更新日:2017年10月13日

むくみで体重は増える?むくみの原因と対策もご紹介

身体がむくんでいると、鏡に映った姿まで太ったように感じますよね。身体が重いと感じている人もいるようです。では、実際に体重は増えているのでしょうか。ここでは、むくみによって体重は増えるのか、体重が増えている場合の原因と対策についてご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
3929
0

むくみとは

Image

むくみとは、血管内の水分が血管外に漏れてしまい、皮下組織(皮膚の下)に水がたまった状態のことを指します。医学用語では浮腫(ふしゅ)といいます。

Mobile favicon

むくみのメカニズム(仕組み)とは?症状別に徹底解説

むくみの原因

Image

むくみには「生活習慣が原因のもの」と「疾患が原因のもの」のふたつがあります。疾患が原因のむくみは、症状によって「全身性のむくみ」と「局所性のむくみ」のふたつにさらに分けられます。それぞれどのような生活習慣や疾患がむくみの原因となるのでしょうか。

生活習慣によって生じるむくみの原因

生活習慣によって起こるむくみの原因には、以下のようなことが考えられます。

・寝不足、ストレス
・デスクワークなどで、長時間同じ姿勢でいる
・運動不足による筋力の低下
・栄養不足(ビタミン、ミネラル、たんぱく質など)
・塩分やアルコール、水分の摂りすぎ
・冷え

生活習慣が原因でむくみが生じた場合、食生活の改善や運動、マッサージなどでむくみを軽減することができます。

疾患によって生じる、全身性のむくみの原因

全身性のむくみは、内臓疾患やホルモンの分泌異常によって生じることが多く見られます。主な疾患は以下の通りです。

・うっ血性心不全
・腎疾患(ネフローゼ、急性腎炎)
・肝硬変
・甲状腺機能低下症
・薬剤性浮腫(消炎剤などの薬の副作用)
・特発性浮腫

疾患によって生じる、局所性のむくみの原因

局所性のむくみは、静脈やリンパ管に障害が起こることで生じ、左右非対称にむくみの症状が出ることが特徴です。主な原因は以下の通りです。

・静脈性浮腫(深部静脈血栓症、下肢静脈瘤など)
・リンパ浮腫
・アレルギー性浮腫(食物アレルギーや薬物アレルギー、虫刺されなど)
・廃用性浮腫(長期にわたる寝たきり状態、麻痺など)

むくみで体重は増える?

Image

むくみは、体内の血行やリンパの流れが悪くなり、余分な水分や老廃物が排泄されずにたまってしまうことで生じます。排泄できずに体内にたまるということは「むくみが原因で体重は増える」ということを意味します。

症状別の特徴

Image

一般的な浮腫の体重増加

むくみの一般的な症状として、朝起きたときに顔が腫れぼったかったり、夕方に足がむくんで靴がきつく感じたりすることがあります。これらは、長期間むくみ続けることはない一過性のむくみです。朝に比べて夕方に体重が増えていることが多く、1kg程度の体重の増加であれば正常範囲内であり、ほとんどの場合は心配ないでしょう。

特発性浮腫による体重増加

特発性浮腫は原因不明のむくみです。立ち姿の姿勢でむくみを生じることが多く、主に中年の女性が発症するといわれています。夕方になると体重が1.5~3kg増加するのが特徴です。むくみの他に、疲労感や不安感、うつ状態に陥るといった精神的な症状をきたすこともあります。

1日の中で大きな体重の増減がある場合は注意が必要です。すぐに受診しましょう。

Mobile favicon

これってむくみ?むくみの症状を解説!足や顔にできた場合の対処法は?

むくみの対策方法

Image

生活習慣が原因のむくみの場合、対策を行うことでむくみを軽減させることができます。むくみの対策方法についてご紹介しましょう。

マッサージ

むくみが気になる部分のマッサージを行うと、血流やリンパの流れが良くなり、むくみのつらさを軽減することができます。身体の末端から中心に向かって、肌をなでるようにさすりましょう。マッサージ用のクリームやオイルなどを使用するとすべりが良くなり、肌に摩擦刺激を与えずにマッサージができます。

カリウムの摂取

カリウムは体内の水分バランスを整える働きをする栄養素です。カリウムを含む食材を摂取し、体内の余分な水分や老廃物を尿として排泄させるとむくみが軽減するといわれています。バナナやアボカド、豆乳などは、カリウムを多く含むのでおすすめです。

