更新日:2017年05月24日

絵本の読み聞かせはパパの方が効果が高い?!注意点やコツはある?

絵本の読み聞かせが、子どもの言語能力など知能全般にプラスの効果をもたらすことはよく知られていますよね。ママが読み聞かせた場合とパパが読み聞かせた場合、子どもの発達にどのような差が出るのかを調査した研究結果が発表され、注目を集めています。どんなことに注意して絵本の読み聞かせをすると良いのでしょうか。

9275
1

とある研究で「パパの読み聞かせ」に驚きの結果が

米ハーバード大学のElisabeth Duursma博士は、アメリカの低所得者層430世帯を対象に父親と母親の絵本の読み聞かせを調査しました。読み聞かせは母親がしているケースが多かったものの、55%の父親が少なくとも週に一回は読み聞かせをしていました。

2~3歳の段階での読み聞かせが3歳時点での能力にいかに影響するかについての調査が行われました。母親の読み聞かせは認知能力(思考や問題解決能力)の向上に大きく貢献し、父親の読み聞かせは加えて言語能力アップの効果が顕著にみられたそうです。父親による読み聞かせを2歳前に始めることで、特に大きな効果が得られ、父母の効果の差は特に女の子に顕著に見られたそうです。

Mobile favicon

2歳児の絵本ならこれ!ママ100人が選ぶ絵本ランキング20!プレゼントにも最適!

Mobile favicon

1歳児におすすめの絵本20選!選び方と読み聞かせのコツは?

パパの読み聞かせでは「質問」が重要な役割を果たしている?

研究では、パパが絵本を読み聞かせてくれる機会は少ないため、その特別感から、パパの読み聞かせに子どもが集中しやすいという点を理由として挙げていますが、一番の違いはそれ以外にありました。

男性が読み聞かせをする時は、絵本について抽象的な質問をする傾向が見られたそうです。例えば、ママが絵本について「りんごはいくつある」と明確な正解がある質問をするのに対し、パパは「見て、ハシゴだよ。この間、トラックの上にハシゴが積まれていたね」といった、より想像力がかきたてられ、会話がふくらむような質問をするそうです。

単語ひとつで答えられる質問をするママに対し、パパからの質問はより考えをめぐらせ、それを説明するような答えを求めるものです。このため、結果的に言語能力の発達にプラスの影響を及ぼしているのでしょう。ただし、環境の差や個人差はもちろんあるため、一概には言えません。

Mobile favicon

4歳におすすめの絵本20選 〜想像力や感性を育てよう〜

Mobile favicon

3歳の読み聞かせにおすすめ絵本24選(男女別・シーズン別)

絵本について子どもに質問する?しない?

「絵本について質問する」という点について、違和感を感じている方がいるかもしれません。日本では読み聞かせの際に子どもに質問をするのはタブーだと考える人がいます。子供から質問されたら答えるものの、絵本への集中や感情移入を妨げないように質問を控えるといった考え方です。

アメリカでは絵本を読みながら質問をすることが推奨されています。アメリカの文部科学省にあたる教育省のウェブサイトには、読み聞かせのポイントとして「絵本を読みながら、子どもの生活に関連させた質問をしたり、本の中に何が描かれているか、次に何が起こると思うかを質問したりしましょう」と書かれています。

Mobile favicon

出産祝いにおすすめの絵本20選!0歳から1歳児向けの人気絵本はコレ

絵本が読み終わった後に質問するのはどうなの?

絵本の途中でいきなり質問をするのは、お話に入り込んでいる子どもの邪魔をしかねないため、筆者もあまりしていません。絵本が終わった後で質問するのはどうでしょうか。日本では「絵本の感動を味わう時間として質問したり感想を聞いたりすべきではない」という考えがあります。

筆者個人の意見としては、子どもの様子を見て、絵本について親子で会話をするのはありだと考えています。筆者の娘に絵本を読むと、感動を味わうどころか次々に本を持ってくることがしばしばあります。子どもが読み終えた絵本をじっと眺めているような時はしずかに余韻に浸らせてあげ、そうでなければ、絵本について親子で楽しく会話をしても良いのではないでしょうか。

絵本を読むたびに感想を聞いたり、子どもの考えを親が否定すると、子どもは絵本が嫌いにしなるかもしれません。親の問いかけ次第で、絵本についての会話は、親子の時間を豊かにし、子どもの想像力をさらにかきたてるかもしれませんね。親の聞き方とどう反応すべきかが重要になるでしょう。

Mobile favicon

英語の厳選絵本20選!幼児への英語の読み聞かせに。

Mobile favicon

【決定版】0歳女の子が喜ぶおもちゃ30選!知育、絵本、歯固めなど

絵本についての会話のヒント

子どもの様子をよく見て、どんどん絵本を持ってくるとき・余韻に浸っているときは、無理して質問をする必要はないでしょう。読み終わった後に子どもが感想を告げてきたら、絵本について会話をふくらませるチャンスです。「自分が絵本の中のキャラクターだったら、どうしていたか」「絵本のキャラクターはどうしてXXをしたのか」といった質問を投げかけてみてはいかがでしょう。

絵本について子どもに問いかける際には、「答えが一言二言で終わってしまう質問ではなく、会話が広がるような質問」を心掛けるのが良いという意見があります。「なぜ」「どうして」「どうやって」といった質問は回答に論理的思考を必要とするため、子どもの言語能力や思考能力の向上に期待ができるでしょう。「どう思ったか」という感想を求める質問は、子どもによっては困惑したり、感想を強要されていると感じたりすることがあるようです。

Mobile favicon

ママと一緒に遊べる!おすすめの「しかけ絵本」10選

Mobile favicon

マネしたくなる素敵アイディア満載!子ども絵本のスッキリ収納&DIY!

研究が意味すること

「パパの読み聞かせの方が子どもの発達に効果が見られた」という研究結果ですが、正確にはパパであることよりも、「絵本の読み聞かせをしたときに、子どもにどんな問いかけをしているか」が重要なようですね。アメリカの専門家は少なくとも一日20分の読み聞かせが、子どもの発達に大きな差を生むといっています。20分の読み聞かせで子どもが言葉や表現を学ぶ以上の経験ができるかは、親の工夫次第で無限大の可能性を秘めているのかもしれません。

参考記事:
https://www.yahoo.com/parenting/why-dads-are-better-bedtime-story-readers-185827526.html?linkId=18269250

親子で号泣‼読み聞かせでママも涙する人気の絵本特選7冊

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13570

貼って、はがして遊べる!おすすめマグネット絵本15選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27982

布絵本なら赤ちゃんにも安心!魅力や選び方は?かわいくて長持ちのおすすめ15選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27980

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

konomi

2人の女の子のママです。子どものこころを受け止める子育て、…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事