更新日:2017年01月05日

なんでそんなにいい人なの!ママ友じゃなくて友達になりたいママ9選

ママ友は本当にママ友止まりで挨拶しかしない、もしくは挨拶もしないなんてこともあります。それはママ友の世界がいかに複雑でこじれているものかを現しているのかもしれません。しかし、周りを見たらこんなに素敵なママもいます。こんなママなら友達になりたいと思ったママを集めてみました。

9054
0

目次

    笑顔で引き受けるママ

    毎年ある役員決めのときに、役員は絶対やりたくないママが多い中、働いていて地域のボランテイアやママさんバレーこなし、誰もやらないからと役員を引き受けたママがいました。行事ごとに大変なはずなのに嫌なことも笑顔で対応する姿は尊敬しました。

    子育て上手なママ

    子供たちへの対応はいつも笑顔。どんな時も冷静で穏やか。子供たちにも人気なママです。

    子供への叱り方、褒め方が上手な人。 こう言えばいいのか〜と勉強になります。

    引用元:girlschannel.net

    さりげない気遣いママ

    誰か困っている人がいたらさりげなくフォローをしてくれます。それが自然体で嫌味じゃないから周りに人が集まります。

    先日、娘の幼稚園の保育参観だったんですが、1人の子のお母さんが遅れていたんです。 その子が不安そうに「ママは?」ってなった時、他のお母さんが「◯◯ちゃん、うちの子と一緒にやろうか」ってサラッと誘ってたんです。 先生が気づいてお母さんが来るまで先生と遊んだんですが、私は誘ったお母さんを尊敬しました。

    引用元:girlschannel.net

    子どもの良いところを見つけるママ

    なかなか他人の子供のいいところを探すことって難しいです。しあすかし、人のいいところを見つけて褒めてくれるママは「いい部分」を探すことが得意です。褒め方も嫌味じゃなく褒めすぎでもなく好感がもてます。

    自分だけではなく、他の子どもの良いところを見つけるママは、ちゃんと子どもを見つめているしっかり者のイメージがあります。

    引用元:www.e-ikuji.info

    子どもの良いところを見つけるママのポイントは、粗さがしよりも小さなことでもできたことや頑張ったことを見逃さない

    引用元:www.e-ikuji.info

    噂に流されないママ

    どうしても女性同士が集まると陰口が出てくることがありますよね。その答えに「そうそう。」と言ってしまえば陰口を言っていなくても言ったことになってしまったり。しかし噂に流されないママはその場に居ない人の噂を信じたりせず、見たものだけを信じます。そのため賛同はしないことも多く「なに、あのママ」と敵意を持たれることもありますが、見ていて清清しい気分にさせてくれます。

    噂に流されないママのポイントは、人の話しや噂話で物事を判断しないところです。自分で確認したことを認める姿勢は、信頼がもてます。

    引用元:www.e-ikuji.info

    『子どもは子ども、私たちは私たち』

    周りにこういうママが1人いると、うんと勇気をもらって育てに自身が持てる気がします

    あるとき、子ども同士でもめごとがあったんです。 お互い顔を合わせばつっかかってくる感じで相性が悪いのかな… と悩んでいたら、その子のママが「気が合う、合わないは絶対あるもんだよ。 子どもは子ども同士の問題。 私たちは私たち。 相談しながらさ、うまくやっていこう!」といってもらえ、その瞬間に心が軽くなりました。

    引用元:www.wife-news.com

    子どもなしの付き合いが出来るママ友

    子供の話ばかりになってしまうと何かとトラブルが怒りやすいのがママ友の世界。子供を抜きにした話題やお出かけもありの関係なら長続きしそうですね

    最初は子供同士が仲良くて話をするようになったのですがかれこれもう10年。今は子供は抜きで遊ぶ事が多く、ランチや映画、エステや夜飲みに行ったりもします。子供の話や旦那の愚痴、好きな芸能人の話、政治の話、仕事の話。とにかく何でも話します。一緒にいるととても楽しいです。でも親しき仲にも礼儀ありも ちゃんとしていて良い関係です。

    引用元:komachi.yomiuri.co.jp

    自分の子をきちんと叱るママ友

    ママ友のありがたさを身にしみて感じる瞬間ではないでしょうか

    叱らない子育てもいいけれど、怪我をさせてしまったときや危ないことをしてしまったときにきちんと子供を叱ってくれるママ友だったら信頼度も上がりますね

    団地でみんなで遊んでいると、ママ友の子が、他の友達から命令され1番小さいに子ボールを投げつけました。ママ友の子はわざと当たらないように投げたつもりが運悪く顔面に当たってしまいボールを当てられた子は大泣き。ママ友の子は謝りましたが、自分だけ何故怒られなければいけないのか?命令した方も悪いと必死に訴えました。そこでママ友が一言。

    「○○君(ボールを投げるよう命令した子)を叱るのは○○君の親だ!私は今、お前を叱ってるんだ!」と。そして「お前は人に命令されれば何でもやるのか?盗んで来いと言われたら盗むのか?」と。自分の子供を凛とした態度で諭すママ友を不謹慎かもしれませんがカッコいいと思ってしまいました。

    引用元:onayamifree.com

    ピンチを察知してくれるママ友

    下の子が熱だして外遊びができないときに、「よかったら上の子だけ遊びにこない?」と声をかけてくれた。
    まだまだ手の掛かる幼稚園児なのに面倒みてもらってすごくありがたかった!

    引用元:girlschannel.net

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。ママ友の世界は子供ありきと言われる暗い薄っぺらい関係も中にはあります。しかし、本当に信頼できるママ友もいるはずです。じっくり観察してみてくだい。もしかしたらすぐ近くにいるかもしれません。楽しいママライフが送れますように。

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    penta

    現在子育て真っ最中。毎日が勉強と教訓になっています。可愛いものと役立つものが大好きです。始...