更新日:2017年08月10日

マカに副作用はあるの?マカの成分と正しい摂取方法を解説

マカにはさまざまな栄養素が含まれており、男性女性問わず今注目されている食材です。そのため、マカが配合されたサプリメントも多くの商品が売り出されています。マカに含まれる成分はどのようなものなのでしょうか。ここでは、マカの正しい摂取方法と副作用についてご紹介します。

6446
0

マカとは

Image

マカは、南米ペルーのアンデス地方で栽培されるアブラナ科の多年生植物で、カブや大根の仲間です。インカ帝国時代には特権階級の食べ物として珍重され、現在はペルー政府の貴重な資源です。そのため、加工していないマカそのものをペルー国外に持ち出すことは法律で禁止されています。

昼は20℃以上、夜は-15℃という過酷な環境で育つマカは、土壌の養分を大量に吸収してしまうため、一度栽培するとしばらくその地は不毛になるといわれています。

マカは滋養強壮に用いられるケースが多く、健康な男性には性欲を改善するという研究結果も出ています。また、男性のみならず、妊活にマカを取り入れる女性も多く見受けられますが、妊娠のしやすさや滋養強壮など、原因や理由については医学的にはっきりと解明されていません。

日本では1990年に初めてマカが紹介され、2000年ごろより一般的に知れ渡るようになりました。不妊や体力・気力の低下、更年期にかかわるさまざまな症状の改善目的で、薬局やドラッグストア、通販などでマカのサプリメントが取り扱われています。

マカの成分

Image

アミノ酸

アミノ酸は、3大栄養素であるたんぱく質を構成する際に必要な栄養素です。たんぱく質を構成するアミノ酸は役20種類あり、その中でも体内で合成することができない9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」と呼びます。

マカに含まれるアミノ酸には、アルギニンとリジンがあります。アルギニンは、成長ホルモンの分泌促進や、血流改善、疲労回復、免疫力強化などのさまざまな機能があるとされています。「準必須アミノ酸」とも呼ばれていますが、これは、体内で作ることができない必須アミノ酸ではなくとも、ストレスなどによって合成量が不足しやすいためです。

リジンは身体の組織の修復や成長に関与する、必須アミノ酸の一種です。ホルモンや酵素などを作る機能があり、疲労回復や肝機能の向上、髪の健康を保つ効果、脳卒中の発症を抑制する効果があるとされています。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸とは、脂質を作る成分である脂肪酸の一種で、主に植物や魚の脂に多く含まれている成分です。体内で合成することができない脂肪酸を「必須脂肪酸」と呼び、リノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸を指します。マカには、必須脂肪酸であるリノール酸、α-リノレン酸が含まれています。

リノール酸は、コレステロールを下げる作用があり、成人病の予防や治療に用いられます。α-リノレン酸には、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の解消やがん細胞の蔵書公抑制、血圧の低下、血液の流れを良くする作用などがあるとされています。

ミネラル

マカにはカルシウムや鉄といったミネラルが含まれています。カルシウムは骨や歯を作る働きのほかに、筋肉の収縮をスムーズにしたり、神経の働きを助けたりする役割があります。

また、鉄は赤血球をつくるヘモグロビンの成分として重要な栄養素です。特に女性は月経や出産などで鉄を失う機会が多く、1日の必要摂取量が男性よりも多量です。カルシウムも鉄も、意識して摂取する必要のあるミネラルといえるでしょう。

マカの摂取で副作用はあるの?

Image

基本的には、マカは植物であるため、一般的な摂取量であれば問題はないと考えられます。しかし、サプリメントなどによってマカの加工品を摂取する場合は、過剰摂取の可能性があるため注意が必要です。

マカに含まれる栄養素(アルギニンなど)にはホルモンバランスに作用するものが含まれています。そのため、特に女性はホルモンバランスが乱れて生理周期が変わってしまったり、イライラしたり、便秘や下痢になったりする可能性があります。

また、妊娠中や授乳中の安全性については明確なデータがないため、摂取を控えるか、主治医に相談すると良いでしょう。

正しい摂取方法

Image

アレルギーをチェックする

マカが配合されたサプリメントを摂取する際は、ほかの食品同様、食物アレルギーがある方は注意が必要です。マカに限らず、サプリメントに含まれる成分にアレルギーのものが含まれていないかよく確認しましょう。

摂取量を守る

サプリメントは医薬品ではないため、用法用量の取り決めはありません。しかし、商品ごとに摂取目安があります。目安を大幅に超えた量を摂取すると、栄養素の過剰摂取によって健康に障害が出るおそれがあります。

マカのサプリメントの場合、必須アミノ酸であるリジンを過剰摂取すると、腎機能障害を引き起こす能性が考えられます。また、アルギニン酸の過剰摂取によってホルモンバランスが乱れたり、下痢を起こしたりする可能性があります。

摂取量を守りましょう

Image

マカには多くの貴重な栄養素が含まれるため、摂取後の効果にも期待が持てます。しかし、効果に期待するあまり、過剰に摂取したり身体にあっていないのに飲み続けたりすると、健康に障害が出てしまう可能性も否定できません。マカサプリメントを摂る場合は、体調と相談しながら摂取目安を守って上手に活用するようにしましょう。

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

*hana-maru*

かつては都会で看護師として働いていましたが、 今は大…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事