更新日:2017年08月16日

ヒップシートとは?いつから?おすすめの10選を紹介

赤ちゃんを抱っこするときにママの肩や腰の負担を軽減するといわれているヒップシートが話題です。ヒップシートは、どのような形状で、どのように使うものなのでしょうか。うれしいメリットやデメリットだけではなく、人気の商品も口コミとともにご紹介します。

481
0

目次

    ヒップシートとは?いつから使用できる?

    Image

    ヒップシートとは?

    「ヒップシート」とは、腰ベルトに赤ちゃんの椅子のような台座がついたものです。パパやママの腰に巻くだけで、赤ちゃんを楽に抱っこすることができます。抱っこをすると肩や腕、腰が痛くなる、背骨が曲がってしまう、長時間はつらいなどの悩みがありますが、ヒップシートを使えば悩みが緩和されるという声が多く、人気が出ています。

    ヒップシートはいつから使用できる?

    ヒップシートは、赤ちゃんをおすわりの体勢で乗せる形になっているので、生後7ヶ月頃のおすわりがしっかりできたころから使うことができます。製品によって対象月齢が異なるケースもあるので、購入前には必ず対象月齢を確認しましょう。

    ヒップシートの使い方を動画でチェック

    いまいちイメージがわかない人でも、動画を見ると想像がつきやすいですよね。ヒップシートには、抱っこ紐のように背もたれや肩ベルトがありません。しかし、ヒップシートとセットで使える抱っこ紐も販売されているので、上手に組み合わせて使うのも良いでしょう。

    ヒップシートを使用するメリット・デメリットは?

    Image

    ヒップシートを使用するにあたっての、メリットやデメリットは以下のとおりです。

    メリット

    ・ベルトを外さなくても抱っこしたり下ろしたりできるので、手間がかからない
    ・装着が簡単
    ・肩、手、腰が楽
    ・密着しないので涼しい
    ・取り付けたままで前抱っこと背面抱っこを切り替えられるのが便利
    ・ポケットに小さなものを収納できる
    ・ウエストポーチのようなデザインでパパでも装着しやすい
    ・抱っこ紐とセットで使えるものが多い

    デメリット

    ・ヒップシート単品で使うと赤ちゃんの背中をずっと支えてなければならないので、片手がふさがる。
    ・台座の部分がかさばるので、コンパクトにはならない
    ・抱っこ紐と同様、長時間の使用は疲れることがある

    単品使いで気楽に抱っこできるヒップシート5選

    POLBAN(ポルバン)

    Imgrc0085744843

    ヒップシート ウエストポーチタイプ

    ¥7,020〜(2017/08/16 時点)

    消費者の声を参考に、座面の大きさを変えたり大容量の収納ポケットを作ったりと、改良を重ねながら機能性が向上しています。長時間の抱っこに対応できるよう、シングルとダブルのショルダーパーツを後からつけることもできますよ。バックルは、安心できる日本製、YKKのものです。

    ■この商品に関する口コミ
    ・8kgを超えた子どもをそのまま抱っこするのはきつかったので、楽になりました。
    ・車の乗り降りなどが何回もあるときなどに便利です。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    Hippy Chick (ヒッピーチック)

    51y2ofjt7zl. sy450

    ヒップシート

    ¥4,980〜(2017/08/16 時点)

    洗濯機で洗えるので、清潔に使えます。対応ウエストサイズが58~110cmのため、ママとパパで兼用できるのがうれしいですね。赤ちゃんが座る座面には、滑り止めがついており、安全性も考慮されています。また、こちらの商品はイギリスの整骨院や健康専門家からも高く評価されている商品です。

    ■この商品に関する口コミ
    ・抱っこで寝かしつけをするときに便利でした。
    ・100kgを超えるパパでもつけることができました。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    POGNAE(ポグネー)

    Hipseat

    オルガ ヒップシート単体 ウエストキャリー

    ¥9,500〜(2017/08/16 時点)

    バックルなどの細かいパーツも一つひとつ厳選されており、ヨーロッパの安全テストをクリアしたものが使われています。赤ちゃんが座る部分には、程良いクッション性のある材質が使われているため、半永久的に形が変わりません。420gの軽量、赤ちゃんの肌に優しいオーガニックコットン使用など、こだわりが感じられますよ。

    ■この商品に関する口コミ
    ・寝かしつけをするとき、つけないよりも心地良いのか早く寝てくれます。
    ・急に抱っこをせがまれたときにすぐに抱っこできます。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    Angelcare(エンジェルケア)

    61v68enw4fl. sl1010

    お尻が置ける 抱っこひも ヒップシートキャリア

    ¥3,980〜(2017/08/16 時点)

    100%オーガニックコットンの生地が使用され、赤ちゃんが座るシートには滑り止めパッドがついています。赤ちゃんの成長過程や使用の頻度によって異なりますが、3歳頃(20kg)まで使えるので、安くて長期間使えるのがうれしいですね。

    ■この商品に関する口コミ
    ・子どもが気に入っていて、腰に巻くとニコニコします。
    ・抱っこ紐が嫌いで暴れていたのですが、これは抱き上げた時点でご機嫌です。

