更新日:2017年08月17日

まぶた(目)がむくむ原因は?むくみの解消法と予防法も解説

朝起きてまぶたがむくんでいると、朝から気分が落ち込みますよね。第一印象も変えてしまいかねない、まぶたのむくみ。その原因は一体なんでしょうか。解消法と予防法もあわせて解説します。体内の水分のバランスを整え、むくみにくい身体にする効果が期待できるサプリメントもご紹介するので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

1569
0

目次

    まぶた(目)がむくむ原因

    Image

    まぶたは全身の皮膚の中で最も薄く、また皮下脂肪が少ない部位です。それに加え、毛細血管が集まっていることもあり、むくみが起こりやすい場所です。

    まぶたがむくむ原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

    生活習慣による原因

    まぶたがむくむ原因のひとつに、日々の生活習慣があります。

    ・塩分の摂りすぎ
    ジャンクフードやインスタント食品など、偏った食事を摂ることで塩分(塩化ナトリウム)を摂りすぎてしまいます。塩分は浸透圧の関係で水を引き込む特性があるため、過剰摂取することで細胞間に余分な水分を取り込み、まぶがたがむくむ原因となります。

    ・お酒の飲みすぎ
    お酒は血管を広げます。飲みすぎてしまうと、血管内の水分が血管の外に漏れだしてしまい、むくみの原因となります。

    ・まぶたをこする
    泣きすぎて目が腫れた経験がある人は多いと思います。しかし実際は、涙ではなく、目をこすったことが原因でまぶたが腫れてしまうのです。まぶたの裏には多くの毛細血管が通っており、こすってしまうことで血管が傷んでむくみの原因になります。

    ・睡眠不足、寝すぎ
    睡眠不足になると、身体の中に老廃物や水分をため込みやすくなり、むくんでしまうことにつながります。逆に寝すぎも、身体を動かさない状態が長くなるため、リンパが滞りむくみの原因になります。

    ・枕が低い
    枕が低いと血流が頭に上り、顔やまぶたに血液がたまるため、むくみの原因になります。

    疾患による原因

    まぶたがむくむ原因として、生活習慣の他に疾患があげられます。さまざまな疾患がむくみの原因となりますが、代表的なものは以下の通りです。

    ・花粉症、ハウスダスト、食品、薬品などによるアレルギー
    ・うっ血性心不全
    ・急性腎炎やネフローゼ症候群などの腎疾患
    ・甲状腺機能低下症
    ・低たんぱく血症

    まぶたがむくむということの裏側に、全身性の病気が潜んでいる可能性があります。疾患が原因の場合は、医療機関に受診して治療を行う必要があります。

    まぶた(目)のむくみを解消する方法

    Image

    マッサージ

    まぶたのむくみ対策として、リンパマッサージをするという方法があります。

    ただ、まぶたはとても皮膚が薄いため、こすったり強く押したりするのは摩擦刺激となって皮膚を傷めてしまいます。眉の下から目の周り、そしてこめかみにかけて優しく押すように行うと良いでしょう。

    Image

    むくみを解消するマッサージ!やり方や注意点を足(脚)など部位別に解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28860

    ツボ

    目元の血流を良くするという意味で、ツボ押しすることもまぶたのむくみ対策のひとつです。

    「眉頭の内側のくぼみにあるツボ」と「目頭の下のくぼみにあるツボ」を優しく3秒ほど押すと目元がすっきりします。

    Image

     足・顔・手のむくみに効果的なツボは?部位別にツボの場所と押し方を解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28952

    温冷タオル

    蒸しタオルと冷水を交互に顔に当てることで、滞った血流が促進されてむくみ解消につながります。蒸しタオルは、濡れたタオルを電子レンジで30秒ほど温めるとすぐにできますよ。

    食べ物

    むくみに良いといわれる食べ物は、塩分の排出を促進するカリウムや、血流を良くする働きがあるビタミンEを多く含んでいます。

    ・カリウムを多く含む食品:
    アボカド、バナナ、ほうれん草、にんにく、イモ類(大和芋、里芋、さつまいも)、海藻類(特にひじき、昆布)、大豆(特に納豆)など。
    ・ビタミンEを多く含む食品:
    アーモンド、ピーナッツ、アボカド、かぼちゃ、ほうれん草、卵、ごまなど。

    カリウムは水溶性の成分で水に溶けだしやすいという特徴があります。そのため、生で食べたり、調理したりするときには煮汁を使用したりするのがおすすめです。

    むくみが気になるときは、これらの食べ物を意識的に摂取するよう心がけると良いでしょう。

    まぶた(目)のむくみを予防する方法

    Image

    枕を高くする

    枕が低いと血流が頭に上り、顔やまぶたに血液がたまりやすくなります。頭が心臓より高い位置になるように枕を調整することで、顔やまぶたに血液がたまることがなくなり、むくみ予防につながります。

    健康的な食生活をする

    外食やインスタント食品、ファストフードなどの偏った食生活を送ると、塩分を摂りすぎてしまいむくみの原因になります。塩分を控えめにして健康的な食生活を送り、むくみを予防しましょう。

