更新日:2017年11月13日

産前・産後に産褥パッドは必要?使い方、おすすめ、生理用ナプキンとの違いについて

産後に備えて買ったものの、結局余ったという声もある産褥パッド。生理用ナプキンと形状が似ていることから、代用できないかと思う人もいるかもしれません。それでも、産褥パッドは準備しておきたいところです。産前産後に産褥パッドが必要な理由と使い方、おすすめの産褥パッドをご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
35893
2

産褥パッドとは?

Image

出産前の母親学級や出産に関する本の中で、「悪露」という言葉を見聞きしたことのある人も多いのではないでしょうか。

悪露とは腟から排出される粘液で、分娩時の胎盤剥離による子宮内膜からの出血や、分泌液などが含まれています。産褥パッドは「お産パッド」とも呼ばれ、産後の悪露を受け止め、服やシーツを汚さないようにするパッドです。

産後すぐの悪露は血液の割合が多く、鮮血に近い赤い色をしています。子宮の回復が順調な場合、日数の経過にともなって悪露の色は徐々に真紅から赤茶色、白色へ変化します。同時に分泌量も減少していきき、個人差はあるものの、悪露は産後1ヶ月を過ぎるころにはほとんど気にならなくなるでしょう。

入院中は、毎日看護師による悪露のチェックがあり、産褥パッドに付着した悪露の色や量で子宮の回復度合いを判断します。

Image

産後の出血はいつまで?悪露を促す方法と他の出血との見分け方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26709

産褥パッドの使い方は?

Image

使い方は、基本的に生理用ナプキンと同じです。包装紙を剥がし、接着テープでショーツに固定します。入院中は後述する「産褥ショーツ」を使用すると良いでしょう。

ほとんどの産褥パッドは、L・M・Sの3サイズ展開となっています。悪露の量が最も多い産後当日はLサイズ、出産1日目〜3日目はMサイズ、量が少なくなる4日目以降はSサイズを使用します。日数は目安なので、悪露の量に応じて調整してください。

悪露はお産の後、すぐに出始めます。産後2時間は起き上がらずに安静にしている必要があるため、助産師や看護師が産褥パッドをあててくれます。自分でトイレに行けるようになってからは、その都度産褥パッドを交換しましょう。悪露が多いときは、1日におよそ4〜5回が交換の目安です。

悪露が出ているうちは細菌の感染を防ぐため、排泄後は必ず清浄綿で外陰部を拭き取ります。また、排泄物が外陰部に残らないよう、前から後ろに拭きましょう。

産褥パッドと生理用ナプキンの違いとは?

Image

産褥パッドは一見生理用ナプキンと似ています。産褥パッドと生理用ナプキンにはどのような違いがあるのでしょうか。大きさや厚み、肌触りについての比較は、以下の通りです。

サイズの違い

生理用ナプキンはサイズが幅広く展開されており、およそ17cm〜40cmとなっています。また、使う時間帯や経血量にあわせ、軽い日〜多い日の夜用まで、多くのブランドから特徴のあるナプキンが多く販売されています。

産褥パッドの場合、サイズはほとんどのメーカーでS・M・Lの3種類です。メーカーによってサイズは異なりますが、Sサイズで30cm、Mサイズは40cm、Lサイズは50cm前後の製品が多くなっています。

厚みの違い

生理用ナプキンの厚みは、およそ洋服に響きにくく携帯に便利であることから、薄さにこだわった製品が人気となっています。中には、ほとんどおりものシートと変わらない薄さの製品も登場しています。一方、産褥パッドは多い量の悪露もしっかり吸収できるよう、生理用ナプキンと比較して厚く作られています。

肌触りの違い

生理用ナプキンでは、表面にドロッとした経血が残らないよう、ドライな肌触りの製品が主流となっています。そのため、肌が弱い人の場合、生理用ナプキンでかぶれたり、かゆみを感じたりすることもあるでしょう。

産褥パッドはガーゼのようなふんわりとした肌触りに仕上げられています。産後の外陰部は雑菌が繁殖しやすく、敏感な状態です。そのため、清潔で柔らかい産褥パッドが多くのママたちに選ばれているのです。

産後に産褥パッドが必要な理由とは?

