更新日:2017年10月26日

優光泉酵素の効果とは?おすすめの飲み方や断食方法を体験談とあわせてご紹介

「優光泉」はこだわりの原材料から生まれた酵素を含む、無添加の酵素ドリンクです。健康やダイエットのために活用されることが多いですが、優光泉を飲むとどのような影響があるのでしょうか。優光泉の体験談とあわせて、おすすめの飲み方や断食方法についてご紹介します。

2053
0

優光泉の飲み方

Image

基本的な飲み方

優光泉には飲み方に決まりがありません。原液そのままで飲んだり、ほかの飲料水と割って飲んだり、さまざまな飲み方をすることができます。そのなかでも、まずはもっとも一般的な飲み方をご紹介します。

優光泉は、水や白湯で4~6倍に薄めて飲むことをおすすめしています。水や白湯のほうが、コーヒーやジュースなどに比べて胃へ負担をかけずに飲むことができます。また、ダイエット目的で飲む人は、食事の前に飲むことで胃に満足感を与えることができるでしょう。水で5倍に割ると、コップ1杯(200mL)あたりのカロリーを70kcalにおさえることができます。

ただし公式サイトによると、温度は高くても60~70℃がおすすめだといわれています。白湯に限らず温度の高いもので割る場合は、少し冷ましてから割るようにしましょう。

おすすめのアレンジレシピ

Image

基本的な飲み方以外にも、さまざまなアレンジをして飲むことができます。たとえば、炭酸水で割ったり、水で割った優光泉にスライスレモンを入れたりしても良いでしょう。優光泉の酸味に苦手意識がある人は、炭酸水で割ると飲みやすくなるようです。レモン汁を数滴混ぜて飲む人もいます。

お砂糖の代わりに甘味料として活用することもできます。コーヒーや紅茶に入れて飲んだり、無糖のヨーグルトに入れて食べたりするレシピがおすすめです。ヨーグルトの中には果物を入れても良いですね。そのほかにも、優光泉の酸味を利用して、ドレッシング風にアレンジをし、サラダにかけて食べる人もいるようです。梅味の優光泉でアレンジしても良いでしょう。

基本的には優光泉が高温になってしまわない限り、どんなアレンジでもすることができます。優光泉を冷凍してシャーベットにすることもできるでしょう。気分や季節にあわせていろいろなアレンジができるので、寒い冬には温かい飲み物で割って飲み、夏場はシャーベット状にして食べても良いですね。

優光泉酵素の公式サイトはこちら
Mobile favicon

優光泉の飲み方とファスティングをうまく継続させるコツは?ファスティングをする際の注意点もご紹介

ファスティングとは

Image

酵素ドリンクを活用している人のなかには、酵素ドリンクを飲むのと同時にファスティングを行う人がいます。一般的にファスティングは「断食」を意味し、ダイエットや健康のために行う人が多いようです。優光泉では通常の食事をとらない代わりに、食事を酵素ドリンクに置き換えて過ごします。

ファスティングにはさまざまな方法があり、優光泉ではおもに3つのファスティング方法を紹介しています。「プチ断食」のように気軽に挑戦できるものもあれば、「1日断食」「3日断食」のように、断食を行う日以外にも準備期間や回復期間が必要なものもあります。

プチ断食

「プチ断食」は、朝食の代わりに優光泉を飲むファスティング方法です。合計60mLの優光泉を起床直後・午前10時頃・お昼前の3回に分けて飲みます。飲み方は水で4~6倍に薄める方法がおすすめですが、好みにあわせて調整しても良いでしょう。

1日断食

「1日断食」は、名前の通り丸1日断食をし、優光泉を飲んで過ごします。1日以上の断食をする際は、1週間~3日ほど前から断食に向けて身体の準備をする必要があります。肉や脂っぽい料理は避け、身体の調子を整えましょう。断食当日は普段の食事をとらずに、4~5倍に薄めた20mLの優光泉を1日のあいだに8~9杯飲みます。そして、断食後はいきなり刺激の強い食事をとらないようにし、胃に優しいものから口にして徐々に食事を戻します。

