更新日:2017年05月25日

子どもの英語教材とは?選び方、使い方、注意点とおすすめ7選

これからの時代は「英語力」が大切になると主張している人たちがいます。学校教育でも力を入れるといわれている教科のひとつですね。パパやママはできれば子どもに英語に対して苦手意識を持ってほしくないですよね。何でも吸収できる幼児期から少しずつ英語に触れさせてあげるような子どもの英語教材をご紹介します。参考にしてくださいね。

19126
0

「子どもの英語教材」の主な内容

Image

絵本

英語の絵本を使えば大人も一緒に勉強ができますね。色遣いや表現が日本とは異なる部分もある英語の絵本、子どもも夢中になってくれるかもしれませんね。

おもちゃ

英語が勉強できるおもちゃは日本でもさまざまなものが販売されています。おもちゃを使って楽しみながら、遊びながら学習できるため、子どもにとっても自然に親しむことができるでしょう。

ビデオやDVD

DVDなど映像を用いて英語を勉強する方法があります。視覚から学ぶのも有効な方法のひとつですよね。

英語音楽のCD

歌で英語に親しんで覚える方法は、楽しい学習方法のひとつでしょう。子どもが振付を真似し、踊りながら歌うことができる点も良いですよね。

カードリーダー

カードを使って覚える方法も良いでしょう。カードを使うことで視覚的にも英語で「何を何と呼ぶのか」を覚えることができるかもしれません。

Mobile favicon

幼児への英語の読み聞かせに!英語の厳選絵本20選

Mobile favicon

言葉の学習にお役立ち!ひらがなの積み木5選と英語の積み木5選

「子どもの英語教材」の選び方

Image

身近な題材のもの

子どもが理解しやすい、身近なものを教材にしているものを選びましょう。あいさつやごはんなど、日常のものから選ぶと良いですよ。

子どもが楽しいと思うもの

子どもが楽しいと思うものでなければ、続けるのは難しいでしょう。遊びながら続けられるものであれば、ベストでしょう。

続けやすい費用

英語教材の使用を続ける上で、「価格」は大切な要因のひとつになりますね。子どもの興味をひくものはもちろんですが、費用もチェックするようにしましょう。

英語教材の効果的な使い方

Image

英語のCDを日常的に流す

英語のCDを日常的に流すことで、子どもの耳を英語に慣れさせるのは良い方法のひとつかもしれません。英語を「日常的なもの」にすることが大切なのでしょうか。日本語同様に、英語も耳に慣れさせれることが、習得への近道になると考えられているようです。

親子で楽しく取り組む

親子で英語を楽しむことが大切です。子どもは踊ったり身体を動かすことが大好きなので、一緒に身体を動かしたり遊んだりすることで、子どもは楽しく学ぶことができるでしょう。

英語の絵本を読む

英語の絵本はたくさんあります。まずは字数が少ないものからトライしてみましょう。大人にとっても良い勉強になりますよ。

英語教材を使うときの注意点

Image

DVDを一人で長時間見せない

忙しいからといって、子どもに長時間DVDを見させっぱなしにさせるのは避けましょう。子どもの健康のためにも、適度な時間で目を休ませる必要があります。できれば一緒に鑑賞すると良いでしょう。

無理にやらせない

無理にやらせても、子どもの頭に内容が入りません。楽しくなるような工夫をする必要があります。

「勉強」という感覚でやらせない

「今から勉強しますよ」といったように構えてしまうと、義務になり子どもは楽しむことはできない可能性が高くなりますよね。自ら進んで英語に触れたいと思うような形にできると良いですね。

おすすめの英語教材と費用の目安7選

Image

パルキッズ

0歳から12歳までの子どもの教材を販売しています。どのように英語教育を進めていけば良いのかがわかるため、どのようにわが子に英語を触れさせていくべきかがわからないママにおすすめです。サポートもしてくれるので安心です。

0歳から12歳まで。小学生で英検準2級以上に合格できる幼児・児童向けウェブ英語学習教材のパルキッズです。

幼児・小学生向け家庭英語教材「パルキッズ」です。1日90分の聞き流しとオンラインレッスン(WEB学習)で小学生で英検準2級以上に合格する子を育てます。オンライン英語絵本、フォニックス教材も充実してい…

かな絵ちゃん(七田)

51lycnl+3cl. sx425

七田式 幼児英語教材 かな絵ちゃん英語セット+DVD

¥29,674〜(2017/05/25 時点)

「七田式」のフラッシュカードです。セットではCDやDVDが付き、さまざまな形で家で学習することができます。カードにはいろいろな種類があるため、各家庭にあったものを選ぶことができます。

