更新日:2017年09月20日

授乳中の便秘解消におすすめの商品6選!母乳に影響しない対処法、市販薬は大丈夫?

授乳中に便秘で悩まされるのはつらいですよね。授乳中は赤ちゃんに母乳を与えているので、ママは飲食にも気を使います。授乳中のママも安心して摂取できるおすすめの便秘解消商品や、授乳中の市販薬の服用についてご紹介します。

2138
1

授乳中の便秘の原因

Image

一般的に便秘と言われている症状は、個人差はありますが排便のない日が3~4日間続く場合、便が出たとしても少量や硬い場合、すっきりとしない場合などが便秘と呼ばれています。便秘には、機能性便秘と器質性便秘と呼ばれるものがありますが、授乳中の便秘の原因は機能性便秘の3つが関係しているようです。

弛緩性便秘

快便の場合は、腸のぜん動運動により便がスムーズに進み排泄されます。弛緩性(しかんせい)便秘とは、便を送り出す腸の動きが悪く、便を送り出せずに便が停滞し、硬くなって起こる便秘です。

ぜん動運動と呼ばれている便を送り出す大腸の動きが弱いと、腸の中の便は先に進むことができません。運動不足の人や、仕事がデスクワークの人、妊婦などがなりやすい傾向にあるようです。

痙攣性便秘

痙攣性(けいれんせい)便秘とは、自律神経が乱れてぜん動運動が活発になり腸が激しく動くことで、腸が痙攣を起こしてしまいスムーズに便が送り出されずに起こる便秘です。

普段の生活の中でストレスが多い人や、上手くリラックスできずに常に緊張感がある人などがなりやすいようです。

直腸性便秘

直腸性便秘は、ぜん動運動は問題なく便もスムーズに直腸まで進みますが、便意が起こらずに直腸に停滞してしまって起こる便秘です。恥ずかしさなどから便意を我慢してしまう人や、トイレに行きたいときに、赤ちゃんが泣いていて行けなかったなど、トイレタイムを逃してしまう人がなりやすいようです。

授乳中の便秘の解消法

Image

授乳中のママでも、簡単に安心して行える、おすすめの便秘解消法をご紹介します。

ストレス、運動不足を解消

授乳中のママは、運動不足になりがちです。毎日、家の中で赤ちゃんと過ごしているとストレスもたまりやすいですよね。外に出て赤ちゃんと散歩をしたり、身体を動かしたりすると運動不足も解消し、ストレス発散ができます。腸の動きが活発になるメリットもあります。

運動不足を解消しようと、いきなり激しいスポーツをするのは産後の身体に負担を掛けてしまうので無理は禁物です。無理をせずに、ウォーキングやストレッチなど少しずつ運動不足を解消するようにしましょう。

栄養のある食事

便秘解消するために、食物繊維の多い緑黄色野菜や海藻類、くだものなどを積極的に食べるようにしましょう。善玉菌を増やし、腸内環境を整えるヨーグルトやオリゴ糖も取り入れた食生活を心がけ、栄養のある食事を目指すようにしたいですね。

毎日、同じ時間にママが食事をすることは難しいかも知れませんが、1日3食しっかりと食べるようにするのがおすすめです。3食の中でも、朝食を抜かないようにしましょう。

こまめに水分補給

授乳中は脱水症状を起こしやすいので、普段よりもこまめな水分補給が大切です。水分が不足していると、便が硬くなり便秘を起こしやすくなります。授乳中の場合は、母乳の出にも水分不足が影響します。授乳中は、1日2~3Lの水分補給を目安に摂取するようにします。

一回に飲む量を増やすよりも、飲む回数を増やすように心がけましょう。水分補給の注意点としては、母乳にも影響してしまう糖分が多いジュースや、カフェインを含むコーヒーよりも、母乳に影響しない水などの飲み物を摂取するのがポイントです。

便秘解消が期待できる飲みものを活用するのも、飲むだけと簡単なのでおすすめです。

ママが休息する

育児をしていると、何気ない一言や寝不足でストレスがたまりやすく、自律神経も乱れがちです。自律神経が乱れてしまうと便秘にもつながってしまうので、たまには家族に赤ちゃんを預けて、短い時間でもひとりの時間を作るなどママが休息をするようにしましょう。

長引く場合は病院へ

便秘が長引いているときは、我慢せずに産婦人科や内科を受診しましょう。授乳中であることを必ず医師に伝え、授乳中でも安心して服用できる薬を処方してもらいましょう。

授乳中の便秘は飲み物で解消!おすすめ商品6選!