    また、適度な水分摂取もむくみ予防には効果的です。1日1.5L~2L程度を目安に飲むと良いでしょう。

    運動不足を解消する

    身体を動かす機会が少ない人は、新陳代謝が下がって血行やリンパの流れが滞り、むくみやすい身体になってしまいます。

    軽いウォーキングなどをして身体を動かすことで、血液やリンパの流れが整えられ、むくみを予防できます。

    まぶたを保湿する

    まぶたの周りはとても皮膚が薄い部分です。刺激に敏感であるため、血流が滞るとむくみやクマの原因となってしまいます。

    化粧水をたっぷりとつけて潤いを与え、クリームなどで保湿すると、滞っていたまぶたの血流が促進されやすくなります。クリームを塗る際に優しく目の周りをマッサージするとさらに効果的です。

    水分バランスをサポートするサプリメント4選

    Image

    塩分の摂りすぎなどで身体がむくんでしまっている人は、カリウムなど体内の水分のバランスをサポートしてくれる栄養素を摂取することで、余分な水分やナトリウムを尿と一緒に身体の外に排出してくれます。

    栄養素の中には身体の中で生成することはできないものもあります。そのため、食事やサプリメントなどから補うことになります。

    するるのおめぐ実

    Index img 01 pc

    するるのおめぐ実

    ¥3,804〜(2017/08/17 時点)

    購入はこちら

    1cmくらいの大きさの錠剤タイプのサプリメントです。

    するるのおめぐ実には、とうもろこしのひげ(コーンシルク)から抽出したカリウムがたっぷり配合されており、利尿作用を高めてくれます。また、赤ぶどう葉から抽出されたポリフェノールや、明日葉のカルコンも、ともにむくみ対策に強力な味方となります。

    無添加のサプリメントですので、安心して摂取することができます。

    ■この商品に関する口コミ
    ・飲み始めて身体が軽くなった気がします。これからも継続的に飲みたいと思います。

    ・半信半疑でしたが、嫁の足のむくみ、痛みがひどく、購入しました。飲み始めて数日経過し、楽になったと言っています。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    Dr’sタイツー

    Img productdetail t2

    Dr’sタイツー

    ¥7,020〜(2017/08/17 時点)

    購入はこちら

    医師と薬剤師が監修している、安全安心にこだわったサプリメントです。

    カプセル状のサプリメントによく使用される豚ゼラチンを使わずに植物由来のナチュラルで安全なカプセルを使用。添加物はもちろん不使用です。

    ヨーロッパでハーブティーとして古くから親しまれてきたブッチャーズブルームが含まれています。これには利尿作用があるとされ、むくみ改善や動脈硬化を予防する働きがあるといわれています。

    ピュアエサラ

    416xnszanql. sy355

    ピュアエサラ

    ¥4,320〜(2017/08/17 時点)

    購入はこちら

    ピュアエサラは天然ミネラル成分のカリウムがたっぷり配合されたサプリメント。そのため、体内にたまった余分な水分をすっきりさせてくれます。

    その他に体内の老廃物を排出する能力に優れたタンポポ根エキスや、ビタミンCやβカロテンが豊富なニガウリ抽出物、肌のトラブルに最適な漢方薬として知られるハトムギが配合されています。

    雑誌でも多く取り上げられており、若い女性に人気のむくみサプリメントです。

    きゅきゅっとスリム

    Imgrc0062321104

    きゅきゅっとスリム

    ¥4,410〜(2017/08/17 時点)

    購入はこちら

    ポリフェノールたっぷりの赤ブドウ葉、メリロート、とうもろこしのひげ、明日葉、そして利尿効果のあるカリウムが配合されたむくみサプリメントです。

    摂取目安は1日1粒。普段の生活にとても気軽に取り入れることができます。

    さらに3種類のダイエットサポート成分やビタミンミネラルを一緒に摂ることができるため、むくみとともにダイエットも気になるという方におすすめの製品です。

    普段の生活習慣に気をつけて

    Image

    むくみの原因とむくみの予防方法についてご紹介しました。

    疾患が原因であるむくみには、治療を行うことが必要です。気になる症状がある場合には早めに医療機関を受診して不安を解消しましょう。

    生活習慣が原因のむくみの場合は、日々ちょっとしたことに心がけることでむくみを軽減することができます。食生活や運動、マッサージやサプリメントなど、取り入れやすいことから少しずつ始めるようにしてみてください。

    むくみがすっきりして、心も身体もリフレッシュした日々を過ごすことができると良いですね。

    あわせて読みたい

    Image

    むくみのメカニズム(仕組み)とは?症状別に徹底解説

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28836
    Image

    「むくみ」を解消したい!気軽にできるかんたんマッサージ・おすすめグッズ

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7263
    Image

    生理前・生理中に顔や足がむくむ原因は?食事と血行を改善しよう!

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28620
    Image

    妊婦さんの多くが悩む妊娠中のむくみ!むくみ解消の8つの方法

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12619
    Image

    つらい臨月のむくみ・・・原因と対策!簡単にできる臨月のむくみ解消法7選♪

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17041

    関連する人気の記事

    ライフスタイルのカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    *hana-maru*

    かつては都会で看護師として働いていましたが、 今は大…

    ライフスタイル デイリーランキング

    おすすめの記事