更新日:2017年12月04日

妊娠中の夫の浮気を防止するために!妻ができる6つのこと

妊娠中、夫が浮気をしてしまうことが多いとよく聞きますよね。妊娠中にされた浮気は、妻の心に大きな傷跡を残すものです。浮気によって夫婦関係が破綻し、出産前に離婚してしまったという話も耳にします。そんな夫の浮気を防ぐために、妊娠中の妻ができるいくつかのことをご紹介します。

143945
1

妊娠中の浮気の傷跡は深い

妊娠中の夫の浮気は、妻の心に大きな傷を残します。浮気という一時の快楽に身を任せてしまうことで、妻は一生消えない傷を心に負い、最悪のケースでは離婚に至る可能性もあります。また妻のからだにも赤ちゃんにも悪影響のストレスも大きいですよね。

さらに妊娠中の浮気は、ママの赤ちゃんに対する愛情さえ揺るがしてしまうものです。あんなに楽しみだった子どもの誕生が、夫の妊娠中の浮気をきっかけに、恐怖に変わってしまったという人も。

また妊娠中に限らず、浮気のショックは発覚直後だけでなく、長い間妻の心の中に残り続けます。下手したら、一生消えないということも。いくら家庭が幸せに回っていたとしても、そんな傷を抱えたままでは本当の意味で「心から幸せ」だと思えることはないですよね。それだけ浮気はひどいものだと言うことを、浮気をする前に夫にはわかってほしいものです。

「LINEが増え、画面を開く際にも暗証番号を入力しないといけなくなった。電話も別室でするようになったので、問いただしてみた。でも、全く口を割らなかったので、夫の友人が飲みに来た時に聞いてみたら、ポロリと口を滑らせた。どうやら昔から浮気性だったらしく、私の留守をいいことに女の人を家に上げていたらしい。汚い部屋が時々片付いていたのはそのせいだった。私は実際に現場を見ていないので、問いただすしかなかった。でも、本人の口からは言おうとしないので、そのまま話は宙ぶらりん状態。浮気がばれたら離婚すると言ってあるので、夫は絶対に口を割らない。私ももう聞かないし、それからは体の関係も持っていない。」
(ぴーちゃんさん/出産当時36歳)
「妊娠が発覚する少し前からそわそわして怪しいなと思っていましたが、妊娠が分かってからエッチをすることがなくなり、「しないの?」と言ってもずっとしない日が続き、携帯を触ってる時間が多くなり、オシャレにも気を遣うようになり絶対怪しいと思い、彼の同意の元携帯を見させてもらいました。 一見すると怪しい所はなかったんですが、ある女性だけLINEの履歴がとってありそこで発覚しました! 不倫が原因で旦那とは離婚しました。 妊娠中の不安定な時期に寂しさからなのか浮気するなんて最低!」
(こめさん/出産当時25歳)

先輩ママに聞いた!妊娠中に浮気をされたことはありますか?

Image

mamanoko調査隊調べ(有効回答数116人)

妊娠中に夫に浮気をされたママは5,2%だったことが分かりました。

妊娠中に夫に浮気されることが多いとよく聞きますが、実際に浮気をされたことのあるママはそこまで多くないことが分かりました。妊娠中の夫の浮気をそこまで気にする必要はないようです。ただ、5,2%の夫が浮気をしたのは事実です。夫が浮気をする理由とその対処策を知って夫が浮気をしないように万全の準備をしましょう。

どうして妻の妊娠中に、夫は浮気するの?

夫が妻の妊娠中に浮気をする理由として、次のようなものがよく挙げられます。

・妊娠中のため、性行為ができなくなったから
・妻が夜にかまってくれなくなったから
・妊娠中のからだの変化によって、妻を性的な対象として見られなくなったから
・妊娠中のホルモンバランスの乱れで、妻が情緒不安定になったから
・妻が妊婦様になったから
・誘惑に負けてしまったから

「私が妊娠中に夫が浮気をしていました。原因は、私にあったらしく私が、かまってあげなかったことが原因だったらしいです。また浮気相手が会社の後輩だったらしいです。前まで私の夫のことが好きだったらしくて、凄く可愛くて、それで旦那に好きですといったらしく旦那も遊び半分でその女性と付き合っていたみたいです」
(なぽさん/出産当時29歳)

このような体験談もあります。妻の妊娠による変化に夫がついていけなくなったり、単純に性的欲求がたまったりすることが一番の原因のようです。女性にとってはどうしようもないこともいくつかありますが、ここからはそんな夫の浮気を防ぐためにどのような努力をママさんがしていたのかをみていきましょう。

