更新日:2017年09月16日

生後7、8、9ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因と対策!授乳、ミルクの影響は?

生後8ヶ月がピークと言われている夜泣きは一体どのようなものでしょうか? 夜泣きを乗り越えるのは、ママにとっても大きな試練ですよね。今回は、生後7、8、9ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因と対策について紹介します。

369743
5

夜泣きのメカニズム

Image

生後8か月がピークと言われている夜泣き。夜泣きの原因は赤ちゃんそれぞれで、オムツが汚れている、お腹が空いたなどさまざまなものがあげられます。ただし、基本的に夜泣きは、脳の成長に伴って色々な刺激を受けたものの情報整理をしている時間とも言われています。

赤ちゃんは驚くほど急速に成長していますよね。生まれた当初は頭位が約35センチなのですが、2才半に約15センチ大きくなると言われています。2才半から大人になるまでは、約5センチしか大きくならないことを考えると、この2才半までの間にどれほど成長しているかが分かるはずです。

生後6ヶ月頃になると、赤ちゃんにもママ、パパ、それ以外の人などの区別がついてくるのも主な原因となります。このように判別できるようになり、記憶力が備わることによってさまざまな情報を脳に蓄えます。その刺激が夜寝ている間に夢となって出てきて、夢の刺激から泣きだす、ということがあるようです。

このことから、夜泣きは赤ちゃんの脳が急速に発達しているために起こるものであり、言いかえれば赤ちゃんが正常に成長をしている証拠でもあるのですよ。

夜泣きはいつまで続くの?

夜泣きの原因が様々であるように、夜泣きの終わりにも個人差があります。

一概にいつまで続くということは言えませんが、おおよそ1歳~2歳ころには回数が減って突然終わったというケースが多いようです。 稀に3才まで夜泣きが続く子もいますので、子どもの個性によるものが大きいようです。

また、夜泣きの始まりは一般では5~6ヶ月頃が多いでしょう。ただし、早い子ですと3ヶ月頃からはじまるので、ママは睡眠不足になってしまいますよね。
その後8ヶ月頃でピークを迎え、徐々に落ち着いていくというパターンが多いようです。

赤ちゃんが夜に泣き出す原因は夜泣き以外にもあります

子どもが夜泣き出す原因として寝言泣きがあります。寝言泣きと夜泣きにはどのような違いがあるのでしょうか。夜泣きと寝言泣きでは原因や対策も変わってきます。こちらの記事で詳しく紹介されています。

Image

寝言泣きって何!?もう悩まない!赤ちゃんの寝かしつけ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5797

寝言泣きのほかにも夜に子供が泣き出す原因は夜驚症である場合があります。夜驚症は寝ていると思っていた子どもが、突然パニックを起こしたように泣き出すことを言います。夜泣きと夜驚症の違いはどこにあるのでしょうか。こちらの記事でご紹介しています。

Image

子どもの夜驚症とは?夜泣きとの違いは?原因と対処法5つ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18748

生後7、8、9ヶ月…夜泣きにも個性の表れる頃

Image

生後7、8、9ヶ月を迎えた赤ちゃんは、それぞれの個性がよく見られる頃です。筆者の子どもたちは、1人目は夜泣きを毎日する子でしたが2人目は夜泣きのない子でした。

夜泣きに対する先輩ママの声

息子の夜泣きがひどく睡眠不足で気が狂いそうになったり、イライラします。
オマケに寝が浅く、お昼寝も抱っこやおんぶです。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

最近、娘の夜泣きがひどくなりました。赤ちゃんは泣くのが仕事ですので泣くこと自体は仕方ないと思うのですが、同じアパートの方の迷惑にならないか心配しています。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

今のところ夜泣きは無いのですが、いつ始まるかなと気になっています。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

夜泣きが始まることにドキドキする、また、夜泣きが始まるとイライラする……いくら我が子でも、ママが睡眠不足が続けばイライラするのは当然です。それと同時に、赤ちゃんの泣き声が大きくないかなど、ご近所の目も気になりますよね。

赤ちゃんの夜泣きとは、赤ちゃんも試練となりますが、なによりも、付き合っていくママにとっても大仕事となるのです。

生後7、8、9ヶ月の赤ちゃんに効く、夜泣き対策とは?

