更新日:2017年07月24日

生理周期がバラバラ…生理不順の原因・解決法!産後や更年期に多い?病気や不妊の可能性は?

20〜40代の女性に毎月やってくる生理。生理周期が乱れたり、少なからず一度は生理不順に悩んだりした経験がある方も多いかもしれません。生理には女性ホルモンと排卵日も密接に関係しています。正常な生理の日数や生理の仕組みなどから、生理不順の原因や解決・治療法などをご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
4690
0

正常な生理周期は?

毎月やってくる生理は、今月は早い、今月は遅れた、あらゆる体調の変化が起こるなど、生理に関する悩みと女性は切っても切れないものです。正しい生理周期とそれに伴う体の中の変化を知ることは、毎月の悩みの改善につながるでしょう。

Image

そもそも生理周期とは、生理が始まった日から次の生理が始まる前日までの日数をいいます。一般的に25〜38日が正常の生理周期とされており、大体の場合は安定してこの周期で毎月繰り返されます。正常な生理の期間は3〜7日間です。

ただし、生理は体調や精神状態によっても左右されやすいため、数日早まったり遅くなったりと、生理開始日がずれるのはよくあることです。多少のずれなら気にすることはないでしょう。最近ではスマートフォンのアプリで生理周期を簡単に記録できるので、毎月のメモとして、まずは記録しながら自分自身の生理周期を知ることが大切です。

生理周期とホルモンとの関係は?

約1ヶ月間の生理周期には、女性ホルモンが大きく関わっています。「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンと「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンが、主に生理に関わるホルモンです。初潮以降の女性の身体は、ホルモンの分泌などにより、毎月の生理周期にあわせていつでも妊娠ができるように準備しています。

生理とは、それまで多量に分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンの減少により、不要となった子宮内膜が血液と一緒に体外に排出されることで起こる現象です。生理周期は、月経期(生理期間)→卵胞期→排卵期→黄体期という期間にわけられ、黄体期の後にまた月経期(期間の名前は医学用語でもあるので、ただしく月経期の方が良いかと思います)というサイクルを繰り返します。

生理開始から排卵期の排卵日前後にかけてエストロゲンがピークに達し、黄体期にプロゲステロンが多量に分泌されます。生理周期によって体調や体の変化が起こるのは、このホルモンが関係しているのです。

エストロゲンの働き

Image

エストロゲンは、生理開始から排卵日前後にかけて分泌が増える女性ホルモンです。このエストロゲンには、さまざまな働きがあります。卵胞の成熟を促して受精卵が着床しやすくなるように子宮内膜を厚くしたり、精子が子宮内に入りやすいように頸管粘液の分泌を増加させたりと、妊娠や出産に関わる重要な役割を果たします。

さらに、妊娠や出産だけでなく女性らしさを高める効果もあります。エストロゲンは丸みを帯びた女性らしい身体を作り、肌や髪質にも良い影響を与えているともいわれています。また、自律神経を整える作用もあるため、エストロゲンの分泌が安定していると感情の動きや脳の働きも整えられ、情緒も安定してきます。

一般的に恋をすると女性は綺麗になるといわれているのには、恋愛によるドキドキする感情がドーパミンを分泌させ、心が満ち足りることによりセロトニンという心身を安定させる物質も分泌させるためです。エストロゲンの分泌も増え、結果的に心身ともに女性に良い影響を与えます。

プロゲステロンの働き

Image

プロゲステロンは妊娠に欠かせない女性ホルモンです。プロゲステロンは排卵直後から卵巣で作られ、生理前までの間に多く分泌されます。基礎体温を高め、受精卵を着床しやすくさせたり、着床後には胎盤を完成させたりと妊娠を維持していくのに重要な役割を果たします。プロゲステロンの分泌により、自然と流産しにくい環境を作り出しているといえるでしょう。

ただし、プロゲステロンは最もバランスを崩しやすいホルモンともいわれています。ストレスなどによる自律神経の乱れによる影響も受けやすいため、精神バランスを整えて穏やかな生活環境で過ごすことが大切です。

年齢による変化は?

エストロゲンが安定して分泌されるのは、25〜45歳くらいの生理周期が安定している年代です。特に性成熟期と呼ばれる25〜35歳頃はエストロゲンの分泌量が最も高く、最も妊娠に適している時期といえるでしょう。

35歳を過ぎると、年齢とともに女性ホルモンの分泌量は低下します。40〜50代になると、エストロゲンの低下により、心身各所に不調が現れる更年期障害に悩まされる女性も増えてきます。女性ホルモンの働きは、加齢に伴う機能低下など、女性のあらゆる年代にとても大きな影響を与えているのです。

生理不順とは?