妊娠中の浮気を防ぐために①スキンシップを倍にする

妊娠中でも、妊娠経過が順調であればセックスをしても問題はありません。妊娠中期に性欲が増したという人もいますし、夫とのコミュニケーションは妻の心の安定にもおすすめです。

ただ、妊娠中にどうしても性欲が湧かなかったり、妊娠経過に問題があってセックスができない場合は、手を握ったり、ハグをしたり、軽いキスをしたりというスキンシップをそれまでの倍にするつもりでしてみてください。

それによって妻の愛情をしっかりと感じられれば、妊娠中にセックスができなくても夫は浮気に走らず、自慰行為で乗り切ることもできるようです。反対にコミュニケーションまで徹底的に拒否してしまうと、夫は優しさやぬくもりを求めて浮気をしてしまう可能性があるようです。

「なるべく妊娠前と変わらないように心掛けました。家事も手抜きをしながら頑張ってどうしてもしんどい時だけお願いするようにしました。一番はスキンシップをできるだけとるようにしました。しんどい時もただ横になるのではなく夫の膝に頭をのせたりして、素直に甘えるようにしました。妊娠中の浮気の原因は寂しさや大事に想われていないという気持ちからという場合があるのでその要因は潰すという考え方で行動するようにしました。実際、妊娠中浮気をしている様子は一切なくラブラブでした。」
(ゆうちゃんさん/出産当時26歳)
「妊娠中は夫婦生活を控えていた為、愛情確認の手段として妊娠前よりも沢山スキンシップをはかったり、連絡をまめにとったりしていました。 あと、お腹の子をより感じてもらう為、胎児の日々の成長を伝えてくれるアプリを共有し、毎日お互いにお腹の子に対してコメントし合い、父親になる自覚をつけさせました。 おかげで産後はかなりのイクメンで、子供のお世話大好きの子煩悩です。 妊娠中も産後も何か怪しい感じがする時は、もし浮気したら○○ちゃん(子供)が泣くよと言っておいた事も効果があったように感じます。」
(ぴーちさん/出産当時31歳)

妊娠中の浮気を防ぐために②女を忘れない

妊娠中、とくにつわりなどがひどい場合はそれまでのように「キレイ」で居続けることは難しいですよね。私も妊娠中は初期はつわり、中期は切迫早産、後期は後期つわりと体調が悪かったり、思ったようにからだを動かせなかったりと、見た目に気を配ることはなかなかできなかったです。

それでも、だからといっていつでも髪はぼさぼさ、一日中パジャマ、すっぴんという「女を捨てた」状態では、夫の中で妻が「女」ではなく「母」になってしまいかねません。そうなってしまうと別の女性に「女」を求めて浮気してしまうことも。

そんな浮気を防ぐためにも、妊娠中だとしても最低限の身だしなみはなるべく整えるようにしましょう。ただし、おなかの中の赤ちゃんのことを第一に考えて無理のない範囲で行ってくださいね。また見た目だけでなく、仕草や夫への接し方にも「女」を忘れないようにすると、妊娠中の浮気防止に効果的ですよ。

「だんだん変化する体と、母性の表れなどから女性であるべき姿を忘れがちになってしまい、化粧をしなかったりジャージ姿で一日中過ごしたりしていました。主人が休みの日に出かけようと言ってくれなくなり、ふと、鏡で自分の姿を見た時、凄くおばさん化していた事に気付きました。化粧を必ずする事、ジャージで過ごさない事、主人が休みの日は一緒に買い物に出かける為に、ちょっとおしゃれをすること、まずは母親である前に女性である事に意識を持ちました。」
(nls.3mamoo24さん/出産当時30歳)

妊娠中の浮気を防ぐために③定期健診やマタニティ教室に夫と一緒に通う

妊娠中の定期健診やマタニティ教室に夫といっしょに通うことは、夫の「パパになる準備」につながります。おなかの中に赤ちゃんを感じられる女性とは違い、夫は妊娠中にはなかなか我が子の存在を実感できないもの。中には、妻と赤ちゃんに対して「取り残されている」と感じ、その心の隙間から浮気に走ってしまう夫もいるのだとか。

我が家ではマタニティ教室は夫の仕事の休みが合わなかったので一人で参加していましたが、定期健診はほとんど毎回いっしょに通っていました。エコーなどで赤ちゃんの姿を見ることで、パパとしての自覚が出てきたように感じましたよ♡

そうして家族の中で「父親」としての立ち位置を実感することで、心の隙間を埋め、浮気に走らずとも心が安定するはずですよ。

妊娠中の浮気を防ぐために④夫への感謝と思いやりを忘れない

妊娠中は精神的に不安定になり、夫に辛く当ってしまったり、邪険にしてしまうという人も少なくありません。しかし夫としても、常に文句ばかり言われたり、触れることさえ嫌がられたりしてしまっては、つい癒しを求めて浮気をしてしまう気持ちもわからなくはありません。

