更新日:2018年11月08日

エコー写真で見る!お腹の赤ちゃんの成長の様子

毎日毎日、お腹を撫でながら話しかける幸せな妊娠期間。お腹の赤ちゃんの成長は、少しずつ大きくなるお腹で実感している人も多いと思います。大きくなるママのお腹の中では、赤ちゃんはどのような様子なのでしょうか。エコー写真で、お腹の赤ちゃんの成長の様子をちょっとのぞいてみませんか。

監修 : ままのて 医師・専門家
267168
3

~妊娠2週~ 新しい命の誕生「受精」

これが新しい命の誕生の瞬間です。卵子が排卵されてから、受精できるベストな時間は6~8時間程度と言われてます。精子の寿命は卵子よりも長く数日ありますが、1回の射精で2億~3億の精子が放出され、多くの場合その中のたった1つが受精できるのです。計算するのも気が遠くなるほどの確率です。ちなみに精子の大きさは0.06mm。卵子の大きさは0.1mm。新生児の身長が約50cmと考えると、受精から約38週間かけて5000倍の大きさに成長すると言えます。

受精卵の最初の目標は、細胞分裂を繰り返しながら約1週間かけて卵管から子宮まで移動し「着床」することです。子宮への着床が成立して始めて「妊娠成立」となるのです。

~妊娠3週~ 妊娠の成立「着床」

Image

卵管内で受精した受精卵は分裂を繰り返しながら移動し、受精から約1週間で子宮に着床します。この子宮への着床で「妊娠成立」となります。

実はこの時点で受精卵の中では、胎児となる細胞と、胎盤となる細胞にわかれています。ちなみに受精卵が子宮へ着床できる確率は約30%前後という研究があります。染色体異常や遺伝子機能の異常により妊娠が成立せず淘汰される確率も高いため、実際に妊娠が維持されるのは10%程度ともいわれています。受精から着床までのステップだけでも「妊娠は奇跡」といわれることが実感できますね。

写真は妊娠4週目のエコー写真です。まだどれが赤ちゃんなのか、わからないですね。普段生理が規則的にきている人は、生理が遅れるので妊娠の可能性に気がつく時期でもあります。

~妊娠9週~ ヒトの原型「胎芽期」

Image

受精卵が子宮に着床し妊娠が成立すると、胎児となる内部の細胞はめまぐるしく分裂を繰り返し、ヒトの原型となる「胎芽(たいが)」を形成します。妊娠9週までは「胎児」ではなく「胎芽」とよばれるのです。また、同時に胎盤の形成も始まります。

産院ではこの状態で赤ちゃんを包む胎嚢(たいのう)、胎芽、そして赤ちゃんの心拍を確認して「正常な妊娠」かどうかの判断を行います。

画像のようなエコー写真で、胎芽の姿を確認したママも多いでしょう。ようやく赤ちゃんが「目で見える」大きさになってきます。そしてこの時期、エコーで「心拍」が確認されます。つまりこの時から心臓の拍動は始まっているのです。

胎芽の大きさはCRL(頭殿長)で表します。妊娠9週くらいだと22〜30mmのことが多く、この時期の胎児の大きさにはあまり差がない研究でわかっています。このCRLを確認してから、医師の診断で妊娠週数が変更されることがあります。

~妊娠10週~ 胎芽から胎児へ

Image

妊娠10週からは「胎児」とよばれるようになります。CRLは約40mm、体重はおよそ8gです。赤ちゃんは2頭身で、まるで宇宙人のような見た目をしています。何もかも未熟な状態ではありますが、臓器などの重要な器官の原型はほぼ完成しています。

手足に爪や髪の毛の元ができ始め、丸かった姿勢がまっすぐになっていきます。今までは皮膚が透けていましたが、厚みが増して骨も硬くなってきます。黒目やまぶたが形成されます。「胎芽」時代に比べるとすっかり「ヒト」の形に成長しています。ここからさらに日に日に成長していくのです。

~妊娠5ヵ月~ 胎動を実感する人も

Image

妊娠19週の頃は、赤ちゃんの身長は約20cm、体重は約250gです。妊娠5ヵ月になると、赤ちゃんの胎動を感じるママも出てきます。赤ちゃんは身体が大きくなってきただけでなく、骨格や筋肉が発達して、力強い動きで活発に動けるようになるのです。赤ちゃんの外見も、2頭身から3頭身くらいになっていきます。この頃から、早ければエコーで性別がわかることがあります。

~妊娠6・7ヵ月~ ママの声が聴こえる!