Image

生理期間の長さ、周期の長さ、周期にバラつきがあるなど、生理不順にはさまざまなものがあります。それぞれに個人差はありますが、生理不順の原因のほとんどは女性ホルモンのアンバランスによるものと考えられています。生理不順が引き起こす月経異常には、どのようなものがあるのでしょうか。

稀発月経・生理周期が長い原因

稀発月経とは、医学的には生理周期が39日以上のケースをいいます。原因は多岐に渡りますが、生理周期がもともと長めになる体質の場合もあります。

ストレスなどによる一時的なホルモンバランスの乱れによって生理が遅れることも考えられますが、生理周期が39日以上になることが数ヶ月続く場合は、稀発月経が考えられます。ただし、稀発月経でも、生理周期の排卵期の間にしっかり排卵をしている状態であれば、特に問題視する必要はないようです。排卵をしない無排卵の場合は、妊娠希望の有無に応じて排卵誘発剤などのホルモン治療も行われます。

頻発月経・生理周期が短い原因

頻発月経とは、生理開始日から次の生理開始日までの期間が24日以内の場合をいいます。主な原因として考えらえるのはストレスです。そのため、一時的に周期が早まったときなど、一過性の場合は様子を見ても良いでしょう。

しかし、症状が続くのであれば、卵巣機能の低下やプロゲステロンの分泌低下による黄体機能不全などの原因が考えられるため、気になる場合は受診してください。プロゲステロンは妊娠のために重要なホルモンで、不妊や流産にも影響するので、妊娠希望の場合は早めに受診することが大切です。

また、頻発月経では、プロゲステロンを増加させるホルモン治療などが行われます。

不整周期月経

生理周期が正常の25〜38日以内ではなく、稀発月経や頻発月経が交互に来たりバラバラに来たりと、毎回の変動が7日以上あることを「不整周期月経」といいます。不整周期月経には女性ホルモンの分泌が影響しており、ホルモンが安定しない思春期や更年期、無排卵状態になっている産後や授乳期に多くなります。

生理不順は更年期や産後に多い?

生理不順による月経異常にはいくつかの種類がありますが、不整周期月経は更年期や産後に多く見られます。その原因には女性ホルモンの分泌の乱れが影響していますが、それぞれどのような状態なのでしょうか。

更年期はエストロゲンが激減

更年期は閉経前後5年間のことで、一般的には40〜60代が該当します。更年期は、卵巣の中の原始卵胞と呼ばれる卵子の元となるものの数が急激に減少することで、卵巣からのエストロゲンの分泌が低下します。エストロゲンのレベルが急激に低下することで排卵がうまく起こらず、生理周期に乱れが生じて生理不順へとつながるのです。

つまり、更年期の生理不順は加齢に伴うエストロゲンの減少によるものだといえます。

産後はホルモンも赤ちゃん優先

Image

妊娠開始から生理がストップしている状態になり、産後の生理再開時期は、早い人で2ヶ月からの人もいれば1年後の人もいるなど大きく個人差があり、一概に「この時期から」とは断定はできません。

授乳中には、プロラクチンと呼ばれる母乳を生成するホルモンが活発に分泌されています。プロラクチンには排卵を抑制する作用があるため、授乳期間中は生理がこない、再開されても生理不順になりやすい、という状態となっています。また、産後の子宮の回復状態や、骨盤の歪みによる血液循環の悪さなども、産後の生理不順を引き起こす原因となります。

約10ヶ月の間生理が止まり、子宮内で命が育っていたことによる体の負担も相当なものです。産後は生理不順でも焦らず、ホルモンバランスが安定するまでゆったりと心身の回復を待つことが大切です。

生理不順とPMSの関係

生理不順だけでなく、「月経前症候群(PMS)」も女性にとっては深刻な悩みのひとつです。生理不順は基本的に女性ホルモンのアンバランスによって生じるものですが、PMSにもホルモンバランスの変化が大きく影響しています。どちらも女性ホルモンが影響していますが、生理不順は、重いPMSの症状を引き起こす原因となるのでしょうか。

そもそもPMSとは何?

