【体験談】ママとくっつかないと寝ない子ども。いつになったらひとりで寝てくれるの…?

「ママとくっつかないと寝ない…」そんな子どもも多いのではないでしょうか。いつになったら子どもはひとりで寝るようになるのか、どのようにして子どもだけで寝るようになったかについて、ママにくっつかないと寝なかった子どもを持つ筆者の体験談をもとに解説します。

315821

目次

  1. ママとくっつかないと寝ない…!
  2. 周りの子どもと比べて悩んだことも
  3. 子どもだけで寝る日は来る?
  4. くっつかないと寝ない子どもを持つママへ
  5. あわせて読みたい

ママとくっつかないと寝ない…!

子どもふたりにくっつかれて眠る毎日

筆者には、9歳の長女と6歳の長男がいます。子どもたちはふたりとも、ママにくっついていないと寝ない子どもでした。元々長女が筆者にくっついて眠るようになり、そのような姉の姿を見て、自然と長男もくっついて眠るようになったのかもしれません。筆者の眠るスペースは、子どもふたりのあいだでしたが、ふたりとも寝相が悪く筆者のほうに寄って来るため、少し窮屈な思いで寝ていました。

「寝たはずなのに…」隣にいないと起きる子どもたち

子育て中のママにとって、子どもが寝たあとは、家事をしたりテレビを見たりと、やりたいことがたくさんあるのではないでしょうか。筆者も、運良く子どもと一緒に寝てしまわなかった日には、そっと寝室を抜け出し、つかの間の自由な時間を楽しんでいました。

ところが、筆者がいなくなった途端に寝室から子どもの泣き声が聞こえてきたのです。「目を覚ましてしまったのかなぁ」と寝室をのぞくと、寝ぼけながら泣いているわが子がいました。恐らく眠りが浅くなり、ママの気配がないことに気づいて泣いていたのだと思われます。

「夫に寝かしつけは頼めない…」寝かしつけがストレスに

Image

筆者の子どもたちは、寝かしつけ後に毎回起きていたわけではありませんし、添い寝をすればすぐに寝てくれました。しかし、子どもが泣きはじめると、それまでやっていたことは後回しになってしまいます。あと1枚で終わるアイロンがけや、続きが気になるドラマを中断して、筆者は再び寝室に行っていました。

筆者の夫は子育てに協力的です。しかし、子どもが寝ぼけて泣いたときには、筆者が添い寝をしていました。夫が添い寝をしたときには、逆に子どもの目が完全に覚めてしまい、スムーズに眠りに誘うことが難しかったからです。当時の筆者にとって、子どもがいつ目を覚ますかわからない日々は、ストレスに感じるものでした。

Article link icon
寝かしつけはいつまで必要?子どもにひとり寝させるトレーニング法とコツ

周りの子どもと比べて悩んだことも

Image

新生児期から手がかかった長女

長女は、母乳をあまり飲まない、寝たと思ったらすぐ目を覚ますなど、新生児期から手がかかる子どもでした。今考えると、筆者にとって初めての子育てだったことが関係しているのかもしれません。一方で長男は、まったく手がかからないわけではありませんでしたが、長女と比べると子育ては楽でした。

子育ては競争ではないので、人と比べる必要はないといいます。しかし、比べるつもりはなくても、ついつい比べてしまうこともあるのではないでしょうか。筆者も、周りの子どもと比べても仕方がないと思いながらも、手がかからない子どもをうらやましく感じていました。

ひとりで寝る友人の子どもにショック!

筆者には、独身時代から仲良くしている友人がいます。その友人も筆者と同時期に子どもを産んだためよく近況を報告しあっていましたが、その友人の子どもも手がかかったようでした。「大変なのは自分だけじゃない」という思いは、子育てに奮闘する筆者を勇気づけてくれました。

ところがある日、久しぶりにその友人に連絡すると、彼女の子どもは幼稚園児になったときからひとりだけで寝ていると聞いたのです。当時筆者は寝かしつけにストレスを感じていたため、とてもショックを受けました。比べても仕方がないとわかっていても、「どうしてうちの子どもはひとりで寝ないんだろう」という思いが頭の中から消えませんでした。

入眠儀式を取り入れてみても効果なし

筆者自身、子どもが安心して眠れるよう、絵本を読んでみたりお気に入りの人形と寝てみたり…といった「入眠儀式」を取り入れてみたことがあります。しかし、筆者の子どもたちには効果はありませんでした。結局、筆者が寝室からいなくなると目を覚ましてしまいます。また、決まった儀式を作ってしまうと旅行や病気のときなど、儀式ができないときに大変かなと思い、わが家では入眠儀式はやめたのでした。

子どもだけで寝る日は来る?