Image

なんといっても、ピークを迎える夜泣きですから、毎日ママも大変ですよね。睡眠不足になっていませんか?

ここでは、なかなか泣き止まない、赤ちゃんの夜泣き対策をご紹介します。7.8.9ヶ月の赤ちゃんに効く夜泣き対策を、先輩ママさん達の意見を参考にまとめました!

対策①夜泣きサポートティー

D4

すやねむカモミール

¥980〜(2017/09/16 時点)

オーガニックハーブを使用し、様々な専門家の方々にもアドバイスを頂きながら改良を重ね、ついに納得のいく夜泣きサポートティー「すやねむカモミール」が完成しました、安心して使え、多くの人が子育てでぶつかる夜泣きの苦労をサポートします。

購入はこちら

赤ちゃんの夜泣き対策には、カモミールティを寝る前に少し飲ませてあげると効果的です。ヨーロッパの家庭ではごく一般的に薬草として親しまれています。

カモミールの成分には筋肉の緊張をほぐす効果があるので、安眠、リラックス効果が期待できます。ポカポカ体が温まりますし、フルーティな香りが気持ちを鎮めてくれますよ。

睡眠の1時間程度前に飲むのが効果的だといわれています。日本でも夜泣きサポート商品として、購入することができますのでぜひ試してみてください。

「すやねむカモミール」は、赤ちゃんの夜泣きに悩むママにおすすめのオーガニックハーブティー。気持ちを安らかにして休息を誘うジャーマンカモミールと、休息の質を高めるハニーブッシュに、イライラをしずめるルイボスをブレンド。ほのかに甘く、すっきりとした味わいです。

離乳食に慣れた1歳頃からは、白湯で薄めて冷ましてから哺乳瓶やストローコップで。授乳期の赤ちゃんには直接飲ませず、ママが飲むことにより母乳を通して飲ませてあげます。香料・着色料・カフェインを含まず、合成化合物を一切不使用。毎日のおやすみ前に、親子で安心して飲めますね。

■この商品に関する口コミ①
毎日欠かさず飲ませています。もうすぐ9ヶ月ですが、おかげさまで夜泣きの回数が減りました。本当に助かってます!

■この商品に関する口コミ②
普段は天使のように可愛いのですが、一度夜泣きがはじまると本当に苦労していました。いまでは回数も減り、スヤスヤしてくれます。もっと早く出会いたかった商品でした。

公式サイトはこちら

対策②ベビースリープ

Ec babysleep b01 1

AMOMA ベビースリープ

¥1,573〜(2017/09/16 時点)

購入はこちら

アロマを炊くことも赤ちゃんの睡眠をサポートする商品として知られています。ハーブティなど、妊娠中のママや子育て中のママをサポートする商品を多く開発しているAMOMAのベビースリープは、赤ちゃんの夜泣き対策のために開発されたアロマです。

定番のブランドなので、安心感があります。気になる添加物は以下の通り。
●添加物
精油100%・植物性原料のみ使用。合成香料・着色料・保存料・防腐剤はいずれも無添加

赤ちゃんに使用することを想定されて開発されていますので、体に悪い添加物は一切入っていません。寝かしつけでの疲れを癒す意味でもおすすめですよ。

公式サイトはこちら

対策③思い切って一度起こしてみる

Image

泣き止まない赤ちゃんを無理やり寝かせることほど、大変なことはありません。そのような状態でまた寝たと思っても、すぐに起きて泣き出すことありますよね。
あえて電気をつけたり、外に出たりして起こしてしまうのも対策としては◎。少し遊ばせてみると、意外とすんなり眠ってくれる赤ちゃんも多いですよ。

対策④日中たくさん遊ばせる

Image

昼間のうちに、たくさん遊ばせて体を疲れさせると、夜よく眠るというママの意見も多いようです。筆者も、子どもを公園に連れて行った日と行かなかった日では、寝つきに違いがあるように感じていました。夜泣きに悩みママは、ぜひ一度昼間に思いっきり遊ばせてみましょう。

先輩ママの声

昼間外に遊びに行っていますか? 日光は疲れるのでよく眠るようになります。今は暑くも寒くもない良い時期なのでぜひ出かけましょう。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp

赤ちゃんは昼間に十分に遊ばせることによって、体力を消耗します。赤ちゃんは脳が発達しているだけでなく、一日一日大きくなって体力がついていきます。7.8.9ヶ月と言ったら、自分で寝返りやハイハイ、つかまり立ちができるようになり動くのが楽しい時期でもありますよね。できるだけ遊ばせて夜泣き対策をしていきましょう。

また、習い事も始められる時期でもあります。ベビースイミングを習ったりリトミックを習ったりと刺激を与えてあげてもいいでしょう。赤ちゃんはいろいろなことを吸収していますので、サロンや児童館、子育て支援センターなどに遊びに行くのもおすすめですよ。

対策⑤添い寝をしない

Image

夜泣きがおきたら、赤ちゃんを安心させるために添い寝が良いと言われていますが、逆に「夜中の授乳をやめる」「添い寝をやめる」とおっしゃるお医者さまもいらっしゃいます。驚く方もおられると思いますが、その方法を紹介します。

・寝かせる30以上前までに授乳を終わらせておく
・起きた状態でベッドにつかせる
・「お休みの時間だよ。一人で寝ようね、おやすみ」と言い部屋を出る

その後、泣き叫んだとしても、まずは3分経ってから部屋の中を覗きにいき、また、部屋を出ます。そして、徐々に5分、7分、9分と時間の間隔を開けて覗きに行きます。最初の数日は泣いてママの方が気になってしまうと思いますが、だいたい一週間ほどたつと、ぐっすりと眠ってくれる赤ちゃんが多いようです。

このように放っておくと、サイレントベビーなどの心配があるかと思いますが、それは日常的に放っておいた場合のことです。この方法は、間隔を決めて赤ちゃんをきちんと見に行っているので、サイレントベビーの心配はありませんよ。

対策⑥添い乳をやめる

Image

夜泣き対策に、夜だけ断乳する「夜間断乳」という方法があります。泣けばおっぱいを吸わせることは悪いことではありませんし、赤ちゃんの安心材料にもなります。

ただし、夜泣きでグズグズしている時に沿い乳をしていて寝たと思っても、またすぐに起きてしまい、ママもまた沿い乳……なんて言うこともありますよね。

そんな時は、思い切って夜だけ断乳してもいいでしょう。この時期になると、離乳食も進み、赤ちゃんの胃も発達していますので、夜寝る前におっぱいやミルクを飲んだら朝まで蓄えられるだけの容量があります。ですので、最初の数日は抱っこなどをして寝かしつけることになるので大変ですが、一度、夜間断乳も検討してみてはいかがでしょうか。

対策⑦耳垢が溜まっているかも?中耳炎の可能性も

Image

赤ちゃんの耳掃除、していますか? 7~9ヶ月になると、耳垢も溜まりやすくなってくる頃です。夜泣きの原因が、耳垢が気持ち悪くて泣いている、といこともよくあります。

外で遊ぶ機会が増えて耳垢が溜まっていたり、お風呂の際に水が入っていたり。中には夜泣きがひどいなと思ったら、中耳炎だった!という赤ちゃんもいるようです。赤ちゃんの耳掃除をすることのあまりない方は、ぜひ実践してみてください。筆者も時々するのですが、思いのほか耳垢が溜まっていて驚きます。

対策⑧寝具を見直してみる

Image

寝る際の寝具が気に入らなくて泣いている、ということもあり得ます。お布団を掛けすぎていないか? 肌触りが悪くないか?赤ちゃんが心地よいと感じれる眠りの環境を意識するだけで、随分と眠れるようになったという声もよく聞かれます。

対策⑨寝る前に、しっかり母乳・ミルクをあげる

Image

寝る前にお腹を満腹にさせることで、赤ちゃんはぐっすりと眠ってくれます。この時期になると、寝る前に授乳やミルクを与えておけば、朝までしっかりともつくらいには成長をしています。ですので、夜寝る前は、中途半端に「もうういいかな?」という授乳方法はやめて、しっかりと赤ちゃんに飲ませてあげましょう。

たくさん飲ませることで、胃に血液が行くため、脳に周るのが少なめになります。そのため、眠りやすくなるのですね。寝る前になかなか飲まないなと思ったら、足の裏をくすぐるなどをして起こしてから飲ませても大丈夫ですよ。