適度な運動

身体を動かす機会が少ないと、血行やリンパの流れが滞ってむくみやすい体質になります。いきなり激しい運動をする必要はありません。軽いウォーキングなどで身体を動かす習慣をつけると良いでしょう。

内臓を冷やさない

身体が冷えてしまうことは、血行不良やリンパの流れが滞って老廃物がたまりやすい原因となります。暑い季節であっても、アイスや冷たい飲み物、冷房などで身体を冷やしすぎないように気をつけましょう。

Mobile favicon

むくみを改善する食べ物・飲み物は?むくみやすい体質と予防方法も紹介

水分をサポートするサプリメント4選

塩分の摂りすぎや生活習慣の乱れで身体がむくんでしまっている人は、むくみ対策としてサプリメントを活用するのがおすすめです。カリウムなどの体内の水分のバランスをサポートしてくれる栄養素を摂取することで、余分な水分や老廃物を尿と一緒に身体の外に排出してくれます。

なかなか食生活を改善できないという方も、サプリメントであれば簡単に日々の生活に取り入れることができます。

するるのおめぐ実

Index img 01 pc

するるのおめぐ実

¥3,804〜(2017/10/13 時点)

購入はこちら

1cmくらいの大きさの錠剤タイプの「するるのおめぐ実」のポイントは、とうもろこしのひげ(コーンシルク)から抽出したカリウムがたっぷり配合されていることです。また、赤ぶどう葉から抽出されたポリフェノールや、明日葉のカルコンも、ともにむくみ対策に強力な味方となります。

余分な添加物は使われていないサプリメントなので、安心して摂取することができるでしょう。

■この商品に関する口コミ
・飲み始めて身体が軽くなった気がします。これからも継続的に飲みたいです。
・半信半疑でしたが、嫁の足のむくみ、痛みがひどく、購入しました。飲み始めて数日経過した結果は、あっていたようで楽になったと言っています。

引用元:review.rakuten.co.jp
公式サイトで確認する

Dr’sタイツー

Img productdetail t2

Dr’sタイツー

¥7,020〜(2017/10/13 時点)

購入はこちら

医師と薬剤師が監修している、安心安全にこだわったサプリメントです。カプセル状のサプリメントによく使用される豚ゼラチンを使う代わりに、安全性を考慮した植物由来のカプセルを使っています。添加物が使用されていないのもうれしいですね。

ヨーロッパで利尿に良いハーブティーとして古くから親しまれてきた、ブッチャーズブルームも含まれています。ブッチャーズブルームは、むくみを改善したい人にぴったりのハーブです。

公式サイトで確認する

ピュアエサラ

416xnszanql. sy355

ピュアエサラ

¥4,320〜(2017/10/13 時点)

購入はこちら

ピュアエサラは雑誌でもよく見かける、若い女性からの注目を集めている話題のサプリメントです。天然ミネラル成分のカリウムがたっぷり配合されており、身体をすっきりさせたい人に向いています。

さらに、体内の老廃物を排出に良いタンポポ根エキスや、ビタミンCやβカロテンが豊富なニガウリ抽出物、美肌を目指す人にぴったりのハトムギなどが配合されているのが特長です。

公式サイトで確認する

きゅきゅっとスリム

Imgrc0062321104

きゅきゅっとスリム

¥4,410〜(2017/10/13 時点)

購入はこちら

「きゅきゅっとスリム」に含まれているのは、カリウムはもちろんのこと、ポリフェノールたっぷりの赤ブドウ葉、メリロート、とうもろこしのひげ、明日葉です。摂取目安は1日1粒なので、普段の生活に気軽に取り入れられるでしょう。

さらに、3種類のダイエットサポート成分やビタミンミネラルを一緒に摂ることができるため、むくみだけでなくダイエットも気になるという方におすすめの製品です。

公式サイトで確認する
Mobile favicon

むくみサプリの人気ランキング4選!選び方と飲むタイミングは?市販でおすすめのサプリも紹介

あわせて読みたい

Image

足・顔のむくみの原因と解消法!むくみを予防する食べ物や飲み物も紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28939
Image

むくみを解消するマッサージ!やり方や注意点を足(脚)など部位別に解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28860
Image

 足・顔・手のむくみに効果的なツボは?部位別にツボの場所と押し方を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28952
Image

カリウムの効能とむくみ解消効果!カリウムが不足するとどうなるの?推奨摂取量は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28933
Image

むくみに効果的な漢方薬は?副作用はあるの?おすすめの漢方薬もご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28954

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事