ホタルを見に行こう!都内から行ける、埼玉のホタル鑑賞おすすめスポット7選

6月も半分すぎると、そろそろホタルの季節ですね。私の生まれ育ったところは田舎で、毎年あたりまえのように近所を流れる川でホタルが見られました。しかし、きれいな川でしか住めないホタルは、昔に比べて数が激減しています。そんな貴重なホタルが鑑賞できる場所(埼玉限定ですが)をご紹介します。

36372

目次

  1. ホタルの豆知識
  2. 1、秩父市 下吉田関地区
  3. 2、秩父市 秩父ミューズパーク
  4. 3、川口市 グリーンセンター「ホタル観賞の集い」
  5. 4、北本市 北本自然観察公園
  6. 5、三郷市 みさと公園
  7. 6、宮代町 新しい村
  8. 7、宮代町 東武動物公園 ほたリウム
  9. ホタルを鑑賞する時の注意点
  10. まとめ
  11. あわせて読みたい

ホタルの豆知識

Image

最近ホタルって見ないな? とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ホタルはホタル科に属する肉食性の甲虫の仲間です。実は世界にはおよそ2000種もいるようですが、日本にはその中の50種ほどいると推定されています。多くは水辺の草むらに住み、腹端に発光器をもち、夜間光りを放つゲンジボタル、ヘイケボタル、それにヒメボタルなどがよく知られています。

中には光らないホタルもいますが、ゲンジボタルが一番体が大きくて光も明るく、ヘイケボタルはゲンジボタルより少し小さいです。ゲンジボタルと対比するため、源平合戦からその名がついたという説があります。

ヒメボタルは、ゲンジ、ヘイケに比べると知名度は低いですが、短くフラッシュを焚くような光を放ち、ヘイケボタルより明るく感じるそうです。

ほたるはなぜ光るの?

ホタルが光るのは、異性へのプロポーズの合図と言われています。オスは光を発して飛びながら自分の相手を探し、メスは弱い光を発して草や木の葉の上でオスを待つのです。そして、互いを見つけたときに強い光を発して合図を送り合い、雄が雌のもとに飛んで行くというのです。

ホタルの成虫が生きられるのは1〜2週間くらいだと言われています。成虫になってからは何も食べず、夜露しか飲みません。ホタルのオスとメスが、お互いの光を探し求めてめぐりあうなんて、なんだかロマンチックですね。

1、秩父市 下吉田関地区

自然発生しているゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルを見ることができます。今年の予定はまだ発表されていませんが、だいたい毎年6月中旬から交通規制をして、ホタルの期間中のみ有料駐車場を開設しています。

期 間…6月中旬~7月上旬 自然環境により前後あり
時間帯…19時30分~21時の間にゲンジ蛍のピークあり
気象条件…期間中はほぼ毎日観賞できますが、なかでも20度以上の
     なま暖かく感じる日で曇っていて風のない日は蛍が多く飛びます。
     逆に降雨、強風、寒い日は少なめです。
駐車場…ただかね農園駐車場を利用
場 所…ただかね農園の裏山 ※下吉田関地区周辺 
準 備…懐中電灯(明かり)。徒歩約五分なので動きやすい格好が良い

駐車場となるただかね農園はいちご狩りも楽しめます。

2、秩父市 秩父ミューズパーク

秩父ミューズパークは、遊歩道やサイクリング道、野外ステージなど文化施設・スポーツ施設がある大きな公園です。7月4日(土)午後6時半よりホタル鑑賞会があります。ホタルは自然に発生しているゲンジボタルです。

今年の開催予定はまだ発表されていませんが、毎年開催されているようですので参考までに過去のものをご紹介したいと思います。詳しくはHPをご覧ください。

開催日…平成27年7月4日(土)
時 間…午後6時30分~20時30分
集合場所…パルテノン
内 容…昔懐かしい野遊びの紹介と園内の沢辺に自然発生する
    ホタルの群れの飛ぶ様子を鑑賞します。
    大抽選会も有ります!

