更新日:2017年07月10日

胚盤胞移植とは?移植後の着床時期や症状は?フライング検査についても解説

体外受精や顕微授精の際、受精卵を体外で培養させていくのですが、受精卵は培養日数と状態によって「初期胚」や「胚盤胞」などと名称が変わります。ここでは受精卵を「胚盤胞」まで培養した場合の、着床時期や症状について解説していきます。

4268
0

目次

    胚盤胞移植とは?

    Image

    「胚盤胞」とは受精卵が変化した状態をあらわす言葉です。卵子と精子は受精後2日目に4分割卵となり、3日目に8分割卵、4日目に「桑実胚」と呼ばれるものに変わり、5日目に「胚盤胞」になります。

    「胚盤胞」は通常では着床前の状態をさし、胚盤胞が子宮内膜にもぐりこむことで着床となります。以前は体外で胚盤胞までの培養はできませんでしたが、培養液などの技術開発が進んで、体外受精や顕微授精で得られた受精卵を「胚盤胞」まで培養することができるようになりました。

    その「胚盤胞」になった状態の受精卵を女性の体内に移植することを「胚盤胞移植」と呼び、受精後2~3日目に移植される「初期胚移植」とは着床率などに差が出てきます。

    胚盤胞移植のメリット

    まだ細胞分裂の途中である「初期胚」とくらべて、「胚盤胞」はいわゆる着床前の状態まで培養されている状態なので、着床率・妊娠率は初期胚移植と比べて高くなっています。

    また、培養された胚は子宮に戻すのですが、自然下の初期胚は細胞分裂を繰り返しながら卵管を通り子宮内にやってくるため、初期胚であれば自然下ではまだ卵管にいることになり、子宮内に戻される初期胚移植は自然の流れとは多少違う形となります。

    実際に子宮に到達し、着床する前の状態である「胚盤胞」を子宮に戻す方がより自然に近い形となることがメリットのひとつですね。

    胚盤胞移植のデメリット

    胚盤胞移植はメリットばかりではありません。胚盤胞まで育たずキャンセルとなってしまう可能性もあります。初期胚の段階で体内に戻していれば、胚盤胞まで細胞分裂した細胞もなかにはあるかもしれないため、その場合は胚盤胞まで待つことで妊娠しにくくなってしまうことになります。

    実際にどのくらいの受精卵が培養液の中で胚盤胞まで細胞分裂するかというと、全体で30~40%ほどとなっています。年齢別にわけると20代~30代前半で胚盤胞まで細胞分裂する可能性は60%程度、40代では30%程度となっています。

    また胚盤胞移植では、双子以上の妊娠である多胎妊娠の可能性も自然妊娠より高くなります。ただし、日本では、2007年に多胎妊娠を防ぐために、日本生殖医学会倫理委員会が移植胚の数について厳しく規定しました。これにより移植胚の数は減ったのですが、胚盤胞移植下では、培養器の中で収縮拡張を繰り返すので、内細胞塊が断裂することで一卵性双胎ができやすいといわれています。最近は医療が発達し、多胎妊娠でのリスクは低下しているものの、やはり多胎妊娠は普通の妊娠に比べるとリスクがあるのは知っておきましょう。

    胚盤胞移植の着床時期や判定日はいつ?

    Image

    胚盤胞移植を行うと決まった場合、どのようなスケジュールで行われるのでしょうか。胚盤胞移植の流れを解説します。

    採卵後、体外で受精させて約5日間培養

    必要な場合は排卵誘発を行い、排卵直前の状態で採卵を行います。主席卵胞が18mmを超えたときにhCG注射を行い、約36時間後に採卵を行います。採卵は外来で局所麻酔または全身麻酔を使って、経膣超音波を見ながら、非常に細い針で採卵します。

    そして、男性から採取してもらった精子を振りかける「体外受精」または、精子を卵子に直接注入する「顕微授精」を行い、受精卵をつくります。このとき、精子の受精能力などの関係で受精卵自体ができない可能性もあります。

    無事に受精したら、培養液の中で受精卵は分割を繰り返します。約5日間培養すると、着床前の状態である「胚盤胞」ができます。

    胚盤胞になったら子宮内に移植

    胚盤胞になったら、子宮内に戻す「移植」が行われます。細いチューブに胚盤胞を入れ、経膣超音波で確認しながら子宮内に戻していきます。

    移植後2~3日程度で着床

    移殖したあと2~3日程度で、胚盤胞は子宮内膜にもぐり、着床となります。もちろん、うまく子宮内膜にもぐれず、着床しないという可能性もあります。

    子宮内に着床するとき、受精卵は「透明帯」という膜のようなものを破らなければならないのですが、その透明帯を破る作業を助けるために、「アシステッドハッチング」を行うこともあります。具体的には、透明帯の一部を薄くしておくことで着床をより簡単にします。「アシステッドハッチング」を行うことで1日で着床するケースもあります。

    移植後7日~14日で妊娠を判定

    移植したら、最後はいよいよ妊娠判定です。うまく着床していれば、妊娠となります。早く知りたい気持ちで早期妊娠検査薬などで検査する人もいますが、正式なものは病院の判定を待ちましょう。病院での妊娠判定は、移植から約2週間後に来院するように指定されるケースが多いようです。

    胚盤胞移植後の症状や過ごし方は?

