更新日:2017年04月24日

産後の物忘れ増えたママへ…その物忘れ、大丈夫?

出産を終えて、日々育児に奮闘する毎日…そんな中、たまに出かけるとなると「あ!忘れ物!」なんてこと増えてませんか?物忘れが増えたと思っているママは多いですよね。しかし、その物忘れの中にも、「危険な」物忘れがあるんです。そこで今回は、産後の物忘れで危険な状態をご紹介します。

29286
1

目次

    産後に物忘れが増えた人は多い?

    Image

    思い当たる方も多いのではないでしょうか……

    やろうと思っていたこと、言おうとしていたこと、財布を2回ほど、短期間で買い物をした場所に置き忘れたり
    携帯もどこかに置き忘れたり、自転車の鍵をどこにしまったか解らなくなったり等々……

    もちろん、元がしっかりしてるってわけではなけれど、最近本当に多すぎて自分はなにか病気ではないかと思うことってありませんか。筆者は特に産後にこのような症状が多かったような気がします。

    それに、物忘れがひどい、集中して何か(子育ての事以外)を考える事もできなくなったと悩むママも多いようですよ。

    確かに多くのママがこのような体験談を持っておられます。産後は物忘れがひどくなったり、注意力散漫になったりと感じるママが多いようです。

    筆者もその一人。出かける際に自分のカバンをまるごと忘れてきたり、ケータイを充電し忘れたり、コンロの火を消し忘れたり……。さらに筆者の場合は、育児に関係することも忘れていました。ミルクは持ったのに哺乳瓶を持ってくるのを忘れたとか、おむつはあるのにおしりふき忘れたとか。本当にひどい時は、家にこもって何もしないようにしています。

    産後の物忘れ……真相は?

    Image

    産後の物忘れは、実は「医学的には何の根拠もない」ことがわかりました。昔は「産後は脳の能力が低下する」と考えられていましたが、最近はそうでないことがわかってきました。

    最近の研究ではママ脳は、衰えてるのではなくむしろ成長しているといいます。実は、脳はとても適応性があり母性の影響により、ポジティブに成長し変化しているというのです。

    また、妊娠中・出産後・ママ脳の視床下部、前頭葉、扁桃体はサイズが大きくなります。それらの脳の領域は、赤ちゃんの欲求により早く応える補助をしているのです。前もってに計画を立て、子どもの健康に関する記憶を改善してくれています。

    実は、ママの脳は逆に成長していることがわかったのです。脳は産前に比べて大きくなり、記憶力も良くなります。これは、育児という新たな使命のために、ママが適応している証拠。たしかに、成長しなければ今までの生活にプラスして育児を行うなんて無理な話に思えてきます。

    ママの脳は、出産することで衰えているなんてことは全くなく、むしろその逆だったんですね!

    産後の「心配な」物忘れとは?

    Image

    それでは、産後に物忘れがひどくなった……と言う方は何から来ているのでしょうか?

    それは、どうもマタニティブルーが関係しているようです。マタニティブルーで軽いうつ病になると物忘れや覚えられないといった記憶への障害を及ぼすこともあるのです。

    マタニティブルーからうつ状態になると、自分の体の状態がきちんと把握できずに、例えば赤ちゃんが泣いていても気づかない状態になったり、自律神経が乱れて体温調節ができなかったり……その他にも味がわからなくなったり、休んで疲れがとれなかったりなどの慢性疲労症候群になることがあります。こうした症状と共に物忘れがひどい場合は、周りに相談する、あるいは心療内科を受診したほうが良いかもしれません。

    いわゆる「産後うつ」と言われる病気の症状のひとつとしてあらわれている場合は、物忘れにも注意が必要です。そのまま放置すると、産後うつが悪化し、取り返しのつかない事態に陥ることも・・・

    見極めが難しいところですが、育児に対して強いストレスを感じている場合などは注意した方がよさそうですね。実際に産後うつの場合の物忘れと、そうでない物忘れには違いがあるのでしょうか?

    産後うつの症状か見極めるには?

    Image

    専門家によると、物忘れを物忘れとして認識しているうちは大丈夫なんだとか。しかし筆者は、エピソードそのものを忘れてしまうほどだったら、相当進行しているような気がします。例えば、買ってきたものを『自分は買ってない』とか、人に会ったことを忘れて『誰にも会ってない』と言う場合は周りが気づいてあげたいところ。

    産後うつは立派な病気ですので、決して甘く見てはいけません。産後うつは、そのまま放置するとうつ病になってしまう場合もあるので、産後の一過性のものとは限りません。症状が出ているなら、きちんと治療することが重要です。自己判断で「大丈夫」と思わず、気になるようなら夫に相談したり、専門家に話を聞いてもらうといいでしょう。

    取捨選択ができる脳になっているだけかも……

    Image

    ただ、このようなことは思い当たりませんか?

    友だちへのメール返信は忘れてしまっても、赤ちゃんの授乳の時間や離乳食をあげたかは忘れない。また、夫が帰ってきたのは知らなくても、赤ちゃんの泣き声には寝ていてもすぐ気づくはず。日々忙しいママは、無意識に「あまり重要でない」と判断したことを忘れているだけなのかもしれません。

    ママ脳に成長する過程で、急に増えた情報量を取り扱うために、「取捨選択」がカギになってきますよね。それを無意識にやっているうちに、自分のことや夫のことが後回しになってしまうのかもしれません。

    しかしこれにも個人差があると思われます。筆者は離乳食をあげたかどうかもたまにわからなくなります・・が、ひどい物忘れを感じていた女性でも、1~2年もすればもとに戻ると体験されていますので、あまり深く考えず、対処法を考えながら過ごすのがいいかもしれませんね。

    まとめ

    いかがでしたか?筆者も産後の物忘れに悩まされているうちの一人ですが、しばらくは対処法を考えながらしのぐしかなさそうですね・・数年後には出産前よりも記憶力が良くなっていることを願うばかりです。しかし、産後うつだった場合は放置するのは危険です。専門家までとはいかなくとも、乳幼児健診の際などに、保健師さんに相談してみるのもいいかもしれませんね。最近は地域によって、無料の育児相談などもありますので、問い合わせてみてもいいでしょう。

    産後・育児中の疲労回復に

    P3

    すっぽん小町

    ¥3,024〜(2017/05/11 時点)

    購入はこちら

    すっぽん小町は、育児中の疲れを回復する効果が期待できるサプリメントです。すっぽんパワーで1日を元気に過ごせるサプリだと、ママたちから人気を集めています。粉末状にされたすっぽんの栄養素が、飲みやすいカプセルにつまっていますよ。貧血対策や活力の増進、美容に効果的といわれています。毎日の朝食後に飲んでみてはいかがでしょうか。

    ■この商品を購入した方の口コミ
    2児の子育て中で気力・体力ともに限界を感じ、『すっぽん小町』を飲み始めて4ヵ月。表情が明るいですし、毎日元気で調子よく過ごせているなと思います。(30代 女性)

    引用元:www.teinei.co.jp
    公式サイトはこちら

    あわせて読みたい

    Image

    計算出来ない…記憶が飛ぶ…【産後ボケ】は産後うつの一種だった!?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25002

    関連する人気の記事

    妊娠・出産のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    knyckk

    2015年1月に息子を出産したばかりの新米ママです♬ 育…

    妊娠・出産 デイリーランキング

    おすすめの記事