小学生ごろから子どもだけで寝る家庭は多い

Image

家庭環境によって異なりますが、小学生ごろから子どもだけで寝る家庭は多いようです。学習机を用意して子ども部屋を作ったり、子ども自身が親から自立したりする時期ということもあるでしょう。兄弟姉妹がいる場合は、兄や姉が親から離れて寝るタイミングに合わせることもあるため、小学校入学よりも早いかもしれませんね。

筆者の場合は、「弟である長男の小学校入学時までに子どもだけで寝られるようにしよう」と目標を設定しました。その理由は、すぐに子どもだけで寝ることはわが家の子どもでは無理そうだったことと、ゴールを決めれば自分のストレスが和らぐと思ったことです。

徐々にママ離れを促してみよう

筆者は、「ママじゃないと眠れない」という状況を少しずつ変えることからチャレンジしました。まず、長男が幼稚園に入った年から、パパが子どもたちを寝かしつける日を作りました。筆者の家庭では家族全員が同じ部屋で寝ているため、最終的には筆者も子どもと同じ部屋で眠りますが、パパが寝かしつける日を作ったのです。

最初のころは、長男は「ママと寝たい」と言っていましたが、習慣化すると受け入れてくれるようになりました。正直なところ、チャレンジしたものの「パパじゃ寝れない」と子どもが泣くことを予想していたので、筆者は驚きました。もっと早く、寝かしつけでイライラしていた時期から夫を頼れば良かったと思いました。

長男が年長になった年からは、次のステップとして子どもだけで寝る日を作りました。子どもたちは、はじめはママやパパなしで寝ることに少し驚いていました。しかし、いざ自分たちだけで寝てみるとすんなり眠れたようです。泣きながら寝室から出てきたらどうしよう、と思っていたのですが、心配無用でした。あらかじめ、ママと離れる日を作ったことが良かったのかもしれません。「入眠儀式」も、特に取り入れませんでした。

寝室は親子別室ではなく家族全員同じ部屋で

子どもだけで寝られるようになったタイミングで、完全に親子別室で眠るようにしても良かったのですが、筆者は同じ部屋で寝ることを選択しました。筆者の家庭では夏は就寝時も冷房を付けているため、親子別室で寝てしまうと電気代が跳ね上がってしまうためです。長男から「僕たちが寝たあとに、ママも同じ部屋で寝てくれるなら、僕たちだけで寝られるよ。」と言われたからでもあります。

筆者が寝かしつけで最も苦痛に感じていた「ママがいないと目を覚ます」の状況は、パパと寝る日を作ってから徐々に減っていき、子どもだけで寝るようになってからは完全になくなりました。筆者のほうに寄って来る寝相はあまり改善されていませんが、寝相に関しては仕方がないかな、と思っています。

子どもだけで寝られるようになっても一緒に寝る理由

筆者の子どもたちは自分たちだけで寝られるようになりましたが、筆者は一緒に寝ることをやめたわけではありません。家族のルーティンの中に、「ママと寝る日」「パパと寝る日」「子どもだけで寝る日」があるのです。

もう自立して寝られるのにも関わらず、筆者や夫が子どもたちと一緒に寝る理由は、寝かしつけのときに子どもたちがポロっと悩みごとを相談してくれることが多いからです。部屋が暗くなりリラックスすると、言いにくいことも言いやすくなるからでしょう。

子どもだけで寝てくれたほうが親としては楽ですが、筆者はもう少し一緒に寝ようと思っています。子どもが筆者から少し離れたことで、子どもと向き合う心の余裕が筆者に生まれたのかもしれませんね。

Experience icon
長女の授業参観で…

先日、小学校で長女の授業参観がありました。「おうちの人に感謝の気持ちを伝えよう」というテーマの授業だったのですが、「いつも一緒に寝てくれてありがとう」と感謝している子どもが何人もいました。「一緒に寝ているのはわが家だけではない」と安心したことを覚えています。子どもたちが「一緒に寝る」ことに感謝していることにも驚き、同時に嬉しくなりました。

くっつかないと寝ない子どもを持つママへ

子どもがくっついて寝ると窮屈で、ぐっすり寝たつもりでも疲れがあまり取れていないかもしれません。ただ、子どもは少しずつ成長していき、いつかはママから自立していきます。大きくなったら、同じ布団で寝ることすら恥ずかしがるかもしれません。もう少しだけ、子どもの甘えたい気持ちに寄り添ってみても良いかもしれませんね。

あわせて読みたい

ネントレはいつから?ねんねトレーニングの方法と寝かしつけの本を紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9846
Image
子どもの睡眠時間はどれくらい必要?2・3・4歳では何時間寝れば良い?目安と日本の子どもの睡眠の実態
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15153
Image
【元保育士執筆】3歳児の反抗期って?イヤイヤの理由と関わり方について解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25217
Image
【体験談】イヤイヤ期はいつから?第一次反抗期への8つの対応とやってはいけない接し方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24501
Image
寝る子は育つ!昼寝が赤ちゃんや子どもの成長にとって必要な理由
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2890
Image