更新日:2017年10月16日

ベルタ酵素で効率よくファスティングするやり方は?1日断食など3つの方法をご紹介

ファスティングとは「断食」のことです。ファスティングだけで痩せることはできませんが、痩せやすい体質へ改善する効果があります。ベルタ酵素ドリンクを活用してファスティングをすると、満腹感を得ながら効率良く体質改善することができます。ここでは、ベルタ酵素を使ったファスティングの正しいやり方について詳しく説明していきます。

1015
0

ベルタ酵素の飲み方

Image

水で3~5倍に薄めて飲みましょう

「ベルタ酵素ドリンク」は原液のままでもおいしく飲むことができますが、基本的には水で3~5倍に薄めて飲むことをおすすめします。通常、食事から摂った栄養素は、体内で酵素と水分の働きにより分解されます。

ほかの飲み物で割ることもできますが、ファスティング中など空腹時に飲む場合の胃への負担が気になる方は水や白湯で割って飲むと良いでしょう。

生理後1週間程度から始めるのがおすすめ

ベルタ酵素でのファスティングは、生理後1週間ごろから開始することをおすすめします。生理前から生理中の期間、体内では栄養を蓄えるように指示が出されます。一方で、生理が終わると蓄えるモードが解除され、元に戻すように身体が働きます。生理後の時期は一般的に痩せやすい時期ともいわれ、ダイエットに最適です。

また、生理前から生理中は、イライラしたり代謝が落ちたりしやすいため、効果が得られにくいともいわれています。心身ともにすっきりしやすい時期でもあるので、効果が得られやすい生理後からベルタ酵素を使ったファスティングを始めてみましょう。

ベルタ酵素ファスティングのやり方

Image

ベルタ酵素を使ったファスティングには「3日間ファスティング」「1日間ファスティング」「半日ファスティング」があります。3日間ファスティングは、3日間の3食すべてをベルタ酵素に置き換える方法です。空腹になりそうなイメージですが、食物繊維が豊富なベルタ酵素を摂り続けるため、お腹は空きにくいといわれています。

1日間ファスティングは1日のみ3食をベルタ酵素で過ごすもので、主に身体を慣らすために行われます。半日ファスティングは朝か夜の1食を置き換える方法であり、ファスティング初心者や胃腸を休ませたい方におすすめの方法です。

それぞれ断食する期間は異なりますが、どの方法もきちんとした手順で行う必要があります。準備期間・断食期間・回復期間をしっかり取り、健康的なファスティングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

3日断食

Image

準備期間

3日断食の準備期間は「3日間」です。断食本番に向けて徐々にお腹を軽くしていきます。満腹状態から断食を始めると強い空腹感におそわれる可能性があるため、この準備期間は大切です。断食本番の3日前からは、糖質の多いものは避けておきましょう。

断食期間

いよいよ断食の本番です。3日間3食すべてをベルタ酵素ドリンクに置き換えます。ドリンクとあわせ、水を1日2L程度飲むようにしましょう。

なお、ここで無理に長く断食することは避けてください。「食べたい」という気持ちを無理矢理抑え込むと、断食終了後にドカ食いしてしまい、太る可能性があるためです。必ず無理のない範囲で実施しましょう。

回復期間

断食後には回復期間を「3日間」作りましょう。回復期間は、身体の飢餓状態を徐々に元に戻していく時期です。

飢餓状態で好きなだけ食べると、吸収されやすく、簡単に脂肪となります。また、胃腸へ負担がかかりやすいともいわれています。断食により一時的に体重が減少しますが、体質の改善は完了していないため、胃腸に優しいメニューで消化機能を回復させてください。

なお、いったん空っぽになった胃は容量が小さくなりやすいため、定期的にファスティングすることで、少量でも満腹感が得られるようになるでしょう。

1日断食

Image

準備期間

1日断食では「断食の前日」から準備を始めます。前日の食事は糖質や脂質を避け、胃腸への負担を軽減しておきましょう。徐々に食事量を減らしていき、断食前日の夜は普段の7割程度の量にします。

断食期間

断食当日は、ベルタ酵素と水のみで過ごします。ベルタ酵素ドリンクを飲めばある程度空腹感が満たされるといわれていますが、これには個人差があります。空腹感が強い場合には、ベルタ酵素サプリを併用するなどの工夫をしましょう。また、脱水症状を避けるために、水を1日2L程度を目標に飲んでください。