Image

「産褥パッドは買っても余る」という意見があり、「わざわざ産褥パッドを用意しなくても、手持ちのナプキンで代用できないのかしら」と思う人もいるかもしれません。それでも、産後には、やはり産褥パッドの使用がおすすめです。

悪露の量が多い

まず悪露は生理時の経血と比べ、排出される量がとても多いことがあげられます。産後7日間の悪露量の合計は、平均して286gです。産後24時間の悪露量の平均値は、およそ100gにまで達します。

これに対し、生理の一周期あたりの経血量は合計で20g〜140gが正常値です。したがって、産後24時間の悪露の量は、生理1回分の経血量に近いことがわかります。

産後のママの状態によっては、しばらく寝たきりで導尿が必要になる場合があります。母子同室の病院では赤ちゃんのお世話もしなければならず、ゆっくりとトイレに行く余裕がない可能性も考えられます。ゆっくりと身体を休めるためにも、産後用に作られている産褥パッドの使用がおすすめです。

外陰部の傷口を保護するため

分娩時に会陰が損傷した場合や会陰部を切開した場合は、縫合が必要となります。ふんわりとした厚みのある産褥パッドは、傷口を保護し、歩いたり座ったりしたときの痛みを軽減する働きがあります。

傷口の痛みは1週間ほどでかなり良くなりますが、産後1ヶ月くらいまでは、ひきつれるような痛みを感じるかもしれません。また、傷が回復しないうちに生理用ナプキンを使用すると、傷の治りが悪くなったり肌荒れを起こしたりするケースもあるようです。

産褥パッドの購入場所・価格について

Image

産褥パッドは、主に赤ちゃん用品の店やネットショップで取り扱われています。価格はお店にって差があり、およそ400円〜1,500円前後です。多くの病院や助産院では、産後すぐに必要なものが「入院セット」や「お産セット」として、あらかじめ準備されています。産褥パッドも大抵の場合このセットに含まれていますので、事前に必ず確認しておきましょう。

産褥パッドは産前に準備が必要?

Image

お産はいつ始まるかわかりません。もしものときに備え、妊娠8ヶ月くらいまでに準備しておくと安心です。入院先で準備品がなく、自分で産褥パッドを用意する場合は、L・M・Sサイズを1パックずつ購入しましょう。

ちなみに産褥パッドの個数は、Lサイズが5個入り、Mサイズが10個入り、Sサイズが20個入りが一般的です。悪露の量は個人差があるので、必要に応じて買い足すと良いでしょう。

入院先で準備されている場合は?

産褥パッドがお産セットに含まれている場合でも、突然の破水に備えてLサイズを1パック購入しておきましょう。通常、破水は子宮口が全開になってから起こりますが、破水から陣痛が始まるケースも少なくありません。もし自宅で破水した場合は、産褥パッドか大きめの生理用ナプキンなどをあて、速やかに病院へ向かってください。

産褥ショーツや産後ブラも一緒に準備しよう

Image

産褥パッド一緒に、産褥ショーツもぜひ用意しておきましょう。産褥ショーツは、お尻の方まで防水性のある布でカバーされており、股のクロッチ部分がマジックテープで開閉できるものです。

お産の直後は、横になったまま助産師さんに産褥パッドをあててもらったり、交換してもらったりすることが多くなります。産褥ショーツならパッドの交換や悪露のチェックのときにショーツを下ろす必要がないので、あるととても便利です。

産褥ショーツは産褥パッドと同様、赤ちゃん用品を扱っているお店やネットショップで販売されています。洗い替えを含め、妊娠8ヶ月くらいまでに3〜4枚購入しておくと理想的でしょう。

また、産後、赤ちゃんを母乳で育てたいと思っているママは、あわせて産後ブラも準備しましょう。産後母乳が分泌されるようになると、たいていバストサイズは妊娠前より2カップ以上アップします。産後用ブラはバストを締め付けないノンワイヤーで、前開きかクロスフロントタイプが授乳しやすくておすすめです。

Image

授乳ブラの選び方は?西松屋や無印などおすすめの産後ブラ10選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4463

おすすめの産褥パッドをご紹介!