3、川口市 グリーンセンター「ホタル観賞の集い」

花や緑に囲まれ、四季折々のさまざまな植物を見ることができるグリーンセンターですが、毎年二日ほどかけてセンター内のホタルの里にてホタルの鑑賞会があります。普段は入園料が310円かかりますが、このときは無料で入園できるそうです。

こちらも今年の内容はまだ発表されていませんが、過去の開催日を紹介しますので参考にしていただければと思います。

日 時…7月25日(土)、26日(日)17:00~21:00
    (入園は20:00まで)
    ※ この時間の入園は、入園無料です

内 容…ホタル観賞コーナー、夜の温室観賞、滝・大噴水のライトアップ
    サマーナイトガーデンステージ、各種模擬店コーナーなど
    楽しい催し物があります。

4、北本市 北本自然観察公園

県の自然学習センターがあり、里地里山を残しつつ、来園者が自然に親しめるよう整えられた公園です。

センターは、普段は午後5時で閉館ですが、ホタルの時期は午後7時半まで開館しています。センターで地図をもらって、ホタルの出現場所まで移動します。自然発生のヘイケボタルやその他光らない種類のホタルもいるとのことです。毎年ヘイケボタルの観察会があります。

5、三郷市 みさと公園

バーベキュー施設や展望台などの施設が充実している公園です。毎年ホタル鑑賞会があります。ヘイケボタルを放ちます。入場無料。ただし駐車場は有料。こちらも今年の予定は発表されていませんので過去のものを参考にしてみてください。



と き…平成27年7月12日(日) 午後7:00~9:00(小雨決行)
ところ …県営みさと公園 ホタル池周辺
《交通》
お車 東京外郭環状道路三郷南ICから10分 電車 京成金町駅からタウンバス15分
武蔵野線三郷駅からタウンバス40分 ※駐車場は有料となります。
主催…(公財)埼玉県公園緑地協会
協力…三郷のホタルを守る会
問い合わせ…みさと公園 048-955-2067

6、宮代町 新しい村

東武動物公園の近くに位置しており、「農のあるまちづくり」をコンセプトに、農産物の販売や体験農園が楽しめるスポット。毎年6月の下旬にホタルの夕べというイベントがあります。入場無料。

この村は新緑の季節には田植え体験が出来たり、魔女がいるハーブ園やカフェもあったりさまざまなイベントが行われているのどかで愉快な場所。そして、こちらでは水辺に光が差し込むようにと除草作業をしているそうです。ホタルが住みやすい環境になるように環境も整えてらっしゃいます。ガイドが教えてくれる鑑賞会なので、勉強になることも聞けそうですね。

7、宮代町 東武動物公園 ほたリウム

東武動物公園内にある、春夏秋冬、一年中ホタルを楽しめるスポット。約1万匹のホタルが生息している大型水槽があり、成虫だけでなく、卵や幼虫、さなぎが光るところまで見ることができます。

「ほたリウム」
場 所…ワニ館横
料 金…400円 所要時間:約15分
定 員…18名 (入替制)
営業時間…11:00~16:00
※ホタルの発育状況や健康管理の為、営業を休止する場合があります。あらかじめご了承ください。

ホタルを鑑賞する時の注意点

Image

ホタルを楽しく観賞するために、一般的なマナーと注意点を紹介したいと思います。

■光は厳禁
 ホタルは強い光を嫌うので、
 車のヘッドライトは消して懐中電灯やカメラのフラッシュ等も控える。
■生息エリアを汚さない
 ホタルはきれいな水が命。
 川が汚れるとほたるが棲めなくなるので、ゴミはきちんと持ち帰る。
■草むらには立ち入らない
 ホタルを踏んでしまうかもしれないので草むらには入らない。
■地元住民に配慮する
 近隣住民への迷惑になるような大きな声や物音を出さない。
■ホタルを捕まえない
 ホタルの寿命は短いので故意に連れて帰ったりしないこと。

美しいホタルの乱舞を見ると、どうしても写真に収めたくなりますよね。でもうっかりフラッシュをたいてしまうとホタルたちの求愛の邪魔をしてしまうことに。しっかりホタル鑑賞のマナーを守って、ホタルの光を観察しに出かけましょう。

まとめ

結婚して実家を離れてからは、忙しさもあって全然ホタルを見る機会がありませんでした。幼い頃見た、あの幻想的なホタルの乱舞する風景、子どもたちにも見せてあげたいなあと思います。

あわせて読みたい