Image

ミルク太りに気を付けて!正しいミルクの与え方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12153

対策⑩便秘を解消する

Image

赤ちゃんが便秘の場合も、夜泣きの原因となります。新生児ですと、5日~1週間ほど便が出ないこともありますが。7ヶ月頃になると離乳食も始まっているので、こまめに便が出ていないと便秘だと考えていいでしょう。

また、出ていたとしても、硬いコロコロとしたうんちばかりでは腸に便がたまっている場合があります。

S dsc 4645

エルバランシア ルイボスティー

¥2,750〜(2017/09/16 時点)

購入はこちら

ノンカフェインのルイボスティーは赤ちゃんも飲むことができます。ルイボスティーに含まれるマグネシムは便に水分を与え、大腸の働きを活性化される効果があるんです。

エルバランシアのルイボスティーは、スーパーグレードと呼ばれる高品質の茶葉を使用しており、抗酸化力が緑茶の50倍だと言われていて、アンチエイジングにもなるようです。ノンカフェインでスッキリとした味なので、飲みやすいと思います。

公式サイトはこちら

夜泣き対策におしゃぶりはよくないの?

Image

おしゃぶりは赤ちゃんが泣いている時に、おとなしくなるアイテムとしてとても有効です。ママやパパの負担も少なくなり、赤ちゃんも安心するので愛用している方も多いです。ただし、おしゃぶりにはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては
・赤ちゃんが泣くのを抑えてくれる
・赤ちゃんが安心して、おとなしくなる
・鼻呼吸をするようになり風邪をひきにくい

などがあげられます。

デメリットとしては
・依存性があり外すのに苦労をする
・歯並びに影響する場合がある
・抱っこなどの赤ちゃんとのコミュニケーションの機会が減る

などがあげられます。ですので、メリットとデメリットを把握したうえでかしこく使用できると、とても重宝するアイテムです。

ただ、あまり頼りすぎてコミュニケーションが減ったり、おしゃぶり外しに苦戦してしまう場合があるので注意が必要です。

おしゃぶりをやめたら夜起きなくなったと見たので、数日前から寝かしつけのおしゃぶりをやめました。多少泣きますが、トントンと子守歌で15分くらいで寝るので、おしゃぶりはいらなかったみたいです(苦笑)

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

おしゃぶりが有効という意見もあれば、逆に、おしゃぶりをやめたら夜泣きが治まったという意見もあります。これも、赤ちゃんの個性によるもので好き嫌いがありますので、我が子のタイプはどちらなのか見極めるのも大切なようですね。

7、8、9ヶ月の夜泣きに関する体験談

Image

mamanokoユーザーの先輩ママたちに、夜泣きに関する体験談を聞いてみました。

7ヶ月の泣き方

6ヶ月まで夜中はよく寝てくれていたのですが、7ヶ月になって突然夜泣きが増えました。夜泣き対策として、「ゆりかごの歌」を歌ってやるとすっと寝てくれることがありました。

抱っこして歩き回るのでも効果はありましたが、夜泣きの回数が多かったため、それでもなかなか泣き止まないときは添い乳に頼っていました。おっぱいをたくさん飲みたいわけではなく、ちょっと飲むくらいで、くわえることで安心していたのかもしれません。後追いでもよく泣いていました。

我が家は夜はまとめて寝てくれる子供だったのですが、眠りに落ちるまでに時間がかかり、ベビーベッドに一人取り残すと、30分でも40分でも平気で声を張り上げて泣き続けるので、毎晩まず添い寝をしてl寝たらベビーベッドに運ぶ、という手順を踏んでいました。

それでも、ベビーベッドに置いた瞬間にパッと目を覚まして泣き出したりするので、「背中スイッチ入っちゃったね」なんて言って笑いつつも半泣きで寝かしつけをする日々でした。

7ヶ月頃から、「赤ちゃんが泣く」=「夜泣き」と連想するママが多いです。先輩ママは小悪魔な赤ちゃんをとどう付き合おうか、工夫をしている時期ですよ。

8ヶ月の泣き方

夜泣きは3回くらいありました。夏場だったので、室内が暑かったり湿気があったりすると、大人と同じで赤ちゃんも寝苦しいのでしょう。ゴロゴロ苦しそうな顔をしながら泣き始めるので添い乳で寝かしつけたり、うちわであおいで落ち着かせたりしました。