    Image

    胚盤胞移植後、妊娠判定がでるまでそわそわしてしまいますよね。胚盤胞移植後の症状とともに、少しでも妊娠に近づくために胚盤保移植後の過ごし方としてできることを解説します。

    胚盤胞移植後の症状

    胚盤胞を移植後、体温の上昇や、下腹部痛、出血、おりものの変化などが起こる可能性があります。これは、着床して身体が妊娠態勢に入っているからかもしれません。もちろん、変化がないからといって気を落とさないでくださいね。変化がなくても着床している人もいます。

    胚盤移植後の注意点

    胚盤胞移植当日は入浴は控えましょう。シャワーをすることは可能です。移植後数日間は、性交渉や喫煙、過度な飲酒は控えて過ごしましょう。もし、多量の出血、強い下腹部痛などを感じたときは、できるだけ早めにかかりつけ医を受診してください。

    胚移植後の過ごし方

    胚盤胞移植後、妊娠判定まで落ち着かないかもしれませんが、ストレスをためず規則正しい生活、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。ウォーキングなどの軽い運動なら、ストレス発散にも良いですね。

    着床までのこの時期から、厚生労働省の発表にもあるように1日0.4mgの「葉酸」を摂取して「神経管閉鎖障がい」の発症リスクを抑えるようにしましょう。ただし、葉酸を摂取しすぎるとビタミンB12欠乏となる可能性もあるので、1日当たり1mgはこえないように摂取してください。

    胚盤胞移植のフライング検査とは?

    Image

    胚移植後、妊娠を1日でも早く知りたいという気持ちがある場合、妊娠検査薬で「フライング検査」を実施する人もいます。いつからフライング検査が行えるのでしょうか。

    早すぎると正確な結果が出ない

    胚移植後すぐであれば、正確な判定は出ません。胚盤胞移植では着床までに2~3日かかるので、まだ着床にもいたっていない可能性があるからです。

    早期妊娠検査薬を使用する方法も

    普通の妊娠検査薬と違って、早期妊娠検査薬では、着床後に出るhCGホルモンがより少量でも判定できます。個人差がありますが、胚移植後5~7日後くらいに妊娠検査薬で判定する人が多いようです。

    病院での正確な判定を待とう

    フライング検査はあくまで「目安」です。フライング検査で、妊娠と出たけど妊娠していなかったケースや、出なかったけど妊娠していたというケースもあります。正確な判定は病院でしてもらいましょう。

    胚盤胞移植の成功率は?

    Image

    胚盤胞移植の成功率はどのくらいなのでしょうか。

    初期胚よりも着床率・妊娠率が高い

    初期胚よりも着床率・妊娠率ともに高くなるのが胚盤胞移植です。胚盤胞は、大きさや内細胞塊、栄養外胚葉から、胚盤胞の状態がグレードにわけられ、グレードによって確率は変動します。

    高グレードで着床率45%前後

    病院の実績や年齢、胚盤胞のグレードによってもかわりますが、高グレードの場合の着床率は約45%となっています。低いグレードのものは、着床率が低いことからそもそも移植しない病院もあります。

    メリット・デメリットを知り、夫婦に合った選択を

    Image

    胚盤胞移植について解説していきました。不妊治療を始めてからこの言葉を知った方もいるのではないでしょうか。胚盤胞移植では、初期胚移植よりも着床率は高いものの、それまで育たずにキャンセルされる、多胎妊娠の可能性が高くなるなどのデメリットも抱えています。メリットやデメリットをしっかりと知り、それぞれの夫婦に合った選択をしてくださいね。

    あわせて読みたい

    Image

    体外受精とは?費用やスケジュール・流れは?リスクや痛みについても解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28702
    Image

    体外受精のリスクとは?母体の健康や赤ちゃんの障がい、流産にかかわる?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28704
    Image

    顕微授精とは?費用やリスク、妊娠する確率は?どんなスケジュール?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28742
    Image

    顕微授精にリスクはあるの?障がい児が生まれる可能性は?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28746
    Image

    顕微授精で受精する確率は?受精しないのはなぜ?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28744

    関連する人気の記事

    妊活・不妊のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    izumi

    子育て奮闘中の2児の母です。教育関係職に勤めた後、現在は主…

    妊活・不妊 デイリーランキング

    おすすめの記事