3日断食

「3日断食」では断食の期間が3日間になります。基本的な流れは「1日断食」と同じです。ただし断食の期間が長いので、体調面には十分注意しておこなう必要があります。

Mobile favicon

酵素ドリンクのダイエット効果は?ファスティングにおすすめの酵素ドリンクも紹介

優光泉酵素を飲んだ方の体験談

産後思うように体重が減らなかったのでこの商品でファスティングをしました。飲んだ感じとしては、想像以上に甘く美味しかったです。毎日続けられると思いました。私はただ単に飲むのではなく、満腹感を出したかったので、炭酸や気分によって豆乳で割っていました。そうするとより美味しく飲めました。色々な味を感じられるので、飽きずに続けられると思います。
(30代 女性)

味が気になるという口コミと甘味無添加という紹介で、美味しくなかったらどうしようかとは思ったのですが、実際には喉が痛いときに飲んでいた大根おろしにハチミツを加えたような懐かしい味で、美味しかったです。少しレモンを搾って加えたら、爽やかな香りでスッキリと飲みやすくなって、味が気になる人や匂いが気になる人にもおすすめです。
(30代 女性)

優光泉酵素は他の酵素ドリンクに比べると結構癖が強いのですが、その分効果は高いと思いました。私は置き換えではなくジュースの代わりにちょこちょこ飲んだり、おやつ代わりに飲みました。
(20代 女性)

Mobile favicon

優光泉酵素を飲む際の注意点は?好転反応やアレルギーの噂についても解説

自分に合った飲み方で無理なく進めましょう

Image

優光泉をはじめとする酵素ドリンクはダイエットや健康に良いといわれています。特に優光泉は、人工甘味料を使っておらず、厳選した原材料で作られています。飲み方に決まりがないので、積極的に活用していきたいですよね。

しかし、酵素ドリンクはあくまで健康やダイエットをサポートしてくれる存在です。健康のために酵素ドリンクを活用すること自体は良いことですが、頼りきりにならないよう気をつけましょう。たとえば、ファスティング中は酵素ドリンクだけだと塩分が不足してしまうので、梅干しや具を抜いたみそ汁などで必ず塩分を摂るように心がける必要があります。

ファスティングに挑戦する人のなかには、早く効果を感じたい人がいるかもしれませんが、できるだけ無理のない範囲で行うようにしましょう。優光泉自体は長く飲み続けていくことで健康維持と美容に役立つものだといわれています。自分がより良いと思える飲み方と活用方法で、ストレスなく続けていけると良いですね。

優光泉酵素

001yukosen

優光泉酵素

¥3,703〜(2017/11/06 時点)

購入はこちら

断食道場での28年以上の実績とノウハウを活かして開発された、無添加の酵素ドリンクです。使用する材料はすべて国内産にこだわり、九州産の旬の野菜を中心に60種類もの材料を熟成発酵させています。味はスタンダード味と梅味の2種類。人工甘味料を使っていないので、自然な甘みを感じることができるでしょう。健康的にダイエットがしたいという人におすすめです。

販売サイトはこちら

あわせて読みたい

Image

優光泉は楽天・Amazon・公式サイトのどこで購入するのが最安値?各ショップのおすすめポイントや特典情報をご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29234
Image

優光泉酵素のカロリーは?その他の酵素ドリンクと比較してご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29300
Image

市販で人気の酵素ドリンク15選!ファスティングにおすすめ!飲みやすくて安いドリンクもご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28757
Image

ママの食べ物が母乳に影響する?授乳中の食生活のポイントと注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18987
Image

ベルタ酵素ドリンクの効果とは?授乳中や妊娠中でも飲める?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29309
Image

生理痛を和らげる飲み物・NGの飲み物は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18804
Image

無理は禁物!妊娠中のダイエットで知っておくべき6つのコツ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12109
Image

赤ちゃんのミルク以外の飲み物はいつから?水分補給の方法は?NG・おすすめの飲み物一覧

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28315
Image

子育て中でも痩せられる!産後に効果的な産後ダイエット10選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23273
Image

【ダイエットに最適】酵素ドリンクのおすすめ15選!効果的な飲み方や選び方を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28754

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

ライフスタイル デイリーランキング

おすすめの記事