「お腹がすいた」というよりは「何か落ち着かない」時に不安でさめざめ泣いていました。昼間も私の姿が見えなくなると泣きまねをするようになったので、「お母さんおトイレに行くよーすぐ戻るよー」など会話をしながら部屋を離れてました。

仕事も辞めて、旦那の帰りも遅いと1日中子供と向き合うことになってしまい、泣きわめかれるとストレスがマックスになってしまい、生後8か月の赤ちゃんに強い口調で怒鳴ってしまうこともありました。

特におむつも変えて、ミルクもやって、お風呂にもいれてすっきりさせているはずなのに、全く夜に寝てくれず、1時間を超えて泣きわめかれた時には本当に頭を抱えてしまいました。

抱っこしてひたすら歌をうたったりもしていましたが、どうにもならない時には、一緒になきわめいていました。きづいたら、自分もすっきりとしていて、この方法で何度か乗り切ったのを覚えています。

生後8か月は夜泣きのピークと言われていますが、この頃になると「ママってさすが!」という体験談が増えてきます。赤ちゃんの夜泣きに試行錯誤していた時期を乗り越えて、ママなりに吹っ切れることが増えてくる時期のようです。

9ヶ月の泣き方

Image

我が家は夫婦の寝室の隣に子供部屋があり、そこにベビーベッドを置いて子供を寝かせていました。大体子供部屋は9時に消灯し、一度寝れば朝7時くらいまでは目を覚まさないのです手がかからない方だとは思うのですが、電気を消してから寝るまでが毎日大泣きでした。

毎日のルーティーンなのに、毎日まるで初めての体験かのようにギャンギャンと泣いていました。よく考えれば私は専業主婦なので、娘が部屋で一人きり、ママと離れる、というのは寝るときだけだったので、寂しかったのだと思います。

この時期は、夜泣きも、夕方の泣きもなかったので、一日で一度もなかない日も多かったです。お友だちとおもちゃの取り合いになったりしたときには、わんわん泣いていました。昼寝で、眠いのに寝れなくて、ちょっとぐずぐず泣く時はありましたが、とにかくほとんど泣かなかったです。

まだ会話はできないものの、大きい子どもと同じで、意志の疎通は十分できており、泣いたときはどうして泣いたのかすぐにわかりました。泣いている意味がわからないことがないので、ずいぶん楽でした。

赤ちゃんが生後9ヶ月になるとママも手慣れたものです。夜泣きだけではなく人見知りなどでギャンなきすることも多いこの時期ですが、体験談を見ていると赤ちゃんのパターンを熟知してきています。

もちろん、非常に大変な時期なので、「なんで泣いているのか分からない……」と悩まれている意見もありますが、そのようなママは「自分の睡眠だけは必ず確保する!」という気持ちで子育てをして欲しいなと思います。赤ちゃんの夜泣きを笑い飛ばせるくらいになりたいですよね。
本当に毎日お疲れさまです。

Image

「生後9ヶ月の赤ちゃんが泣くってどうだった?」先輩ママの体験談をアンケート大調査! | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13877

赤ちゃんのパターンを知ろう

赤ちゃんの夜泣きが始まった、と思ったらまずは赤ちゃんの夜泣きのパターンを知ることが大切です。赤ちゃんにも個性がありますので、環境にも好みがあります。何時ごろになったら泣くか、どんな部屋の状況で室温がどの程度だといいのか、など分析してみると、案外赤ちゃんの好みが分かってくるものです。

夜泣きはママにとっては一大事。筆者も何年も熟睡ができていません。でも、赤ちゃんはそれ以上にかわいい姿も見せてくれるので、今の時期を少しでも楽しく乗り越えていきたいですね。

あわせて読みたい

Image

1歳から夜泣きをしたら?夜泣きの4つの原因と8つの対処法 | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17201
Image

放置はほったらかすことじゃない!夜泣きを放置するための6つのステップ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4488
Image

これで赤ちゃんも朝までぐっすり!?【夜間断乳・卒乳・夜泣き対策】の方法!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/8508
Image

ついにきた夜泣き!そしてネントレ&夜間断乳…私の【生後9ヵ月の体験談】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9846
Image

生後10、11ヶ月頃の夜泣きの原因と対策!授乳や断乳の影響は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7692

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

maru04

3姉妹の母です。 子供の成長を毎日感じて、毎日子供達と楽…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事