更新日:2017年08月18日

むくみサプリの人気ランキング4選!選び方と飲むタイミングは?市販でおすすめのサプリも紹介

夕方になると足がパンパンになるといった、むくみに悩まされる女性はとても多いようです。マッサージや入浴など、むくみ対策はさまざまなものがありますが、サプリメントを取り入れるのもひとつの方法です。どのようなサプリメントを選べば良いのか、摂取のタイミングなどについてご紹介します。

2870
0

目次

    むくみの原因と解消法 

    Image

    原因

    むくみの原因は、「疾患が原因の場合」と「生活習慣が原因の場合」のふたつが考えられます。

    むくみを引き起こす原因となる疾患には、心不全などの心臓の障害や、肝臓や腎臓の障害、リンパ浮腫や下肢静脈瘤、エコノミークラス症候群など、さまざまなものがあります。

    ・むくみが何日も継続し、1日中持続している
    ・足の血管がぼこぼこ浮き出ている
    ・急に体重が増えた
    ・尿の出が悪い

    以上のような症状がある場合は病気の可能性があります。すぐに病院を受診しましょう。

    また、生活習慣が原因としておこるむくみの場合、寝不足や運動不足、栄養の偏り、ストレスなどが原因として考えられます。具体的な項目は以下の通りです。

    ・デスクワークなど、長時間同じ姿勢でいる
    ・運動不足による筋力の低下
    ・過度なダイエット
    ・塩分やアルコールのとりすぎ
    ・ビタミン、ミネラル、タンパク質の不足
    ・冷え
    ・妊娠や生理、更年期などのホルモンの影響

    解消法

    疾患が原因となってむくみが生じている場合は、医師の指示のもとで治療を行いましょう。

    生活習慣が原因である場合は、マッサージやストレッチ、運動を取り入れたり入浴したりすることで改善が見られることがあります。弾性ストッキングの着用や、十分な休息をとることもむくみ軽減に効果的です。

    身体の内側から整える方法としては、塩分控えめの食生活に見直したり、塩分の排出促進に効果があるとされるカリウムを摂ったりするのも良いでしょう。食事以外に、サプリメントを活用するという方法もあります。

    Image

    足・顔のむくみの原因と解消法!むくみを予防する食べ物や飲み物も紹介

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28939

    サプリメントはいつ飲むのがいいの?

    Image

    むくむ時間から逆算

    サプリメントを飲むタイミングのひとつに、むくみやすい時間帯から逆算して飲むという方法があります。たとえば、立ち仕事をする時間帯が一番むくむという方の場合、立ち仕事の前にサプリメントを飲むという方法です。サプリメントを飲む時間をいろいろ検証し、自分にあった時間帯を探すのも良いでしょう。

    商品の記載通り

    商品の記載通りに服用し、徐々に自分にあった摂取方法を見つけるというのも良いでしょう。

    サプリメントは薬と異なり「食前・食後に服用」といった記載はありません。しかし、飲用する量などの目安は商品ごとに記載されています。中には目安量を超えずに摂取するようにと記載されている製品もあるので、記載をよく確認しましょう。

    また、サプリメントは食事と同じ扱いになります。ご自身の身体と相談しながら、自分にあった量や時間帯を探ってみてくださいね。

    むくみサプリメントの選び方

    Image

    栄養素を確認する

    サプリメントを選ぶ際、どのような栄養素が含まれているのかチェックしましょう。むくみが気になる場合は、塩分の排出を促進し、利尿効果があるといわれているカリウムや、血液の流れをさらさらにするポリフェノールやカルコンなどが入っているものがおすすめです。

    飲みやすい味で選ぶ

    むくみサプリメントは錠剤で販売されていることが多いです。製品によって、甘味があったり、粉っぽさや薬臭さを感じたりする場合もあります。継続して飲むためには、飲みやすい味であるかもポイントです。

    飲みやすい大きさを選ぶ

    サプリメントの大きさは製品によってさまざまです。薬を飲みこむのが苦手、という方がいるように、サプリメントも大きさによっては飲みこみづらい場合があります。噛み砕いて飲むことは問題ありませんが、ご自身にあった飲みやすい大きさのサプリメントが一番です。

