早く乾燥させたいときやきれいに取りたいときに使ってみると良いでしょう。

霜をつけないための対策

Image

扉を開け閉めする回数を減らす

冷蔵庫や冷凍庫内に空気中の水分が入ってくるのを極力防ぐことが予防策になります。開け閉めが少なければ、外の空気が入ってくる回数を少なくすることができるためです。まずは扉の開け閉めの回数を減らしましょう。電気代も減りますので一石二鳥です。

扉を開ける時間を短くする

冷蔵庫の扉の開け閉めの回数を減らすのはもちろんのことですが、開ける時間を短時間に抑えることも大切です。回数が少なくても、開けっぱなしでは意味がありません。開けてから何を取り出すのか考えるのではなく、必要な物を取ってすぐ閉めるというくせをつけましょう。

食品の水分を切ってから入れる

冷蔵庫に入れる食材の水分を拭き取ることも必要です。余計な水分が発生しなくなるので、霜がつくことを防げます。

ものを詰め込み過ぎない

ものの詰め込み過ぎも霜の原因のひとつです。詰め込み過ぎのせいで、霜取り機能が十分に発揮されないことや、扉が少し開いてしまうこともあるので、食材の詰め込み過ぎには注意が必要です。

不具合があったら修理する

冷蔵庫に不具合があるようならそのままにしないことも重要です。扉の閉まり具合があまい、モーター音がするなど、気になるようなら修理、点検をしましょう。

霜をつけないための予防法

Image

こまめに庫内を乾拭きする

庫内に水分を持ち込まないことが一番の予防策なので、いつでも庫内を乾燥させることが大事です。乾拭きをするなど気を付けましょう。

サラダ油でコーティングする

ベタベタと塗りたくる必要はありませんが、スプレー式のオイルでさっと庫内をコーティングすると霜がつきにくくなります。霜がついても、オイルのおかげで霜を取りやすくなるようです。

水分を含むものはラップをしてから入れる

水分の多い食材を冷蔵庫に入れる場合は、ラップをしましょう。水分が庫内に広がらないように気を付けてください。

霜取り機能がついたおすすめ冷蔵庫5選

最近の大型冷蔵庫には、霜取り機能が標準で装備されています。こちらでは、コンパクトなひとり用サイズの冷蔵庫や冷凍庫をご紹介します。

51onkcxn ql. sx385

ハイアールジャパンセールス 138L 2ドア冷凍冷蔵庫 ルビーレッド

¥32,800〜(2017/03/21 時点)

こちらの冷蔵庫には、冷凍食品を大量保存できる2段式フリーザーが付いています。ひとり暮らしの食生活に欠かすことのできない冷凍食品をたくさんストックできる容量46Lのフリーザーは、ひとり暮らしの強い味方です。

2段式なので、1段目には冷凍食品、2段目にはアイスクリームといったように、食品別に冷凍保存することができます。もちろん面倒な霜取りがいらない「ファン冷却方式」で霜取り対策もばっちりです。

■この商品に関する口コミ
一人暮らしを始めると想像しているよりもはるかに冷蔵庫はたくさん使います!
正直もう少し大きいサイズを置けるスペースがあるのであれば170Lクラスの物をおすすめします。
夏場は食材をなんでもかんでも冷蔵庫に入れるのですぐパンパンになります。冷凍スペースは
1段のものだと下のほうがわからなくなるので2段式のものは大変便利です。
それと右開き、左開きは重要で、なるべくドアを開けた時にキッチン側に向いたほうがいいです。
ちなみに本体が胸のあたりくらいの高さなので、上に電子レンジを置いて使えます(高さ115cmくらい)

引用元:www.amazon.co.jp
81pyagm2bjl. sl1500

シャープ 冷蔵庫 つけかえどっちもドア プラズマクラスター搭載 137Lタイプ ベージュ SJ-PD14B-C

¥43,374〜(2017/03/21 時点)

シャープの冷蔵庫は左右どちらからでもドアが開けられる仕様で、プラズマクラスターイオンが庫内を除菌します。自動霜取り機能のおかげで、自分で霜取りをする必要もありません。

31zrv%2bpmt7l

三菱 2ドア冷蔵庫(146L) MRP15Z-B サファイアブラック

¥37,800〜(2017/03/21 時点)

こちらは大人かっこいい冷蔵庫です。大容量ボトムフリーザーは46Lもの収納力があり、まとめ買いや作り置きもできます。自動霜取りも装備されているので安心です。

■この商品に関する口コミ
このサイズでこの製品より良いものはないと断言できます。かなり比較しましたから、それが言えます。音が本当に静かでよく冷える。そして省エネ性能も良い。

この製品の特長として、私が一番良いと思うのが、デザインと取り扱いした時のフィーリング。サファイアブラックを買いましたが、本当に美しく惚れ惚れします。ブラックは汚れが目立つこともありますし、キッチンを明るく見せたい人にはお勧めしませんが。あとドアの開け閉めをした時のフィーリングが素晴らしい。家電量販店でほかの機種と念入りに比較しましたが、この製品が一番フィーリングがよく、しっかりとしています。このサイズだったら、これを買っておけば後悔しないと思います。

MR-P15Aと言う2016年モデルが出ていますが、内容は全く変わらないとメーカーの回答をいただきました。カタログの数値上、省エネ性能が良くなっているよう見えますが、測定の規格が異なっているだけと言うことで、性能は変わっていないそうです。

引用元:www.amazon.co.jp
31lmfaam8ll

ハイセンス 2ドア冷蔵庫(150L・右開き) HR‐D15AB (パールブラック)

¥35,420〜(2017/03/21 時点)

コンパクトに見える冷蔵庫ですが、見た目以上にタップリ入る、150L冷凍冷蔵庫です。こちらも自動霜取り機能つきなので安心です。

Ur f110h w 01

ユーイング 110L 2ドア冷蔵庫(スターリングホワイト)【右開き】UING UR-F110H-W

¥26,803〜(2017/03/21 時点)

こちらの冷蔵庫は、大容量の冷凍庫が魅力です。冷凍食品や作り置き食材をたっぷり保存できます。
必要な物をどこに保存したか簡単に確認できる透明引き出し付きです。ファン式冷却なので、霜取りの必要はありません。

■この商品に関する口コミ
購入前に冷蔵庫の中の写真がなく、わからないままでした。購入後、冷凍庫がサイド開きで おどろきましたが 特に使いずらさはありません。大きさもちょうど良いです。

引用元:www.amazon.co.jp

冷凍庫の中を上手に整理しよう!

冷蔵庫に霜がついていない状態を保つためには、冷蔵庫の中を常に整理しておくことも大切です。冷蔵庫の中をきれいにしておけば、取り出したいものをすぐに取り出せるので、開閉時間も短くなります。きれいな冷蔵庫を使えるように、定期的に冷蔵庫の中をチェックしてみてくださいね。

Image

冷蔵庫内の温度とは?目安、温度設定、冷えにくい原因と対策 | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27448

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mom love

はじめての育児がなかなか大変ですが、楽しんでいこうと奮闘中…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事