手作りで楽しく!簡単・便利な赤ちゃんグッズを節約準備

手作りなら汚れたり壊れても全然気にならないし、費用も驚くほど安く抑えられます。自分の作ったものを赤ちゃんと使ったり、赤ちゃんが使っているのを見たりすると、幸せな気持ちもいっそう大きくなりますよ。

400486

目次

  1. 王道ベビーグッズ ベビースタイ
  2. 母乳育児の必需品 授乳クッション
  3. これさえあればどこでも授乳できる! 授乳ケープ
  4. ママ必携!抱っこひもを手作りパーツでより使いやすく~①よだれパッド~
  5. ママ必携!抱っこひもを手作りパーツでより使いやすく~②収納カバー~
  6. 夏の”あせも”からベビーを守れ! 汗とりパッド
  7. 超簡単!超便利!な小物たち
  8. まとめ
  9. 関連記事はこちら

王道ベビーグッズ ベビースタイ

ベビービョルン ソフトスタイ
¥1,296〜(2019/06/07 時点)

首周り19~30cmの中での無段階調節・取り外しが素早くでき、素材もやさしいゴム素材。 パールネックレスのような愛らしいデザイン。 首周りが調節できるので、長くご利用頂けます。

何枚あっても重宝するスタイ。新生児期はミルクの吐き戻しで、5、6か月頃からはよだれや離乳食などでも使います。とにかく枚数がほしいスタイは、手作りすればかわいい上に本当にリーズナブル!足りなくなったらすぐに作り足せるのも買い物になかなか出られない乳幼児ママには嬉しいところ。柄や飾り次第でお出かけ用にもグレードアップできます。

特に妊娠中に赤ちゃん用のものを作っていると、その小ささで愛おしさが倍増。生まれてくる赤ちゃんに思いを馳せて、プレママでも幸せ気分いっぱいになりますね。

MARL MARL よだれかけ
¥1,800〜(2019/06/07 時点)

赤ちゃんには欠かせないスタイ。出産祝いとして特に人気を集めているのが、MARLMARL(マールマール)の「まあるい」スタイです。いかにも「よだれかけ」といったデザインではなく、ケープのようなおしゃれなデザインなので、イベントやお呼ばれの時にも活躍しますよ。

通常のスタイは洋服の前面しかカバーできませんが、MARLMARLのスタイは首まわりをぐるっと一周カバーすることができます。赤ちゃんが動き回ったり、お昼寝中に寝返りをうったりしても、ずれる心配がありません。また、汚れた面をくるっと回せば、いつでもきれいな面を使うことができるのもポイント。洗濯物が減るのはママには嬉しいですよね。

やっぱり手作りしてあげたい!おしゃれ&かわいい手作りスタイの作り方10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/13757
Image
日本産 ふわふわダブルガーゼ ソフト加工
¥75〜(2019/06/07 時点)

10cmあたりの価格です。

ちなみに手作りベビーグッズには欠かせないWガーゼ生地は、セリアにもたくさん取り扱いがありました。楽天などのネットショップなら種類も豊富で自宅に届けてくれるので便利ですね。裏地をパイル生地(要するにタオル)にすれば吸水性抜群!もちろん100均タオルで十分です。色も豊富で想像が膨らみますね。

母乳育児の必需品 授乳クッション

【日本製】洗える授乳クッション
¥1,720〜(2019/06/07 時点)

純日本製の授乳クッションです。価格もお手ごろで実際に使った人からは使いやすいとの声が多く上がっています。色使いもかわいいのでカバーを複数枚買っておいて気分に合わせてお好みの色を使用するなどをしても楽しそうです!

最初はほぼ一日中ある授乳タイム。特に初めての育児の場合は慣れない授乳の姿勢に手首や腰を痛めたり、肩がパンパンに張ったりして本当に大変、、、授乳クッションは、必ず必要なものではないかもしれませんがあって損はありません!

