更新日:2017年02月13日

幼稚園のママ友!メリット・デメリットや付き合いの心得とは?

幼稚園に子どもが通うようになると、新たなママ友との出会いがあります。子どもにとってもママにとっても、新しい環境にどきどきしますね。幼稚園でママ友を作るメリットとデメリットをまとめました。幼稚園のママ友とはどう付き合えば良いのでしょうか。幼稚園デビューを控えるママのみなさん、参考にしてみてくださいね。

13399
2

幼稚園でママ友ができるきっかけ

Image

子ども同士が仲がよい

子ども同士が幼稚園でとても仲が良いことがきっかけで、ママ同士でも話すようになり、友達になる場合があります。

子どもが同じクラス

幼稚園で子どもと同じクラスのママとは顔を合わす機会が多いため、そのまま自然に友達になるということもあります。

ママ同士が同じ役員や係

幼稚園のクラスには何人もの子どもがいるため、当然ママもその数だけいます。幼稚園の全てのママとたくさん話すことは難しいでしょう。しかし、幼稚園で係や役員を一緒に担当するママとは会う機会が多くなり、友達になる確率が高くなります。

同じバス停

幼稚園バスで子どもを送る場合、同じバス停を利用している他のママと一緒になる場合があります。幼稚園バスを待っている間に話す機会も増え、たまに会うママよりは友達になる可能性が高いでしょう。

幼稚園のママ友のメリット

Image

幼稚園や生活の情報交換ができる

ママ友ができると、幼稚園や地域の情報が手に入りやすくなるというメリットがあります。ママ友のママ友からの情報も耳にするようになり、おそらく以前に比べ、かんたんに多くの情報が手に入るようになるでしょう。

子どもの園での様子を聞くことができる

自分が見ていない時の幼稚園でのわが子の様子を、ママ友から聞くことができる場合があります。自分が知らない幼稚園での子どもの様子を確認できたり、聞けたりするのはありがたいことです。

お互い助け合える

幼稚園のママ友は同じ年頃の子どもがいるため、悩みも共感しやすく、きっと助け合うこともできるでしょう。家事と育児でお互い大変だということもわかっているため、詳細を説明せずとも理解でき、お互い支え合いやすいのはポイントになります。

共通の話題で大人の話ができる

同じ幼稚園で同じ年頃の子どもという共通点が軸にあるため、話がしやすいのが嬉しい点です。仲が深まれば、保険や子どもの将来など、大人の話もできるようになるでしょう。

幼稚園のママ友のデメリット

Image

無駄な気をつかう

幼稚園のママ友のデメリットとしては、気を使いすぎてしまう場合があるという点です。子どもが通っている幼稚園のため、必要以上にママ友に対して「どう思われているか」「何か言われていないか」など余計な心配をしてしまう傾向はあります。

つきあいに時間を取られる

幼稚園のママ友に気を使いすぎると、必要以上に時間を取られる場合があります。無理につきあったり、用事があるのに言い出しにくかったりする場合もあるでしょう。

交際費がかさむ

ママ友が多い場合には、幼稚園のお迎え後や休日にお茶やお出かけなどに誘われ、交際費がかさむ場合はあるでしょう。

トラブルに巻き込まれることがある

幼稚園のママ友との距離感によりますが、ママ同士のトラブルに巻き込まれる場合もあります。

ママ友トラブルを避けるための対処法

Image

相手の心の痛みを考える

人としての基本ですが、幼稚園のママ友に限らず、「自分がされて嫌なことはしない」「相手の立場になって物事を考える」ということを忘れずに心がけましょう。

子どもが何かしたときは誠心誠意謝る

自分の子どもが幼稚園のママ友の子どもに何かしてしまった時には、誠意をこめて謝りましょう。起きてしまったことは、なかったことにはできません。迅速に、可能な限り対処をしましょう。

子どもが何かされたときは謝罪を受け入れて許す

逆に幼稚園のママ友の子どもが自分の子どもに対して何かをした場合には、ママ友からの謝罪を受け入れ、許す気持ちを持ちましょう。

自慢をしない

一般的に自慢話を不快に思う方は多いでしょう。付き合いに影響を及ぼす可能性が高いため、自慢話は控えましょう。

詮索されたら詳しくは答えない

幼稚園のママ友から、あれこれと詮索されることもあるでしょう。無理をしてまで、全ての質問に対して詳しく答える必要はないことを覚えておきましょう。

ママ友に愚痴を言わない

「幼稚園のママ友には愚痴は言わない」は、鉄則です。「あの人はこう言っていた」と言いふらされるなどの余計なトラブルに巻きこまれないためにも、愚痴は言わないようにしましょう。

ママ友と付き合うときの心得

Image

「子ども同士が友達であればママ同士も友達」と思い込まない

子ども同士が幼稚園で仲が良い場合にはママ同士も話す機会が多くなりますが、必ずしもママ同士も友達であるとは限りません。ほど良い関係を心がけましょう。

距離感を大切にする

幼稚園のママ友は、あくまでも子どもが通う幼稚園の他の子どものママです。プライベートは詮索せず、一定の距離感を保つことが重要です。相手の領域にずかずかと上がりこむようなことはしないようにしましょう。

プライベートに深入りしない

幼稚園のママ友のプライベートを深く詮索したり、ママ友が話したくなさそうな事に対してしつこく質問するのはやめましょう。

割り切りが必要だと思っておく

幼稚園のママ友とは、割り切りが必要な場合もあります。「いつも仲の良いママ友が他のママと自分より仲良くしている」など、さまざまな場面があるでしょう。しかし、あくまでも「子どもが楽しく通っている幼稚園の子どものママ」ということで、割り切って適切な付き合いをするのも一つの方法です。

まとめ

Image

幼稚園でのママ友は、自分の心持ちひとつで素敵なものにもなります。無理をしてまで相手のペースに合わせたり、必要以上に気を使わないようにしましょう。自分の軸を見つけておくとぶれないため、きっと疲れることもないでしょう。

Image

友達になりたいのはこんなママ!好印象がもてるママ友9つのポイント

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9126
Image

ママ友間のいじめは壮絶? ママのリアルないじめの実情について

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18330

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mom love

はじめての育児がなかなか大変ですが、楽しんでいこうと奮闘中…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事