PMSとは「Premenstrual Syndrome」という英語の略称で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。その名の通り、PMSとは生理の1〜2週間前に決まって起こる心身のあらゆる不調のことです。頭痛や腰痛、乳房の張りなど、体調の不調として現れる症状もあれば、イライラしたり憂鬱になったりするなどの精神的な症状もあります。

PMSの症状が出る原因は、排卵日前後のホルモンバランスの変化です。排卵前後に分泌量が増えるプロゲステロンは、PMSにも大きな影響を与えているといわれています。プロゲステロンによって身体は水分を溜め込む状態になり、体や足にむくみが生じてさまざまな不調が引き起こされると考えられているのです。

また、ホルモンの働きで脳内の「セロトニン」という物質も低下します。セロトニンが低下すると精神状態が不安定になり、うつ状態やネガティブ思想になるため、感情の起伏が激しくなるとことが多くなります。

生理開始とともに症状が一気に軽くなったり治まったりするのがPMSの特徴です。また、PMSの原因には、排卵日前後の女性ホルモンのバランス変動などさまざまな要因が考えられますが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。

生理不順もPMSの要因のひとつ?

生理不順もPMSもどちらも女性ホルモンの影響を受けていますが、生理不順は生理周期全体のホルモンバランスが大きく関係しているのに対し、PMSは生理1〜2週間前のプロゲステロンの分泌が大きく関係しています。

生理不順によってプロゲステロンの分泌が不安定になり、PMSの症状を引き起こすことももちろん考えられますが、プロゲステロンは他の女性ホルモンと同様にストレスや食生活によってバランスを崩しやすいホルモンです。そのため、生活習慣のちょっとした乱れや疲れなどによって重いPMSの症状が現れたり、その月々で症状の重さに変化が生じたりします。

生理不順はPMSを引き起こす要因のひとつであるといえますが、生理不順には多用な原因があるため、生理不順とPMSを直接的に関連付けるのは難しいでしょう。しかし、どちらにも共通しているのは、ホルモンバランスを整えることが大切だということです。できるだけ心身が安定して過ごせるような生活習慣と食生活を心がけ、あまりにひどい症状の場合は、婦人科を受診して医師に相談しましょう。

生理不順は女性の病気のサインかも?

生理不順はストレスなどの影響も大いに受けるものですが、中には女性特有の病気が隠れている場合もあります。生理は女性の体の健康サインとして受け止め、気になる場合は早めに受診しましょう。実際に生理不順も関係しているであろう女性の病気には、どのようなものがあるのでしょうか。

Image

生理周期が長い、数ヶ月生理がこない場合

■多のう胞性卵巣症候群
生理周期が長い場合や、生理が3ヶ月以上こない無月経などの場合は、「多のう胞性卵巣症候群」の可能性があります。多のう胞性卵巣症候群とは、卵巣の中に成長途中の卵胞が多くできすぎて卵巣が大きくなってしまい、なかなか排卵できない状態になってしまうことです。

無月経の場合に最も多くみられ、放置すると不妊や子宮体癌などにもつながります。女性ホルモンのバランスが長く崩れた状態で、生理がしばらくこない場合や生理周期が長い場合には注意が必要です。

■子宮体がん
「子宮体がん」は主に閉経後の女性に多い病気ですが、近年では30代にも増えている、子宮本体にできるがんです。エストロゲンが影響し、子宮内膜の新陳代謝が滞ると発症の可能性が高まるといわれています。肥満の人や稀発月経や無排卵性月経などの生理不順の場合も、罹患リスクが高くなります。

とにかく重い生理痛がある場合

■子宮内膜症
20〜30代の女性に最も多い病気で、子宮内膜とそれに似た組織が本来の子宮内以外の部分で発生して発育してしまうものです。子宮内膜症もエストロゲンの影響を受けており、エストロゲンが分泌される時期に体内で発育してしまった組織が刺激を受け、生理にあわせて出血するため、重い生理痛や不正出血などの症状を引き起こします。卵巣にできると、過去に出血したものが酸化してチョコレート色に見えることから、チョコレート嚢胞といわれる場合もあります。

子宮内膜症は不妊の原因にもなるため、妊娠を希望している場合や妊娠しにくい場合などは、一度婦人科を受診した方が良いでしょう。

▼子宮筋腫
子宮筋腫は、女性ホルモンの影響によって子宮内にコブのような筋腫ができる病気です。筋腫自体は良性のものなので、直接生命を脅かすものではありません。

しかし、放置しておくと巨大なコブになり、重い生理痛を引き起こしたりや月経量が増えたりします。若い人では流産や不妊の原因にもつながりやすいため、月経時に違和感がある場合などはすぐに受診した方が良いでしょう。

生理以外で不正出血がある場合

■子宮頸がん

「子宮頸がん」は子宮の入口部分に発症するがんで、発症のピークは20〜30代です。子宮頸がんは他のがんとは違い、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルス感染により発症するため、月経があって性交渉の経験がある女性であれば、誰しも発症のリスクがあります。

初期症状があまりないので早期発見が難しいとされていますが、生理時以外の不正出血や性交渉時の出血などが起こる場合もあります。しかし、不正出血などは体調の変化やストレスなどによっても起こるものなので、病気のサインとして気づかない場合も多く、定期的に子宮頸がん検診を受けることがすすめられています。自治体によっては20歳頃から健診の補助が出る場合があるので、問い合わせてみるといいでしょう。

生理不順の解決・治療法は?