普通のクッションや布団などでも代用できますが、ミルクの吐き戻しで汚れたり、夏場は汗でぐっしょりになったり、かなり汚れてしまいます。何より、「授乳のための」クッションなので、授乳のしやすさで言えば最高です。1日3時間ごと8回×30分前後=のべ4時間!ぜひ用意しましょう。市販品は結構なお値段がしますが、手作りすれば1000円ほどでできますよ。

毎日使うものだから、自分の大好きなブランドの布を使えるのも手作りのいいところですね。マリメッコ柄やソレイヤードなどのブランドテキスタイルの授乳クッションなら、授乳タイムも楽しくなりそうですね。

授乳クッションはママの強い味方!おすすめ13選&選び方のポイントを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/5684
Image
授乳クッションの使い方!便利&意外な活用法は?いつまで必要?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/14871
Image

これさえあればどこでも授乳できる! 授乳ケープ

熊田曜子も愛用!ママに大人気の 授乳ケープ
¥4,968〜(2019/06/07 時点)

エプロンタイプの授乳ケープは丈が長く、ベビーちゃんをすっぽり覆ってしまうので、ベビーちゃんが嫌がらない素材選びが非常に重要です。たっぷりのフリルがママとベビーをかわいく包んでくれます。横腹がみえない大判サイズなので、人目を気にせず安心して授乳できます。

授乳ケープは授乳中の胸元を隠すためのものです。エプロン型、ポンチョ型、ストール型などいろいろな形があります。筆者は外出して授乳する機会が暖かくなってからだったので、ポンチョやストール型だと暑そうだと思い、エプロン型を使っていました。場所がなくても赤ちゃんは授乳を待ってはくれません。どんなに泣いているときでもとにかく授乳さえすれば落ちつくことが多かったので、ケープは本当に重宝しました。

バスタオルや普通のショールでも代用できますが、持ち運びや使いやすさを考えたら専用のものを作って使うほうが便利です。一見難しそうですが、ほぼ直線縫いで作れます。ポケットを付けて使いやすくしたり、リボンやレースなどでアレンジするのも自分らしさが出て素敵ですね。

■この商品の口コミ
授乳ケープ買うなら絶対これにしようとずっと決めてました。お店で他のとも比べましたがこちらがサイズが断然大きかったです。そしてデザインも気に入りました!実際に着けてみて母親にも確認してもらいましたがしっかり見えません。可愛いしちゃんと見えないし生地もしっかりしていてやっぱり買ってよかったです!

引用元:review.rakuten.co.jp
【授乳ケープ】は必要?外出時の授乳マナーに関する体験談
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/13025
Image

ママ必携!抱っこひもを手作りパーツでより使いやすく~①よだれパッド~

リバーシブルサッキングパッド
¥1,000〜(2019/06/07 時点)

エルゴに代表される抱っこひもは、ちょっとしたパーツがあるだけで使いやすさがグンとアップします。

まず欲しいのがよだれパッド。だっこされた赤ちゃんは、なぜか肩ひも部分にかぶりつくんです。これも買うとけっこうなお値段ですが、手作りすれば数百円。お手持ちのハンカチタオルやハンドタオルで作られた方もたくさんいるようですよ。

抱っこひもはもちろん、ベビーカーのストラップやチャイルドシートのストラップにも使えます。赤ちゃんが口に入れるものだから毎日清潔なものを使ってあげたいですよね。洗い替えも考えてたくさんあると便利ですね。

抱っこ紐のよだれカバーを手作り!作り方とエルゴに使える人気商品は?西松屋のものもある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/5041
Image

こちらのブログは画像付きで作り方が紹介されていて、とてもわかりやすいです。

ママ必携!抱っこひもを手作りパーツでより使いやすく~②収納カバー~

エルゴ ベビーキャリア
¥8,980〜(2019/06/07 時点)

いまや抱っこ紐といえばコレ!というくらい所持率が高い『エルゴ』。

とっても便利ですが、意外にかさばるのが難点…鞄の中には入りきらない、腰から下げたままだと屈んだときや椅子に座ったときに邪魔。その上他のママもみんな持っているから、自分のがどれだかわからなくなってしまうことも。そんな悩みを解消してくれると話題なのが、『エルゴ収納カバー』です。

おしゃれに見えて、とっても便利。しかも直線縫いだけで超簡単。これは持っている価値大アリです。

エルゴにも!抱っこ紐収納カバーの作り方とおすすめ10選!動画で解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24684
Image

夏の”あせも”からベビーを守れ! 汗とりパッド

Arnes ベビー 汗取り パッド
¥1,500〜(2019/06/07 時点)

こちらの商品は、赤ちゃんの汗取りパッドです。汗をたくさんかくねんね期の赤ちゃんにおすすめ!汗取りパッドがあれば、寝ている赤ちゃんの体をちょこっとだけ傾けてそっと引き抜いてあげれば汗だらけの背中もすっきり!!

