更新日:2017年05月02日

タッパー・フードコンテナの収納のコツ!100均アイテムを活用した収納法7選

いろいろなものに使えるフードコンテナですが、フードコンテナそのものの収納法は意外と知られていません。100円ショップで買うことができ、おすそ分けでもらう場合もありますね。フードコンテナは増えやすいものですが、便利なので捨てるのは忍びないかもしれません。フードコンテナの活用法・収納法をチェックしてみましょう。

19496
0

フードコンテナ収納の悩み

Image

かさばる

フードコンテナ収納の最大の悩みは、かさばるということです。冷蔵庫や収納棚で活用する際には便利ですが、使っていないフードコンテナは割と邪魔になります。使う機会が多いので、処分するのは気がひけるかもしれません。気づけば、棚の中に使っていないフードコンテナが溢れているかもしれませんよ。

サイズや形がバラバラ

フードコンテナ収納が難しいのは、サイズや形がバラバラだからです。いただくものに関してはリクエストできませんが、自分で購入する際には、ある程度サイズが同じものを揃えると良いでしょう。サイズだけでなく形も重要で、形がそろっているだけでも、収納は格段に楽になります。

蓋をつけるとかさばり、外すと見つけにくい

フードコンテナの収納術として、容器と蓋を別々に収納するという方も多いのではないでしょうか。容器と蓋を別々に収納すれば、容器をどんどん重ねていくことができ、収納スペースも確保できます。一方で、別々に管理すると蓋が行方不明になってしまう場合があります。微妙にサイズの違うフードコンテナをたくさん持っている場合、蓋を探すのに時間がかかり、イライラしてしまうかもしれませんね。

フードコンテナ収納のコツ

Image

同じ種類でそろえる

フードコンテナは、同じ種類やシリーズのものでそろえると、収納が格段にしやすくなります。同じ種類のものを用意しておけば、万が一蓋が紛失したり破損したりしたときも、別の蓋で代用することができますね。収納した際の見た目も美しく、手際よく片付けられるので、家事もスムーズに進みそうです。

重ねられるタイプで統一する

重ねられるタイプのものは、同じスペースでありながら、何倍もの量のフードコンテナを効率よく収納することができます。蓋を取り外さずに収納してもあまりかさばらないので、よく利用するものには重ねられるものを選ぶようにしましょう。収納術の基本中の基本です。

省スペースで収納するには蓋と容器を別々に収納する

いろいろなものであふれているキッチンでは、フードコンテナ収納に場所を取るわけにはいきません。効率よく収納するためには、容器は容器で重ね、蓋は蓋でまとめて収納するのがベストです。省スペースで収納することを第一と考える場合は、一度試してみてくださいね。

Mobile favicon

無印良品のホーローが使える!おすすめの使い方10選

Mobile favicon

キッチンに潜む意外な危険!はいはいを始めたら見直したいこと

100均アイテムを使った収納法7選

Image

ゴムバンド

もっとも安価でかんたんな収納方法が、ゴムバンドでフードコンテナの蓋をまとめてしまうことです。バラバラにならないというだけでも、フードコンテナの使い勝手が良くなります。

金網

身近なアイテムである金網を使って、仕切りを作ります。引き出しなどの収納場所サイズに適した金網を選び、フードコンテナのサイズ・厚みに合わせて区切ることで、使い勝手の良い収納になりますよ。

収納ポケット

冷蔵庫の外側や収納棚の扉などに、収納ポケットを取り付けてみましょう。収納ポケットに蓋をしまっておけば、すぐに見つけて取り出すことができますよ。大きな蓋を収納したいときには、A4サイズのファイルが入る便利なサイズのものも販売されています。

CD・DVDスタンド

意外なほどぴったりで重宝するのが、100円ショップなどで売られているCDスタンドです。引き出しの脇に寄せてCDスタンドを設置するだけで、きれいかつコンパクトに、フードコンテナの蓋を収納することができます。

仕切り板

収納の定番である仕切り板は、100円ショップでもさまざまなサイズのものが販売されていますね。フードコンテナのサイズ、蓋のサイズに合わせて組み合わせていくことで、本体容器と蓋をまとめて収納することができる優れものです。

フードコンテナの収納法 7選

Image

1.同じかたちのものを

積みやすさ、重ねやすさを考えて、同じかたちのもので揃えておくと良いでしょう。

2.内側に収納していけるものを

大きなフードコンテナの中に、小さなフードコンテナを入れるのは、収納の基本中の基本です。フードコンテナの作りが浅いともちろん入りませんが、大きめのフードコンテナはそこそこの厚みがあるものを選んでおくと、後々便利です。

3.立てて収納してみよう

フードコンテナのかたちのまま収納するという思い込みを捨てて、縦に収納してみましょう。立てて収納することで空きスペースが有効活用でき、意外にすっきり収納できる場合があります。収納場所の引き出しなどに高さがある場合は、試してみてくださいね。

4.四角いフードコンテナを選ぼう

丸いフードコンテナは、他の容器との兼ね合いを考えると収納しづらいです。収納のことを考えるのであれば、四角いフードコンテナを購入したほうが良いですよ。

5.フードコンテナ収納専用スペースをつくろう

1ヶ所にまとめて収納することで取り出しやすくなり、かさばるフードコンテナにも悩まされることがなくなります。

6.デッドスペースを有効活用しよう

フードコンテナを収納する専用スペースの確保が難しいときには、デッドスペースを有効活用しましょう。収納スペースが少ないご家庭には、収納ポケットや金網で仕切る方法が重宝するかもしれません。

7.クリアケースをフードコンテナ入れに

小型のクリアケースをまるまるひとつ、フードコンテナ収納のために用意します。日常的に使わないものは食器棚の上など、手が届きにくく活用できていないスペースで保管すると、収納場所を確保できますよ。

収納にもおすすめのフードコンテナ

Image

フードコンテナは、キッチン以外でも大活躍します。文房具やマスキングテープなどの細かい小物は、フードコンテナに収納することで取り出しやすくなりますよ。大きめのフードコンテナには、赤ちゃん用の靴下やハンカチ類を種類ごとに収納しておくこともできます。

重ねて収納できるフードコンテナを利用すれば、細々としたおもちゃなどもすっきり収納できます。見栄えも良くなるので、ママのストレスもきっと軽減されますね。

体験談

Image

筆者は、フードコンテナの中にフードコンテナをしまうことで、収納スペースを確保しています。その際、蓋は外して、サイズごとにジップロックを使って収納しています。以前は蓋を輪ゴムで留めていたことがあったのですが、長期間使わずにいると輪ゴムが劣化して、蓋に付着してしまい苦労したことがあります。ジップロックなら後々の手間がかからないため、便利ですよ。

便利だからこそ選んで購入しましょう

Image

必要になったときに、深く考えずにフードコンテナを購入してしまう場合がありますがが、家の収納スペースのことも考え、サイズや形状などを吟味した上で購入すると良さそうですね。フードコンテナはさまざまなものに応用ができて便利なので、ポイントを押さえて活用していきましょうね。

Image

洗濯・収納ベビーハンガーの種類と選び方!人気のおすすめ10選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27391

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

e05d30

21歳(美容師) 18歳(看護学生) 9歳(小4)の母 …

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事