    副作用に気をつける

    むくみサプリメントに限らず、サプリメントを摂取する場合はその副作用に注意する必要があります。むくみサプリメントを飲みすぎてしまった場合、カリウムを過剰に摂取してしまう可能性があります。腎機能に障害がある方では、高カリウム血症を引き起こしてしまうリスクがあるのです。

    また、キャンドルブッシュという成分が入っているサプリメントでは、まるで下剤を飲んだときのような症状が出てしまうこともあります。内容成分もよく確認した上で、製品ごとの容量目安を確認して飲むようにしましょう。

    Image

    カリウムの効能とむくみ解消効果!カリウムが不足するとどうなるの?推奨摂取量は?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28933

    水分バランスをサポートするサプリメント4選

    するるのおめぐ実

    Index img 01 pc

    するるのおめぐ実

    ¥3,804〜(2017/08/18 時点)

    購入はこちら

    1cmくらいの大きさの錠剤タイプのサプリメントです。「するるのおめぐ実」には、ろうもろこしのひげ(コーンシルク)から抽出したカリウムがたっぷり配合されています。

    また、赤ぶどう葉から抽出されたポリフェノールと、明日葉のカルコンも配合されているのが魅力です。もちろん添加物は使用されていないため、安心して摂取することができます。

    ■この商品に関する口コミ
    ・飲み始めて身体が軽くなった気がします。これからも継続的に飲みたいです。
    ・半信半疑でしたが、嫁の足のむくみ、痛みがひどく、購入しました。飲み始めて数日経過した結果は、あっていたようで楽になったと言っています。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    Dr’sタイツー

    Img productdetail t2

    Dr’sタイツー

    ¥7,020〜(2017/08/18 時点)

    購入はこちら

    このサプリメントの一番の特徴は、医師と薬剤師が監修しているという点です。安心安全へのこだわりから、カプセル状のサプリメントによく使用される豚ゼラチンを使わず、植物由来のナチュラルで安全なカプセルを使用しています。添加物はもちろん不使用です。

    また、ヨーロッパでハーブティーとして古くから親しまれてきたブッチャーズブルームが含まれています。ブッチャーズブルームには利尿作用があるとされ、むくみ改善や動脈硬化を予防する働きがあるといわれています。

    ピュアエサラ

    416xnszanql. sy355

    ピュアエサラ

    ¥4,320〜(2017/08/18 時点)

    購入はこちら

    「ピュアエサラ」は天然ミネラル成分のカリウムが配合されたサプリメントで、体内にたまった余分な水分をすっきりさせてくれます。

    その他に、体内の老廃物を排出する能力に優れたタンポポ根エキスや、ビタミンCやβカロテンが豊富なニガウリ抽出物、肌のトラブルに最適な漢方薬として知られるハトムギが配合されています。雑誌でも多く取り上げられ、若い女性に人気のむくみサプリメントです。

    きゅきゅっとスリム

    Imgrc0062321104

    きゅきゅっとスリム

    ¥4,410〜(2017/08/18 時点)

    購入はこちら

    「きゅきゅっとスリム」は、ポリフェノールたっぷりの赤ブドウ葉、メリロート、とうもろこしのひげ、明日葉、利尿効果のあるカリウムが配合されたむくみサプリメントです。1日1粒ととてもお手軽なのに、3種類のダイエットサポート成分やビタミンミネラルを一緒に摂ることができるため、忙しい方でも気軽に試すことができますよ。

    市販のむくみサプリメント3選

    DHCメリロート

    81hvrud%2birl. sl1500

    DHCメリロート

    ¥540〜(2017/08/18 時点)

    メリロートはマメ科の植物で、ヨーロッパでは医薬品として使用されるハーブのひとつです。メリロートの有効成分であるクマリンには血液をサラサラにする働きがあります。体内の血流が改善されることで、むくみ予防にもなります。