夏場の赤ちゃんは本当によく汗をかきますよ。特にチャイルドシートに乗せたときの首・背中の汗は本当にびっしょりでかわいそう。でも車を乗り降りするたびに着替えさせるのも面倒だし、シートのカバーもそんなに毎日は洗濯するのも難しいと思います。

そんなときに、これを一枚背中に挟んであげてください。車から降りたら首元から引きぬくだけ。パッドが汗をしっかり吸い取ってくれます。新生児の頃は首の回りにも沿うようにセットしてあげると首回りの汗も吸い取ってくれます。車の移動中のほか、授乳やお昼寝にもおすすめです。枚数をたくさん作っておけば、汗が気になるときにどんどん使えますね。

超簡単!超便利!な小物たち

授乳ストラップ

AKOAKOオリジナル 授乳ストラップ
¥540〜(2019/06/07 時点)

お腹で赤ちゃんをはぐくんでいた時夢にみていたゆったりとした授乳タイム。一生懸命おっぱいを飲む赤ちゃんの顔を眺める至福の時・・・。

だけど現実は、たくし上げたシャツを抑えるアゴが、脇が、腕が、プルプルしていませんか?授乳ストラップはたくし上げたシャツをまとめておいてくれる優れものなのです。シュシュ風にしたり、リボンや飾りをつけてみたり・・・とアレンジは無限大ですが、筆者はとことんシンプルなものをおすすめします。というのも、あくまで筆者の経験ですが、そのうち赤ちゃんが触り、舐め、遊び始め、追いかけるうちに飾りがずれ…ということになったからです(苦笑)うちの場合は、髪ゴムをちょうど良い長さで結び、それを首から下げて使っていました。製作時間30秒です。

かさぴったん

育児便利グッズ★かさぴったん
¥380〜(2019/06/07 時点)

かさぴったん?なにそれ??と思いますよね。当時筆者は、まだ首も座っていない赤ちゃんの車の乗せ降ろし、特に雨の日に本当に苦労していました。その頃何気なくテレビを見ていたときに発見した「かさぴったん」。作ってみて使ってみると、まあなんと便利なこと!!スライドドアは特に、あるのとないのでは、ママの濡れ方が全然違います!!

かさぴったんとは、広げた傘を磁石で車の屋根に固定しておく手作りグッズなんです。磁石を布で包むので車を傷つける心配はありません。赤ちゃんのチャイルドシートのベルトをつけ終わるまでの間にママがずぶ濡れになったり、車の中に雨が吹き込んでしまったりすることが減りますし、両手が使えるようになるのでとても便利です。

傘の骨につけるひもが取れやすいので、見た目が悪くても、結んだら緩みにくいビニールひもなどで作るのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?作りたくなるものがたくさんあると嬉しいです。妊娠中はあまり出歩けないもの。そんなときに、赤ちゃんと会える日を楽しみに、チクチクと針を進ませてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら

マールマール(MARLMARL)のスタイ・よだれかけおすすめ11選!出産祝いのギフトにも人気!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29426
Image
【セリア】100均ベビーグッズおすすめ20選!最新の便利な赤ちゃん用品をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/8179
Image
お出かけ中のママの強い味方!セリアで見つかる!外出用100均便利グッズ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/13824
Image
【ダイソー】100均のベビーグッズ19選!赤ちゃんが喜ぶおすすめ人気アイテムをご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/12972
Image
買う前にひと工夫!ベビー用品、今あるもので賢く代用する11のワザ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/4077
Image
5,000円分お得!子育て世帯対象の増税対策「プレミアム商品券」って?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31237
Image