お産用パッド ソフトレーヌα ガード L

4971032835143

お産用パッド ソフトレーヌαガード L

¥499〜(2017/11/13 時点)

サイズ:L
個数:5個

オオサキメディカル株式会社の赤ちゃん用品ブランド「dacco」の産褥パッドです。パッドのズレや悪露モレを防ぎ、立体ギャザーが体にしっかりとフィットします。表面の素材はプレス加工されており、張り付きによる不快感も少なくなっています。

粉砕パルプと高吸収ポリマーのダブル効果で、悪露をすばやく吸収します。頼もしい産褥パッドで、産後のママも安心してしっかりと身体を休めることができるでしょう。また、透湿性バックシートで気になるムレを軽減しているので、快適に過ごせますよ。

ムーニー お産用ケアパッド M

514cnutbc8l

ムーニー お産用ケアパッド M

¥416〜(2017/11/13 時点)

サイズ:M
個数:10個

初めてのお産用ケアパッドは、おむつで有名な「ムーニー」と「ソフィはだおもい」の共同開発によって生まれた製品です。優しい肌触りにこだわり、表面はプレス加工せずふわふわに仕上げています。凹凸のあるシートで、敏感なお肌にも刺激が少なくなるよう工夫されています。

柔らかくフィット感のあるギャザーでモレを気にすることなく、過ごせますよ。また、生理用ナプキン取り同じように羽がついている点も特徴です。心配なズレを防いでくれるので、夜の寝返りも安心です。

アメジストマタニティ オサンパッド ロイヤルタッチ M

203453 1

アメジストマタニティ オサンパット ロイヤルタッチ M

¥621〜(2017/11/13 時点)

サイズ:M
個数:10個

オサンパッドロイヤルタッチは、大衛株式会社がプロデュースする「アメジストマタニティ」ブランドの産褥パッド。中でも、オサンパッド ロイヤルタッチは、柔らかい肌触りにこだわったワンランク上の製品です。

肌に触れる部分は、抗菌加工済みの機能性レーヨンを配合した、優しい肌触りとすぐれた吸収力を持つ素材が使用されおり、パッドを弱酸性の状態に保ちって雑菌の増殖とにおいを防ぐ効果があります。高吸収ポリマーで悪露をしっかり閉じ込め、ムレと横モレを防止するサイドギャザーも付いています。

ピップ お産パット Sサイズ

P115350h l

ピップ お産パット Sサイズ

¥437〜(2017/11/13 時点)

サイズ:S
個数:20個

ピップお産パッドは、ピップエレキバンで有名なピップ株式会社が手がける「ピップベビー」の産褥パッドです。高吸収ポリマーで悪露を吸収、また表面には逆戻りしにくいポリマーシートを使用しています。また、防水加工で横モレを強力にガードします。サラッとした快適な肌触りで、産後を気持ちよく過ごせます。

ニュームートンナップ S 20枚

41ax7soexzl

ニュームートンナップ S 20枚

¥325〜(2017/11/13 時点)

サイズ:S
個数:20個

医療および介護用品を数多く製造販売している「白十字株式会社」の産褥パッドです。悪露の量が多くても安心の高吸収ポリマーを使用しています。肌触りが優しく、濡れても破れにくい不織布で不快さを和らげます。気になる横モレも防水ラミネート加工で防止してくれますよ。

余裕を持って産褥パッドを用意しておこう

Image

出産が初めてのママにとって、産後の生活はまだイメージできないことも多いはずです。赤ちゃんに会えるのが楽しみである反面、心配事や不安を抱えている人も少なくないでしょう。

何時間にもおよぶ出産を終えての赤ちゃんとの対面は、言葉で表せないほどドラマティックです。しかし、疲れた身体を休める間もなく、赤ちゃんとの生活が始まります。少しでも産後をゆったりと過ごすためにも、産褥パッドや産褥ショーツなどは、余裕を持ってしっかりと準備しておきましょう。

産後には骨盤ケア・体重管理を忘れずに

Pc 01 01

スリムシェイプ

¥3,900〜(2017/11/13 時点)

購入はこちら

「スリムシェイプ」は、身体のゆがみが気になる人におすすめの骨盤ケアショーツ。計算された着圧構造が、ゆがんだ骨盤をしっかりサポート。さらにヒップアップ構造のV字ラインがおしりを包み込むので、骨盤だけでなくおしりにもサポート効果が期待できますよ。

色は黒とベージュの2色から選べるので、白いパンツスタイルの日にも履くことができるのは嬉しいですね。履いたまま普段の生活をするだけなので、産後の骨盤ケアが気になる子育て中のママにもおすすめですよ。

公式サイトはこちら

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事