■この商品に関する口コミ
英語セット+DVDを購入しました。カードの作りがしっかりとしていて、絵はアニメっぽくなくて良かったです。カードを反転させて絵と文字を見せるため、絵と文字が逆さまに書いてある点は単語が読みづらいと思いました。付属のDVDは日本語と英語が両方入っています。

引用元:www.amazon.co.jp

フラッシュカードかな絵ちゃん| 七田式 公式オンラインストア【幼児・小学生向け教材】

ワールドワイドキッズ

幼児教育大手「ベネッセ」の教材です。レンタルすることができる点は親切ですね。ただ視聴するだけではなく、おもちゃなどを使って学習するため、子どもも飽きずに続けることができそうです。

Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)ベネッセの幼児向け英語教材

DWE(ディズニーワールドオブイングリッシュ)

子どもが大好きなディズニーキャラクターを使用した教材のため、楽しく続けられそうです。月々2,400円からできるため、安心して続けられそうな教材です。(記事執筆時点での値段です。詳細は公式サイトの確認をお願いします。)

Image

幼児英語教材「ディズニーの英語システム(dwe)」|プログラム紹介

https://world-family.co.jp/program/

えいごであそぼプラネット

NHKEテレの「えいごであそぼ」から生まれた教材です。「子どもたちが英語に親しみ・興味をもつように」という番組コンセプトに基づいて制作されています。おなじみのキャラクターたちの絵本や映像の世界を楽しみながら、子どもたちが自然に「英語を話してみたい」と思うような工夫がたくさんあります。

Image

えいごであそぼプラネット|幼児英語の教材|はじめてあそぼ|DVD無料プレゼント中!NHKの人気番組から誕生!

http://eigodeasobo.com/

アルク

アルクは大人の資格試験対策でも有名ですが、子供向けの教材もあります。

Image

子供の英語 | アルク

http://www.alc.co.jp/bilingual/

トーキングリピーターDX

510kmgaow4l. sx425

BBC オズモのリピートカードシステム「Leaning English with OZMO 」(トーキングリピーター付き)

¥58,320〜(2017/05/25 時点)

幼児期の行動分析を元に開発された、カードリーダ機械を使って学習します。アルファベット・色・数・形・反対語など、英語の基礎をバランスよく学ぶことができます。リスニング・ライティング・スピーキングと英語の実践能力を試すことができる「ケンブリッジ英検のヤングラーナーズ(初級レベル)」に対応した、別売りの本格的な入門教材「BBC オズモのリピートカード」を用いて学びます。

Image

トーキングリピーター | 本体 | 子供たちの豊かな未来を創造する、英語教材・知育開発・幼児教材 | いずみ書房 | 英語はじめよう

http://izumi-trdx.juno.bindsite.jp/

■この商品に関する口コミ
2歳の息子が使っています。大変気に入ったようで、カードを次々に差し込んではボタンを押して聞き入っています。録音機能があり、自分の声を録音して遊んでいます。楽しんでいるのでいいかなと静観しています。お勉強という感じにならず、楽しんで英語の発音に慣れることができそうです。

引用元:review.rakuten.co.jp

英語教材 マザーグースコレクション

501 01

マザーグースコレクション 幼児 子供 英語教材幼児

¥3,240〜(2017/05/25 時点)

日本ではとても有名な「マザーグース」の英語教材です。英語の童謡を歌って楽しむことができます。英国レディバード社の刊行する3冊のマザーグース絵本と、84曲を1枚のCDに収録した決定版になります。お値段も手ごろなので、ギフトにもおすすめです。

■この商品に関する口コミ
1歳2ヶ月の娘に購入しました。私も主人も英語は苦手なので、子供にはそうなってほしくないと思いました。イギリス英語を採用しているということでそれも魅力だったかもしれません。基本的にあまりテレビを見せたくないので、寝る前や、日中のBGMにエンジェルコースを使用しています。音楽や物語があり、読み手の方の声も音楽も心地よいです。とりあえず興味はあるようでよかったです。

引用元:review.rakuten.co.jp
Image

英語の習い事は何歳から始める?年齢ごとのメリットと教室の選び方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18466
Image

0歳児から英語教育が良いという理由は?身近なものでできる英語教育、人気英語教材、0歳からの英会話教室について

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21203
Image

小学校英語の今後とは?必修化と教育化の目途と卒業後の影響

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27412

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mom love

はじめての育児がなかなか大変ですが、楽しんでいこうと奮闘中…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事