更新日:2017年01月05日

白砂糖は女性の敵!妊娠を望むなら知るべき、体を冷やす白い食物

女性の大敵、体の冷え。 特に、妊娠を希望している人や妊娠中の人には、冷え性は大きなリスクです。 冷え性になる原因に、白い食べ物が関係しているって知っていましたか? 実は、普段当たり前のように食べている白い砂糖や白いごはんにも、体を冷やす原因があったんです。

4191
0

目次

    妊娠力を高めるためには、体を温めよう

    女性と冷えは大きな繋がりがあることは、皆さんご存知だと思います。
    特に、妊娠を考えている女性に冷えは大敵です。
    冷えによって、子宮の血行が悪くなり、卵巣の血液量が減ることによって、卵子が減る可能性があるのです。また、子宮が冷えていると着床しにくくなります。
    ということは、体の冷えを改善するだけでも、妊娠しやすい体にグンと近づくのではないでしょうか。
    妊娠してからも、冷えはとても危険。
    早産や逆子の原因、陣痛が長引いたり難産になったり、母乳の出が悪くなったりと、良いことは全くありません。

    しかし、冷え性の人の中には、自分でも気が付いていない隠れ冷え性が多いのも、意外と知られていない事実です。
    あなたの体はどうでしょうか?

    体を冷やす食べ物とは

    東洋医学の考えでは、体を温める「陽性食品」と体を冷やす「陰性食品」に分けられています。大まかにわけると、暖色の食べ物は温めて、寒色の食べ物は冷やすと言われています。
    (野菜では、夏野菜は冷やし、冬野菜は温めます)
    その中には、精製された白砂糖、白米、うどん、白パンなどが含まれています。
    そして、皆さんの大好きな甘いスイーツの食べ過ぎも、体を冷やす食べ物の一つでもあるのです。

    不妊症など女性の身体の調子に大きな影響を及ぼす冷え性

    この冷え性の原因として現代の食生活が考えられます
    添加物・精製食品・食生活の乱れなど何気なく摂っている食べ物の中に
    冷え性の原因がひそんでいるのです

    自分では冷え性ではないと思っている人の中にも、実は身体が冷えている
    というケースが増えています

    引用元:www.excefk.com

    【白い食べ物】に要注意

    私が第二子を妊娠中に、助産院で言われたことです。
    「白いものは体に悪いから、食べない努力をしてね」
    そこで、なぜなのか調べてみたところ、精製された食品に体を冷やす原因があることを知ったのです。

    精製食品とは、簡単に言うと本来食物に含まれる微量栄養素である
    ビタミンやミネラルを除いた食品のことです。
    例えば、白砂糖、塩化ナトリウム、小麦粉、白米です。
    これらが生まれたのは
    大量生産、長期輸送、長期保存のため、
    ビタミン、ミネラルを取り除くことが必要となったためです。
    しかし、当然、精製食品は本来の形に比べると
    栄養素が不足、あるいはバランスがあまり取れていないものと言えます。
    また、食物を消化し、エネルギーに変換する時には
    ビタミンやミネラルが必要になるのですが、
    精製食品にはほとんど含まれていないため、
    身体の内部から必要なビタミンやミネラルを奪ってしまいます。
    例えば
    白砂糖はビタミンB1、カルシウムがないので、
    砂糖の代謝のためにビタミンB1、カルシウムを
    他からとって自分の消化の為に使ってしまうんです。
    すると、身体の栄養バランスが崩れ、血流も低下し、
    冷えにつながると考えられています。

    引用元:manomani00.wordpress.com

    食品を見た目が美しく味に癖のない万人受けをする食品に変えるため、本来自然と体に取り入れていたビタミンやミネラルなどの大切な成分を削り取った中身のない食品が世の中にあふれているのです。

    引用元:diet-chikara.jp

    本来の形を変えて、長期保存や大量生産のために精製された食品は、便利さを優先した分、その食品の持つ栄養のバランスが崩れているのですね。

    白砂糖が体に与えるリスク

    その中でも、特に白砂糖は、知らずに大量に摂取されている可能性の非常に高い食品です。
    上の画像は、ジュースやコーラの中にどれだけの砂糖が入っているかを表したものです。
    (ちなみに、コーラ1本分の砂糖は、ロールケーキ1本分だそうです)

    手作りのお菓子を作るときに、砂糖の量を量ってその多さに驚いたことはないですか?市販のお菓子にはそれよりももっともっと大量の白砂糖が使われているのです。
    精製食品の中でも、白砂糖は形を変えて目に見えない状態で無意識に口にする機会が、とても多いのです。


    白砂糖は糖質が99%であり、サトウキビに含まれていたビタミンなどの栄養素はすべて排除するため一切栄養はない。つまり古来のように畑から野菜や穀物をとって食べる生活では絶対に日常的に摂取することがなかった、人間が作り出した「化学食品」なのである。
    数々の「糖類」の中で精製された「白砂糖」は人間が口にするものとしては非常に不自然な食品だといえる。

    引用元:macrobiotic-daisuki.jp

    砂糖には、冷えの促進だけではなく、他にも
    ・老化や皺の原因
    ・アレルギー、アトピーの悪化
    ・免疫力の低下
    などが挙げられます。

    摂るなら、「玄米」「てんさい糖」

    精製していない、自然のままの食品を選ぶことが、冷え性の人には大切です。
    白米より玄米、白砂糖より黒砂糖。

    玄米に突然変えるのに抵抗があるのであれば、七分づき、五分づきから始めたり、白米とブレンドして炊いたりしてもいいと思います。
    玄米は消化が白米に比べて良くないので、胃腸に負担がかかります。良く噛むことが大切です。

    白砂糖は、黒砂糖、てんさい糖に変えたり、はちみつ、メープルシロップなどを代用するといいでしょう。
    中でも、寒冷地で取れた甜菜を原料にした「てんさい糖」は体を温める効果が高いので、私もおすすめします。
    また、白くない三温糖やきび砂糖は黒いから大丈夫かと思いがちなのですが、三温糖は白砂糖を精製した後の糖液を煮詰めたものなので(カラメルと同じ原理ですね)、白砂糖と同じです。
    きび砂糖については、それを更に煮詰めたものです。
    さとうきびは暑い地方の植物なので、そこから作られた砂糖は全て冷やすものと考えてください。

    でも、甘いお菓子が大好きなの…

    そういわれても、甘いものは心の栄養なんですよね、女性にとって。
    そういうときは、可能であれば、安いものをたくさん食べるのではなく、高級スイーツを少量にするなどの工夫がいいのかも知れません。
    原材料表示を確認し、加工物が極力使われていないものを選ぶのもいいですね。
    でも毎回そういうわけにも行きませんから、頭の隅に入れて心掛けるだけでも変わってくると思います。
    あまり大袈裟に気にするとストレスにもなりますから、過剰摂取を控えて体調も整える心がけをしましょう。
    自分の体だけでなく、家族の健康のために家の料理から白砂糖をなくすだけでも、大きな効果が期待できるはずです。

    まとめ

    食べ物だけが冷え性の原因ではありません。筋肉量を増やすことやストレスを減らすことなど、冷え性改善の方法は多々あります。ひとつの原因として白い食べ物をご紹介しました。白米を玄米に変えるのはハードルが高いかも知れませんが、白砂糖をてんさい糖にすることはすぐに出来る冷え性改善の方法ですね。
    健康のためにも普段から体調管理に気を付けて、妊娠、出産に安心して挑める体を作っていきましょう。

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    うちゃこたん

    わんぱく盛りの三人の男の子とうさぎのママをしています。日々いっぱいいっぱいになりながらも、...