更新日:2017年11月13日

妊娠中の手足やお腹の湿疹!原因は?薬で治る?

妊娠中は、体重の増加やむくみなど身体の変化とともに、さまざまな悩みを抱えることが多いかもしれません。妊娠中はただでさえ身体の不調を感じやすいなか、目立つ湿疹ができると悲しくなってしまいますよね。妊娠中の湿疹の原因やステロイドなどの薬を使用した場合の胎児への影響などを解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
3680
0

妊娠中は肌トラブルに悩むことが多い?

Image

妊娠中によくある悩みのひとつに肌トラブルがあります。お腹が大きくなるにつれてできる妊娠線や湿疹、肌の乾燥、皮膚の黒ずみなど肌トラブルの種類は人によってさまざまです。症状により原因は異なりますが、妊娠中は「エストロゲン」と呼ばれるホルモンの分泌量が多くなり、ホルモンバランスが変化して肌トラブルが起こることがあります

肌トラブルと妊娠の関連性に気づかず、市販の薬や自己流の対処法で肌トラブルを悪化させてしまったり、対処せずに放置してしまったりといったことで症状が深刻化してしまうケースもあります。気になることがあれば、妊婦健診の際に担当医に相談すると良いでしょう。

手足やお腹などに現れる妊婦の湿疹

Image

妊娠中は心と身体にさまざまな変化が起こりますが、皮膚も妊娠によって変化が生じる場合があります。なかでも妊婦の湿疹に悩む声は少なくありません。いろいろな湿疹のケースがありますが、湿疹の出る部位としては、お腹をはじめ腕や顔、胸、指、目の周り、全身など人によって異なります。

湿疹が出る時期も個人差がありますが、妊娠中期以降に出始めたという声が多いようです。夏は汗をかくこともあり湿疹の悩みが増え、夜寝ているあいだにかいてしまうという悩みもあるようですね。

妊娠中の湿疹にかゆみはある?肌荒れや色素沈着の症状は?

Image

妊娠中の湿疹にはさまざまなものがあります。代表的なものでは妊娠性痒疹、多形妊娠疹(PEP、PUPPP)、下肢静脈瘤、うっ滞性皮膚炎、もともと持っていたアトピー性皮膚炎が妊娠により悪化する場合や、湿疹自体は出ないもののかゆみが現れる妊娠性掻痒症(にんしんせいそうようしょう)などもあります。

原因や具体的な疾患により異なりますが、妊娠後に肌が荒れるようになった、色素沈着したというケースもあります。肌トラブルがいつまで続くのか気になる、肌トラブル以外に熱や咳など他に気になる症状がある、眠れないほどのかゆみに悩まされているなどの場合にはひとりで思い悩まず、病院へ相談しに行きましょう。

Mobile favicon

妊娠性痒疹ってどんな病気?知っておきたい原因と症状、治療法

妊娠中の湿疹の原因は?

Image

湿疹の原因は疾患により異なりますが、代表的なものとしてはホルモンバランスの変化があげられます。妊娠によって体重が増加し頻繁に汗をかくにようになった、つわりにより不眠になり肌が荒れたといったケースや妊娠性痒疹などの新たな疾患を発症したケースもあります。また、妊娠により貧血になり鉄剤を飲んでいる妊婦の場合、鉄剤の副作用としての発疹の可能性もあります。

妊娠中に湿疹が出たり肌荒れしたりする場合、お腹の子どもと妊婦の血液型や性別が違うという話があるようです。もちろん噂のようなもので全ての人に当てはまる訳ではありませんが、お腹の子どものことを想像するきっかけのひとつとして捉えるのは興味深い考え方ですね。

妊婦の湿疹は薬で治す?市販薬やその他の対処法は?

Image

皮膚科で処方された薬で治療する

妊娠中は飲み薬だけでなく塗り薬でも、胎児への影響を考えて使用が見送られる場合があります。皮膚科を受診する際には妊娠中である旨をきちんと医師に伝えて、妊娠中でも使える薬の処方ができるか相談してみましょう。

皮膚科で処方されることが多いステロイドですが、自己判断で使用しない・使用を中止する方もいるようです。一時的なステロイドの使用では胎児への影響はないといわれています。また、妊婦自身への影響も医師の指示に従い、症状に合わせて使用量を調整することで副作用は生じないといわれています。不明点や不安な点があれば医師に相談・確認し、重症化する前に治すひとつの手段として考えてみても良いかもしれませんね。

オロナインなどの市販薬は使える?

湿疹の原因によっては市販薬を使用することもできます。虫さされであれば、ムヒのような市販薬を使用しても良いかもしれません。乾燥の場合にはワセリンやユースキンなどさまざまな市販品がありますが、乾燥を改善するクリームや軟膏は種類が多く、配合も商品によってさまざまなため、万が一のことを考えて医師に相談しておくと安心でしょう。

食べ物で対策はできる?

漢方の世界ではよもぎが湿疹に聞くという話があるそうですが、注意が必要です。よもぎはブタクサなどの秋の花粉の1種としても有名なため、人によってはアレルギー症状が現れる可能性があります。自己流で対処してしまうと、かえって悪化するケースも多いため、湿疹の症状が気になるようであれば病院を受診するのが確実でしょう。

妊婦の湿疹は自己判断せず、病院へ相談しよう

Image

妊娠中の湿疹は、妊娠中の身体の変化に伴い発症しているものであれば、出産後には自然と治るケースもあるようです。原因不明のまま市販品の使用を続けたり、長いあいだ放置してしまったりすると悪化してしまうこともあります。あまり思い悩まず、悪化する前に早い段階で病院を受診しましょう。

湿疹のみならず、妊娠中は妊娠線をはじめ、肌トラブルが起こることは珍しくありません。貴重な妊婦生活を笑顔で過ごせるように、重症化していなくても気になるようであれば医師に相談してみてくださいね。

あわせて読みたい

Image

妊娠中に起こるかゆみ!妊娠性皮膚掻痒症の原因と対処法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4350
Image

ガンジダ腟炎とは?原因や治療法、おりものなどの症状は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24045
Image

妊娠後期のかゆい妊娠線!かゆみの対策は?産後はどうなる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28651
Image

妊娠中の胸の張り・痛み・痒みが辛い!その原因と対策とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12636

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事