水などに混ぜて飲むだけで、簡単に便秘解消ができたら嬉しいですよね。個人差はありますが、楽天やAmazonで人気の商品をご紹介します。授乳中のママは、自分が飲んだり食べたりするものに気を使いますが、ご紹介する商品は授乳中のママも安心して摂取できる商品です。

カイテキオリゴ

51zliabnvpl

カイテキオリゴ

¥2,838〜(2017/09/20 時点)

購入はこちら

カイテキオリゴは、高品質&高純度のナチュラルオリゴ糖です。旧商品名は、「北の大地の天然オリゴ糖」です。この商品は通信販売限定で購入できます。カイテキオリゴは、液体のシロップタイプではなく、サラサラとした粉末タイプのオリゴ糖になっています。

粉末タイプは吸湿性が高いので、開封直後はサラサラな状態でも、使用しているうちに固まってしまうものが多いですがこの商品は違います。この商品は吸湿せずに、固まることなく最後までサラサラの状態で使用できます。

カイテキオリゴを1日に摂取する量に決まりはありませんが、1日5gを目安に飲み物や食べものにいれて摂取します。1杯5gの計量スプーンが付いているので便利です。カイテキオリゴは、熱いものでも冷たいものでも簡単に溶かせて、味を変えずに簡単にオリゴ糖を摂取できます。

たとえば、ヨーグルトや、コーヒー、牛乳、グレープフルーツに砂糖の代わりにかけて食べるのもおすすめです。1袋150gいりなので、約1ヶ月分あります。

■この商品に関する口コミ
・毎日、快適に過ごしています。
・ヨーグルト以外のものにいれても違和感がありませんでした。

引用元:review.rakuten.co.jp
公式サイトで確認する

快適スルン

Kai r 01

快適スルン

¥1,080〜(2017/09/20 時点)

購入はこちら

快適スルンは、オリゴ糖含有加工食品で完全無添加なので、安心して摂取できます。便秘解消に嬉しい水溶性食物繊維の「イヌリン」も含まれています。善玉菌を増やすオリゴ糖に、葉酸なども含まれています。妊婦さんから子どもまで安心して使用可能です。

1日あたりの摂取量は、付属のスプーン1杯、約3gを目安に摂取します。摂取方法は、水や牛乳にいれて飲む他にも、ヨーグルトやスムージーにいれて摂取するのもおすすめです。内容量は1袋90gで、約1ヶ月分あります。

公式サイトで確認する

はぐくみオリゴ

Hugkumi origo 2

はぐくみオリゴ

¥3,680〜(2017/09/20 時点)

購入はこちら

便秘改善におすすめしたいのが、このはぐくみオリゴです。オリゴ糖には腸内環境を整え、便秘を解消するという効果があります。カイテキオリゴと比べて甘く、砂糖の代わりとして使用するのがおすすめ。

ヨーグルトやコーヒー、紅茶などに入れて飲むのがおすすめです。便秘の際は、ぜひ活用したい商品です。

公式サイトで確認する

するっと抹茶

Surutto 200 ice

するっと抹茶 

¥1,800〜(2017/09/20 時点)

購入はこちら

するっと抹茶は、日々の食事からあまり摂取できない「水溶性食物繊維」が主成分になっている、ノンカフェインの飲みものです。善玉菌を増やし腸内環境を整え、出しやすい身体を作る飲み物です。