生理不順にはどのような解決策があるのでしょうか。自分でできる解決法、婦人科を受診した際の治療法を知っておきましょう。

質の良い睡眠でホルモンバランスも安定

Image

生理不順の原因としてホルモンバランスの乱れがありますが、ホルモンバランスの安定のためにはまず規則正しい生活習慣を送ることが大前提となります。多くのホルモンは睡眠中に作られるので、睡眠時間、質がとても重要です。早寝早起きを心がけ、質の良い睡眠を取って情緒を安定させることは、ホルモンの生成や分泌も安定させてくれるでしょう。

女性ホルモンの安定は生理不順の改善につながり、肌や髪質にも良い影響を与えてくれるので、女性にとってしっかりと睡眠を取ることは良いことだらけなのです。

栄養バランスの良い食事で身体の中から健康に

Image

ダイエットをしている女性も多いかもしれませんが、過剰なダイエットはホルモンバランスを乱します。過度なダイエットで月経がとまることも珍しくありません。バランスのとれた食生活はホルモン分泌にも良い影響を与え、お肌や髪質、体調などの安定にもつながります。

女性ホルモンと同様の働きでホルモンバランスを整えてくれる栄養素といえば、「大豆イソフラボン」です。大豆イソフラボンは、大豆や豆腐、納豆に豊富に含まれています。こうした食材を取り入れて栄養バランスを考えた食事を摂ることは、健康的な身体を維持することにも役立つでしょう。

冷えない身体作りで血液循環を高めよう

Image

女性にとって冷えは天敵といわれています。女性はもともと男性よりも熱を生み出す筋肉より脂肪の方が多いため、身体が冷えやすいのです。冷えによって体の血行が悪くなると、血液循環の悪さからホルモン分泌の低下にもつながります。

適度な運動をしたり、日ごろから身体を温める食材や飲み物を取り入れたり、日常生活での服装にも気を付けたりすることが大切です。冷えを解消して血行が良くなることは、ホルモンバランスの正常化や生理改善にも良い影響を与えてくれるでしょう。

リラックス空間でストレスを解消

Image

過労やストレスはホルモンバランスの乱れと密接に関係しています。自分なりのストレス解消法で、心身ともにリラックスできる状態を作ることは、自然とホルモンバランスの安定にもつながるでしょう。

好みの香りのエッセンシャルオイルを試したり、好きなものに囲まれた部屋でゆっくり過ごしたりと、ご自身がリラックスできる方法を探してみてくださいね。心を落ち着けることは、ホルモンバランスを整える上でとても大切なことです。

気になる場合は恐れずまずは婦人科へ!

Image

重い月経痛や、何らかの気になる症状がある場合は我慢せずに婦人科を受診しましょう。生理不順が病気のサインとなっている場合もあります。

■低用量ピルによる治療
生理不順の治療法としてピルの服用という選択肢もあります。エストロゲンとプロゲステロンが含まれており、毎日服用することで、崩れていたホルモンバランスを整えて生理周期を安定させる効果があります。重い生理痛やPMSにも効果的ですが、症状などにあわせた医師の処方が必要なので、必ず婦人科を受診し、自分にあった治療を受けましょう。

■漢方薬による治療
漢方薬の取り扱いのある婦人科を受診することで、自分の体調や生理不順の状態にあわせた漢方を処方してくれる場合もあります。漢方薬は、ピルなどの薬のように子宮の働きを高めるものではなく、自然治癒力を高め体質改善を促すものです。そのため、即効性は比較的低く、ゆっくりと体質改善へ導きます。

女性の身体を知ることで生理不順を改善させよう

生理周期に女性の体の中で起きていることを知ると、生理不順が女性ホルモンのアンバランスから生じているものだと理解できますね。女性ホルモンのバランスを整えるために自分自身ができることを考え、日ごろの生活習慣や食生活を見直して自分の体と向き合いながら、生理不順を改善していきましょう。

関連する人気の記事

妊活・不妊のカテゴリ

妊活・不妊 デイリーランキング

おすすめの記事