100均もここまで来た!?ダイソーのおもちゃのコスパが素晴らしすぎるvol.1

男の子の大好きな電車のおもちゃ。BRIO・プラレールなどの玩具メーカーが有名ですが、最近では100円ショップでも買える時代になりました。100円だからといって侮るなかれ。ちゃんど電池で動きますし、最近はプラレール同様、実際の電車に似せて細部までこだわった電車が売られていますよ。

164464

目次

  1. 電車のおもちゃ
  2. 100円のダイソープチ電車がすごい!
  3. 驚異的な安さ!
  4. レールや情景部品も豊富!
  5. 人形も安くて種類が豊富!
  6. 性能はどうなの?
  7. 欠点はないの?
  8. あわせて読みたい

電車のおもちゃ

男の子は乗り物が大好き。なかでも電車は根強い人気があります。タカラトミーが販売している電車のおもちゃ「プラレール」は、発売から50年以上経った今でも、改良はともかく、基本的なモデルチェンジを行っていないという驚異的な人気のおもちゃです。

値段と商品の豊富さから選ぶなら、プラレールの一人勝ちですが、「子どものおもちゃは木にこだわりたい」というご家庭もあるでしょう。そんなニーズに応えて、こんな商品も市場には出回っています。

BRIOクリスマス限定レールセット
¥19,440〜(2018/11/12 時点)

馬や牛、人形に2台の機関車にトラクターなどを含む80ピースの大容量のセット

BRIOが販売しているレールセットは、木ならではのあたたかみがあって、いいですよね。ただし、BRIOのレールセットはスタイリッシュで素敵なのですが、お値段が張ります。そんな方には、BRIOよりはローコストで買えるイマジナリウムのレールセットがおすすめです。

イマジナリウム オールインワン トレインテーブルセット
¥10,796〜(2018/11/12 時点)

トレインテーブルに、レールや列車などたっぷり。100ピースがセットになったトレインテーブルセット

イマジナリウムのレールセットは、情景部品をたくさんそろえると豪華になりますよ。

100円のダイソープチ電車がすごい!

電車のおもちゃは各社凌ぎを削って販売してきましたが、ご紹介したいのは「ダイソープチ電車」シリーズです。サイズとしては、プラレールよりも一回り小さめなのですが、ちゃんと電池で動きます。

電車の種類はプラレールに負けていません。先頭車両はもちろん中間車両も広報車両も売られているので、連結して遊ぶのが好きな子どもたちは大満足です。

驚異的な安さ!

何といっても驚きなのは、そのお値段ではないでしょうか。すべて108円です。

3両編成を基本としているため、3両買うと税込324円にはなりますが、ほかの鉄道系のおもちゃをみても驚くべき安さです。どのぐらい安いのか比較するために、他社の鉄道のお値段を見てみましょう。

プラレール

プラレール 700系 新幹線
¥1,300〜(2018/11/12 時点)

S-01 ライト付

BRIO

トラベルトレイン
¥3,240〜(2018/11/12 時点)

運転手と乗客の付いた車両セット

プラレールの新幹線で1500円~2000円、BRIOのトレインは3000円程度……それとプチ電車シリーズを比較すると最大10分の1のお値段になります。思わずうなってしまう安さですね。

レールや情景部品も豊富!

100円だからといって侮ってはいけません。ダイソープチ電車シリーズは、車両だけでなく、車両を走らせるレールや、駅・踏切などの情景部品もそろっています。

人形も安くて種類が豊富!

何よりすごいのが、運転士や乗客のラインナップの豊富さです。一緒に購入すればひとつの町ができてしまいそうですね。

列車の中には座席があるので、そこに乗車させたり、駅のホームに配置させたりと、本物さながらの雰囲気を十分楽しめます。さらに、6体108円という驚きの安さですよ。

性能はどうなの?

「せっかく買っても、どうせすぐ壊れるんじゃないの?」「安かろう、悪かろうなんでしょ。ちゃんと動くの?」と心配な方も多いと思います。しかしダイソープチ電車シリーズは、本家のプラレールには劣るものの、108円という金額を考慮すると、その性能はマニアの間でも高評価を得ているようです。

■メリット
・安い、1両108円。324円で1編成。
・塗装はそこそこ上手い
・フィギュアを載せられる
・スムーズに動く
・床下機器の表現
・小型・軽量化を実現

以前100均で売られていた電車シリーズといえば、実際には存在しない「ナンチャッテ電車」ばかりでしたが、最近のダイソープチ電車は、プラレール同様に実車がモデルになっています。JRから許可もとっているとのことです。「ちょっと電車が好き」というレベルのお子様なら、ダイソープチ電車でも十分喜んでくれるでしょう。

欠点はないの?

Image

ダイソープチ電車は値段の割にクオリティが高いとはいえ、安いので、それなりにデメリットもあるようです。

■デメリット
・車輪幅の関係で、プラレールの青いレールの上を走るのは不可能
・線路やストラクチャーのラインナップが貧弱
・プラレールより車種が少ない
・陳列されてる中で車体に汚れがをついているものが多々見られた

プラレールとの互換性はありませんが、マニアの中にはダイソープチ電車の車輪を改造して、プラレールで走れるようにしている人もいます。100円だということを考えると、思い切って改造もできますよね。100円ショップの商品なので、プラレールのように商品カタログのようなものや公式ページがなく、情報を得にくく、欲しい商品が品切れになっていることもデメリットのひとつかもしれません。

そうはいってもやはり100円という安さは魅力ですし、コストパフォーマンスを考えると、お得な買い物になることでしょう。

あわせて読みたい