Image

妊娠6ヶ月の胎児の大きさは身長約30cm、体重は約700gです。妊娠7ヶ月になると身長が約38cm、体重は約1200gとどんどん大きくなります。このエコー写真では、赤ちゃんが手を口に持っていっている様子がわかりますね。このように、お腹の中の赤ちゃんは様々な動きをしています。

この時期の劇的な変化は「感覚機能が完成する」ことです。目や耳などの感覚器、味覚や嗅覚が発達してきて、それぞれの感覚器と脳を結ぶ感覚神経が発達します。妊娠27週頃にはまぶたが上下に離れて目を開けられるようになったり、鼻の穴が開通したりするのもこの時期です。

お腹の外の音も聞こえますが、赤ちゃんは羊水に浸かっているため、プールやお風呂に潜って外の音を聞くような感覚に近いようです。そのかわり、体内で直接伝わるママの声はとてもよく聞こえています。お腹の中で、ママの声を聞いて安心して過ごしているのでしょうね。

外見的にも皮膚が厚くなっていきます。ここからは身長の伸びは緩やかになり、皮下脂肪を蓄えて体重がさらに増え、いわゆる「赤ちゃん」らしい体型へと成長していきます。

また、この時期になると、早産などでお腹の中から赤ちゃんが出てきてしまっても助かる可能性が出てきます。現在の医学の進歩によって、妊娠25週をこえた早産児は、約8割がその後も順調に育つそうですよ。

~妊娠9・10ヶ月~ いよいよ出産へ

Image

妊娠37週の赤ちゃんの身長は45〜48cm。体重は約2500〜3000gです。画像は、左を向いた赤ちゃんのエコーになります。4Dエコーだと、本当に赤ちゃんそのものに見えますね。

37週から42週は正期産とよばれ、赤ちゃんはいつ産まれても良い状態まで発育、発達しています。予定帝王切開は37〜38週頃に実施されることがほとんどです。

「肺呼吸」のための準備が、妊娠34週頃に完成するといわれています。赤ちゃんは、出生後にオギャーと泣くことで肺胞がスムーズに拡張し、肺呼吸を始めます。肺呼吸に必要になる物質がこの時期に十分に分泌されると、肺呼吸が可能である目安になります。

準備ができた赤ちゃんは、いよいよ出産へと向かっていきます。

お腹の赤ちゃんについておすすめの本

51a4ahtopzl. sx350 bo1,204,203,200
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
赤ちゃんはお腹の中で何をしているのか
¥1,944〜(2018/11/08 時点)

現役産婦人科医が4D超音波で見た胎内の赤ちゃんの映像をもとに、未だ解明されていない胎児の行動・生理を推理・解説。

◼︎この本の口コミ
今はどこでも3Dや4Dエコーを導入していますが、私はどちらも見ることが出来ず、この本を読んでお腹の中の赤ちゃんの様子を想像しました。色々知ると母性も出てきて、赤ちゃんとお母さんと結ばれていることを実感しました。胎教や声掛けにも積極的になりました。

引用元:www.amazon.co.jp

まとめ

お腹の中でドラマチックな成長発育を遂げている赤ちゃんの様子を見ると、我が子への愛おしさもひとしおですね。そもそも妊娠が成立したこと自体が、本当に奇跡的なこと。産まれてきてくれた我が子、さらに、自分を産んでくれた母親へも感謝したい気持ちになりますね。

あわせて読みたい

Image
エコー写真の見方を妊娠初期から解説!向き・性別の見分け方は?ダウン症や子宮筋腫もわかる?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30008
Image
妊婦健診の腹部エコーはいつから?心拍確認は何週?毛の処理・服装・夫の付き添いについて
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23325
Image
エコー写真で性別はいつ判明?男の子と女の子の見分け方&画像集!判定間違いもある?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29982
Image
3Dエコーはいつから?性別がわかる?写真の見方・料金・実際の顔との違いについて
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29937
Image
【写真あり】4Dエコーで性別はわかる?実際の顔と違うの?料金やいつから受けられるかについて解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29943
Image
4Dエコーでダウン症はわかる?鼻が低いと可能性あり?ダウン症の特徴が出る時期はいつ?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29950
Image
妊娠20週のエコー写真と体験談!お腹の大きさや胎動はどうだった?体重増加や性別判定のエピソード
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/6419
Image
エコー写真はアルバムに!保存方法と無印・100均などのおすすめエコーアルバム12選
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23418
Image
エコー写真を手作りのアルバムに保存したい!作り方や表紙の書き方、素材について
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29902
Image
ドップラー聴診器でいつから心音が聞こえる?家庭用の使い方やレンタル、胎児への影響について
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29240
記事内で紹介する商品は、ままのて編集部において選定しています。当該商品および商品の紹介文は、ままのての監修医・専門家による推奨や監修を受けたものではございませんのでご注意ください。妊娠中・授乳中の方や持病のある方は、事前に医師に相談の上ご使用いただくことをおすすめします。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

おすすめの記事