更新日:2017年01月05日

なめて触って五感を刺激!0歳児赤ちゃんのおもちゃ選び

生まれたばかりの0歳児はものすごいスピードで成長し、いろいろな刺激から物事を学習していきます。そんな成長著しい時期に与えたいおもちゃを、いろいろ紹介していきます。

21704
2

目次

    生まれてから歩きはじめる1歳くらいまでの1年間は、日々の成長がもっともめざましい時期。おもちゃも成長に合わせていろいろな種類を選びたいですね。

    新生児のころのおもちゃ

    出産から1ヶ月までの新生児期は、まだ、目もよく見えず、体も、それほど動かしません。ですが、耳だけは、とてもよく聞こえていると言われています。

    この時期にオススメのオモチャは、ガラガラなど、優しい音のなるオモチャです。まだ、自分の手で持って遊ぶことはできませんが、ママなど、家族の方が、赤ちゃんの耳の側で、優しく音を鳴らしてあげると、泣き止んだり、興味を持っているような表情をすることがあります。

    引用元:nanapi.jp

    新生児には耳で楽しむおもちゃがいいのですね。うちの子も、まだ体を動かせないころはガラガラを使って遊ばせていました。右耳の近くで鳴らすと右を向き、左耳の近くで鳴らすと左を向くのが嬉しくて何度も遊んだものです。

    オススメはこちら

    000618

    Sassy(サッシー) バンブル・バイツ

    ¥874〜(2016/12/23 時点)

    まだ自分で持って遊ぶことはありませんが、親が手に持って口元に持っていくと夢中でガジガジしてます。
    とくに水が入ってる部分がお気に入りみたいです。
    まだおもちゃにあまり興味のない息子ですが、自分から持って遊んでくれる日が楽しみです。

    引用元:review.rakuten.co.jp

    1ヶ月〜3ヶ月の頃のおもちゃ

    まだ、首もすわっていない時期ですが、この頃になると、目がよく見えだし、動くものを目で追い始めます。また、ママの顔を見ると微笑んだり、感情が少しずつ出始める時期でもあります。手足をバタバタさせることもできるようになり、体もしっかりしてきます。

    この頃にオススメなのが、優しい音楽を奏でながら回るメリーです。赤ちゃんをベッドなどに寝かせて、メリーを回すと、不思議そうに目で追いながら、ご機嫌で1人遊びしてくれます。

    引用元:nanapi.jp

    なかなか眠ってくれない我が家の赤ちゃんにも、メリーはとても頼れるおもちゃでした。優しい音楽を奏でて眠りにつくのに役立ったり、メリーについているぬいぐるみは取り外しがきくものだったので、外して手に持たせて遊ばせたりして、いろいろな遊び方ができるのが良かったです。最近はそういったぬいぐるみやガラガラにもなる便利なメリーが増えてきましたね。

    4ヶ月〜6ヶ月のおもちゃ

    首もしっかりとすわり、動きも活発になってきます。寝返りやお座りが出来る子も増えてきます。また、目もよく見え、パパやママと、知らない人との区別もつくようになり、人見知りが始まります。

    この時期にオススメなのが、布絵本です。カサカサした感触のページがあったり、ポケットから何かが飛び出してきたり、面白い仕掛けのある布絵本を、パパやママのお膝に座って楽しみましょう。

    引用元:nanapi.jp

    布絵本、特にいろいろな布や仕掛けが詰まった仕掛け絵本は、お出かけ中に退屈する我が家の赤ちゃんの良き友となりました。ビリビリ破れたりくっつけたり、パフパフ音がしたり、ぬいぐるみをポケットにしまったり、と赤ちゃんを飽きさせない工夫が凝らされているので、大人も楽しんで遊ばせることができます。

    7ヶ月〜10ヶ月のおもちゃ

    この頃になると、ハイハイを始めたり、つかまり立ちや伝い歩きが出来たりと、体が大きく発達します。兄弟とも遊び始め、楽しいときには声をあげて笑ったり、感情面でも発達してきます。

    この頃にオススメなのが、転がるボールや走る車など、ハイハイで追いかけて遊ぶことができるオモチャです。ハイハイは、心肺機能を高め、背筋を強くする、赤ちゃんにとって、とても重要な運動です。そんなハイハイを、楽しんでやってもらえるようなオモチャが良いでしょう。

    引用元:nanapi.jp

    ハイハイの頃、我が家の場合はコンビのボールやオーボールなど、ころころ転がる系のもので遊んでいました。ソファの下にボールがもぐり込んで取れなくなって泣いたり、ダイニングの椅子の下のボールを取りに行って頭を打って泣いたり、いろいろと失敗して大変なこともありましたが、ハイハイをたくさんすることでどんどん体力もついてきて、成長著しい時期でもありました。

    11ヶ月〜12ヶ月のおもちゃ

    早い赤ちゃんだと、ヨチヨチ歩き始める時期です。また、指先も器用になり、食事も、自分でつまんで口に持っていったりできるようになります。

    そんな時期にオススメなのが、手押し車です。歩くことに興味を覚え、歩きたくて仕方ない赤ちゃんの、歩いて前に進む運動をサポートしてくれます。カタカタと動く仕掛けのあるものが多く、赤ちゃんが楽しみながら歩行の練習が出来ますよ。

    また、指先が器用になってくるので、積み木や簡単なブロック、コップ重ねなどのオモチャも楽しめます。

    引用元:nanapi.jp

    うちには、下にもありますが、森のパズルバスという手押し車がありました。赤ちゃんは喜んであちらこちらに移動するのですが、親としては障子やふすまにぶつかって穴を開けないかヒヤヒヤしながら見守っていたことを思い出します。一応壁にぶつかっても大丈夫なように、ぶつかりそうな部分にはゴムが取り付けられているのですが、男の子だったということもあり、力まかせに突進していたので、ふすまに穴があきそうな勢いでした。
    うちの場合は穴を開けられないよう、あらかじめふすまの手前に座布団を何枚も敷き詰めてガードしながら遊ばせていました。

    いかがでしたか。
    0歳のおもちゃは、ぐんぐん成長する赤ちゃんの発達を促すさまざまな工夫と、安全に遊べるような配慮が詰まった良い商品がたくさんあります。自分たちの赤ちゃんにはどのようなおもちゃがいいか、どんな感じで遊んでくれるのか、いろいろ想像しながら選ぶと楽しいですよ。

    まとめ

    0歳の赤ちゃんは、見て、聴いて、触れて、なめて、と、いろいろな感覚を駆使しておもちゃを遊びます。そのひとつひとつが成長の糧となっているので、パパママも一緒になって楽しく遊んで、我が子の成長を感じてください。

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    amikemi

    5歳と2歳の男の子を育てている主婦です。子どもたちと一緒に自分も立派な母に成長するよう、日...