更新日:2017年02月07日

いつまで続く?妊娠中ずっと続いた体調不良の体験談

妊娠中はホルモンのバランスが変わったり、体が重くなることによって体調不良になりやすいです。妊婦さんはとても幸せそうなイメージなのに、体調不良が長期間続くのはつらいですよね。ここでは妊娠中の体調不良と対処法について、先輩ママの体験談を交えながら、医師監修の記事で解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
47275
0

なぜ妊娠中は体調不良になりやすいの?

Image

妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんを元気に育てるために、身体には様々な変化が起こります。妊娠前とはホルモンバランスが大きく異なり、吐き気がしたり、感情の変化が激しくなります。体温は高いままなので身体がだるくなるし、風邪を引いたような症状を感じることがあります。

妊娠初期の体調不良の体験談

Image

妊娠初期は、急激に変わるホルモンバランスにより、もっとも体調不良になりやすい時期です。筆者者も、一番辛かったのは妊娠初期の体調不良でした。妊娠初期の体調不良には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

つわり

筆者にとって、つわりは出産よりも大変なものでした。妊娠4週目から吐きつわりと食べつわりが同時にあったので、食べても吐いても常に気持ちが悪かったです。特に朝になると吐き気がひどくなったため、ベッドの近くにはバナナとクラッカーを常備して、目が覚めたらすぐ食べられるようにしていました。つわりは妊娠12週までがピークでした。

微熱

筆者は妊娠のせいか風邪のせいかわからないぐらい、微熱が長期間続きました。普段の平熱は36.5℃でしたが、妊娠してからは常に37℃以上はありました。

眠気

じゅうぶんな睡眠時間をとっているのに、妊娠中は常に眠気に襲われていました。電車で爆睡してしまい、目的地を過ぎて遠くまで乗り過ごしてしまったことも頻繁にありました。妊娠したのはちょうど春だったので、やっぱり春になると眠くなるのかな?と思っていました。

妊娠中期の体調不良

Image

妊娠中期は、つわりが落ち着いてくる頃だと言われています。しかし、筆者はまだまだ体調不良が続きました。

まだまだ続くつわり

妊娠初期よりはだいぶましになりましたが、つわりはまだまだ続いていました。吐くことはほとんどなかったですが、相変わらず空腹のときは気持ちが悪かったです。この時は、なぜかトンカツ、春巻など、脂っこいものを食べるとムカムカがおさまりました。妊娠する前にはあまり好きではなかったのに、焼き肉やフライドポテトもよく食べたくなり驚きました。

頭痛

妊娠中の頭痛は、妊娠する前の片頭痛よりもっと辛かったです。特に雨が降る日や、台風がくる日はよく頭痛になりました。頭痛がひどくなるとつわりもひどくなり、何回も吐いてしまいました。トイレの中に座り込んで、頭を抱えながら泣きながら吐いた記憶があります。

妊娠中期には体調不良が続いていたため、病院で頭痛薬を処方してもらいました。妊娠中に飲める頭痛薬もあるので、頭痛に悩まれている方はぜひお医者さんに相談してみてください。

便秘

筆者は今までの人生で便秘に悩んだことはなかったのですが、まさか便秘になるとは思いもしませんでした。野菜をたくさん食べても、ヨーグルトを食べてもあまり改善しませんでした。テレビCMによく出ている整腸剤も試してみたのですが、筆者の頑固な便秘には効きませんでした。お通じはいつも3日に1度ぐらいで、お腹が張って苦しかったです。

妊娠後期の体調不良

Image

妊娠後期なのにまだつわり!?

普段は滅多に風邪をひかない人も、妊娠中はずっと体調不良でつらいという声もあるようです。結局著者のつわりは出産直前までありました。もちろん初期のつわりほど辛くはなかったのですが、常に気持ち悪かったです。妊娠後期は大きくなった赤ちゃんが胃を圧迫するのでなくなったつわりが復活する場合もあるみたいです。
相変わらず脂っこいものを食べると吐き気が和らぎました。この時期はケーキやチョコレートなどの甘いものを食べるとよく吐き気がしました。代わりに脂っこいものを食べていたので、あまりダイエットには役に立たなかったですけどね!

下痢

妊娠中期には便秘がちだったのに、妊娠後期には下痢がちになりました。一日に何回も下痢をして、お腹も痛かったです。出産が近づくと体は空っぽになりたがると聞いた事があるので、もうすぐ赤ちゃんに会えるのかな!と毎日ドキドキしました。

骨盤の痛み

お腹が大きくなり、その重さが骨盤を圧迫して、骨盤が痛くなりました。歩くときや起き上がるとき、寝返りするときにすごく痛くて、病院に行くべきかなと思うぐらいでした。産婦人科の先生に相談したのですが、出産すると自然に治るとのことでした。

しかし、我慢できないくらいあまりにも痛かったので友達に相談してみたところ、マタニティを専門にしている整体院があることがわかりました。早速マタニティ専門の整体院に行き色々みてもらったところ、骨盤の痛みた驚くほど改善しました。さらに、お腹の重さを支えるガードルを着用したところ、痛みがほぼなくなりました。つらい骨盤の痛みは、マタニティ専門の整体に頼ってみるのもおすすめですよ。

前駆陣痛

筆者は、前駆陣痛がどのようなものかよくわかりませんでした。頻繁にお腹が痛かったのですが、その時は、トイレに行きたいからお腹が痛いだけだと思っていました。妊娠後期はよく下痢をしていたので、また下痢かなと思ったのです。

結局その痛みが陣痛・出産につながったのですが、前駆陣痛はトイレに行きたい時のお腹の痛みとすごく似ていました。我慢できないぐらい痛かったわけではないですが、1日に何回も痛みがありました。

妊娠中の体調不良の対策は?

Image

まわりの人に助けを求めて

妊娠・出産・子育ては、一人で頑張りすぎてはいけないものだと思います。体調が悪い時は、旦那さんや近所の家族、知り合いに家事や買い物などをお願いしましょう。

遠慮せず病院で相談を

妊娠中のつらい症状は仕方がないからといって、我慢のしすぎは良くありません。産婦人科の先生にどこが痛いのか、どんな体調不良かを詳しく相談してみましょう。筆者も頭痛がひどかったときは、妊娠中でも飲める薬を病院で出してもらいました。頭痛になるたび、安心してその薬を飲んで治すこができましたよ。つらい症状を我慢し続けるほうがストレスもたまるし、お腹の赤ちゃんにも悪いと思います。

まとめ

妊娠中は、本当に体調不良になりやすいですね。妊娠する前はバスや地下鉄の優先者席のマタニティマークを見て、お腹が重いから譲るべきかなと思っていました。実際妊娠してみると、お腹が出てくる前から、こんなにも身体がつらいものなのかということがわかりました。何かと体調不良が続くマタニティライフですが、出産して可愛い我が子を見つめると、その辛さはすっかり忘れてしまいますよ。一人でつらさを抱えこまず、まわりを頼りながら妊娠中の体調不良を乗り切りましょう。

あわせて読みたい

Image

【医師監修】妊娠中期の下痢の原因、対処法は?赤ちゃんに影響はない?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16960
Image

妊娠中に息苦しくなる原因と対処法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12643
Image

つわりの原因、症状、対処法は?いつまで続くの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25250
Image

【医師監修】つわりのせい?妊娠中に口の中が苦いと感じる原因と対処法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5530

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事