回復期間

断食の翌朝から食事を再開します。このとき、いつも通りのメニューを大量に食べては意味がありません。重湯や野菜スープなど、胃腸に優しいものから始めてください。夜には普通食に戻すことができますが、脂質やタンパク質の摂りすぎに注意しましょう。

半日断食

Image

準備期間

半日断食の場合、3日断食のような入念な準備期間は必要無いといわれています。しかしながら、断食前にたくさん糖質や脂質を摂っていては胃腸を休めることができません。断食前の食事では、糖質や脂質を抑えたものを食べるようにしましょう。

断食期間

半日断食では、朝または夜の食事を抜きます。ライフスタイルにあわせて朝か夜を選びましょう。半日断食のポイントは、前回の食事から断食後に初めて摂る食事までのあいだを「18時間以上」空けることです。18時間以上空けることでしっかりと胃腸を休ませることができます。

なお、半日断食において昼食を抜くことはおすすめしません。朝と夜に食事を摂ると、胃腸を休めている時間が短くなってしまうからです。十分に胃腸を休ませられる間隔を考慮し、半日断食にチャレンジしてみましょう。

回復期間

準備期間と同様に、半日断食では回復期間が明確に決められていません。ドカ食いや高糖質・高脂質のものは避け、消化に良いものを食べるようにしましょう。

身体への負担が少ないベルタ酵素を使った半日断食は、継続して行っても問題ないといわれています。胃腸を休ませて身体をすっきりさせるためにも、ご自分のペースで定期的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

筆者の体験談

Image

昔から手足がむくみやすく、ぽっこりお腹が気になっていました。これまでいろいろなダイエットを試したものの、結局は挫折し元に戻るということを繰り返してきました。そんな中出会ったのが「ベルタ酵素」です。飲みやすさと効果の口コミが良かったため、試してみることにしたのです。

以前から断食すると「身体がすっきりする」とは聞いていたのですが、もともと食べるのが好きな筆者にはできないと決めつけていました。ベルタ酵素を使った断食であれば、甘みのあるドリンクを飲むことができるため続けられそうだと思い、断食にチャレンジすることにしました。筆者の場合、家族の食事を作らなければならないため、半日断食に挑戦です。

筆者が断食したのは、朝食です。ベルタ酵素ドリンクを飲むだけの朝食はすぐに終了するため、忙しい朝にぴったりでした。ピーチ味のドリンクは思ったよりも満腹感を得られ、物足りなさは感じません。

その日の昼食は、残り物で野菜スープを作り食べることにしました。半日断食ではあまり効果を実感できないだろうと思っていましたが、慢性的にある胃の重さがすっきりしました。

ずっと悩んでいた胃もたれや胃痛、むくみの改善を期待して、今後もマイペースに続けていきたいと思います。

無理な断食は控えましょう

Image

ベルタ酵素を使ったファスティングには、3つの方法があります。それぞれ断食期間は異なりますが、準備期間や回復期間をきちんと設定しましょう。

断食は正しい方法で行わなければ、ドカ食いやリバウンド、体調不良などにつながる可能性もあります。肉体的な空腹感はベルタ酵素で抑えられますが、食べたいという精神的な思いは解決しにくいものです。

精神的な食欲が強い場合には、断食を中断して少しずつ回復食を食べましょう。無理せず自分が続けられる断食パターンを見つけて、実践してみてくださいね。

ベルタ酵素

Img60707341

ベルタ酵素

¥5,800〜(2017/10/16 時点)

購入はこちら

ベルタ酵素サプリはドリンクに比べて、酵素の種類が豊富です。そのため、サプリを飲んだ方が効率が良いのではないか、と思う人がいるかもしれません。しかし、ドリンクとサプリにはそれぞれの利点があります。サプリは酵素数が多いのに対して、ドリンクでは酵素量が凝縮されています。環境にあわせて、無理のない範囲で飲み分けるようにしましょう。

ベルタ酵素の摂取は毎日継続することが大切だといわれています。ベルタ酵素はカスタマーサポートが充実しているので、飲み方で気になる点があれば専任サポートに相談してみるのも良いですね。

■この商品に関する口コミ
・自分の好みでソーダや紅茶で割ったりヨーグルトにかけたりと、いろいろな飲み方ができるので、飽きずに続けられます。
・缶ジュースのピーチネクターみたいで飲みやすく、ファスティングも頑張れそうです。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Defaultカテダイ

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事