    引用元:www.amazon.co.jp

    BMC

    511qzjsrsyl. sl1000

    簡単デザイン 疲労軽減 ベビーキャリー ヒップシート

    ¥2,000〜(2017/08/16 時点)

    ベルトが70~105cmまで調整可能で、男女兼用の商品です。赤ちゃんのお尻に負担がかからないような角度に設計されています。デザインもシンプルなので、パパでも違和感なく着けられそうですね。

    ■この商品に関する口コミ
    ・15kgを超えた子どもの抱っこで、腕や肩の負担がかなり楽になりました。
    ・歩く、抱っこの繰り返しなので、すぐに下ろせて便利です。

    引用元:www.amazon.co.jp

    両手が開くのがうれしいヒップシートつきの抱っこ紐5選

    POGNAE(ポグネー)

    Orga ss

    オルガ抱っこひも ウエストキャリー

    ¥19,980〜(2017/08/16 時点)

    人気の「POGNAE(ポグネー)」のヒップシートに抱っこ紐がセットになった商品です。フロントカバーがリバーシブル仕様で、おしゃれに敏感なママにも大人気ですよ。取り外し可能なスリーピングフードやヘッドレスト、メッシュつきフロントカバーなど、便利な機能が満載です。

    ■この商品に関する口コミ
    ・前抱き抱っこができ、みんなに声をかけてもらえ、赤ちゃんの刺激や発達に良さそうです。
    ・他の抱っこ紐は方が痛かったのですが、これは腰で支えるので楽です。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    SINBII(シンビアイ)

    31q%2bljqrs5l

    6Way ヒップシートキャリア

    ¥10,800〜(2017/08/16 時点)

    ヒップシート単体で前向き抱っこ、向かいあわせ抱っこ、横抱きの3通りの抱き方ができます。抱っこ紐をあわせると前向き抱っこ、向かいあわせ抱っこ、おんぶができ、全部で6通りの抱き方ができる6WAY仕様です。

    肩紐は弾力のある厚いスポンジ、クロックスと同じ素材が使われた腰ベルト、ウエスト部分の2重スポンジなど、ママが疲れないよう、いろいろと工夫されています。

    ■この商品に関する口コミ
    ・大きめの子どもが他の抱っこ紐で窮屈そうでしたが、こちらはゆとりがあり、嫌がりません。
    ・装着しやすくて簡単に抱っこできるので、おでかけが苦にならず、行動範囲が広がりました。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    POLBAN(ポルバン)

    Zaitun

    ヒップシート シングルショルダーセット 腰抱っこ ウエストポーチタイプ

    ¥9,180〜(2017/08/16 時点)

    「POLBAN(ポルバン)」のヒップシートには、片肩タイプと両肩タイプのショルダーをつけることができます。こちらの商品は、手軽に使える片肩タイプのショルダーセットです。両肩タイプより背中が開くので、暑い季節でも背中に熱がこもらないのがうれしいですね。

    斜めがけかばんのようなスタイリッシュさと多彩な色、デニムやゼブラ柄などのおしゃれなデザインで、男女問わず使える抱っこ紐です。

    ■この商品に関する口コミ
    ・抱っこ紐つけるのが面倒なときのサブの抱っこ紐として使えます。
    ・夏の暑いときに汗だくにならず、便利です。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    BABY&Me ONE(ベビーアンドミー)

    Bm 1 2

    ヒップシートキャリア ONE

    ¥19,980〜(2017/08/16 時点)

    ヘッドサポートは赤ちゃんの首を守るだけでなく、前向き抱っこのときに折り返して使え、オーガニックコットンのよだれカバーをつけることができます。フロントカバーは丸めるとメッシュ素材になり、通気性が良くなるので、夏でも安心して使えますよ。

    日本人の赤ちゃんに最適な幅で設計されているのがポイントです。落下防止の安全ベルトもついており、赤ちゃんにやさしい作りになっています。

    ■この商品に関する口コミ
    ・子どもと密着しないので、夏に重宝しそうです。
    ・子どもが抱っこ紐に埋もれないので、脚に抱っこ紐の跡がつかないのが良いです。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    南の花

    Tk82bd15aug26 2

    ヒップシート 抱っこ紐

    ¥3,780〜(2017/08/16 時点)

    人間工学に基づいて赤ちゃんを快適に長時間抱っこできるように設計された、シンプルなデザインのヒップシートです。赤ちゃんの顔や素肌に触れても安心の柔らかい素材で作られています。迷彩柄やピンクなど、他の抱っこ紐にはないような色や柄もありますよ。

    ■この商品に関する口コミ
    ・ヒップシート式抱っこ紐がもっと主流になったら良いのにと思うくらい楽です。
    ・10kgを超えた子どもを抱っこするときの腕の負担が減りました。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    抱っこが苦痛にならない

    Image

    赤ちゃんを抱っこするときは、長い時間になればなるほど肩や腰に負担がかかり、ママもストレスになってしまいます。ヒップシートのような便利なグッズを使い、少しでも負担が軽くなれば良いですね。装着が簡単で、つけっぱなしでも抱っこしたり下ろしたりできるので、子どもがぐずるときも大活躍しますよ。

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Defaultcyan

    子育て・育児 デイリーランキング

    おすすめの記事