更新日:2017年01月05日

これで完璧☆誰でも簡単にできるオムツ交換の6つのコツ

初めての育児でいろいろ疑問や悩みがたくさん出てくると思いますが、まず毎日しなくてはいないのは赤ちゃんのオムツ交換。 おしっこやうんちを替えるなんて初めてだと手間取ってしまいますよね。しかもその間に赤ちゃんは大泣き! そうならないようにおむつ替えが得意になれる、簡単なおむつ交換のコツをご紹介します。

3033
0

目次

    まずはおむつ替えの準備を万全に!

    おむつをはずしてからアレがない!コレがない!となるととにかく大変。まずはおむつ交換の準備をしましょう。
    おむつ・おしりふき・おむつ替えシート・おむつを捨てる袋が最低必要です。
    うちではおむつ替えの場所を決めていて、そこに全てセットがあるので、おむつ交換の際はそこで替えればいいようにしています。

    新しいおむつを下に敷く

    新生児の際はおむつを交換している間におしっこやうんちが出てしまう、ということはしょっちゅうあります。
    なのですぐにかぶせることができるように新しいおむつを下に敷いて、汚れたおむつはおしりを拭いた後は引きぬくようにして取り除きましょう。

    おむつでもおしりを拭く

    おむつを開けた時、汚れていない部分がありますよね。そこでまずうんちやおしっこで濡れている部分をサッと拭いてあげましょう。
    そうすればおしり拭きを大量に使わずに済みますし、こすることでおしりかぶれになりやすいので、その防止にもなります。

    赤ちゃんの気を引く

    赤ちゃんが寝がえりをしたり、泣いてえび反るになってしまうと、交換も一苦労です。
    そこで赤ちゃんが好きなおもちゃを持たせたり、歌を歌ったり、話しかけながら交換すると赤ちゃんの気を引くことができ、落ち着いて寝ていてくれます。

    おむつがピッタリになるように調節

    赤ちゃんの体におむつをピッタリ合わせないと漏れを起こしてしまいます。外出先でおむつが漏れてしまうとお洋服まで交換しなくてはいけませんね。
    そうならないように、背中やお腹がピッタリ合うようにテープ式の場合は調節してあげて下さい。
    しかし、お腹はミルクを飲んだ後は苦しくなってしまうことがありますので、指が1~2本入るくらいの余裕があっても大丈夫です。
    特に気にするところは背中と足回りのギャザーを立たせることです。

    大事な注意点

    赤ちゃんのおむつを替える時必ず足をあげますよね。その際足を引っ張らないように気をつけて下さい。片足だけ引っ張ったり、膝が伸びるくらい引っ張ることで脱臼する可能性があります。
    足をあげる際には膝が伸びない程度に持ち上げ、おしりを背中から持ち上げるのがいいです。

    まとめ

    初めは慣れないことで時間がかかるかもしれませんが、大事な赤ちゃんですから、丁寧に交換してあげて下さい。
    慣れてくればササっと手早くできるようになりますのでご安心下さい。

    キーワードで記事を探す

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    みわ

    はじめまして! 男の子の子育て中のママです。 皆さまにお役に立てるような情報を投稿して...