更新日:2017年03月06日

【札幌】お金をかけずに子供と遊べるおでかけスポット8選!

札幌の街には子供と遊びに出かけるスポットが盛りだくさん。ですが、毎日毎日お出掛けしていては、お金が羽根をつけて出て行くし、かといって家に引きこもってばかりもいられませんよね。札幌の短い夏を子供と存分に遊びつくしたい!しかも、お金をかけずに!そんなリクエストに応えてくれる「無料」のスポットを集めてみました。

109861
0

体験学習ができるスポット

①水道記念館

まずおススメするのは水道記念館です。札幌の豊かな自然から水道水ができるまでの流れを展示で見たら隣接する藻岩浄水場の見学ツアーに参加するのも良いでしょう。川の水のろ過実験に参加できたり、アスレチック系の遊具や体験型の展示も多く実際に目で見て体で感じることができるのもお薦めです。

また、噴水広場では水遊びも可能ですし、小さい子向けのキッズルームには子供用のトイレや授乳室も完備。さらに、図書コーナーもあります。売店などはありませんがお弁当を持参して1日過ごしてみるのもお薦めですよ。

札幌市水道記念館
住所:札幌市中央区伏見4丁目
TEL:011−561−8928
開館時間:9:30〜16:30
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、11月16日〜4月第2土曜日まで

②市民防災センター

防災について展示を見て学ぶだけでなく、暴風体験や地震体験など実際に参加して体験できる体験型の展示が充実しているのが特徴です。また、はしご車の展示では実際に車内にのることも可能。車好きな男の子にいかがでしょうか。

この施設は白石消防署に隣接していますので、運がよければ消防車や救急車を間近で見学できるのも嬉しいポイントです。入館は無料です。

市民防災センター
住所:札幌市白石区南郷通6丁目北
電話:011−861−1211
開館時間:9:30〜16:00
休館日:年末年始(12月29日〜翌年1月3日)

動物と触れ合えるスポット

①サッポロさとらんど

園内にはウマ、ウシ、ヒツジ、ヤギなどの動物たちがいるふれあい動物園があります。また広い敷地内では1800台の駐車場は無料で、炊事広場でバーベキューを楽しんだり、有料にはなりますがパークゴルフやオモシロ自転車のレンタサイクルがあったりといろいろな楽しみができるのも嬉しい施設です。

サッポロさとらんど(札幌市農業体験交流施設)
住所:札幌市東区丘珠町584−2
TEL:011−787−0223
開館時間:4月29日〜9月30日 9:00〜18:00、10月1日〜4月28日 9:00〜17:00
休園日:4月29日〜9月30日 無休、11月4日〜4月28日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)

②五天山公園

公園内でウサギが飼育されている珍しい公園です。子どもの遊び広場の遊具が充実しているのはもちろん、炊事広場でのバーベキューやパークゴルフを楽しむこともできます。また、夏には蛍の鑑賞も可能で、この時期は駐車場の開放時間も長くなります。

五天山公園管理事務所
住所:札幌市西区福井423番地
TEL:011−662−2424
開園時間:4月中旬〜11月30日 7:00〜19:00、12月1日〜4月中旬 8:00〜17:00
休園日:年末年始

水遊びできるスポット

①モエレ沼公園

やはりまずはモエレ沼公園のモエレビーチですね。入園はもちろん駐車場も無料です。モエレ沼公園はとにかく敷地が広い!遊具広場も点在していますし、子供たちは広場をただ走り回るだけでも楽しいみたい。モエレ山やプレイマウンテンなどお散歩して回るだけでも楽しい公園です。

そう、実は世界的に有名なイサム・ノグチの設計した美しい公園に日常的に親しめることは札幌市民に許された特権なのかもしれません。

モエレ沼公園
住所:札幌市東区モエレ沼公園1−1
TEL:011−790−1231
開園時間:7:00〜22:00(入場は21:00まで、西入口ゲート・東入口ゲートは19:00まで)
定休日:無し(園内各施設は定休日あり)

②川下公園

この画像からも人気の様子が伺えるのではないでしょうか。カナールが長い!そしておすすめは壁泉です。頭から水をかぶれる水遊びスポットはなかなか珍しいですよね。川下公園も敷地が広く芝生広場や遊具広場も充実しています。

さらに特筆すべきは公園内のリラックスプラザにはプールもあります。そしてこちらの屋内遊具施設も充実しています。

川下公園管理事務所
住所:札幌市白石区川下2651番地3外
TEL:011−879−5311

③新琴似二番通公園、太平公園、屯田西公園

次にご紹介するのは住宅地内にある公園3園です。その名のとおり住宅地の中にある公園で上記2つの公園に比べると敷地は狭いです。施設としては野球場やパークゴルフ場などの施設を備えており中規模クラスの公園といえます。

では、なぜ、あえてこの公園を紹介するかというと、実はこちらの公園内のプールにはウォータースライダーがあるということでご紹介しました。無料で遊べる水遊び場にウォータースライダーやすべり台がついているというのはかなり魅力的ではないでしょうか。どの公園も駐車場は完備、無料なのに監視員さんが駐在しているので何かあったとしても心強いですね。

新琴似二番通公園
住所:札幌市北区新琴似3条8丁目、9丁目
利用時間:9:00〜16:00
利用期間:7月5日〜8月23日

屯田西公園
住所:札幌市北区屯田4条9丁目
利用時間:9:00〜16:00
利用期間:7月5日〜8月23日

太平公園
住所:札幌市北区太平12条3丁目
利用時間:9:00〜16:00
利用期間:7月5日〜8月23日

④豊平川ウォーターガーデン

最後の締めはやはり豊平川ウォーターガーデン。こちらも入園料・駐車場無料。水遊びのための施設ですから、全長400m近い遊水路にはさまざまな仕掛けや遊具が盛りだくさん。水遊びを遊びつくすには、やはり、この場所は外せません。

豊平川ウォーターガーデン
住所:札幌市中央区南28条西8丁目〜南区南30条西8丁目
TEL:011−211−2536(みどりの管理課)
営業時間:9:00〜17:00
定休日:期間中(6月14日〜9月7日)無休

まとめ

今回はテーマを「無料」のスポットに絞ってご紹介してみました。どの施設も親子でたっぷり遊べること請け合いです。是非、短い夏に熱い思い出を作ってください。もちろん、お財布には優しく♪ですね。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

女の子&男の子、2児のママです。まだまだ手探りの子育てです…

おすすめの記事