    夕方にだるさを感じる方は、昼食後にまとめて摂るのがおすすめだそうですよ。目安量である1日2粒を超えないように注意し、過剰摂取を避けましょう。

    ■この商品に関する口コミ
    ・ずっと飲んでいます。糖尿病になってから、手の指や足が浮腫みやすくなっていましたが、これを飲むと浮腫みがなくなります。
    ・1日中、パソコンの前に座っているので、夕方になると足がだるくてむくんできましたが、足のだるさやむくみが軽くなったように感じます。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    DHCγトコフェロール

    51a3pthkd5l

    DHCγトコフェロール

    ¥1,080〜(2017/08/18 時点)

    植物由来の天然ビタミンEであるγ(ガンマー)トコフェロールには、余分な水分の流れをサポートして水分バランスを保つ働きがあるといわれています。このサプリメントは、体内の水分バランスを整えてくれるので、むくみで身体が思いと感じている方におすすすめです。

    ■この商品に関する口コミ
    ・1日1粒で良くてかなり粒が小さいので、続けやすいです。ほとんどむくむことがないので、効いてるのだと思います。
    ・お酒が大好きなのですが、翌日のむくみが気になっていました。パンパンにむくんでいた顔が、すっきりしました。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    ファンケルメリロート

    51a95a2v7il

    ファンケル メリロート キュットレスト

    ¥2,052〜(2017/08/18 時点)

    ヨーロッパを中心に古くから利用されているハーブのメリロートを主成分としたサプリメントです。その他に、ビタミンPや必須アミノ酸を配合しています。口コミでは立ち仕事で足がむくむという方に人気で、体感を得ている人も多いようですよ。

    ■この商品に関する口コミ
    ・痛みが改善されたのでこれは効いてると実感できました。
    ・アパレル販売員のため1日立ちっぱなしで、年々疲れが取れにくくなってきていました。ファンケルのお姉さんにすすめられたとおり、昼休みに8粒まとめて飲んでみたところ、夕方の疲れがまったく違いました。

    引用元:www.cosme.net

    サプリメント以外で対策する方法

    Image

    むくみに良いといわれる食べ物

    むくみに良いといわれる食べ物は、塩分の排出を促進するカリウムや、血流を良くする働きがあるビタミンEを多く含んでいます。

    ・カリウムを多く含む食品:
    アボカド、バナナ、ほうれん草、にんにく、イモ類(大和芋、里芋、さつまいも)、海藻類(特にひじき、昆布)、大豆(特に納豆)など

    ・ビタミンEを多く含む食品:
    アーモンド、ピーナッツ、アボカド、かぼちゃ、ほうれん草、卵、ごまなど

    カリウムは水溶性の成分で水に溶け出しやすいという特徴があります。そのため、生で食べたり、調理するときには煮汁を使用したりするのがおすすめです。むくみが気になるときは、カリウムやビタミンEを含む食べ物を意識的に摂取すると良いでしょう。

    むくみに効果的なマッサージ

    気になる部分のマッサージを行うことで、むくみが軽減されて楽になることもあります。身体の末端から中心に向かって、肌をなでるようにさするのがポイントです。マッサージ用のクリームやオイルなどを使用すると、すべりが良くなって肌に摩擦刺激を与えずにすみます。

    血行を良くしてむくみ対策

    静脈やリンパ管が滞り血行が悪くなると、むくみの原因となります。適度な運動をしたり、入浴して身体を温めたりすることで血液の循環を促し、むくみを軽減することができます。

    Image

    むくみを改善する食べ物・飲み物は?むくみやすい体質と予防方法も紹介

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28859

    あわせて読みたい

    Image

    手のむくみの原因は?病気の可能性は?症状と解消法を解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28872
    Image

    足(脚)のむくみを解消する方法は?マッサージやツボは効果的?原因と対策を解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28903
    Image

    おすすめのむくみ解消グッズランキング!オフィスで使えるグッズもご紹介

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28884
    Image

    むくみを解消するマッサージ!やり方や注意点を足(脚)など部位別に解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28860
    Image

     足・顔・手のむくみに効果的なツボは?部位別にツボの場所と押し方を解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28952

    関連する人気の記事

    ライフスタイルのカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    *hana-maru*

    かつては都会で看護師として働いていましたが、 今は大…

    ライフスタイル デイリーランキング

    おすすめの記事