「うちの子が可愛すぎる!」親バカすぎる?瞬間9選

わが子は誰がなんと言おうとかわいいものです。目に入れても痛くない。それくらいの破壊力を持っているのが子どもという存在です。そんなわが子がもっとかわいく見えてしまう瞬間をご紹介します。きっと世の中のママさんも経験してるかもしれませんね。

244009

目次

  1. 「うちの子が一番カワイイ!」産院で光って見える!
  2. 食べてしまいたい!
  3. ぐしゃぐしゃな泣き顔も萌える!
  4. 「もうこんなに?!」画像が我が子だらけ
  5. ママじゃないとダメ!
  6. パパもわが子が大好き
  7. 予測がつかないからこそ飽きない!
  8. どんなイタズラも許しちゃう…
  9. なんと言っても笑顔
  10. まとめ
  11. あわせて読みたい

「うちの子が一番カワイイ!」産院で光って見える!

「産まれてすぐは可愛くない」と聞いたことがありますが、まったくそんなことはありません。我が子だからこそ輝いて見えるものです。新生児の時は泣き声も個性的で、すぐに泣いていると気づきました。少しでも長くわが子に触れていたい、そんなママも多いですよね。

食べてしまいたい!

Image

無防備な寝顔は食べてしまいたいくらいですね。気づくと異常なほどのスキンシップを取ってしまいます。寝返りができるようになってからの寝相もかわいすぎます。寝返りで変な場所まで移動していてると、「なぜここに?」と思いながら微笑んでしまいます。

ぐしゃぐしゃな泣き顔も萌える!

Image

大泣きしているわが子ほど、かわいく見えてしまうことはあるでしょうか。ありったけの声を張り上げ、涙をポロポロとこぼしている姿に胸を打たれてしまいます。声にならない「ママ」を精一杯に叫んでるんだと思うと、余計に愛おしくなってしまいますね。泣き叫んでるわが子を微笑みながら眺めてみるのも、ほんの少しの時期しか経験出来ないことです。

「もうこんなに?!」画像が我が子だらけ

Image

「あれ、こんなにあったかな」というくらい携帯のアルバムがわが子ばかりになってしまう方も多いのではないでしょうか。日常の風景と思いながら撮っていたはずが、気づくと容量オーバーになっていることもあるでしょうか。旅行に行っては撮り、友達と会っては撮り、どんどん増えていくわが子のコレクション。写真に多く残して、後で振り返るのは楽しいですよね。

ママじゃないとダメ!

Image

寝かしつけの時やご飯を食べる時など「ママじゃないと絶対ダメ」ということが、急に起きる場合があります。パパには悪いですが、「そんなにママがいいんだね」と心で思いながらあやしたり、寝かしつけたりすることが筆者はありました。たまにはママの力をパパに見せつけることもありなのかもしれないですね。

パパもわが子が大好き

Image

子供が産まれて家族に仲間入りすると、自然とパパとの時間が減ってしまいます。その代わり、共通の盛り上がる「わが子」という話題ができます。「寝返りが出来るようになった」という報告から「幼稚園はどうするか」という将来のことまで、内容は様々です。話題の中心はいつも子供のことばかり。夫婦仲を取り持ってくれるのも子供なのかもしれません。

予測がつかないからこそ飽きない!

Image

笑っていると思った次の瞬間には泣き始めたり、泣いていたと思った次の瞬間に寝ていたり、子供の行動はまったく予測ができません。だからこそいつまでも見ていたいし、触れていたいとまで思わせるのが「わが子」の力かもしれません。家事を放り出してにやにやと見つめてる私は親バカだな、と筆者は感じることがあります。

どんなイタズラも許しちゃう…

Image

声を出して遊んでいたわが子が、知らないうちに静かになっていることはありませんか。そんな時は大体、辺り一面がティッシュの山になっていたり、本棚の本が一つ残らず床にバラ撒かれていたり、驚愕の事態が発生していることが我が家では多いです。怒っている時ほど笑顔でニコっと笑ったりもしますね。

「今日こそは絶対に許さない」と思っても、わが子を見るだけで許してしまいます。「これくらいいいいかな」と思わせてしまう力を持っています。

なんと言っても笑顔

Image

ママの日々の疲れも、子供の笑顔一つで帳消しになりますね。この笑顔のために、ママはしんどくても頑張れることができてしまいます。わが子の笑顔は癒しですよね。笑ってくれるのであれば、つい何でもしてしまいます。ちょっとした子供の言動や表情がママの原動力になりますね。

まとめ

いかがでしたか。筆者の主観が多いため、共感していただけた部分とそうではない部分とがあったのではないでしょうか。それでも世のママ達に共通しているのは「わが子が一番カワイイ!」という気持ちですよね。ママの子として産まれてきてくれて、間近で成長を見せてくれて、ママ達は本当に幸せ者ですね。

あわせて読みたい