赤ちゃんを授かれたこと、働いてくれていること、妊娠中の自分を支えてくれていることなどに対して、きちんと言葉で感謝を伝えるようにしましょう。また妊娠中の体調不良でどうしても辛く、夫の求めるようなコミュニケーションが取れないという場合は、理由を明確にして説明することも必要です。

ただ「触らないで!」と拒否するのではなく「妊娠中で気持ちが悪くてごめんね」「あなたのことが大好きな気持ちには変わりがないよ」などという言葉を使うと、夫としても納得ができるのではないでしょうか。

妊娠中の浮気を防ぐために⑤将来について幸せな話をする

妊娠中、将来の話をする機会は多いと思います。しかしその多くが「お金」や「仕事」などの現実的でシビアなものになってしまってはいませんか?そうした話ばかりをしていると、子どもの誕生を楽しみ思う気持ちよりも、不安や責任への重圧が大きくなってしまい、浮気に逃げてしまいたくなってしまうかもしれません。

そのため妊娠中には、そういった現実的な話題とは別に、幸せな未来の話をするようにしましょう。たとえば「子どもが大きくなったら、いろんなところに連れて行きたいね」「あなたに似て、スポーツの得意な子になるかもしれないね」「来年の今頃は赤ちゃんがここにいるんだよね、楽しみ」などポジティブな話題があれば、楽しみに思う気持ちの方が大きくなり、浮気に逃げる可能性が減るはずですよ♪

妊娠中の浮気を防ぐために⑥性生活を妊娠してからも続ける

Image

妊娠中のセックスはお腹の赤ちゃんのことが心配だったり、気分が乗らなかったりして行わない人もいるようですが、やはり性生活を行うのが夫との男女の関係を維持するためには重要なようです。

深く挿入しないように気をつけたり、体位を工夫すれば妊娠中にセックスすることも可能です。気になる方は下にあるリンクから詳しく見てください。

「私は妊娠が発覚してすぐに周りの人たちから、旦那さんの浮気、不倫だけは気をつけなさいと言われ続けました。私の浮気防止は性生活をきちんとする事だと思いす。しかし妊娠すると性欲がなくなり子供の事を考えると怖くなりできませんでした。だんだん断り続けるうちに私への態度が変わる旦那さんにも怖くなりました。また、SNSで女の人と関わるようにもなりそれからきちんと性生活をするようになりました。そうすると、ピタッと女の人との連絡も止まり、効果が見られました。やはり、きちんと性生活を送る事が私の中では1番効果的ではないのかと思います。」
(ぷぅさんさん/出産当時28歳)

「妊娠中はイライラしがちで八つ当たりも増えるので、浮気心は起こりやすくなると思います。私は旦那の性処理を手伝っていました。もともと旦那は性欲が強いこともあったので、ほとんど毎日朝か夜は性処理をしていました。そのため、そのお手伝いを朝か夜は行っていました。妊娠中なので、初期はなんとかなってもだんだんとおなかが大きくなるにつれてしんどくなってくるのですが、そこを頑張っているんだよ、というアピールをするだけで旦那も嬉しそうでしたし、なにより夫婦で色あせることなく楽しめたと思います。また終わった後は、私のおなかをさすってくれて、赤ちゃんのことも気遣ってくれる旦那に私も嬉しかったことを覚えています。」
(りえたんさん/出産当時29歳)

妊娠中に浮気しない夫もたくさんいる!

妻の妊娠中に浮気をしてしまう夫の話をしてきましたが、もちろん浮気をしない夫の方もたくさんいます。妊娠中の妻のからだを気遣い、積極的に妊娠や出産について学び、それを行動にうつしてくれる理想的な夫もいます。妊娠中になかなかうまくこなせない家事をさらっと済ませてくれたり、お腹の子どもに毎日のように話しかけてくれたりすることも。

我が家の夫も、私が切迫早産で自宅安静になったとき、嫌な顔一つせずに仕事の後家事をしてくれていました。そういう夫の姿を見ていて、この人の奥さんになれてよかったなと思ったものです。

妊娠中の夫の行動は、良いものも悪いものも一生心に残るものです。辛い浮気の傷が残るママが少しでも少なくなることを祈ります。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中はおなかの中の赤ちゃんと自分のことでいっぱいいっぱいになってしまって、夫のことはついついないがしろにしてしまい、その結果妊娠中の浮気につながってしまうことも。夫だって赤ちゃんが産まれてくることへの不安や、妻との接し方に悩んでいることを忘れないようにしましょう。これは妊娠中だけでなく、育児中にも心がけておきたいですね。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

チーター

新米ママのチーターです♡ よろしくお願いします!

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事