コップ1杯の中で、リンゴ10個分、バナナだと50本分の水溶性食物繊維を摂取できます。天然由来成分100%で、保存料や防腐剤無添加で下剤の成分も入っていないので、授乳中のママも安心して飲めます。安心できる原料なので、妊婦さんや子どもでも飲めます。

飲み方は、付属スプーン1杯約10gを、180ccのお湯・水・豆乳・牛乳などで溶いて飲むだけなので簡単です。苦みがなく飲みやすい抹茶になっています。1袋100gで、初めて使用する方も試しやすいように、はじめてセットが用意されているのも嬉しいですね。

3袋セット・6袋セット・9袋セットも販売されています。

■この商品に関する口コミ
・味もおいしくて、妊娠中期の便秘にも即効性がありました。
・牛乳とするっと抹茶を混ぜて飲んでいますが、飲み始めて数日でも毎朝出ています。

引用元:review.rakuten.co.jp
公式サイトで確認する

するっとカフェ

R ca2000

するっとカフェ はじめてセット

¥2,376〜(2017/09/20 時点)

するっとカフェは、美肌成分の食物繊維とアミノ酸が豊富に含まれた商品です。するっと抹茶と同じメーカーから販売されています。こちらの商品も、保存料・防腐剤無添加で、下剤成分も含まれていないので安心して飲めます。カフェと書いてあるとカフェインが気になりますが、この商品はノンカフェインです。

飲み方は、粉末のするっとカフェ10gを、水やお湯・牛乳180cc~300ccに溶かして飲みます。

■この商品に関する口コミ
・お湯で溶かすと香りはコーヒー、牛乳と砂糖で溶かすとカフェオレ風の2パターンで飲めるので良いです。
・カフェインの摂りすぎが気になりますが、この商品はカフェインを気にすることなく安心して飲めます。

引用元:review.rakuten.co.jp

AMOMAマタニティブレンド

61krb6ru3ul. sl1000

AMOMAマタニティブレンド

¥1,851〜(2017/09/20 時点)

購入はこちら

マタニティブレンドは、専門家が開発した妊婦さんも安心して飲める、オーガニック原料でノンカフェインのハーブティーです。商品名に「マタニティ」と入っていますが、妊婦以外の人が飲んでも大丈夫とHPに記載されています。

飲み方は、ティーポットにひとつのティーバックをいれて、98℃のお湯を200~500mL注ぎ、3~4分経ったら飲みます。アイスで飲むより、ホットで飲む方がおすすめです。1袋には、2.5g×30ティーバッグが入っています。

■この商品に関する口コミ
・ほど良い酸味があって、つわりの時期でも飲みやすく、便秘解消効果もあり毎日飲んでいます。
・ローズヒップやハイビスカスティーに似た味ですが、毎日快調ですっきりです。

引用元:review.rakuten.co.jp
公式サイトで確認する

授乳中の市販薬は大丈夫?

Image

つらい便秘に悩まされると、授乳中に市販されている便秘薬や下剤を服用しても良いのか悩みますよね。大正製薬のサイトでは、「コーラックハーブ」と「コーラックファイバー」の授乳中の服用には気を付けるように記載されています。

乳児が下痢をするケースがあるので、授乳中の服用はさけるか、服用したら授乳をさけるようにとの注意書きがあります。他の市販薬についても、授乳中は自己判断で服用せずに、薬剤師や医師など専門家に相談してから服用するようにしましょう。

ママの身体も大切に

Image

育児をしていると、自分よりも子どものことが優先になってしまうので、ママは自分の身体のことは後回しになりがちですよね。産後の体調によっては軽い運動もできず、運動不足を解消したくてもできないケースもあります。

便秘なんてそのうち治るから大丈夫と思わずに、我慢して無理をしないようにしましょう。便秘改善方法を実践しても便秘が改善しない場合は、便秘が慢性化してしまう前に早めに医師に相談するのをおすすめします。

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

a-k-i

中学生と小学生の年子ママをしています。日々、悩んだり楽しん…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事